2004)平成161029日 No.2619回 20042005年度17回会報

会員数 108名  出席者 56名  出席率 76.7%  前回修正出席率 76.7%

 

ビジター紹介(佐藤登美雄親睦活動委員)

手塚昌子様(ゲストスピーカー)

 

幹事報告(宮本隆昌幹事)

 幹事より御報告というよりお願いがございます。ガバナー会より至急の御連絡がございまして台風23号と新潟県中越地震の義援金の協力という事で来月11月15日必着でお願いがきております。本日と来週と2回義援金BOXを廻させて戴きますので御協力の程宜しくお願いします。社会奉仕委員会よりのお願いです。地域の先生の応募について真下委員長の方で聞き取り調査、或いはFAXのやりとりでカルテを作成しました。新たにエントリーされた方々で一部記載もれがあると聞きました。該当の方は事務局よりお渡し致しましたので内容吟味の上事務局の方にお戻し下さい。

 

親睦活動委員会報告(森田浩敏親睦活動委員長)

 来たる11月13日(土)本年度第一回のゴルフコンペの開催を予定しております。宇都宮カントリークラブで行われます。あと3名のお席がございます。本日しめきりですのでどうぞ御参加の程宜しくお願いします。

 

斎藤一郎会員

 テーブルに「那珂川の清流を味わう会」の用紙を置かせて戴きました。矢嶋会長のお兄様は東力士の島崎社長でいらっしゃいます。10名弱の方にはお申込みを戴いております。11月2日(火)烏山「矢沢のヤナ」烏山町滝田でナマズ、鰻、カニ、鮎(全て天然物で、ヤナの料理人が腕を振るいます。)です。あと10名は大丈夫です。どうぞ御家族を含めまして御希望の方は私まで宜しくお願いします。

 

ニコニコBOX委員会(荒井一郎ニコニコBOX委員)

誕生祝:佐藤行正

快出席:小場瀬 禎

 

プログラム紹介(久保井一臣プログラム委員長)

 本日の卓話は「防火対策について(1)」です。本日の卓話予定でありました木村三雄様が急用で来られません。宇都宮市中央消防署予防係主任消防司令補 手塚昌子様より卓話を戴きます。先程お見えになった時雑談をしておりまして放火されやすい家は整理整頓が悪い家が火をつけられる可能性が多いという話をされていました。そういう話をして戴けたらと思います。それではどうぞ宜しくお願いします。

 

卓話「防火対策について(1)」

宇都宮市中央消防署 予防係主任消防司令補 手塚昌子様

 皆様、はじめまして、宇都宮市中央消防署の手塚と申します。なかなかこういう機会でお話をする事は減ってきていますので大変緊張しております。一番最初に消防署の話をさせて戴きます。私共ベースの中には消防署は消防本部と中央消防署が併設されておりまして宇都宮商業高校の西側にございます。その他に鶴田町の作新学院の南にあります西消防署がございます。そして宮の内に南消防署がございます。

 本日はビデオを持ってきました。3年前に起こりました新宿歌舞伎町ビル火災それをみていただきましてそのあと、お話をさせて戴きたいと思います。

−ビデオ−

 ビデオを見て戴いてありがとうございました。今のビデオを見て戴ければおわかりの様にひとたび火災がおきればその命の大切さというものがひしひしと感じると思います。火災の発生原因となるもの、火事というのはどうして起きるかといいますと燃えるものがあって酸素があって、あと熱があれば火災になります。その火災をなくする為には何をすればいいのかといいますと皆様の所で可燃物がなければ火を出すこともなくなります。先程放火の話をちょっと言われました。整理、整頓していないお宅は火事が多いとお話をしたのですが私自身も仕事をしておりまして整理整頓する事が少なくて一週間まとめてそうじをしますが整理整頓されている家は絶対火事がおこらないといい切れませんがやはり普段きちんとされているお宅からの火事は少ないと思います。

 それはやはり皆様の目立つ所に物はない事と放火につきまして壁の所に物が置いてあったりゴミ出し日以外にそういう物があったりすればそこを通る人が何か今日はむしゃくしゃしたりした人が火をつけたりするかも知れない、又歩きたばこをされている方がそこにたばこをすててしまうかも知れない、放火をされない第一の注意点は整理整頓、家庭では影になる部分を作らない事です。火災で一番こわい事は煙です。煙を吸う事によって脳が麻痺し、歌舞伎町の火災では44人の死者の中ではほとんどの人が二酸化炭素中毒でなくなられています。

 一番先の話に戻らせて戴きます。宇都宮市消防本部、消防組織についてお話をさせて戴きます。宇都宮市の場合は消防本部、3消防署、11分署という形で市内各所に配置されています。消防職員は435名です。この435名で宇都宮人口44万人の命と生命と財産を守っている私達です。

 宇商の所に消防本部と中央消防署があります。中央消防署の中に7つの分署があります。中央消防署の管轄は旧日光街道の東側、4号線バイパス、川田入口より北側になります。川田町あたりまで中央消防署の管轄になります。

 西消防署は旧日光街道の西側、日光線の北側が管轄になります。その西消防署の中には富屋分署、宝木分署、城山分署の3分署で宇都宮の北西を守っています。

 それと南の方に行きますと東京街道と環状線の交互点の200m北の所に南消防署がございます。その南消防署の管轄に陽南分署があります。1ホーム3省11分署で宇都宮市内全域をカバーしております。私の仕事の内容ですが火災の調査、ホテル、事務所等にお伺いして予防査察、消防訓練指導等です。

 火災が起きた時に現場に急行する。消防隊という事で3省5署の中には予防係、消防隊、救急隊があります。その他には11分署の中には消防隊、救急隊がおりまして皆様のところにいち早くかけつける様な組織になっております。昨年よりも10件から12、13件位火事の件数がふえてきています。火災の原因で一番多いのは放火です。次にたばこが原因の火災です。その次は奥様の料理の時の天プラ等の火災です。

 火災をなくするためには皆様1人1人の注意とおたがいに協力しあうという事です。小さなうちに火を消してしまえば大きな火事になりません。皆様の事務所、御家庭から発生しない様に私達日々、予防活動に努めて参りますので皆様の御協力を戴きたいと思います。御静聴ありがとうございました。

 

会長挨拶(矢嶋昭司会長)

 手塚様どうも貴重な卓話をありがとうございました。その場にいないとわからない事も事前にこうして予備知識があればいざという時役立つのではないかと今回大変参考になるおはなしをいただいております。

 本日はどうもありがとうございました。

 

 

テーブル紹介

Eテーブルの皆様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卓話予定

11月12日  「世界インターアクト週間」

インターアクト委員会 佐々木光俊委員長

文星芸術大学附属高等学校 顧問教師 福田和弘様

文星芸術大学附属高等学校 インターアクター 五十嵐和宏様

 

11月19日  「交通安全対策について」

宇都宮中央警察署交通管理官 大貫雅宏様

 

会報委員 野田 正敬 会員

写  真 菅野 政仁 会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp