2004)平成16521日 No.2597回 20032004年度43回会報

会員数 113名  出席者 62名  出席率 81.6%  前回修正出席率 81.6%

 

幹事報告藤井昌一幹事

 5月28日(金)例会終了後クラブ協議会としまして委員会の引き継ぎがございます。今年度、次年度の委員長さんは引き継ぎを宜しくお願いします。委員会報告の提出の締切が5月28日(金)になっております。

 次年度のロータリー手帳が届いております。受付の方に60冊置いてありますので宜しくお願いします。

 国際大会に御参加の皆様は5月23日(日)8時10分に宇都宮駅に集合になっております。遅れないようお願いします。

ロータリーミニ情報(石島吉造ロータリー情報委員)

 本日の話は地区大会と国際大会について手続要覧に書いてある事をお話し致します。皆様は手続要覧を読んでいらっしゃると思います。大変難しく書かれております。

 まず4月11日、12日は地区大会がございました。地区大会の目的は地区内クラブやRI全般に関する本来の党員によってロータリーのプログラムを推進する事であると書いてあります。私は地区大会に行って参りました。わずかな時間ですがその雰囲気を味わって参りました。ここに書いてあるようにRI全般に関する問題の定義は聞いてきませんでした。私が地区大会にいた時間は2時間ちょっとでした。その間お昼にあったロータリアンと14人位で話をしました。そういう訳で私は今回は仕事の交流もあったし友達との友情の交換もあり、有意義に過ごしたかなと思い帰って参りました。

 それから国際大会ですが、会計年度の最後の3ヶ月間、4月・5月・6月のこの3ヶ月の間に開かれる訳ですが、今年は5月23日開催されます。4日間開かれます。日本で開催されるのは今回の大阪で3回です。今回出席するのは宇都宮ロータリークラブからは12名となっております。私も行って参ります。次期役員の選任、激励する、情報を与えてこれによってロータリーの発展を活発に推進するとなっております。私の出る目的はロータリアンとの交流を深める点では大変いいかなと思っております。

ニコニコBOX委員会(辻 博明副委員長)

快出席:中田敏良

菅野政仁会員:月曜日のテーブルミーティング楽しみました。

矢嶋昭司会員:17名のゴルフ会で優勝しました。但し同スコア4名年齢差です。

E、F、G、K合同テーブルミーティング残金

プログラム紹介(宮本隆昌委員長)

 本日は会員卓話です。(株)NTTドコモ栃木支店支店長の三原恭治会員にお願いしました。資料がテーブルの上に置いてあります。地図は皆様お持ち帰り下さいませ。

 

 

 

卓 話「携帯電話今昔物語」

(株)NTTドコモ栃木支店支店長 三原恭治会員

 平素はドコモ商品のサービスを御利用賜りましてありがとうございます。本日は皆様に卓話ができる機会を与えて戴きありがとうございます。レジュメを各テーブルに配布させて戴いております。これから携帯電話今昔物語を話させて戴きます。

 我が国で一番最初に商業サービスとして大成しましたのが1953年(昭和28年)3月です。

 携帯電話の歴史ですが、1953年3月30日横浜、イギリスの豪華客船プレジデントウィルソン号が停泊しておりました。当時の皇太子殿下、現在の天皇陛下がイギリスのエリザベス女王の戴冠式に出席されるので横浜から発たれたわけです。無事皇太子殿下が経たれたという事を、船舶電話を使って発信したというのが我が国最初の移動体通信です。

 昭和43年東京23区でポケットベルサービスが開始されました。昭和54年東京23区自動車電話サービスが開始されました。重量が7kgで重かったです。

 昭和60年脱却式ショルダードアフォンが開始されました。昭和62年アナログ方式の携帯電話のサービスが始まりました。750gです。平成5年にはデジタル方式携帯電話が始まりました。平成11年にはIモードサービスが始まりました。平成13年には一番新しい方式のFOMAサービスが始まりました。栃木県下は平成14年3月2日にサービスが開始されました。

 次に携帯電話のつながる仕組みです。

(1)携帯電話で通話する為の機能

(2)位置登録・発着信

(3)移動しながら通話を続ける

(4)FOMAの場合

携帯電話のつながる仕組みのイメージですが、AさんからBさんに発信しますと基地局、交換器を経由しましてドコモのネットワークまで送られます。受信の場合はドコモネットワークから交換器、基地局を経由しましてBさんの携帯につながります。携帯の特徴であります移動しながら通信を続けるという事ですが、ゾーン1からゾーン2に移動していくには基地局1から電波を受けております。次に基地局2から電波を受けております。移動しながら通話ができる形になります。新しいFOMAですが最大3つの基地局から電波を受ける事ができます。それに加えて3つの電波の音質が良くなるように電波を送る事ができます。

 次に携帯電話の市場です。

 世界の契約者のトップ10ですが、契約の多い国は1位中国、2位アメリカ、3位日本です。又普及率の高い国はイタリア93.9%、日本は60.9%です。日本の携帯電話契約数ですが平成5年には213万件の契約数でしたが平成15年3月では8,150万件です。ドコモのシェアは全国55.3%で栃木県におけるドコモのシェアは74%です。

 キャリア別WEB契約数の推移ですが、8,150万件のうち6,970万件インターネットに接続できる携帯電話をお持ちです。栃木県内の動向(ドコモ)は120万件です。栃木県人口は200万人の人口ですから60%のシェアになります。栃木県内の動向(FOMA)〜2003年度〜平成16年3月、7万件契約。平成16年4月、8万件契約。平成16年5月21日は8万5千件契約です。10万件突破が目前に迫っております。

 モバイル潜在需要ですが人対人の通信で日本人口1億2千万人です。将来的には家電との融合が言われています。外からビデオ入力ができる様になります。ペットの居場所がすぐわかる様になります。

 次に活用事例ですがテレビ電話があります。これはある保険会社の事例です。まず保険に入りたいと申込みますと申込者と保険会社の面接士がテレビ電話でやりとりをする。そこで審査と面接が一度にできるというシステムです。すでに実施されています。もう一つの事例ですが保育園に設置したカメラから保護者はどこにいても自分の子供の姿がいつでも見られるというサービスをしています。これが声隔映像・音声システムです。

 新たなモバイルサービスではQRコード(二次元バーコード)とかフエリカがあります。これはJRでお使いになっているSuica等です。非接触ICチップの事です。

 最後にドコモショップの紹介をさせて戴きます。栃木県17店舗ございます。お手元にあるドコモショップマップ栃木県をご覧下さい。ぜひ御使用下さいませ。皆様携帯電話の御利用相談をお近くのドコモショップにお立寄り下さいませ。

 

 

 

テーブル紹介

 

Fテーブルの皆様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卓話予定

6月4日  「ロータリーの原点 奉仕の理想」

(株)松屋商店 代表取締役 星野泰三会員

6月11日 「趣味の話」

栃木ガス(株) 代表取締役社長 真下 進会員

 

 

会報委員 佐藤富美雄 会員

写  真 野田 正敬 会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp