2005)平成17年7月1日 No.2650回 2005〜2006年度(第1回会報)

会員数 99名  出席者 66名  出席率 100%  前回修正出席率 100%

 

MU:助川通泰

会長挨拶(近藤隆亮会長)

 本年度2005−2006年度会長を担当させて戴きます近藤です。これからこの一年新しいシステムでやって行きたいと思います。まず雛段の並びを変えました。本日のお祝い事の進め方においても多少、変更がございます。本日第1回例会という事で、この例会に先立ちまして第1回理事会を開催致しました。この後、4時から第2回クラブ協議会、その後新旧を兼ねての懇親会がございます。

 スタートに当たりまして御挨拶を申し上げます。本年もどうぞ宜しくお願いします。

誕生祝(親睦活動委員会 斎藤高蔵委員長)

久保井一臣会員、長谷川正会員、福田宏一会員、上野隆宏会員、増山浩史会員、

花咲 実会員、喜谷辰夫会員、藤原宏史会員、福田一穂会員、町田卓大会員

結婚祝(親睦活動委員会 斎藤高蔵委員長)

花木親司会員

奥様誕生祝(親睦活動委員会 斎藤高蔵委員長)

粕谷忠市会員の奥様、鱒渕弘一会員の奥様、鈴木重男会員の奥様、

北村光弘会員の奥様、真下 進会員の奥様、小針直哉会員の奥様、

宮田初男会員の奥様、福嶋寿克会員の奥様、助川通泰会員の奥様

幹事報告(真下 進幹事)

 第1回理事会を報告させて戴きます。クラブのスケジュールですがクラブフォーラムを11月8日(火)、

18年3月7日(火)2回予定しました。名誉会員の推薦ですが、福田富一栃木県知事、佐藤栄一宇都宮市長、杉山 孝様の3人が推薦されました。会員の退会が3名いらっしゃいます。西廣泰輝様、笠間陽一様、河上陽二様です。会員数は期首102名(名誉会員含む)です。入会申請者は東日本旅客鉄道(株) 鈴木一夫様、松下電器産業(株) 尾崎宗弘様、作新学院大学 諸富 隆様です。会費の件ですが今年度26万円(上期13万円、下期13万円)でございます。この中に財団と米山の寄附金が含まれております。本年度もどうぞ宜しくお願いします。

親睦活動委員会報告(斎藤高蔵委員長)

 今年の親睦手帳を作成させて戴きます。原稿依頼用紙をレターBOXの中に入れさせて戴きます。

 締切は7月22日です。

親睦活動委員会報告(森田浩敏前委員長)

 6月25日親睦ゴルフコンペを開催致しました。13名御出席戴きました。

 優勝は藤井昌一会員です。今回はレベルが高くて70台で廻られた方は、荒井規夫会員、永田正一郎会員、真下 進会員です。鱒渕弘一会員より賞品の御提供有難うございました。

ニコニコBOX委員会(佐々木光俊委員長)

誕生祝:長谷川正会員、藤原宏史会員、久保井一臣会員、喜谷辰夫会員、町田卓大会員、新井祥夫会員

結婚祝:新井祥夫会員、花木親司会員

奥様誕生:鱒渕弘一会員、北村光弘会員、助川通泰会員、真下 進会員、齋藤一郎会員、小針直哉会員、宮本隆昌会員

矢嶋昭司会員:お蔭様で会長の役割を終了する事が出来ました。有難とうございました。

6/25の宇都宮RC親睦ゴルフ会で総合3位、シニアの部で1位でした。有終の美を飾る事ができました。

近藤隆亮会長:一年間宜しくお願いします。

北村光弘エレクト:一年間宜しくお願いします。

関口快流副会長:一年間副会長、クラブ奉仕委員長として努めさせて戴きます。至らない点宜しく御指導お願い致します。

真下 進幹事:幹事宜しくお願いします。ロータリークラブ親睦ゴルフで永田、荒井会員の強打者にまじりベスグロ(38、41)となりました。

藤井昌一会員:先日のゴルフコンペでハンディキャップに恵まれて優勝させて戴きました。ホールインワンに続き優勝と本当にありがとうございました。本年度は少しゴルフについて自重したいと存じます。

小林利也会員:先週、末娘に男の赤ちゃんが生まれました。私自身4人目の孫です。

佐々木光俊会員:先月5月に娘に女の子さくらが誕生しました。4人目です。

小沢徳和会員:去る6/25(土)新会社(株)フジカラープロフォトセンター祝賀パーティーに宇都宮RCとして前田副会長にご臨席頂きお祝とお祝のお言葉を頂きました。大変有難とうございました。今後共、新会社宜しくお願い致します。

プログラム紹介(プログラム委員会 喜谷辰夫委員長)

 今年度プログラム委員長を仰せつかりました喜谷です。新年度第一例会ですので近藤隆亮会長、真下 進幹事よりお話を戴きます。

卓話「新年度会長挨拶」              

近藤隆亮 会長

 2005-06年度当クラブの会長を担当することになりました近藤でございます。会長就任に当り、一言ご挨拶を申し上げたいと思います。初めに、私のロータリー暦に就きご報告いたします。

 私は、1936年東京生れの宇都宮育ちで、当クラブに1987年に転勤族でもあった三菱商事の宇都宮支店長として当クラブに入会しました。1993年に三菱商事を準停で退職後も宇都宮に住み、近藤企画の名の下、経営コンサルなど経営支援の業務に従事し乍ら、継続して当クラブに所属して参りました。従いまして、ロータリー歴は合計約18年となりました。この間、当クラブにおいては四大奉仕部門で色々な委員、委員長等を、又2002-03年度には篠崎会長の下で、幹事も体験致しました。18年間のロータリー暦の中の10年間は、国際ロータリー第2550地区の地区委員として、ロータリー財団の国際親善奨学金委員会委員及び委員長、地区クラブ奉仕委員会の広報委員長などを経験し、地区のロータリー活動にも参加させて戴きました。

 さて、2005-06年度の国際ロータリーの会長は、1935年生れ、スウェーデンのイエーテポリクラブ所属のカール・ヴィルヘルム・ステンハマー氏です。又、RI第2550地区ガバナーは足利東クラブの大竹義夫氏であります。RI会長の今年度のテーマは、1911年にRIにて創られた「超我の奉仕」であります。私は、ロータリーのテーマとして、これ以上のものを設定することは困難と考え、当クラブも、RIのテーマ「超我の奉仕」をそのまま本年度の当クラブのテーマとして掲げて参りたいと思います。

「超我の奉仕」はロータリアンの誰もが熟知しておるテーマでしょうが、私はこのテーマを取り上げるに当り、国際ロータリー決議23・34の中の、「ロータリアン及びロータリークラブの指針」を、次のように引用して本年度の宇都宮クラブ活動の指針を設定したいと考えます。即ち、

「宇都宮ロータリークラブは、事業及び専門職務に携わる人の代表として、ロータリーの奉仕の哲学(超我の奉仕)を受け入れ、次の四つの事を実行することを目指します。

@奉仕の実践理論(最もよく奉仕する者、最も多く報いられる)が、職業及び人生における成功と幸福の基礎であることを宇都宮クラブで学ぶ事。

A自分達の間に於いても、又地域社会に対しても、奉仕の実際例を宇都宮クラブとして示す事。

Bロータリアンが個人として奉仕の理論を夫々の職業及び日常生活において実践に移す事。

C個人として、又宇都宮クラブとしても奉仕の教えを説き、奉仕の実例を示すことによって、ロータリアンだけでなく、ロータリアン以外の人々が、理論的にも実践的にも、奉仕の教えを受入れるように奨励する事。」であります。

 

 2005-06年度は、ロータリー活動の次の百年のスタートの年でありますが、RIのステンハマー会長は、地域における奉仕活動は勿論の事、本年度のロータリー活動の焦点を「人類の基本的ニーズを表す分野」、就中、「識字率向上と教育」、「水保全を中心とする生活環境プロジェクト」に当てております。活動に際しては、地域の他団体との協力関係を結んでのクラブ活動を奨励しております。

 宇都宮ロータリークラブは、ステンハマー会長の活動方針をも勘案し乍、前述の当クラブの活動指針の実現を目指したいと思います。具体的活動内容・方法は、上記基本指針を踏まえ、当クラブの各委員会にて事業計画を作成願い、本日開催の第2回クラブ協議会にて討議する予定であります。又、前年度より開始した地域教育問題への取組も、活動指針のA、地域社会への奉仕活動の一つとして継続実施致す所存であります。

これらの活動を通し、「ロータリー活動の理論(哲学)と実践(対外奉仕活動)の調和」を目指し、魅力あるクラブ運営を実現したいと考えて居ります。

 以上、私の宇都宮ロータリークラブ運営に関する基本的考え方でありますが、2005-06年度は、歴史と伝統ある宇都宮クラブの53年目に当る年でもあります。ロータリー活動は例会への出席が基本です。皆様のより積極的な例会出席による、当クラブ運営に対する尚一層のご協力・ご支援をお願い致しまして私の挨拶と致します。宜しくお願い致します。

最近のRIの動きとしましてロータリー財団、米山奨学のサポートという事が今までの寄付という方向性を強く出したというよりはある意味では義務的な形が強くなっています。当クラブでは皆様の自主性をベースに進んできましたが、ある程度の実績のあげる方法も考えているべきであろうという事で今回皆様に会費の払いこみをお願いする時に説明をお付けしてお願いする予定です。

なにとぞ御協力をお願い致します。

 

卓話「新年度幹事挨拶」

真下 進 幹事

 昨年11月頃、近藤会長より「来年は色々やってもらわなければ」といわれ、そうか自分は努力が足りないのかなあと思い「一生懸命がんばります」とお答えしました。栃木ガスの方も天然ガスの切り換えが終わりまして今年は暇になると思いましたのでそう、お答えしました。昨年12月に幹事をやってもらうのだという話になりました。

 予算の問題、クラブの現況報告とか、ロータリークラブの理解も十分ではありませんが今月スタートラインに立ったわけです。実は社会奉仕委員長など勉強させて戴いたお陰でロータリークラブの組織というものは非常に会社の組織とよく似ていて、自分にとってえらく勉強になりました。

 もう一つはちょっとした事で困っていると古い会員の方々がちょっとしたアドバイスをして下さいまして、それが自分にとって良いアドバイスになり自分をみがくという事にえらく役立っております。

 前宮本幹事に、心から心配して戴いたお陰で今日無事スタートラインに立つ事ができました。

 幹事の仕事としましては、私はロータリークラブの潤滑油という様な役割で各委員長の方々、各会員の方々が楽しく例会に来れて、おいしい食事が出来ればいいなという気持で、やっていきたいと思っております。

 最後に私の隣が副幹事の木村さんと佐竹さんです。特に木村さんと私が笑って話をしている時はロータリークラブの事を話しているので御安心下さい。

 真剣に話をしている時は、模型の話をしている時ですのでその時は注意して下さい。

 一年間がんばって行きたいと思いますのでどうぞ皆様の御支援をお願いします。

 

7/1 金曜日 16:00から 第2回クラブ協議会

 

 

 

7/1 金曜日 18:00より 新旧理事役員歓送迎懇親会

 

 

 

 

 

 

会報委員 野田 正敬 会員

写  真 野田 正敬 会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp  
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm