2004)平成16611日 No.2600回 20032004年度46回会報

会員数 114名  出席者 63名  出席率 81.8%  前回修正出席率 81.8%

 

ビジター紹介(森田浩敏親睦活動副委員長)

兪 培蓉様(ロータリー米山奨学生)田辺勇治様(新入会員)

快出席(増渕好次郎出席委員長)

粕谷忠市(40年)、福田一穂(37年)、福嶋寿克(37年)、星野泰三(37年)、椎貝敏夫(36年)

久保井一臣(24年)、青木直樹(19年)、田崎進晤(17年)、増渕秋雄(17年)、吉澤光三(16年)

河上靖夫(14年)、小牧伸敏(9年)、佐藤栄一(9年)、上野憲示(8年)、三柴富男(3年)、

栗原 修(1年)

新入会員紹介(真下 進会員)

 新しく会員になられる田辺勇治様を御紹介させて戴きます。昭和25年4月24日54才で、栃木県河内郡上河内町出身で現在はさいたま市浦和区北浦和に在住です。

 昭和44年宇都宮高校卒、昭和49年3月京都大学経済学部卒、昭和49年4月東京ガス(株)入社以降、川崎営業所、総合企画部、人事部、情報通信部、都市エネルギー事業部、関係会社(ディジー情報ネットワーク)出向です。平成16年4月東京ガス(株)宇都宮支社長に着任です。

 趣味はゴルフで、スコアは現在95程度です。尺八は都山流尺八免許皆伝、師範資格保有で昭和51年秋にNHKの「昼のプレゼント」出演経験有りです。又サッカー観戦ではJリーグ浦和レッズの後援会員でもあります。

 家族は奥様と男の御子様お二人です。

田辺 勇治(たなべ ゆうじ)

昭和25年4月24日生

東京ガス(株)宇都宮支社支社長

住 所:埼玉県さいたま市浦和区北浦和5-3-3 B-305

家 族:妻、次男、三男

趣 味:尺八、ゴルフ、サッカー観戦

推薦者:真下 進、前田正典

所 属:親睦活動委員会

 

幹事報告(藤井昌一幹事)

 いよいよ助川年度も本例会を入れまして3回となりました。6月25日臨時理事会、最終のクラブ協議会を開催致します。御関係の会員の方は御出席の程お願いします。

 現況報告、年次報告を委員長にお願いしておりますが、未提出の方は大至急ご提出の程お願いします。

長谷川 正米山記念奨学委員長

 本日は米山奨学生の兪 培蓉様を御紹介させて戴きます。現在は宇都宮大学の国際学研究科国際社会専攻修士課程2年生でいらっしゃいます。中国では上海交通大学卒業をされています。

 

 

小林利也ロータリー米山記念奨学会カウンセラー

 本年度カウンセラーをおおせつかりました小林でございます。彼女の出身は上海で、上海交通大学を優秀な成績で卒業されました。中国工商銀行上海支店で支店長の秘書を2年間されていました。ロータリー米山奨学生の試験は2番で合格された、とても優秀な方です。

 現在宇都宮大学国際学科研究科国際社会専攻修士課程2年です。研究テーマは「不良債権について」だそうです。どうぞ宜しくお願いします。

 

 

兪 培蓉様(ユ・バイヨウ)ロータリー米山奨学生

 皆様こんにちは。はじめまして。私は、小林先生から紹介されました兪 培蓉です。2年前に中国の上海から宇都宮大学の研究生として参りました。ロータリーの皆様のおかげでお勉強ができます。これから、もっともっと勉強して、もっともっとがんばりたいと思います。どうぞ宜しくお願いします。

 

 

ニコニコBOX委員会(荒井規雄会員)

快出席:青木直樹、三柴富男、吉澤光三、椎貝敏夫、久保井一臣、鈴木義郎、木村正樹、佐藤栄一、

粕谷忠市

結婚祝:金沢 力、佐藤栄一、荒井規雄

誕生祝:宮田初男

奥様誕生祝:佐藤栄一

佐藤行正会員:昨日の定期総会で栃木県公認会計士会の会長に就任しました。

卓話 趣味の話「アルプス想い出鉄道」

        栃木ガス(株)代表取締役 真下 進会員

スライド説明

コンセプト

1.30年前に初めて海外出張の折、ストックホルムからオーランドまで乗車した夜行列車から見えた針葉樹林の見事さを再現

2.他界した恩師で仲人の早大松浦教授から戴いた形見のドイツ製蒸気機関車を走行させ、写真にして奥様に贈呈かつ仏前に報告の為

3.4年前家内とイタリヤ料理の勉強に訪れたトスカーナ地方やローマの記憶の再現

登場する機関車(実際の仕様)

 1. Re460 赤色 スイスの最新型旅客用機関車 6100kw、230km/h ゴッタルド峠を含むスイス全域で使用

 2. Re6/6 暗緑色 スイスゴッタルド峠専用の強力機関車 現代 7400kw、140km/h 軸配置B-B-B

 3. DB103 クリームとワインレッドの2色 1970〜1973にかけて145台製作 ドイツ特急列車牽引用機関車 7780kw、200km/h ラインゴルト等の名門列車を牽引したが1997年廃車、日本にも多くのファンがいる。アムステルダム〜チューリッヒ間を走破。

 4. Be6/8 暗緑色 ゴッタルド峠用に製作された1920年代のスイスの機関車 1660kw、65km/h 別名クロコダイル 1960年 日本のED75は1950kw

ゴッタルド峠はスイスチューリッヒとイタリアミラノを結ぶ幹線ルートの中央にある標高2108mの山脈、ここを通過する為に標高1100mの所に全長15kmのゴッタルドトンネルが1882年に開通した。イタリヤ側のジョルニコやスイス側のパッセンというところでループ状の線路で高度を稼ぐなど鉄道技術の枠を集めて建設された。機関車は蒸気機関車では馬力不足と排煙対策から不可、大型の電動機を2台搭載する必要があったが通常では横荷重が大きく路盤が持たない為に車体を3分割した世界で初の試み。曲線で車体がくねくねと曲がる事でこの名がついた。動態保存機が3台ある。

 5. DB01 ドイツ特急列車牽引用蒸気機関車130km/h、1730kw 1950年代全盛をきわめた世界的に有名な蒸気機関車でマニアの憧れ

一概に言うとヨーロッパの鉄道は機関車牽引が殆どで電動機やパンタグラフが無く走行は大変静か

模型の仕様

 レイアウト:大きさ2m×6m、6畳の洋間に設置、スイス、イタリアの情景をベース

 機関車のスケール:1/87(HOゲージ)日本の模型は1/80

 動力電源:12ボルト交流 DCC方式(デジタル・コマンド・コントロール)Re4/4Re6/6DB103

          直流 通常の方式 Ce6/8DB01

 照明、信号機、ポイント用電源 16ボルト 直流

制作期間 約9年

今後の予定

 操作場    架線柱 バラスト散布 信号機設置今夏予定

 機関車駐機場 今夏予定

 全国コンペに応募中 6月19日発表

鉄道模型の注意事項

 鉄道模型は野球の監督と共に男のロマンと言われているが注意も必要

 1.子供に対しては実際に触らせる事が大切。2歳位の子でも触りたい。5歳になると運転したがる。(電気の操作は直ぐ覚える、また壊れても直ぐ直せる)さわっちゃ駄目などとは決して言ってはならない。

 2.一人で部屋に引きこもって終日お宅になる事のないようにする。また家族に内緒で機関車などを購入しない事。

 3.家族には北斗星等豪華特急列車の旅を経験させる事、海外で列車に乗せるのも良い。

 4.この趣味は人に感染しやすい。一度感染すると完治しない難病に付き注意が必要。特効薬は今の所無い。

基本的には子供、家族、同趣味人に対して奉仕の気持ちが必要

鉄道模型趣味人として著名な人

 フランクシナトラ、清家 清、加山雄三、水野良太郎、松浦祐次

 

 

趣味の話「グライダーの世界」

(株)ソフトシーデーシー代表取締役 木村正樹会員

 皆様、こんにちは。今日は会員卓話という事で、趣味についてのお話をさせていただきます。ご紹介いたしますのは、「グライダーの世界」です。グライダーとの出会いは35年ほど前の学生時代でして、大学の航空部に入部して初めて大空を飛んでから今に至っております。今までグライダーの世界では、いろいろな経験をしてきました。楽しいこと、つらい事、危なかったこと、そのほんの一部でもご紹介させていただきまして大空を飛ぶ気分を感じ取っていただければ幸いです。また、今回残念な事に不時着事故をおこしてしまいました。危険性と安全性についても後ほどご報告させていただきます。それでは、ビデオを10分ほど見ていただきたいと思います。

(ビデオにて説明)

1.グライダーはどうやって上げるか?

  軽飛行機で引っ張って上げます。40mほどのロープを飛行機につけて引っ張ります。

2.練習機で最初は操縦訓練します。

3.小さなエンジンで自分で離陸できるモーターグライダーもあります。

4.モーターグライダーの着陸です。着陸時は機体を地面と水平にして接地します。

5.高性能のグライダーです。流線型で翼が長く20m以上ありエンジンなしで6時間近く飛ぶことができます。

6.飛行機から見たシーンです。グライダーが後ろに引っ張られているのがわかります。

7.オーストラリアのワイケリーの映像です。チームスチャレンジで模擬競技会に参加した時です。

8.グライダーのコックピットからの映像です。高度計、速度計、2つの昇降計、フライトコンピュータが見えます。

9.上昇気流で旋回中のグライダーです。ピーピー鳴っているのは、昇降計の音です。

10.旋回は強い上昇気流では60度以上の傾きをつけることもあります。6時間ぶっ続けでジェットコースターに乗っているようなものと思ってください。

11.高度3500mの世界です。オーストラリアの壮大な砂漠と森です。

12.出発です! 曳航用のロープをつけて飛行機で引っ張ります。

13.上昇気流で急旋回中のグライダーです。何機か旋回して高度を上げています。

14.300km近く飛行して基地に着陸するグライダーです。エンジンなしで6時間ぐらい飛行してきたところです。

15.途中で上昇気流に乗れずに砂漠に不時着した機体です。

16.エンジントラブルから事故をおこした説明です。

17.高性能グライダーの胴体内にエンジンを格納した、新しいタイプのモーターグライダーです。自分で離陸でき、いざと言う時はエンジンを出して不時着をさけることができます。

18.ただし、エンジンが調子悪いと最悪の事態となってしまいます。エンジンが出ているため抵抗が大きく滑空性能が悪くなり、失速しやすく危険です。

19.飛行前にエンジンの点検をしているところです。

20.高度を急に下げて安全に着陸するためにフォワードスリップという曲技をやりました。(これが間違いのもと)

今回の事故はエンジン付きグライダーへの過信と慣れてしまって慎重さに欠けたのが原因でした。初心忘れるべからずです。今回奇跡的に助かったので、いろいろな面で勉強になりました。3ヶ月間上を向いたままでの病院生活でした。入院中は皆様にいろいろご心配や励ましの言葉をいただきありがとうございました。

 いろんな人から治ったらまた乗るの? と聞かれます。自分としてはまた乗りたいのですが、実は正直に言うと今回で不時着は3回目です。4回目は病院ではなくあの世に行きそうなので、残念ながらこの辺で引退して、安全な趣味? に変更しようかと、考えております。ご静聴ありがとうございました。

 

 

 

 

 

テーブル紹介

 

Lテーブルの皆様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卓話予定

6月25日 「本年度を顧みて」

助川通泰会長、箕輪勝朗副会長、藤井昌一幹事

 

 

会報委員 野田 正敬 会員

写  真 青木 栄久 会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp