2004)平成16917日 No.2613回 20042005年度11回会報

会員数 106名  出席者 60名  出席率 84.5%  前回修正出席率 87.3%

 

MU:齋藤一郎、大塚秋二郎

ビジター紹介(田崎秀穗親睦活動副委員長)

山内邦昭様(東京豊島東RC)、小島正夫様(真岡RC)、笠倉俊一様(宇都宮90RC)、

和氣安男様(ゲストスピーカー)

会長挨拶(矢嶋昭司会長)

 水害義援金を皆様より御寄付戴きました。社会奉仕委員会から後程御報告がありますが本当に有難うございました。本日お越し戴いた東京豊島東ロータリークラブの国際奉仕委員長をされている山内様がバナーをお持ちいただいたので交換させて戴きます。

社会奉仕委員会報告(鱒渕弘一社会奉仕委員)

 おかげ様で福井、新潟水害の義援金が47クラブで合計1,916,282円集まりました。早速2つに分けまして958,131円ずつ2550地区、2560地区に送金させて戴きました。クラブ会長さん、会員の皆様方々の御協力に感謝致します。又、先方より丁寧なお礼状が届きました。どうもありがとうございました。

ロータリー情報(柏谷忠市ロータリー情報委員)

 日本におけるロータリーの創設についてお話をさせて戴きます。日本におけるロータリークラブの第1号は1920年(大正9年)10月に誕生した東京RCです。初代会長は米山梅吉氏、初代幹事は福島喜三次氏です。スポンサークラブはアメリカ合衆国のダラスロータリークラブです。第2号は1922年(大正11年)11月大坂RCでスポンサークラブは国際ロータリーで東京RCの子クラブではありません。日本が受けた義援金ですが1923年関東大震災の時世界各国から寄せられた義援金は現在の価値で15億円を超えるものでありました。この義援金は大坂RCが窓口になって受け取っていますが、この義援金に依りましてロータリーが再認識されて拡大されました。次に脱退と復帰ですが、1940年(昭和15年)日本ロータリーは世界ロータリーから離脱して解散に追いこまれました。戦後日本ロータリークラブ1949年(昭和24年)軍部の弾圧にもかかわらず東京RCは水曜会、大坂RCは金曜会、北海道の札幌RCは札幌職業協会と名を変えて例会を続けました。次に現在の勢力ですが、全世界のロータリークラブの総数は166ヶ国、クラブ数は31,603クラブ、会員数は122万人です。日本のロータリークラブは34地区、2,330クラブで会員数は106,720人です。内、女性は3,027人です。以上昨年12月末の数字です。以上が日本におけるロータリー創設についてお伝え致しました。

ニコニコBOX委員会(小場瀬 禎ニコニコBOX副委員長)

誕生祝:青木栄久

優秀出席表彰:町田卓大、崎尾 靖

森田浩敏会員:第59回国民体育大会ゴルフ大会に成年男子の部監督で出場し、第7位に入賞しました。(得点は6点です。)

小島正夫様:真岡RCより参りました。1年皆出席を目指しております。どうぞ宜しくお願い致します。

プログラム紹介(増渕好次郎プログラム委員)

 本日のゲストスピーカーは宇都宮中央警察署生活安全課長 和氣安男様にお越し戴いております。テーマは防犯意識の高揚について(おれおれ詐欺、ストーカー対策等)です。興味あるお話がお伺いできると思います。尚、会報では本日、性格上、内容は割愛させて戴きますので唯一この例会でしかお聞きする事ができません。御静聴の程宜しくお願い致します。

卓話「防犯意識の高揚について(おれおれ詐欺、ストーカー対策等)」

宇都宮中央警察署生活安全課長 和氣安男様

 

性格上、内容は割愛します。

 

 

 

 

テーブル紹介

Bテーブルの皆様

 

 

 

 

 

 

 

 

卓話予定

10月1日  「救急蘇生について‐VTR・実技‐」

済生会宇都宮病院救命センター長 小林健二様

10月8日  「米山奉仕月間」

米山記念奨学委員会 篠崎昌平委員長

米山奨学生 兪 培蓉様

 

会報委員 野田 正敬 会員

写  真 菅野 政仁 会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp