2006)平成18年10月17日 No.2712回 2006〜2007年度(第15回会報)

会員数 105名  出席者 63名  出席率 76.2%  前回修正出席率 76.2%

ビジター紹介(親睦活動委員会 松井公彦委員長)

酒井保蔵様(ゲストスピーカー)

会長挨拶(北村光弘会長)

 次年度地区副幹事の委嘱状がきております。近藤ガバナーエレクトから青木直樹会員に渡して戴きます。宜しくお願いします。

 

新入会員紹介(親睦活動委員会 松井公彦委員長)

 (株)アイライン代表取締役の増山浩史様を御紹介致します。入会は昨年2月に入会されておりましたが会社の方が多忙という事で本日初例会の出席になります。お生まれは昭和41年7月19日の40才です。推薦者は矢嶋会員と喜谷会員です。御家族は奥様と6才の御長男、生後2週間の男の子がいらっしゃいます。趣味は海外旅行、ゴルフだそうです。お酒も少々たしなまれるそうです。どうぞ宜しくお願いします。

増山 浩史(ますやま ひろふみ)さん

(株)アイライン代表取締役

住所:宇都宮市富士見が丘3丁目15-2

家族:奥様、長男、次男

趣味:海外旅行、ゴルフ

推薦者:矢嶋昭司会員、喜谷辰夫会員

所属:親睦活動委員会

 

 

幹事報告(石島 洋幹事)

 10月21日から10月27日サンラフェールロータリークラブに会長、幹事他3名の5名で公式訪問して参ります。来週は会長、幹事共々留守になりますので宜しくお願いします。22日(日)サンラフェールロータリークラブではレセプションを開いて戴く事になっております。23日の例会に出席致しまして今後の交換プログラムについてディスカッションを行う事になっております。又、サンラフェールロータリークラブの会員の家に一泊ホームステイする予定になっております。

 テーブルミーティングの件ですがぜひ会長、副会長、幹事、副幹事のメインテーブルのメンバーにお声をかけて戴きたいと思います。

 文星芸術大附属高等学校の盲導犬支援のお願いが来ております。ご支援を戴ける方、是非御協力をお願い致します。

 

インターアクトクラブ報告(インターアクト委員会 町田卓大委員長)

 本日はテーブルの上に資料を置かせて戴きました。文星芸術大附属高校のインターアクトクラブが10月22日(日)文化祭で盲導犬の育成支援バザーを行います。昨年同様バザーの品物の御提供を戴きたいという御要望が来ております。どうぞ宜しくお願いします。

 

親睦活動委員会報告(松井公彦委員長)

 11月18日家族会を企画しております。出席者が少ないので是非御出席をお願いします。内容はお子様から大人の方まで楽しめる企画を考えております。又、11月26日はゴルフ大会を企画しております。こちらも御出席の程宜しくお願いします。

 

新世代プロジェクト委員会報告(小牧伸敏委員長)

 本日13時30分より第1回運営委員会を開催致します。新世代奉仕委員会、インターアクト委員会、100年委員会の方は宜しくお願いします。

 

ロータリー情報(石島吉造会員)

 国際ロータリーと国際奉仕について話をしようと思っております。ロータリーの手続要覧を読みあげます。ロータリーはさまざまな見解を持つ多数の国に存在しているロータリークラブによって構成されているのであるからロータリーは政治問題に関し団体行動を取ったり、団体声明を発表したりしてはいけないとはいえ、ロータリークラブは世界各地の加盟クラブを通じて国家間の平和の基礎として人々の間に国際理解と親善を育成していると書かれています。今年は戦後61年経っております。太平洋戦争の評価に対して色々な評価が立っています。東京裁判のA級戦犯についても話が出ております。1946年に始まりました。こういう戦争に対する見直し論がでてきました。私は当時特攻隊に所属しておりました。ロータリーはその点、戦争に対して平和に対してどれだけ書かれているかなあと思いまして本を読みました。ロータリーの道というポールハリスが書いた本を読みました。ロータリアンは一番愛国心にとんだ人達が集まっている、中国の山の中にロータリークラブがあり、戦争中であっても爆弾が来ようが例会が開かれていました。インドでは戦争中でも地区大会が開かれておりました。この様にロータリアンは平和を愛好する集まりだとのべております。

以上でロータリー情報を終わります。

 

ニコニコBOX委員会(ニコニコBOX 稲葉清一会員)

結婚祝:渡辺健夫会員、柿沼光信会員

快出席:藤井昌一会員、花木親司会員、阿部秀人会員

奥様誕生:渡辺健夫会員、西村 毅会員

北村光弘会長:ガバナー公式訪問が無事修了致しました。ご協力ありがとうございました。

石島 洋幹事:9月19日サンラフェール拡大委員会会費分

原川善史会員:小林 勇様に親切にして戴き適切なアドバイスを戴きました。

その親切とロータリーの絆に感謝いたします。

佐々木光信会員:ロータリーバッチ再交付

 

プログラム紹介(プログラム委員会 青木直樹委員長)

 今年のプログラムのテーマの1つに環境という事をあげさせて戴きました。貴志先生より水について色々お話を聞きたいという事で酒井先生を御紹介戴きました。酒井先生は和歌山県出身で昭和32年お生まれの49才です。先生は現在宇都宮大学工学部応用化学科で教鞭をとられていらっしゃいます。本日は水の話という事でお話を戴きます。宜しくお願いします。

 

卓話「水の話」

宇都宮大学工学部応用化学科助教授 酒井保蔵様

 ただ今、御紹介戴いた酒井でございます。本日は資料を50部持って参りました。1つは山岳交流振興会という組織があります。御興味のある方は読んで入って戴ければ幸いです。もう1つは地域共生研究開発センターという所ですが御興味のある方は読んで戴ければ幸いです。

本題に入らせて戴きます。宇都宮ロータリークラブの指針の中に水の汚染という事があるという事で大変身近に感じております。

 最近の話題に入ります。最近中国が日本のSKという化粧品から微量ですが有機物質が出たという事で販売中止に追い込まれました。現在は元に戻りつつあるという事です。2002年には中国の冷凍ほうれん草から基準をうわまわる農薬が度々検出されました。中国の野菜は危ないよという事で問題になったのですが、その仕返しかといううがった話が出ております。実は水の研究の人間が感じるのは中国がちょっと危ないなあ。それは日本の昭和40年頃の産業優先の時代に似ているからです。中国自身が今後20年の発展に水汚染、水不足をもたらすだろうと心配しております。1/3の都市の水が汚染されています。全国の1/3の都市が水不足111の都市では深刻だといわれてます。中国は段々豊かになってきておりますので国がまずい状態になってくると世界全体に影響を及ぼすという状況も予想されます。現在中国はオリンピックがありますので環境を考え、大急ぎで整備を始めております。

 地球の写真ですが奇跡の惑星、水の惑星といわれております。実はほとんどが海水です。14億トンのほとんどが海水です。その中の2.5%が淡水です。又、1/3は氷河でほとんど南極の氷です。これが溶けますと東京は水びたしです。宇都宮は大丈夫といわれています。残りもほとんど地下水です。現在毎年200万人発展途上国の子供達が亡くなっております。もちろん水だけが原因ではありませんが。

 2025年世界人口の40%が深刻な水不足に直面すると言われています。雨のコントロールが1つの理想的な解決ですが現在の化学ではできません。水資源は確保するというのは水をきれいにして再利用する、或いは川に戻すという事が重要になります。日本は降水量は世界で4位ですが人口1人当り降水量は世界平均の1/4しかありません。

カナダ、ニュージーランドに比べると非常に少ないです。人口1人当たり14立方メートルです。日本の場合は、水の循環の一例ですが雨が6500トン降りまして農業用水、工業用水、一般家庭に使われて川に戻っていきます。水は何度も使われています。

 水のリサイクル率、フレッシュ度といわれています。これは宇都宮の下流です。相当リサイクルされています。水遊びが出来るほどきれいな水になっております。

 日本は水が豊富に感じられますが、実際は技術できれいにしているというのが現状です。次にどの様にきれいにしているかという話です。微生物を使って水をきれいにする方法が一番使われています。世界中で使われています。水処理プラントというのは汚泥生産バイオリラクターという事です。皆様の生活排水量を処理してくる汚泥の量が1年間に小学校のプールを積み上げると200kmつみあがります。東京までいって戻ってくる量です。水処理に伴う汚泥、ゴミを出さない本当の意味の水処理、夢の水処理といわれています。私はずっと磁気分離を利用してこのかすう度をする研究をしています。濃度の高い微生物で水処理する事で汚泥物を出さない方法を研究を宇都宮大学で行われております。これは宇都宮市でパイロットプラントを組み立てさせてもらい実証試験をやっております。

こんな感じで終わらせて戴きます。

 

 

会報委員 渡辺 健夫 会員

写  真 松本 彰  会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp  
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm