2006)平成18年10月31日 No.2714回 2006〜2007年度(第17回会報)

会員数 105名  出席者 67名  出席率 79%  前回修正出席率 80%

MU:上野憲示会員

会長挨拶(北村光弘会長)

 先週サンラフェールロータリークラブに行って参りました。夏期交換留学生の件で話合いに行って参りました。石島幹事、サンラフェールの荒井さん、小澤さん、渡辺さんの5名で行って参りました。結論から申し上げますと向こうも女子学生を毎年出す事は負担がかかっている気がしました。会員どうしの交流を続けたいという事で前もって理事会等で御承認戴いておりますのでそういう形のロータリーの交流になると思います。先週土曜日出発致しました。

日曜日の朝11時にサンラフェールロータリークラブの皆様と昼食を致しました。ワイナリー工場を3つばかり見学させて戴きました。その後レセプションがありました。その席で5150地区次期ガバナーが近藤ガバナーに敬意を表しましてわざわざお見えになりました。ホームステイでは4家族に分散されました。翌朝例会場の11時30分から夏期留学生の話になりました。具体的な交流の方法を見当する事になりました。全般的な話をしますと非常にざっくばらんでフレンドリーで非常に楽しかったです。以上御報告致します。

幹事報告(石島 洋幹事)

 先週サンラフェールロータリークラブを訪問して参りました。結論から申し上げますと女子学生の今までどうりのプログラムから会員相互の交流にしようという話になりました。細かい条件につきましてはこれから話をつめていかなければいけないと思っております。夏休みに限らず春、秋いずれの気候のいい時に行ったらどうかという事で話をして参りました。ぜひ会場の皆様サンラフェールに行かれる事をおすすめいたします。

2550地区次年度幹事(篠崎昌平会員)

 急な御案内で申し訳ございません。ガバナー事務所を10月16日オープン致しました。11月7日(火)18:00より東武グランデホテルで近藤ガバナーエレクト事務所開設記念パーティーの用紙を本日FAXでお送りさせて戴きます。11月4日までに御出欠のお通知を戴ければ幸いです。宇都宮ロータリークラブと地区の合同で開催致します。会費を3000円御参加の方にお願いします。

米山記念奨学会(藤原宏史委員長)

 米山記念奨学会の御寄付の件です。前期は皆様方には1万円の御寄付を戴きましてありがとうございました。しかしながら地区の目標は1人当たり18000円になっております。宜しくお願いします。

話はかわりまして宇都宮はジャズの町です。なべさださんが宇都宮の出身なのは皆様ご存じの通りです。その他たくさんジャズミュージシャンがいらっしゃいます。11月4日、5日宮ジャズインが開催されます。どうぞ宜しくお願いします。

ニコニコBOX委員会(柴田彰夫委員)

奥様誕生祝:新江 進会員

北村光弘会長:先週サンラフェールロータリークラブを訪問し無事帰国致しました。

石島 洋幹事:サンラフェールRCを訪問し大変な歓迎をうけました。交流プログラムの今後についても有意義な話し合いができました。ありがとうございました。サンラフェールRC訪問残金として。

新井祥夫会員:会社設立60周年記念行事を無事終了致しました。9月10月と欠席が多く申し訳ありませんでした。

堀 浩一会員:明日マロニエプラザにてパナソニックシステムソリューション内覧会の成功祈念として。

プログラム紹介(プログラム委員会 青木直樹委員長)

 本日はNHKの原川会員の卓話です。原川さんは今期初め御入会されました。我々プログラム委員会のメンバーです。技術部の部長野口様もおいでです。テーマは「デジタルテレビ新時代」です。どうぞ宜しくお願いします。

卓話「デジタルテレビ新時代」

            NHK宇都宮放送局局長 原川善史会員

 NHKの原川です。本題に入る前にうれしいニュースが2つあります。佐野日大が準決勝で勝ちました。本日決勝戦をしております。来年の選抜は栃木県から佐野日大が出場になると思います。もう1つは11月5日栃木SCが清水エスパルスと戦う予定になっております。

 本題に入ります。お話をするのは2回目です。1回目よりバージョンアップしてお話させて戴きます。今、デジタル化が進んでいます。2011年7月24日をもって終了致します。法律で決まっています。地上デジタル放送は2006年12月全都道府県で地上デジタル放送が受信可能になります。携帯電話を使ったワンセグ放送が今年の4月から始まりました。BS衛星放送もアナログ放送は2011年に終了します。2011年7月以降はテレビはすべてデジタルに切り替わります。関東圏は2005年末現在1500万世帯が加入しております。栃木県のこのあとのスケジュールですが矢板局が10月から試験放送をやっておりまして12月には本放送を開始する予定になっております。県内のカバーの率は86%です。来年には今市、足利、馬頭デジタル放送を開始する予定で91%のカバー率になります。地上デジタル放送を見る為にはUHFでテレビをご覧になっており、それとアナログ周波数の変更をしております。それと地上デジタル対応型のテレビが必要になっております。ケーブルテレビを通しても地上デジタルはご覧戴けます。地上デジタルはどんなサービスがあるのでしょうか。1つはデジタルハイビジョン、2つめは高品質です。地上デジタルを通じてデーター放送がご覧になれます。

 データーというスイッチを押して戴きますとこういった画面が出ます。ニュースを押して戴ければ7つのニュースがでて参ります。気象レーダーもデーター放送の中でご覧になれます。深夜の医療機関についてもこういった所でご紹介しております。首都圏の交通ニュースもデーター放送の中でご覧になれます。行楽地のたよりもデーター放送の中でご覧戴けます。マルチ編成ですがNHKもやらさせて戴いております。3つの放送を同時に流すことが出来ます。人にやさしいテレビを地上デジタルでめざしております。サーバ型放送をめざしております。ワンセグ放送もやっております。この様に映像と下にデーター放送をセットして今携帯でもテレビがご覧になられます。すでに180万台普及しております。デジタル化をなぜするのかというと1言でいうと国策です。1つは放送サービスを更に高度化して新しいサービスを提供する。2つめは電波の有効活用です。3つめはIT戦略の柱と言われています。私共設備投資を2011年まで4000億デジタル化の切りかえに必要です。いろいろな面の経済効果は40兆円になるのではないかといわれています。

 最後に御協力いただきます。今地上デジタルをご覧になっていらっしゃる方はお手をあげて下さい。参考まで今、1335万台普及しています。約3割世帯が普及しているといわれています。

一番多い質問はいつ買いかえればいいのかと聞かれます。今お求めされれば良いと私は思います。

御静聴ありがとうございました。

 

 

卓話予定

11月14日 オペラのたのしみ−アリアとお話 栃木県オペラ協会会長 萩野久一氏

11月21日 未定                                 会員卓話 稲葉清一会員

 

会報委員 渡辺 健夫 会員

写  真 鈴木 一夫 会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp  
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm