2005)平成17年7月15日 No.2652回 2005〜2006年度(第3回会報)

会員数 98名  出席者 54名  出席率 83.1%  前回修正出席率 83.1%

会長挨拶(近藤隆亮会長)

 7月というのは、国際ロータリーの中で識字率向上という事になっております。世界では識字率が低いという事で教育の問題特に、今年は、RI会長が識字率向上に力を入れております。このからみにおいて、当ロータリークラブでは当地区において、プログラムが進行中です。当クラブがからんでいるサンラフェール委員会がございます。サンラフェール交換学生2名が18日こられます。20日にウェルカムパーティが行なわれます。皆様の御参加をお願い致します。2550地区において、夏期交換学生プログラムがございます。アメリカから今年10名の学生が来ております。当クラブも参加、協力という事で烏山の山あげ祭にサンラフェール学生と一緒に連れて行くという計画を立てております。皆様に、御礼かたがた申し上げます。会費の納入と同時にロータリー財団、米山記念奨学会に対する寄付の御協力を早速皆様から戴きましてありがとうございました。この処理の仕方につきましては、幹事の方から後程お話があると思います。

幹事報告(真下 進幹事)

 過日会費のお願いを致しましたところ、100%ロータリー財団、米山記念奨学会分を含めた納入を戴いております。この領収書につきましては、宇都宮ロータリークラブの名で発行させて戴きます。米山記念奨学会の寄付は、減免の措置が取れますので手続上、上期が米山記念奨学会への寄付、下期がロータリー財団への寄付という事で、宇都宮ロータリーの名で仮の領収書を発行させて戴きます。税務署に届ける減免の領収書は宇都宮ロータリークラブの領収書ではだめなので、改めて米山記念奨学会、ロータリー財団からの正式な領収書が届きます。それで減免の手続きを取って戴きます。今後とも宜しくお願い致します。

サンラフェール委員会報告(石島 洋副委員長)

 来週18日サンラフェールRCより2名が参ります。7月20日(水)うおのぶさんで6時30分よりウェルカムパーティを行います。皆様の御参加をお願い申し上げます。8月5日(金)6時30分からさよならパーティがございます。

 今年サンラフェール35回目のプログラムでございます。1971年に始まっておりますので来年が正式に友好姉妹ロータリークラブになって35周年になります。35周年で何かをやろうか。それを今年私がサンラフェールRCに行って話をして参ります。

ニコニコBOX委員会(佐々木光俊委員長)

快出席:北村光弘会員

奥様誕生:鈴木重男会員

プログラム紹介(喜谷辰夫委員長)

 本日は第三例会という事で青木直樹社会奉仕委員長、藤原宏史国際奉仕委員長、宮本隆昌100年委員会委員長に御挨拶を戴きます。時間があれば私の方からプログラム委員長としてご挨拶をさせて戴きます。どうぞ宜しくお願いします。

卓話「新年度挨拶」   

                           青木直樹 社会奉仕委員長

 社会奉仕委員長の青木でございます。本年度の社会奉仕のターゲットは6月に地区で勉強会がありました。国際ロータリー会長のターゲットは超我の奉仕です。超我の奉仕というと社会奉仕よりは、職業奉仕、クラブ奉仕の委員会に関係してくるのかなと思います。超我の奉仕という事を年頭において、社会奉仕をやってくれという事です。

 大竹2550地区ガバナーの方針と致しまして地域に根ざした首の根運動を展開してくれという要請がございました。

 近藤会長からは、奉仕部門が連携をして地域の奉仕を考えるという事を年頭において社会奉仕のプログラムを進めてくれという事です。地区の社会奉仕委員会の当期の重点事項は、青少年の育成事業@心の健康作りA豊かな自然環境を守る。自然との共生地域における自然に親しむという事を重点項目です。宇都宮ロータリークラブ社会奉仕委員会と致しましては、地域の先生活動これにつきまして、7月3日東武グランデホテルで社会奉仕と新世代委員会で地区の研修がありました。

 石下さんの方から昨年の地域の先生の事業展開、詳細に説明がありました。豊かな自然環境を守るという重点項目の中で、特にRI会長が飲料水についてこれから考えていかなければいけないというお話がありました。

 宇都宮は水に恵まれておりますが、将来をふまえて考えていかなければいけないと思います。

 フォーラムにおいて、社会奉仕部門は、会長が考えていらっしゃる奉仕部門が連携してできる奉仕についてフォーラムが行なわればと考えております。

 奉仕活動では従来から色々な寄付がロータリークラブに求められております。従来からしてきた寄付も含めて選択と集中という事で宇都宮ロータリークラブとしての寄付行為ができればと思っております。

 以上ですが、一年間がんばりますのでどうぞよろしくお願い致します。

卓話「新年度挨拶」   

                           藤原宏史 国際奉仕委員長

 国際奉仕部門の藤原です。国際奉仕部門は国際奉仕委員会、ロータリー財団委員会、米山記念奨学会委員会、サンラフェール委員会を含めて国際奉仕部門という事になっております。

 本年度RI会長のテーマがロータリーの精神の原点に戻ってという事で超我の奉仕というテーマを選ばれました。

 当クラブ会長も同じテーマを選ばれました。RI会長がこのテーマを選んだ理由とは、ロータリアンが人道的奉仕を遂行し高い道徳的水準を推進し、国際理解と世界平和の為に活動する上で根底をなす教儀であって今年度は、すべてのロータリアンが超我の奉仕の信念をじっくり考える時期だとのべられております。

 私共は、国際奉仕の原点に帰って真の国際親善と世界平和の推進という基本方針に基づいた活動をして行きたいと思います。

 国際ロータリー自身が国際奉仕に参加したのは、1921年です。非公式としては、1914年イギリスとアイルランドでした。人道的な活動から始まって人道的プログラム、教育的プログラムが位置してきました。国際奉仕委員会は世界社会委員会(WCS)、青少年交換委員会、国際親善委員会があります。

 世界社会奉仕委員会は人道的プログラムのさえたるものといっていいのではないかと思います。

 主旨は1つの国の1つのクラブ又は地区が他の国のクラブのプロジェクトに人道的な援助の手をさしのべるという事になっております。青少年交換委員会は夏期交換学生について地区の委員会において、今後どんなあり方がいいのか議論されております。

 国際親善委員会は、親善交流を実施しているサンラフェールへの援助や国際大会への出席への支援援助、ロータリー財団委員会、米山記念奨学会委員会におきましては、今年度は米山記念奨学会が上半期、ロータリー財団が下半期に1万円ずつという事で御寄付を戴く事になりました。

 ロータリー財団委員会では6つの委員会が設置されています。国際親善委員会、研究交換グループ委員会(GSE)、年次寄付及び恒久基金委員会、財団補助金委員会、財団学友委員会、ポリオプラス委員会です。

 米山記念奨学会委員会は日本独自の大変素晴らしいシステムです。この学友会がございましてこの方々達も大いに活動して戴きたいと思います。最後にサンラフェール委員会ですが荒井委員長、石島副委員長にすべてやっていただいております。一年間どうぞ宜しくお願い致します。

卓話「新年度挨拶」   

宮本隆昌 100年委員会委員長 

 今年度、100周年委員会を受け持ちます宮本です。

 昨年度会長方針の1つとして教育問題に特化した100年委員会が設置されました。

 地域の先生という事で会員の皆様には、登録して戴いて一応の成果を修めてきました。本年度も100年委員会として継続実施という事になりました。超我の奉仕、地域社会に対しても奉仕の実際例を宇都宮ロータリークラブとして示す事、これを受けて地域社会の奉仕活動の1つとして社会委員会、新世代委員会、インターアクト委員会と連携を取りながら、今後も地域の先生を中心とした形で進めて行きたいと思います。

 特に今年は、地域の先生プログラムを充実し、他のクラブの地区の新世代委員会との連携を取りながら、他のクラブをまきこんだ形での地域の先生をやっていきたいと考えております。

 今年度は、私を含めて4人の委員でスタートしております。いずれにしましても委員会の運営計画としましては、教育現状を、把握するという事で、教育機関との情報交換を行い、これを卓話の中に入れたり、クラブフォーラムの中に入れたりして考えて行きたいと思っております。学校教育の中でも義務教育を中心として行動して行きます。

 7月22日か7月29日かどちらかになりますが市の教育委員会に行って参ります。

 今年度の事業計画をすりあわせて参ります。どうか宜しくお願いします。

卓話「新年度挨拶」

喜谷辰夫 プログラム委員長

 本年度プログラム委員長を仰せつかりました喜谷です。

 本年度例会が49回ございます。ロータリー活動において毎週のプログラムは非常に大事だと思います。私1人ではできませんしプログラム委員会だけではできません。是非皆様の御協力をお願い致します。

 前年度は、安全安心といったテーマでした。私の方は我クラブの中に再発見という事で会員卓話を多めにしていきたいと思っております。是非お願いした時は、おことわりにならないでお引受け戴きたいと思います。それと毎月各月間にちなんだ委員長さんに担当して戴きまして卓話の設営をしていきたいと思っております。又、知事、宇都宮市長さんにも後半の方に選挙で当選して1年たった当たりでお願いしていきたいと思っております。あと地元で活動をしていらっしゃる外部の講師の方にもお願いしたいと思っております。皆様の御紹介をお願い御協力の程申し上げます。

 一年間宜しくお願い申し上げます。

卓話予定

7月29日  「会員卓話」

瀬藤 素直会員

8月5日   「会員増強・拡大月間」

                   町田 卓大会員増強委員長

 

 

会報委員 佐藤登美雄 会員

写  真 野田 正敬 会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp  
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm