2006)平成18年7月11日 No.2699回 2006〜2007年度(第2回会報)

会員数 101名  出席者 63名  出席率 75.2%  前回修正出席率 76.2%

MU:青木直樹会員

ビジター紹介(親睦活動委員会 細川幸丈委員長)

 張暁東様(米山記念奨学生)

会長挨拶(北村光弘会長)

 訃報のお知らせです。宇都宮ロータリークラブ元会長でいらっしゃいました長瀬会員が交通事故の為、9日亡くなられました。通夜は7月12日6時から告別式は7月13日12時30分からサルナート浄邦宇都宮式場です。宇都宮ロータリークラブとしては慶弔規定により生花一基をあげさせて戴きます。

 以上御報告させて戴きます。

誕生祝(親睦活動委員会 細川幸丈委員長)

 柳田 正会員、久保井一臣会員、長谷川正会員、福田宏一会員、上野隆宏会員、岡崎善胤会員、

増山浩史会員、花咲 実会員、喜谷辰夫会員、藤原宏史会員、福田一穂会員、町田卓大会員、

結婚祝(親睦活動委員会 細川幸丈委員長)

 花木親司会員

奥様誕生祝(親睦活動委員会 細川幸丈委員長)

 鱒渕富貴子様、鈴木和代様、北村正子様、小針雅美様、宮田怜子様、福島至月江様、助川ミサ子様

幹事報告(石島 洋幹事)

 先週はベルヴィにおきまして新旧歓送迎会という形で宴会を開かさせて戴きました。アンケートも集計中です。

 サンラフェール交換学生の件ですが宇都宮ロータリークラブから交換学生の参加者がいないと伝えましたところサンラフェールRCからも今年は参加しないという事がメールで私の所に届きました。そのメールが来たのが北朝鮮のミサイルが発射された翌日でした。今年はサンラフェールのプログラムはございません。

 次に交換学生の募集です。2550地区で行われております。一年交換学生の募集についてという案内が来ております。栃木県内在住高校1年生、高校2年生に限ります。派遣先はアメリカ、カナダ、ブラジル、フランス、タイ、台湾です。2007年8月から一年間の交換留学です。募集人員7〜8名です。希望がございましたら9月10日までに各地区の国際奉仕委員長までお申し出下さいませ。

ニコニコBOX委員会(辻 博明委員長)

誕生祝:上野隆宏会員、藤原宏史会員、喜谷辰夫会員、久保井一臣会員、長谷川正会員

結婚記念祝:花木親司会員

奥様誕生祝:小針直哉会員、北村光弘会員、宮田初男会員

石下年資会員:クラブ奉仕委員会一年間お世話になります。

石島 洋幹事:一年間幹事を務めさせて戴きます。どうぞ宜しくおねがいします。

プログラム紹介(プログラム委員会 青木直樹委員長)

 先週は会長幹事より所信表明という事で発表がありましたがそれを受けまして本年度CLPがスタートしまして常任委員長が4人誕生致しました。クラブ組織運営委員会の長谷川正委員長、クラブ奉仕委員会の石下年資委員長(副会長)、奉仕プロジェクト委員会の上野隆宏委員長(副会長)、新世代プロジェクト委員会の小牧伸敏委員長、以上の方々から発表を戴きます。

 

卓話「新年度常任委員長挨拶」

          クラブ組織・運営委員会挨拶 長谷川正委員長

 クラブ組織運営委員長の長谷川です。今回のCLPの組織の変更に伴いまして新しくできた委員会です。本年度組織されました委員会は、職業分類委員会(佐藤行正委員長)、会員増強委員会(青木栄久委員長)、会員選考委員会(田ア秀穂委員長)、ロータリー情報委員会(齋藤一郎委員長)、クラブ定款・細則委員会(田辺勇治委員長)です。各委員長さんがクラブの会長の方針に従いまして出来るだけ能率的、効果的に調整出来る様に私としては努めて行きたいと思います。CLPに伴い一部昨年7月に細則の変更がございましたが田辺委員長の元クラブ定款と細則の方を変更せざるえないのかなと思っております。一年間宜しくお願い致します。

 

          クラブ奉仕委員会 石下年資委員長(副会長)

 クラブ奉仕を担当する事になりました石下です。CLPの導入に伴って組織の変更、変化が生じた中でのスタートです。クラブ奉仕委員会はクラブ会員からクラブそのものに対する奉仕に限定されております。対外的な奉仕は私共のクラブ奉仕部門にはありません。ロータリークラブの設立当時からの親睦は、基本にあるものだと思っております。本年度北村会長の方針であります「ロータリーは親睦から、ロータリーは全員参加から」とあります様にまず親睦を深める事によって各委員会の調整と連携を密にして、その事がクラブ会員の活力につながればそして、やがて対外的な奉仕活動に寄与する様な活力の源泉というものが我々の役割ではないかと思っております。委員会と致しましては、出席委員会(阿部秀人委員長)、クラブ会報委員会(木村正樹委員長)、雑誌委員会(岡 政秀委員長)、親睦活動委員会(細川幸丈委員長)、プログラム委員会(青木直樹委員長)、ニコニコBOX委員会(辻 博明委員長)、クラブ史編集委員会(斎藤高蔵委員長)、広報委員会(上野泰男委員長)です。CLPとかRIからの組織の変更とかが来ていて今があります。一番重要なのは宇都宮ロータリークラブらしさです。我々のクラブ奉仕部門と致しましてはそれをふまえた上での宇都宮ロータリークラブらしさを保つかという事に専念していきたいと思います。一年間宜しくお願いします。

 

          奉仕プロジェクト委員会 上野隆宏委員長(副会長)

 今年北村会長から奉仕プロジェクト委員会を引き受ける事になりました上野隆宏です。今年度からCLPが導入されまして常任委員会が4つ出来ました。その中で私が担当する事になりました。奉仕プロジェクト委員会の所属は一番ロータリーの本質です。職業委員会(宮本隆昌委員長)、社会奉仕委員会(鈴木義郎委員長)、国際奉仕委員会(藤井昌一委員長)、サンラフェール委員会(佐山良一委員長)、ロータリー財団委員会(荒井規雄委員長)、米山記念奨学会委員会(藤原宏史委員長)です。職業奉仕、社会奉仕は皆様よくご理解戴いている事と思います。私はロータリー歴24年間になります。その中で職業奉仕委員会は3年間在籍致しました。社会奉仕委員会は1年間在籍致しました。国際奉仕委員会は5年間在籍しました。サンラフェール委員会は3年間在籍致しました。私の子供は2人娘がいましてサンラフェール交換学生で派遣させて戴きました。その際大変お世話になりました。私の24年間ロータリー歴の中で忘れられないのは、藤井 清会員が会長の時サンラフェール関係のメンバー7夫婦でサンラフェールRCを訪問した事です。会員の家にホームステイ致しました。この経験につきましては宇都宮ロータリークラブ40周年記念誌の中に私の思い出をかかせて戴きました。その時のメンバーは半田夫婦、舘野夫婦、堀井夫婦、中田夫婦、私夫婦と元会員の箕輪夫婦でした。ロータリー財団委員会には1年間在籍致しました。近藤年度から前半、後半に分けてすべての会員から1万円ずつ会費と同時に納入となりました。6つの委員会を担当するに当たりまして、CLPという事で始まっていますがCLPにつきましては十分私も勉強していかなければなりません。CLPを導入した事によってクラブがより存在感がある活動内容を追求し魅力あるものへと進化していくべく努力して行きたいと思っております。今年1年かけてCLPを軌道に乗せて次年度に引き継がれる様会員の皆様の御協力を得ながらがんばって行きたいと思いますので宜しくお願いします。

 

          新世代プロジェクト委員会 小牧伸敏委員長

 新世代プロジェクト委員長の小牧です。地区協議会では新世代委員会がありました。今年CLPの中で新世代プロジェクト委員会はより具体的な実行をしていくとお話を伺っております。私は入会11年になります。11年の中で私はどちらかというと不良会員だと思っております。一昨年サンラフェール委員会をお受け致しました。昨年はインターアクト委員会をお受け致しました。今年は北村会長からじきじきに電話がありお受け致しました。私自身知識が足りませんが1つ1つ1年間かけてやっていきたいと思っております。新世代プロジェクトの基本的な考え方は青少年の人材の育成だと思っております。100年委員会でいえばこれからの100年をロータリークラブがこれから繁栄するにはやはり人を育てなければいけないと思います。新世代プロジェクト委員会は3つの委員会があります。新世代奉仕委員会(佐々木光俊委員長)、インターアクト委員会(町田卓大委員長)、100年委員会(小牧伸敏委員長)です。世代間という事でこの3つの委員会がつながっていけば必ず将来のロータリアンが育つのかなと思います。新世代奉仕委員会は18〜30歳の青年の育成という事でローターアクト、ライラプログラムが存在しています。インターアクトは高校生を対象にしております。現在12クラブ584名がインターアクトで活動しております。宇都宮ロータリークラブは文星芸術大学附属高校でインターアクトが活動しております。昨年は足尾に行って植林して参りました。現在3万本植林しております。立松和平氏に言わせれば100万本植樹しないと元に戻らないと言われています。100年員会はこれからの100年というのを考えた場合人を育てなければいけません。すでに3年目に入っております。石下会員、矢嶋会員、宮本会員が基礎を築いて下さっておりますのでその基礎を今年は進めて行きたいと思っております。おもだっては、小学校の高学年、中学校(市内25校あります)の中から5〜6校できると思います。家庭では当然両親が子供を育てていくのですが学校では先生あるいは地域のリーダーの教えは別な意味で子供に影響を与えます。又、ロータリアンの職場の中で職場体験ができればいいと思っております。一年間がんばっていきたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

会報委員 鈴木 一夫 会員

写  真 松本 彰  会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp  
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm