2006)平成18年9月26日 No.2709回 2006〜2007年度(第12回会報)

会員数 105名  出席者 70名  出席率 78.1%  前回修正出席率 78.1%

ビジター紹介(親睦活動委員会 松井公彦委員長)

伊藤永峯様(第3グループAガバナー補佐)、村上龍也様(宇都宮西RC)、亀山弘晃様(鹿沼東RC)

 

会長挨拶(北村光弘会長)

 本日は伊藤ガバナー補佐をお迎えしてのクラブ協議会が開催されます。大変お忙しい中おいで戴きましてありがとうございます。伊藤ガバナー補佐について簡単に御説明させて戴きます。現在2550地区第3グループAのガバナー補佐です。第3グループといいますと、宇都宮の9クラブです。それをAとBに分けて宇都宮西RC、宇都宮北RC、宇都宮90RC、陽北RCと宇都宮RCがAグループです。

本日はこのあと第3回クラブ協議会が行われます。本日の例会の卓話におきましては多氣山の御住職という事で素晴らしいお話が戴けるという事です。どうぞ宜しくお願いします。

 

幹事報告(石島 洋幹事)

 伊藤ガバナー補佐、本日はようこそいらっしゃいました。このあと隣の部屋で第3回協議会を開催致します。委員長さんお一人2分間位で発表をお願いします。

9月16日拡大サンラフェール委員会を開催致しました。いろいろな御意見を戴きました。

10月21日より会長、幹事、他3名の5名でサンラフェールロータリークラブを訪問し、向こうのクラブの意見を聞いてから結論を出そうという事になりました。ソルトレイクシティで国際大会が2007年6月17日から20日まで行われます。御参加をお願い申し上げます。

 

ニコニコBOX委員会(ニコニコBOX 西村 毅委員)

快出席:佐竹隆史会員、斎藤高蔵会員

奥様誕生:石島吉造会員

伊藤永峯ガバナー補佐:本日クラブ協議会におじゃま致しました。宜しくお願いします。

村上龍也様:本日伊藤ガバナー補佐のかばんもちとして同行させて戴きました。しっかり勉強して参ります。

北村光弘会長:9月12日所要の為欠席致しました。大変申し訳ありませんでした。

 

プログラム紹介(プログラム委員会 青木直樹委員長)

 2550地区第3グループAの伊藤ガバナー補佐をお迎えしてロータリーガバナー補佐としてのお話を戴きます。その他に多氣山の御住職であらせられますので、仏教についてのお話も戴く事になっております。「仏教からみた布施」という事でお話を戴く事になっております。宜しくお願いします。

卓話「ガバナー補佐訪問」

RI第2550地区第3グループAガバナー補佐 伊藤永峯様

 北村会長、青木さんより紹介戴いた第3グループAガバナー補佐の伊藤です。過日、青木さんよりクラブ協議会のおりには卓話をして下さいと依頼がありました。本日は3つの事をお話させて戴きます。1つはロータリーに関しての事。もう1つは無財の七施、もう1つは私自身の仏教的な考えをお話させて戴きます。

 RI会長は「率先しよう。Lead the way」テーマを掲げました。そして落合ガバナーはその率先しようというものにプラスして思いやりの気持ちを添えてというテーマを決められました。そして北村会長は「ロータリーは親睦から、ロータリーは全員参加から」のテーマを掲げられた訳です。そういう中において各委員会は活動しているわけです。私がガバナー補佐になって感謝している事が2つあります。1つは担当5クラブ、又2550地区の皆様方と知りあう事ができたという私自身にとって大きな宝になります。もう1つはロータリーの勉強する機会を与えられた事は感謝すべき事です。

 今年はDLP(地区リーダープランシップ)、CLP(クラブリーダープランシップ)という事で第3グループはすべてCLPを採用致しました。CLPについては落合ガバナーの卓話を期待して下さいませ。

 本日はロータリーソングと国旗をお話させて戴きます。ロータリーにおいてロータリーソングは2回募集が行われました。昭和10年ロータリーソングが募集されました。その時2席になったのが奉仕の理想です。4席が我らの業いです。1席は旅は道づれ、夜は情けです。昭和26年もう1回募集がありました。手に手つないでです。本日歌った4つのテストは1920年シカゴにおいてハーバード・テーラーが社員に徹底させました。4年でアメリカで10本に入る位の会社に建て直しました。1932年ハーバード・テーラーさんがRI会長になった時、この4つのテストというのがロータリアンの心の哲学というかそれぞれの気持ちの方向づけそういうものになりました。この4つのテストだけは世界共通です。これがロータリーソングの由来です。次に国旗の話になります。昭和6年、京都RCの会長は「私共は天皇陛下を思い、国を思い、尊敬する集まりです。奉仕を目的としています。この集まりの中で国家を歌い、国旗を掲揚をしましょう」という事で軍部を納得させました。今、ロータリークラブがあるのは多くの人達の足跡があったおかげで101年という歴史をしっかり踏まえてきた様な気がします。ロータリーでは世界168ヶ国、32,596クラブ、1,221,812名の会員(平成15年12月末)です。日本は2,329クラブ、101,670名のロータリアンがいます。私自身ロータリーの会員の1人としてロータリーに入っていて良かったなぁという気持ちで一杯です。ロータリーバッヂは皆様ずっとつけていらっしゃるでしょうか? 付けていると友達が声をかけてくれる様な気がします。日本中に10万人の友達がいると思うわけです。

 次は無財の七施です。仏教において施しを重要にしております。施しを仏教的にいうと3つあります。財施、法施(自分の知っていることを教えてあげる)、身施です。雑宝蔵経の中に無財の七施があります。

 

1 眠施  暖かい、優しい眼差しで人に接すること。

2 和顔施 和やかな、微笑みのある顔つきで接する事。

3 言辞施 思いやりのこもった暖かい言葉をかけてあげる事。

4 身施  礼儀正しい振る舞いや、身をもって奉仕を行う事。

5 心施  心のこもった思いやりの気持ちで接する事。

6 床座施 寝床や座席を提供する事。

7 房舎施 気持ちよいおもてなしをしてあげる事。

 

私は昭和42年住職になりました。来年3月で妻がなくなって6年になります。仏教で四苦八苦という言葉があります。妻が亡くなっていろいろ考えました。皆様からも助けられました。こういう事をしておきたいと思っております。1つは毎年記念写真を撮りましょう。私は毎年毎年生きた記録を撮りましょうといっております。2つめは遺言を書きましょう。書いた年月日と名前を書いて三文印を押しておく、それも自分が生きてきた足跡、証拠だと思います。是非心に止めておいて下さい。3つめは目、耳、足がしっかりしている時、最後の事を夫婦で話あっておいて戴きたいと思います。人生の一大事は私は自分の命が亡くなる時だと思います。最後に、足腰丈夫な時に奥さんと二人で行動してほしいと思います。旅行、食事でもなんでもいいから二人で楽しい思い出を一杯作って戴きたいと思うわけです。日本尊厳死協会というのがあります。年会費3千円です。毎年更新する意志があるという意思表示もあります。もし希望の方は03−3818−6563 申込用紙、案内書を送ってもらって下さい。

2008−2009年RI会長ノミニーに韓国ソウルの漢江ロータリークラブの李東建という方です。

本日は御静聴ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

会報委員 渡辺 健夫 会員

写  真 小針 務  会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp  
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm