2004)平成16108日 No.2616回 20042005年度14回会報

会員数 106名  出席者 54名  出席率 76.1%  前回修正出席率 76.1%

 

ビジター紹介(佐藤登美雄親睦活動委員)

兪 培蓉様(ゲストスピーカー)

快出席(小林昭雄出席委員)

荒井一郎、近藤隆亮、保坂正次、藤井昌一、市川秀夫、増渕好次郎、小場瀬 禎、伊藤久司、西廣泰輝

新入会員紹介(西廣泰輝会員)

 関電工栃木支店支店長の阿部秀人様を御紹介させて戴きます。推薦者は藤井昌一会員と西廣です。単身赴任でいらっしゃいます。御住所は宇都宮市駅前通り2−3−12にお住まいです。関電工の職業分類は電気工事です。御家族は東京都世田谷区大蔵6−5−25にお住まいの奥様とお二人の男の御子様がいらっしゃいます。趣味は落語、音楽、旅行、カメラです。どうぞ宜しくお願いします。

阿部秀人(あべひでと)

(株)関電工栃木支店理事支店長

昭和22年8月13日生

住所:栃木県宇都宮市駅前通り2−3−12ザミレニアムタワー401

家族:妻、長男、次男

趣味:落語、音楽、旅行、カメラ

推薦:西廣泰輝会員、藤井昌一会員

所属:親睦活動委員会

 

 

 

幹事報告(辻 博明副幹事)

 10月1日理事会が開催されました。会員の異動がございまして9月30日付で東京海上保険の佐藤隆夫会員が退会されました。かわってNTTドコモの花木親司様、ただ今御紹介がありました阿部秀人様が御入会されました。今期107名スタートで2名減、2名増の現在107名です。

親睦活動委員会報告(森田浩敏親睦活動委員長)

 第1回親睦ゴルフ大会の御案内をさせて戴いております。11月13日(土)宇都宮カントリークラブで行われる予定です。奥様御同伴大歓迎致します。多くの方の御参加をお願いします。

ニコニコBOX委員会(田辺勇治会員)

結婚祝:増渕好次郎、小牧伸敏

快出席:増渕好次郎、藤井昌一、近藤隆亮、伊藤久司、市川秀夫、荒井一郎

笠間陽一会員:10月5日に当社として5店目のアンテナショップになりますパブ&アロマショップ「セラピーガーデン」をベルモールにオープンしました。「宇都宮ロータリークラブ」の合言葉で割引サービス等させて頂きますので奥様によろしくお伝え下さい。

荒井規雄会員:先日単身赴任の会を早退したかいがありまして入山5回目にして「マツタケ」を取ることができました。おいしく頂きました。

プログラム紹介(篠崎昌平会員)

 今月10月は米山月間です。米山奨学生に対する理解と御協力をお願い致します。先日米山記念奨学会本部から米山梅吉記念館功労賞を宇都宮ロータリークラブが戴きました。後程皆々様方にお廻し致します。

 本日当クラブが世話係になっております米山奨学生兪 培蓉様にお越し頂いております。当クラブの小林利也会員がカウンセラーになっております。中国上海出身で現在宇都宮大学研究生の兪 培蓉さんに「私の目から見た日本」という題でお話を頂く事になっております。本日レターBOXの方に新しい米山奨学金の報奨制度の用紙を入れさせて頂きました。どうぞ宜しくお願いします。

小林利也会員

 本年度カウンセラーを仰せつかっております小林です。本日の米山奨学生 兪 培蓉様を御紹介させて戴きます。現在宇都宮大学国際研究科国際社会専攻修士2年生です。日本に来られて3年になります。中国の銀行にお勤め経験があり研究論文が「不良債権」です。中国の銀行ではかなり「不良債権」が多いそうです。御本人はとっても活発な方でつい先日も栃木テレビの歌の王様に出られたそうです。ではどうぞ宜しくお願いします。

卓話「私の目から見た日本」

米山奨学生 兪 培蓉様

 皆様こんにちは。私は兪 培蓉と申します。中国は漢字の国ですので名前にこだわっています。両親は私を花の様に育ててくれて、私は花のようにきれいになっていないのですが花のように純粋に生きて生きたいと思っています。ちなみに中国の名は2文字が普通ですが、この頃は4文字も増えています。特に父親と母親の名を合わせるのが増えてきています。

 私は米山奨学生になって半年になります。この間宇都宮ロータリークラブの皆様に大変お世話になっております。毎月1回例会に出席させて戴き色々勉強させて戴き心から感謝しています。

 私は中国でスピーチした経験があります。又今年1月に日本のスピーチで準優勝した経験があります。そこでスピーチコンテストに出た時のテーマは「住みやすい町、住みたい町、これについて考えだした町」でした。本日は「私から見た日本」という事で話をさせて戴きます。

 私が日本で聞いた小柳ゆきの歌は初めて覚えた歌です。沖縄から来た宇都宮大学生の田中ちゃんと友達になりました。ある日彼女はCDラジカセ、CD1枚を私にくれました。私にカラオケで日本語で歌ってほしいという彼女の暖かい友情に感動させられました。日本に来る前は、日本人は中国人に親切にしてくれると聞いていましたがちょっぴり不安でした。しかし、日本に来る時の飛行機の中で中年のおじさんに助けられました。日本の事や宇都宮までの道順を教えてくれて飲み物まで買ってくれました。その事だけで私は感謝しまして日本人の優しさを味わえた気がしました。1年後私は日本語で私の気持ちを伝えたくなりこのおじさんに電話をかけてありがとうという気持ちを伝えました。

 中国に帰る時いつも日本の様子を聞かれます。その時必ずこの田中ちゃんとおじさんの話をします。そして日本人は年寄りの人もそうですが若い人も優しい気持ちを持っている人がいっぱいいますよと伝えています。

 だから中国人も日本人への偏見をなくして優しくするべきだと話しています。私は中国籍なので日本人と中国人の話になってしまいましたが世界中の人々が同じ気持ちになってくれたら良いと思います。政治、宗教、習慣の違いがあっても友情、やさしい心に違いはないと思います。そして皆んなが同じ様な気持ちを持ってくれたら住みやすい町、住んでみたい町、住みやすい国、住んでみたい国といった言葉は世界中で必要がなくなるのではないでしょうか? なぜならどこに住んでも同じなのですから。日本の童謡に「よいこが住んでるよい町は」という歌があったと思います。以上が私のスピーチの内容でした。

 私は日本にきて多くの日本人に助けられました。土砂降りの日学校に行く時親切なおばあさんに車に乗せてもらいました。たくさんの友人ができて、日本にきて感じていた孤独感をなくしてくれました。

 今イラク、ロシアのテロ等の事件を見ているとさみしい世界だと思います。しかしその中にあってロータリーの様な国際化の理解と平和を推進する事を行動のひとつとしてさまざまな国の交流をし国境を越えて関係を深めて参りました。本当に素晴らしいことだと思っています。特に私達留学生に色々な面で手を貸してくれて私達の良い援助者になってくれてロータリーの奨学生になったことは私の人生に大きなプラスになりました。お互いの文化、歴史を理解する為に言葉は直接一番大事な手段だと思います。今、日本に来たばかりの時聞きちがえた事を思い出して大変恥ずかしく思っております。例えば「たばこを下さい」といわれた時「卵1個」を持っていきました。「代行1台」と頼まれた時「だいこん1本」を持っていきました。

 2年目の時日本語能力1級に合格しました。日本語を勉強するうちにおもしろい現象がでてきました。それは中国の実家に電話する時、おもわず日本語がでてきます。日本人の相づちがでてきます。中国人は相づちはしません。それと栃木弁がでてきました。日本語の中で一番こだわっている言葉があります。それは気配りの言葉です。ある年輩の方に「お荷物おもち致しましょうか?」と聞くと「結構です。」といわれ荷物に手をかけると「持たなくていいです。」と大きな声でいわれました。気配り表現は日本での良さでありながら国際交流の場ではやっかいなイメージをもたれていると思っています。以上日本の勉強についての感想を報告しました。

 本日皆様の貴重な時間を戴いて大変ありがたく思っております。今回卓話をする事は私にとってとても大切な体験と思い出になっています。私はまだまだ経験が少なく考え方も浅いかも知れませんがこれからも皆様の御指導を宜しくお願いします。謝謝。

 

 

テーブル紹介

Jテーブルの皆様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卓話予定

10月22日  「暴力団対策について」

宇都宮中央警察署刑事管理官 茂串 清様

 

 

会報委員 野田 正敬 会員

写  真 野田 正敬 会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp