2004)平成1679日 No.2604回 20042005年度2回会報

会員数 107名  出席者 55名  出席率 77.5%  前回修正出席率 77.5%

ビジター紹介(森田浩敏親睦活動委員長)

藤井義夫様(足利RC)、兪 培蓉様(米山記念奨学会奨学生)、齋藤一郎様(ガバナー補佐)

会長挨拶(矢嶋昭司会長)

 異常な暑さといわれております。我々の体の調子も狂わない様何とか元気でやっていきたいと思います。2550地区第3分区ガバナー補佐齋藤一郎さんの公式訪問という形で前回やらせて戴き今回はガバナー補佐の卓話を戴く事になっております。この数日中に地区の研修会等が行なわれますが委員長様方にはこの暑い中研修に出席して戴きたいと思います。今年度初のテーブルミーティングをなるべく早く開いて戴きたいと思います。私が掲げたWave Rotaryという事で教育に関する皆々様御一人御一人の御協力をお願いする事があると思います。どうぞ宜しくお願い致します。

優秀出席表彰(増渕好次郎前出席委員長)

福田宏一(20年)前田正典(18年)北村光弘(18年)新井祥夫(13年)浅野正蔵(9年)

佐々木光俊(9年)鱒渕弘一(9年)佐々木宏幸(7年)野田正敬(1年)

ニコニコBOX委員会(荒井一郎ニコニコBOX委員)

誕生祝:花咲 実

快出席:前田正典、野田正敬、佐々木光俊、鱒渕弘一、北村光弘

奥様誕生祝:北村光弘、助川通泰、鱒渕弘一

第3分区ガバナー補佐 齋藤一郎様:ガバナー補佐訪問宜しくお願い致します。

上西朗夫会員:娘の結婚記念日です。

プログラム紹介(久保井一臣プログラム委員長)

 本日は最初に前田正典副会長 兼クラブ奉仕委員長からお話を戴きます。そのあとRI第2550地区第3分区ガバナー補佐 齋藤一郎様からお話を戴きたいと思います。

卓話「副会長就任挨拶」

副会長 兼クラブ奉仕委員長 前田正典

 ロータリー100周年にあたりますこの年度に当クラブの副会長という大任をお引受けすることになりました。責任は重大だと困惑しております。私は昭和61年入会させて戴きましたので今年で丁度満18年当クラブに在籍しております。この間平成6年(1994年)宮崎 柏先生が会長の時に当クラブの幹事をさせて戴きました。すでに10年たちました。今年度副会長という事で矢嶋会長を補佐するのが私の仕事です。矢嶋会長は御自身の会社を御子息に社長職を譲られて会長職になられたという事ですので私としてはそんなに出しゃばる事なく一年間過ごせるのかなと思っております。ただ副会長というのはクラブ奉仕の担当ですのでクラブの管理、運営面、又クラブの内部的な部分を担当しなければいけません。各クラブの委員長さん方が理想とするクラブ奉仕活動、それらが出来るだけスムーズに実現する様調整し、各委員会間の連絡を担当し何とか一年間無事に過ごせたらと考えております。とりあえず精一杯がんばりますので宜しくお願いします。先週、矢嶋会長さんやガバナー補佐の齋藤さんからロータリーは楽しくなければいけないというお話がございました。私も全く同感です。ロータリーを楽しく過ごせる為にはスマートな進行とあらかじめ十分に準備されたプログラムに従いましての内容のある卓話、ゆったりとおいしい食事、それらがぜひとも必要だと考えております。これらはいずれが欠けてもやはり不都合であろうと考えておりますのでその辺には特に気を配って行きたいと考えております。又、毎週金曜日の例会に会員の皆様が集う訳ですが、例会が楽しくてぜひとも万難を拝して諸事情を切り捨てて当クラブの例会に出席したいと会員さんが大勢あらわれますと当然の事ながらこの会場は本来であれば満席になって席が足りないという事になるはずです。ぜひともそんな風でありたいと思っています。又、ロータリーの活動は親睦からだと言われています。当クラブの親睦活動クラブの行事に関しまして出席がなかなか思う様にいかない状態がある様聞いております。とにかくこの親睦の行事が活発になれば他の当クラブの行事、地区の行事に対しても参加が自然とふえるのではないかと思っております。本年度は会費を値下げさせて戴きました。従いまして、各委員会の予算費用も一律削減されております。当然の事ながら親睦活動委員会予算もかなり減額されております。ただその限られた予算の中で実のある親睦が実現致します様に森田親睦活動委員長の計画する親睦行事に対しましては会員の皆様にもぜひとも御協力戴き参加を奨励して戴けたらと思っております。この所ロータリークラブは年々会員数減少という傾向にございます。10年前には160名を超える会員がいましたが現在は106名になっております。その会員の中で毎年20名前後の異動がございます。その半数は支店長、支社長さん達です。宇都宮ロータリークラブの場合は支店長、支社長の方々のクラブ活動に対する御協力がなければ成立っていけません。当クラブの中に支社長、支店長の方々が主として参加しておられる単身赴任の会があります。関麦の伊藤会員が代表幹事となられ、ぜひとも単身赴任の会員の方々には森田親睦活動委員長の親睦活動委員会と連携して戴き、親睦の実をあげて戴けたらと考えております。近年ロータリーが肥大化している、或いはロータリークラブはRIに振り回されているといった話を耳に致します。本来職業人の集まりである本来のクラブというスタイルに何とか立ち戻る必要があるのではないかと感じております。地域に根ざした奉仕、そして身の程をわきまえた背のびしない奉仕、これらをなんとか考えていけたらいいなと思っております。ロータリークラブはあくまでも会員あってのロータリークラブです。クラブの繁栄と活力の繁栄には大いに親睦を楽しみたい、大いに親睦を通じて奉仕の理想を実現したいと思っています。常に会員の方々に思いやりを持って戴き、かた意地を張らないクラブ奉仕を実現して行きたいと思っております。一年間皆様の御指導宜しくお願いします。

卓話「ガバナー補佐卓話」

RI第2550地区第3分区ガバナー補佐 齋藤一郎様

 今年度第3分区ガバナー補佐の齋藤です。ホームクラブでの卓話というのは大変背中がかゆいものがございます。難しいなあと思っています。本日はガバナー補佐としての卓話をプログラム委員長よりの御指名でございますのでそういった立場から話をしたいと思います。最近ロータリーの組織は大分変化してきています。ガバナー補佐は昔は分区代理といっておりました。当クラブにも何人かの分区代理御経験者がいらっしゃいます。その時代から比べますとガバナーの職務をもう少しガバナー補佐が文字通り補佐をするという動きがあり、色々な事がガバナー補佐の方に移ってきています。端的にはガバナー公式訪問の時にはクラブ協議会がありまして委員長さんが一年の計画、あるいは進捗状況を説明する訳ですがこれがすべてガバナー補佐の担当になりました。ガバナーは卓話をされてクラブ協議会はございません。

 今年のRI会長はアメリカのグレンE・エステス・シニアーさんです。テーマは「ロータリーを祝おう100年の歩み」です。RI会長の要請事項があります。RIというのは3万のロータリークラブのメンバーの組織です。従ってRI会長の要請というのはクラブの協力をお願いしたいという事です。今回のグレンE・エステス・シニアー会長の要請は4つございます。第1は健康に関する事、ポリオ、HIV、エイズ、その他の伝染疾患等関するもの。第2は水の管理という事です。世界の大部分の国の人々が汚染された飲水や生活用水を使っている。その為に病気になったりしています。第3は識字率の向上です。世界で約20億人の人が対象になっております。第4は、ロータリー家族という事です。ロータリーの家族も大切にするという事です。

 次にガバナーの目標があります。村上ガバナーの要請が3つあります。1つはロータリーというのは職業奉仕の原点に戻らなければいけない。2つめは、増強、拡大等の目標数値は各クラブが決める事で上からいわれるものではない。3つめは財団、米山への支援ですがすべてのロータリアンが毎年少しずつ出せばという事です。財団は1人100ドル目標、米山は1人18000円目標です。もっともっと米山や財団への理解が深まれば目標が達成するといわれております。この3つが村上ガバナーの今年度の大きな目標です。

 もう少し話を広げまして私から効果的なクラブの目標設定をお話します。4つございます。第1点は会員の組織は健康でなければいけない。健康である為の条件はあまり激的に会員が減らない。年齢バランスや会員の構成のバランスが常日頃行なわれているか、組織というのは会員1人1人が活動する集合体の組織ですので会員の間で十分な親睦がなされて、常日頃意思疎通が行なわれているかです。第2点は、奉仕のプロジェクトがクラブで明確化されているかです。当クラブは矢嶋会長が初等教育に関して関わりを深めていきたいと目標を掲げていらっしゃいます。第3点はロータリー財団(米山も含めて)を理解して、ロータリー財団の行事、プログラムに参加して寄附をするという事です。これも効果的なクラブの目標です。第4点は指導者の育成です。会員1人1人が指導者となる気持ちを持ってクラブの会合、地区の会合に積極的に参加する事が効果的なクラブの目標になります。それから目標を実する事に関しましては奉仕プロジェクトもそうですがロータリークラブでは各委員会が分担して活動しているわけです。委員会の組織というのはクラブ細則で決まっています。その手直しは例会で出来ます。

 ロータリークラブ最低基準がございます。1つはRIへの人頭分担金を払わない。2つめは定期的な例会を開かない。3つめはロータリーの友という雑誌を購読しない。4つめはガバナーやガバナー補佐、RI役員の訪問を受け付けない。この辺の事を頭に入れられまして楽しくロータリーの活動を一年間なさって戴ければ私と致しましてはガバナーにプラスの報告ができます。どうぞ一年間宜しくお願い致します。

会長挨拶(矢嶋昭司会長)

 齋藤ガバナー補佐には日頃私共が気が付かない事を指摘して戴いて今年度のスタートにあたり大変参考になりました。どうもありがとうございました。

テーブル紹介

Aテーブルの皆様

 

 

 

 

 

 

 

 

卓話予定

7月23日(金)  「ガバナー卓話」

RI第2550地区 ガバナー 村上 肇様

 

7月30日(金)  「委員長就任挨拶」

小林利也職業奉仕委員長

真下 進社会奉仕委員長

石下和毅100年委員会委員長

会報委員 野田 正敬 会員

写  真 野田 正敬 会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp