2005)平成17年5月13日 No.2643回 2004〜2005年度(第41回会報)

会員数 102名  出席者 58名  出席率 86.6%  前回修正出席率 86.6%

ビジター紹介(細川幸丈親睦活動委員)

李美愛様(ゲストスピーカー)

会長挨拶(矢嶋昭司会長)

 本日、理事会がございました。後程、幹事よりお話をして戴きます。本日、韓国について李美愛様からお話を戴きます。

誕生祝(細川幸丈親睦活動委員)

麦倉敬亮会員、藤井昌一会員、上野泰男会員、岡橋尚幸会員、

鈴木重男会員、近藤隆亮会員、薄田春男会員、荒井規雄会員

結婚祝(細川幸丈親睦活動委員)

飯村 悟会員、鈴木重男会員、小針直哉会員、岡橋尚幸会員、上西朗夫会員、

北村光弘会員、喜谷辰夫会員、辻 博明会員、斎藤高蔵会員、小針 務会員

幹事報告(宮本隆昌幹事)

 4月末退会者がいらっしゃいます。第一生命栃木支社支社長の森田弘志会員です。後任の支社長さんに入会手続き中です。5月1日現在105名(名誉会員3名含む)です。

 前回の例会の教科書問題について協議がございました。例会終了後に会長の方から署名についてのお話がございましたが宇都宮ロータリークラブは意見を述べないという事ですので、個人ベースで各会員の判断でお願いします。

 第5回クラブ協議会、次年度の引継ですが、5月27日例会終了後、こちらの会場で行われます。第6回クラブ協議会が6月24日、18時からこちらの会場で予定しております。クラブ現況報告、年次報告書の取りまとめが7月中旬に原稿しめきり予定になっております。対象の委員長さんは報告に入る準備を今から御用意願います。

100年委員会報告(堀井宏祐会員)

 第3分区の100周年委員会に出向しております堀井です。今年、宇都宮城址公園に桜を植えた訳ですが、その事を記念しまして、市役所の方から瓦が届いております。皆様に寄せ書きをして戴きたいという事です。会長、幹事さんと相談の上、代表して寄せ書きをして戴いたらと考えております。市の方からよみがえれ宇都宮城という事で経過報告書等のパンフレットが来ております。

 以上を持ちまして御報告とさせて戴きます。

親睦活動委員会報告(田崎秀穂親睦活動副委員長)

 宇都宮市内9クラブ親睦ゴルフ大会において我宇都宮ロータリークラブが優勝致しました。2年連続優勝です。18名出席の中の功労者5名を発表させて戴きます。薄田会員、中田会員、藤井昌一会員、森田浩敏会員、矢嶋会長です。一般の部で森田会員は優勝致しました。中コース3番ショートコースで藤井会員がホールインワンをされました。

ニコニコBox委員会(田辺勇治ニコニコBox委員)

誕生祝:荒井規雄会員、鈴木重男会員、近藤隆亮会員、麦倉敬亮会員、藤井昌一会員

結婚祝:辻 博明会員、鈴木重男会員、小針直哉会員、小針 務会員

奥様誕生:上野憲示会員、藤井昌一会員

金沢 力会員:長寿の祝い

矢嶋昭司会長:市内9クラフゴルフ大会にて当クラブ団体優勝、個人ではグランドシニアの部で準優勝致しました。

森田浩敏会員:5月5日の市内9クラブのゴルフ大会にて宇都宮RCが優勝しました。個人的にも良い成績が残せました。応援ありがうございました。

藤井昌一会員:5月5日宇都宮C.Cで開催されました市内9クラブ親睦ゴルフ大会にて中コース3番ホールにてホールインワンを達成してしまいました。その感激と冷汗を記念しまして…。来年もどなかたが達成されます事を祈念しまして。

石島 洋会員:市内9クラブ合同ゴルフコンペは藤井さんの為の大会でした。団体優勝には関係ありませんでしたが5月5日当日賞第55位でお花を戴きました。ありがとうございました。

F、Gテーブルミーティング残金

プログラム紹介(国際奉仕委員会 荒井規雄委員)

 国際奉仕委員会の荒井です。前回にひきつづきましてというか、前回時間が押して全部話すことができなかったものですから、李美愛様にもう一度お話を戴きたいと思います。どうぞ宜しくお願いします。

卓話「韓国について」

                           大韓民国 李美愛様

 こんにちは。アニュハセヨ。皆様にお会いするのは2回目です。日本から見た韓国のおもしろい所や、韓国から見た日本のおもしろい所についてお話したいと思います。韓国では2回目に会う時は「お久しぶりです」と申し上げます。私は母国を離れて10何年たちますが、この機会にわかった事、見えてきた事があります。

 本日時間がありますので、クイズをお出ししたいと思います。韓国と日本には昔から貿易、文化の交流等がありました。

@味噌の作り方は日本から韓国に伝わった。

 YESかNOか。答はNOです。味噌は中国生まれで朝鮮半島に伝わり日本に伝わりました。

A天プラは元々、朝鮮の宮廷料理だった。

 YESかNOか。答はNOです。

B屋根の瓦は朝鮮半島から伝わった

 YESかNOか。答はYESです。瓦はインド生まれで朝鮮半島から日本に伝わりました。

 この他に、鏡、駒は朝鮮半島から日本に伝わりました。逆に日本から朝鮮半島に伝わったものは、七味唐辛子、ゴマ、青のり、さんしょがあります。

 ある日本の作家は、韓国人はラテン系アジア人だといっておりました。男性どうしの初対面ですが、煙草の火をつけあう事から始まります。これは握手と同じです。韓国では割勘という事はありません。基本的に誘った方が払います。男女のデートは当然男性が払います。成人式の話をします。韓国では19才から国民の義務である兵役の義務があります。2年半の兵役を終えた人が社会的に大人として認められます。日本の若者はこういった兵役の義務をしないで幸せかもしれまん。韓国人は腹の中にあるものを全部だします。

 韓国は教育熱が高くて世界でも1、2位を争います。資源に貧しい韓国が急成長したのは地位資源があったからこそです。韓国では師匠の日があります。教育者を尊敬し、大事にし、大学教授は世界で最も社会的に待遇される国です。1982年当時の政府によって課外授業が禁止されました。現在は禁止はとかれました。

 話はかわります。日本、韓国はお酒の好きな国です。日本人のお酒は食事の前に飲むのに対し、韓国は食事の後に飲みます。健康的にどちらが良いかわかりませんが、お酒を飲まない私はどちらもよいとは思いません。ちなみに韓国では、目上の人の前ではお酒、煙草は禁止です。推められる時には顔をそむけて飲みます。韓国は結婚しても姓は変わりません。嫁いだ家に入れてもらえません。しかし子供は父親の姓になります。一人っ子の場合は韓国は、ほとんど男の子を願います。血縁を残そうとする韓国、家を残そうとする日本、両国の違いです。韓国では家系図があり、男性の名のみ載ります。女性の名は載りません。儒教ならではの女性差別です。

 同じ儒教の影響を受けながら日本と韓国では尊敬の仕方が違います。韓国は相手を敬うのに対し、日本では自分がへりくだります。韓国は人と人との関係には、常に上下がありまして、目上の人は目上の、目下の人は目下の行動や言葉を取ります。日本では全体的に全員が対等だと思っています。ここで相手をたてる時には自分がへりくだるのです。韓国人は手をつなぎます。老若男女を問わず、腕を組んだり、手をつないで歩く光景は普通です。男性と男性でも手をつなぎます。韓国では自分の子供を呼ぶ時「ちゃん」「くん」づけでは呼びません。他の子供を呼ぶ時もファーストネームで呼びます。韓国ほど礼にこだわる国はありませんが、情に厚い国です。夫婦の情、親子の情、兄弟の情等、人と人との関係をつなぐ役割を果たしているのは情です。情は感じるものですから相手に伝わらなければいけません。「お客様は神様です。」といって対応するのが日本です。韓国ではまったく適用されません。

 日本と韓国ではビジネスのアフターサービスは歴然とした差があります。日本のアフターサービスの素晴らしさはあこがれの的です。日本の素質と勤勉、そして日本人が親切というのは絶賛します。韓国で日本で外国人とともに生きる人が増々増えている事に必要な事は外国人、日本人、韓国人と分けるのではなく1人1人の違いの個性を認め共に生きる隣人であるという心をもつ事だと思います。本日はご静聴ありがとうございました。

 

テーブル紹介

Cテーブルの皆様

 

卓話予定

5月27日  「宇都宮市の防災について」

宇都宮市行政経営部行政経営課

危機管理グループリーダー 吉成 修一 様

 

会報委員 野田 正敬 会員

写  真 菅野 政仁 会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp  
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm