2005)平成17年6月10日 No.2647回 2004〜2005年度(第45回会報)

会員数 102名  出席者 55名  出席率 82.1%  前回修正出席率 85.1%

MU会員:花木親司、篠崎昌平

ビジター紹介(森田浩敏親睦活動委員長)

大柿 隆様(宇都宮90RC)

快出席(宮田初男出席委員長)

粕谷忠市会員(41年)、星野泰三会員(38年)、福嶋寿克会員(38年)、福田一穂会員(38年)

椎貝敏夫会員(37年)、久保井一臣会員(25年)、青木直樹会員(20年)、吉澤光三会員(17年)

小牧伸敏会員(10年)、上野憲示会員(9年)、三柴富男会員(4年)、飯村 悟会員(1年)

親睦活動委員会報告(森田浩敏親睦活動委員長)

 6月2日(木)家族会を催しまして47名の御参加で行って参りました。大変楽しく有意義な1日を過ごすことが出来ました。本当にありがとうございました。

 6月25日(土)第2回親睦ゴルフ大会が予定されております。場所は新宇都宮カントリークラブです。申込、しめきりは本日になっております。

御参加の程お願いします。

ニコニコBOX委員会(田辺勇治ニコニコBOX委員)

誕生祝:助川通泰会員、上野泰男会員、宮田初男会員

快出席:小牧伸敏会員、久保井一臣会員、粕谷忠市会員、椎貝敏夫会員、吉澤光三会員、上野憲示会員

奥様誕生:関口快流会員、中島 理会員、吉澤光三会員、市川秀夫会員、小牧伸敏会員

齋藤一郎会員:ガバナー補佐として1年間お世話になりました。

プログラム紹介(久保井一臣プログラム委員長)

 いよいよ輝かしい矢嶋年度末を迎えようとしております。本日から3回に渡りまして本年度各委員長に一年間の成果についてお話を戴きたいと思います。ガバナー補佐 齋藤一郎会員に御挨拶を戴きます。その後職業奉仕委員長 小林利也会員、100年委員会委員長 石下和穀会員から御挨拶を戴く事になっております。どうぞ宜しくお願いします。

卓話「ガバナー補佐離任挨拶」   

RI第2550地区 第3分区ガバナー補佐 齋藤一郎会員

 一年間を振り返り挨拶をする様言われました。ガバナー補佐という名で色々研修を受け始めたのが一年半前でした。

一昨年の12月に委嘱を戴きまして、昨年の1月にガバナー補佐が当時のエレクト事務所に集められ、6名いましたが行ってみました。研修リーダーというポストがありました。毎月1回の割合で5回程研修に行きました。何よりも良かったのは、ガバナー補佐6名が大変仲よくなり、互いが意志疎通ができました。

 新年度になり、一番心配だったのが、クラブ訪問でした。今は、クラブ協議会で各委員長さんが年度計画をお話する行事は、すべてガバナー補佐がお聞きする事になっております。

私は難しい質問がでたらどうしようかと思いながら、訪問しました。9つのクラブを廻させて戴きました。私にとって大変勉強させて戴きました。その後ガバナー公式訪問があり、ガバナー補佐として、地区とクラブの間の連絡役という事で地区の行事として青少年、GSE、色々地区のプログラムを分区のクラブにお願いするというまとめ役でした。

 分区の中で宇都宮の城址公園に桜を植樹する、これは宇都宮北クラブの行事だったのですが実行委員会ができまして分区9クラブ共通の行事となりました。IMは会長、幹事会で随分、討論しまして結果、合同例会になりました。

いずれにしましても市内9クラブ500名のロータリアンですので、親睦、同じ様な方向の奉仕活動が出来れば大きな活動ができると思います。次年度は、宇都宮東ロータリーの羽石光臣さんがガバナー補佐として一年間担当されます。

この一年間本当にありがとうございました。

卓話「委員長離任挨拶」   

              職業奉仕委員会 委員長 小林利也会員

 2年間に渡りまして職業奉仕委員長を仰せつかりました小林です。本年度は何をしたかといいますと、教育問題の後方支援をさせて戴きました。地域の先生支援でした。

 フォーラムにおきまして、社会奉仕委員会共々、伊藤教育長をお招き致しまして、教育問題等の御意見を戴きました。

10月の職業奉仕月間ですが、星野大先輩から卓話を戴きました。結論からいいますと、職業奉仕とは、お客様に対して満足度をいかに与えるか? かい摘んで言えば、それが自分の元に戻ってくる、つまり自分をみがくテストですよと。企業人ですので利益を上げるのは当然です。そこに、人に後指さされる

利益の上げ方等は何如かなと思います。

つまり、苦しくても誠実に行ないなさい、そういう所が長く商売が出来るのではないのでしょうか。

ロータリーの職業奉仕においては、色々御意見がおありかと思います。私が2年間させられた思いとしましてはそんな所に結論があるのかなと思いました。本当にありがとうございました。

卓話「委員長離任挨拶」   

                100年委員会 委員長 石下和穀会員

 私としましては県の教育に関しては、ある程度情報はありました。100年委員会としましては2つの柱があります。1つは教育の現状、どういう組織かという事です。もう1つはロータリーとしての体質、どういった事が貢献出来るのか探っていく事です。

 私は、高校の方はある程度、情報はあったのですが、義務教育という事で絞ってスタートを切る様、会長から言われました。

教育現場から本当にニーズがあるのか? それは大変ニーズがありました。ロータリークラブ自体がそれに対応するだけの能力が十分ありました。

ロータリーの活動についての理解を十分して戴きました。

それと会長方針が明確にされていた事です。

昨年7月時点で教育会はどんなものかという事で伊藤教育長と会いました。8月27日伊藤教育長に卓話を戴きました。そこでロータリークラブと教育委員会の連絡として半田先生という担当者を決めて戴き流れがスムーズになりました。

その中で先方から電話があり、10月12日、桜小学校と豊郷中学校が今回の主旨を理解をしてくれて、地域の先生の実習を受けたいという事でした。クラブフォーラムで伊藤教育長に来て戴いてお話を戴きました。

12月17日に栃木県の教育の現状という事で小林先生にお話を戴きました。

2月22日桜小学校での卒業児童を前にして伊藤会員に「やってみなはれ」という題で卒業記念講演をして戴きました。

3月16日、3月26日、豊郷中学校で進路指導をさせて戴きました。横堀先生、五味渕先生、デザイナーとして藤原先生、医師として関根先生、大塚先生、企業の常識として藤井会員、横堀太郎先生、済生会の大野看護士さん、デザイナーとして文星芸大の金子先生、大野整備士さん等に来て戴きました。

3月17日NHKFM6時から30分間矢嶋会長が出席されました。

4月22日松本先生、藤井 清会員による「教科書を考える」という卓話をして戴きました。

5月20日豊郷中学校と桜小学校と教育委員会と地区新世代委員長の川名さんが集まりロイヤルホテルで今後の展開の御要望と反省会を致しました。

 いずれに致しましてニーズがたくさんありロータリアン自体が人材の宝庫であり、ロータリーの基本精神の職業奉仕を元にして教育問題の参画という事で、子供達が将来の進路を誤る事なく過ごすことが出来れば最大の社会奉仕ではないかと確信しております。

一年間大変お世話になりました。

 

 

テーブル紹介

Kテーブルの皆様

卓話予定

6月24日  「本年度を顧みて

矢嶋 昭司会長

前田 正典副会長 兼 クラブ奉仕委員長

宮本 隆昌幹事

 

 

会報委員 野田 正敬 会員

写  真 菅野 政仁 会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp  
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm