2007)平成19年3月6日 No.2730回 2006〜2007年度(第33回会報)

会員数 101名  出席者 63名  出席率 70.3%  前回修正出席率 70.3%

ビジター紹介(親睦活動委員会 松井公彦委員長)

 菅沼輝男様(ゲストスピーカー)

会長挨拶(北村光弘会長)

 会員の栃木県重要印刷社長 福田一穂さんが3月3日お亡くなりになりました。享年79才です。福田一穂さんには、会報、40周年記念誌作成にあたりまして、非常に親身になってお骨おり下さり大変お世話になりました。福田一穂様の御冥福をお祈り致しまして黙祷を捧げたいと思います。

 いよいよ7月から近藤ガバナー年度が始まります。当クラブの大きな行事としまして3月11日地区役員研修セミナー、3月25日会長エレクト研修セミナー、4月30日地区協議会がございます。皆様のご協力をお願いします。

誕生祝(親睦活動委員会 松井公彦委員長)

 佐竹隆史会員、矢嶋昭司会員、北村光弘会長、金沢 力会員、舘野弘一会員

 上野憲示会員、松本 彰会員、鈴木義郎会員、宝住与一会員、篠崎昌平会員

 羽岡利治会員、新江 進会員、石下年資会員

結婚祝(親睦活動委員会 松井公彦委員長)

 関口快流会長エレクト、市川秀夫会員、上野泰男会員、宮本隆昌会員、大久保秀幸会員

 半田道胤会員、中田敏良会員、藤井 清会員、町田卓大会員、横堀晃夫会員

 松本 彰会員、福嶋寿克会員、鈴木一夫会員、松井公彦会員

奥様誕生(親睦活動委員会 松井公彦委員長)

 堀 初枝様、神宮由美子様、諸冨裕子様、宝住紀恵様、柿沼広美様、堀井康子様

 上西登志子様、佐々木恭子様、阿部ひろ子様、金沢道子様

幹事報告(石島 洋幹事)

 皆様の元にFAXでお願いしております。

 作新学院大学で宇都宮ロータリークラブ主催のお手伝いをお願いしてあります。3月11日(日)地区チーム研修セミナー、10時に作新学院大学清原キャンパス第3研究棟3108号教室にお集まり下さい。その際北側の学生用駐車場に車を止めて下さい。私の方で地図を用意しましたので御要望の方は幹事までお願いします。

 3月25日(日)会長エレクト研修セミナー、8時に作新学院大学第3研究棟3108号教室に集合して戴きたいと思います。

 又、3月25日清原グリーンスタジアムで栃木SCのサッカーの試合があります。御参加の方には栃木SCサッカーのチケットをさし上げますのでサッカー観戦を1時からして戴いてという事で用意をしております。奉仕をすればむくわれるロータリー精神で是非御参加をお願いします。

 本日第9回理事会が開催されました。地区行事にかかる金銭管理の為新たに普通預金をつくる事になりました。

 訂正です。重要印刷の福田社長様の訃報の中で3月末で会社が解散という文面がございましたが3月末で会社休眠という事ですのでおわびして訂正させて戴きます。すでにクラブから生花、弔電、香典は手配済みです。本日通夜には会長、幹事で出席予定です。

 栃木SCオフィシャルサポータークラブ団体会員として入会手続きを取るつもりです。

 社会奉仕委員会から作新学院中等部並びに大学の奉仕活動に対する助成、資金援助をする事を決定しております。

ニコニコBOX委員会(ニコニコBOX 西村 毅委員)

 誕生祝:北村光弘会長、羽岡利治会員、舘野弘一会員、鈴木義郎会員、松本 彰会員

     篠崎昌平会員、金沢 力会員、矢嶋昭司会員、石下年資会員

 結婚祝:青木直樹会員、半田道胤会員、松本 彰会員、関口快流会長エレクト

     市川秀夫会員、上野泰男会員、松本公彦会員、町田卓大会員

 奥様誕生祝:堀 浩一会員、町田卓大会員、神宮 晃会員

 齋藤一郎会員:3月3日長女が結婚致しました。挙式・披露宴を当ホテルでお世話になりました。新居を車で10分足らずに定めたので寂しくなく暮らせそうです。

 熊本勇治会員:3月3日二男誕生しました。

 菅沼輝男様:久しぶりの宇都宮RCの出席とごぶさたを。

プログラム紹介(プログラム委員会 青木直樹委員長)

 本日は栃木県の観光についてという事で栃木県商工労働観光部参事の菅沼様に来て戴きました。菅沼さんはJTBで宇都宮RCに5年前に大活躍されたと言った方がわかると思います。5年前に宇都宮支店から新潟JTBツアーズの社長さんに御転出されその時は新潟東RCに入られていました。そして3年前に県の参事という事で役職につかれた訳です。では宜しくお願いします。

卓話「栃木県の観光について」

               栃木県商工労働観光部参事 菅沼輝男様

 皆様こんにちは。大変お久しぶりです。私は空白が3年あります。3年ぶりにロータリーソングを歌いました。県に来まして丸3年です。県の観光振興に対しまして是非お力をお借り致しまして、よりいっそうの観光振興が出来ればと思います。

 

 

−栃木県観光と観光振興策について−

1.栃木県観光の現状について

 (1)観光入込と宿泊について

平成17年入込は7,490万人です。過去最高の入込です。宿泊は841万人です。平成17年は日光の神橋におきまして8年ぶりの一般公開で8万人増加しております。

 (2)宿泊客地域別分布

 (3)伸び悩みの原因ですが栃木県は約2割ほど減少しています。

   @ 景気の後退と構造的による団体客の減少です。団体は急激に縮小しています。

   A 価値観の多様化です。今現在宿泊の中心は個人客に移っています。自分の価値観で旅行するのがふえてきています。

   B 旅行しなくなっている若い世代はゲーム、携帯電話等傾向がありまして旅行しなくなっております。旅行の中心は中高年の女性の方が多くなっております。

   C 変化のスピードへの対応不足です。旅館ホテル等は団体から個人化の対応ができなかったです。

   D 高速交通網の整備により行動圏の拡大

   E イメージダウンは足利銀行の一時国有化以来栃木県の観光は全般的にイメージダウンになっています。

2.栃木県観光の課題です

 (1)誘客宣伝の強化が大事な課題です。

 (2)受入環境の整備(栃木県観光のイメージアップ)の推進です。足利銀行の一時国有化以来全国の旅行エージェント達と話してみますと資金の流れが悪くなり食事が悪くなったのではないか? 或いは金がないのでメンテナンスが悪いのではないかという風評があります。観光地のトイレなどを整備しています。

3.今後の方向性

 (1)個人・グループ旅行の増加

 (2)行動の多様化・目的別旅行(体験型旅行、趣味の旅行)の増加

 (3)本物志向・健康志向が伸びてきます。

 (4)滞在型旅行と広域観光の促進です。受地型観光の推進になります。

 (5)交流人口の増加を目指します。栃木県にいかに多くの方がきていただくかです。

1つの物事の発想として総合的に県内消費を上げていくこういう事も考えていく事が必要ではないかと思います。

4.栃木県の観光振興策

 ・国内事業

 (1)テレビ・ラジオ

  ・FMとちぎ「やすらぎの栃木路 発見リポート」(第2・第4水曜日)

  ・とちぎ放送「気分爽快 ラジオDEゴー!」(毎週水曜日)

  ・栃木テレビ「とちぎ発旅好き」(東京・千葉・埼玉・神奈川・京都・神戸)

  ・キー局テレビ番組誘致・企画取材協力団塊の世代向け観光プロモーション作戦

    今まで知られていなかったような観光資源スポットを当てたキー局TV番組の誘致。

 (2)情報誌、新聞、雑誌PR広告掲載

  ・観光情報誌「おいでよ!とちぎ」を年4回発刊(初夏号、夏号、秋号を発刊済み)

  ・大手観光情報誌に観光スポットの紹介記事を掲載

  ・新聞、首都圏版リビング誌等に観光スポットの紹介記事を掲載

  ・お客様の声共有作戦

旅行雑誌にアンケート付きの記事を掲載し、栃木県の観光の現状や改善点などを洗い出し、これを地元にフィードバックし、受け入れ態勢向上に活用する取組を実施。

    「芳賀地域」「那須・板室地域」の2地域を選定して実施中。

    「旅の手帖」への掲載(9/10発売「芳賀」、10/10発売「那須・板室」)

 (3)鉄道媒体

  ・首都圏内のJR、東武駅に駅貼りポスター掲示(9月、3月予定)

9月「あなたの知らない栃木へ。」

…雲厳寺(大田原市)、大谷資料館(宇都宮市)、霧降の滝(日光市)

 (4)観光展・物産展などのイベントによるPR

  【「やすらぎの栃木路」共同宣伝協議会主催】

  ・旅フェア2006(4月21日〜23日)幕張メッセ

  ・横浜キャンペーン(6月30日〜7月2日)横浜駅そごう前

  ・大阪キャンペーン(7月10日〜12日)大阪市梅田

  ・東京インターナショナルギフト・ショー(9月5日〜8日)東京ビッグサイト

  ・新宿駅西口フェア(9月26日〜29日)新宿駅西口イベントスペース

  ・仙台キャンペーン(10月4日〜6日)

  【栃木県主催】

  ・「やすらぎの栃木路」フェアinインディ(4月20日〜22日)茂木町

    インディジャパン300マイル(ツインリンクもてぎ)において観光と物産展を開催した。

  ・食肉市場まつり(10月14日〜15日)

    東京食肉市場において開催される「東京食肉市場まつり」において観光展を開催した。

  ・ふるさと栃木フェア(10月28日〜29日)マロニエプラザ

    県内各市町村の特産品や農林水産物・ご当地ならではの食の展示・販売等を行った。

    来場者 78,000人(2日間の合計)

  ・「やすらぎの栃木路」フェアinバルーン(11月19日〜25日)茂木町

    2006FAI栃木熱気球世界選手権(ツインリンクもてぎ)において物産展を開催した。

 (5)マスコミ・エージェント対策

   @ 誘客総合事業

4県(群馬、茨城、栃木、新潟)で連携し、旅行エージェントとのタイアップ事業を実施(4〜9月出発商品)

   A 観光とちぎ強化発信事業

    本県認知度の低い関西、九州、東北、北陸方面を対象とした誘客宣伝事業を実施

    ・大阪、仙台でのキャンペーンの実施

     併せてマスコミ・エージェントへの観光キャラバンを実施した。

    ・観光キャラバン(6/27〜28 福岡、7/12〜13 福井・石川、7/19〜20 富山・新潟)

    ・マスコミ・エージェントを招請してエキスカーションを実施した。(10/3〜4)

 ・外客誘客事業

 (1)外国人観光客ホスピタリティ研修

   ・事業内容 外国人観光客満足度向上に向けての研修

   ・実施時期 18年6月14日(水)

 (2)台湾誘客プロモーション事業

・事業内容 栃木・南東北国際観光テーマ地区推進協議会の事業で、台湾台北市及び高雄市への民間観光事業者とのミッション団を派遣し、商談会の実施などのプロモーション活動を実施した。

   ・実施時期 18年9月3日(日)〜7日(木)

 (3)香港旅行エージェント等招請事業

   ・事業内容 栃木県国際観光推進協議会の事業で、香港の旅行エージェント等10名を招請し、県内観光地視察、商談会を実施した。

   ・実施時期 18年9月11日(月)〜16日(土)

 (4)第14回台北国際旅行博(ITF2006)出展事業

   ・事業内容 東北広域観光振興事業推進協議会(東北6県と本県等)が台湾台北市において、国際観光展に出展し観光PRを行うとともに商談会等を実施した。

   ・実施時期 18年11月1日(水)〜7日(火)

 (5)中国旅行エージェント等招請事業

   ・事業内容 栃木県と栃木県国際観光推進協議会が共同で、中国浙江省及び上海市の政府関係者、旅行エージェント等15名を招請し、県内観光地視察、商談会を実施した。

   ・実施時期 18年11月27日(月)〜12月1日(金)

 (6)香港テレビ局ロケ事業(東北運輸局)

   ・事業内容 栃木県・東北地方観光地を撮影。香港における放映及びDVDの作成。

   ・実施時期 19年1月27日(土)〜29日(月)

 (7)中国広東省旅行エージェント招請事業

   ・事業内容 栃木・南東北国際観光テーマ地区推進協議会の事業で、中国広東省の旅行エージェント等を招請し、4県の観光地視察、商談会等を実施する。

   ・実施時期 19年3月18日(日)〜19日(月)

 (8)在県外国人対象事業

   ・事業内容 県内在住外国人を対象としたPR事業(体験ツアー ほか)

   ・実施時期 19年2月17日(土)

 (9)外国語ガイドマップ・パンフレット整備事業

   ・事業内容 現地旅行エージェント・マスコミ等に向けた産業観光などの新たな観光資源を反映したガイドマップ・パンフレット等の作成。ガイドマップ(英語)、パンフレット(ハングル文字)

 ・受入環境整備事業

 (1)栃木県通訳案内士制度整備事業

   ・事業内容 地域限定通訳案内士導入のため、実態・動向調査をして試験制度導入検討を行う。

 (2)観光基盤整備事業

   ・事業内容 観光客の満足度向上を目的に「阻害要因」を一掃して魅力ある観光地の形成を目指す。(観光地トイレ、観光案内標識等整備)……詳細別紙

         県の本年度基盤整備事業では宇都宮の八幡山公園公衆トイレ改修整備の事業を行っています。

 ・栃木県フィルムコミッション事業

   ・事業内容 地域と連携しながらロケ情報の提供をし、映画・テレビ番組のロケ誘致や撮影協力して、映像を通して本県の魅力を情報発信する。

   ・実施時期 18年4月ロケ情報収集、5月仮HP立ち上げ(広域・ロケ地情報相談・紹介開始)、8月市町村ロケ情報登録、11月HP本格オープン(ロケ地ライブラリー公開)

   ・状  況 相談229件、実績43件、19年目標相談300件、実績60件

 

 以上が平成18年県の主な事業です。現在の栃木県の観光をとりまく現状と観光策を簡単にお話をさせて戴きました。是非観光振興に御理解を戴きながら今後積極的に宇都宮ロータリークラブの皆様方が県内の宿泊施設で社員旅行、新年会、積極的に活用して戴く事が栃木県観光振興の第1歩でもあるのではないかと思っております。本日は御静聴ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卓話予定

3月20日 「市長雑感(仮題)」                  佐藤栄一宇都宮市長

3月27日 「宇都宮ロータリーの先輩達」           石島吉造会員

 

会報委員 渡辺 健夫 会員

写  真 松本 彰  会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp  
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm