2007)平成19年3月20日 No.2732回 2006〜2007年度(第35回会報)

会員数 101名  出席者 59名  出席率 71.3%  前回修正出席率 71.3%

ビジター紹介(石島 洋幹事)

 佐藤栄一宇都宮市長(ゲストスピーカー)

幹事報告(石島 洋幹事)

 2550地区大会栃木市文化会館で5月13日開催されます。全員会員登録という事で、皆様に出来るだけたくさん御出席をお願いしたいという事です。講演者は諏訪中央病院名誉院長 鎌田 實先生です。

 5月12日はRI会長代理歓迎晩餐会です。4月27日は地区大会記念ゴルフ大会がございます。都賀カントリークラブで行われます。申込はもう締め切っていますがもし参加される方は幹事までお申出ください。来る3月25日作新学院大学キャンパスにおきまして、ペッツ、次期会長研修セミナーがございます。セミナーに参加されるのは関口さんお一人ですが、又、皆様方には会場作り、会場案内でお手伝いを戴く事になっております。宜しくお手伝いの程お願いします。当日集合時間は朝8時になっております。寒いといけませんので防寒具の用意をお願いします。

 3月11日地区研修セミナーのアンケートを実施致しまして8割の方は作新学院大学が始めての方でしたので途中色々わかりにくかったという御意見がございましたがおおむね宇都宮方面から来られた方はスムーズに来られたという御意見を戴いております。又、御食事につきましてもまずまずという事です。又、校舎駐車場は素晴らしいとの事でした。中には清原団地で迷ったという事で次回はそちらの方に看板を掲示しようと考えております。以上です。

原川善吏NHK局長

 NHKの原川です。テーブルの方に4月21日から県立博物館で開催される円仁の展覧会の招待券を置かせて戴きました。当日この招待券がないと入場料1000円です。国宝級も含めて100点の美術作品を並べております。かつてない規模でやらせて戴いておりますので宇都宮RCの皆様是非お越し下さい。

佐竹隆史野村証券宇都宮支店長

 テーブルにノムラいきいきとちぎフェアのパンフレットを置かせて戴きます。4月7日、4月8日いろいろな情報発信をしようという事で今回開催する事になりました。職業奉仕の一環という事で出させて戴いております。この前クラブ協議会で講師という事で勉強いたしました。国家社会、目上の人に無傷でつくすと言う事で入場無料です。内容はセミナーと各企業団体のブースの出店、イベントの3つで作らせて戴いております。大きなセミナーは4月7日(土)10時30分から「これからの日本経済と改革のゆくえ」というテーマで竹中平蔵氏です。予約席600席ですが告知を先週金曜日にしましたがすでに満席と言う事です。あと当日席が400席あります。12時45分から「今後の株式市場の見通し」というテーマで阪本安生氏です。14時30分から「これからの政局と地方自治」というテーマで福岡政行氏です。4月8日10時20分から「胸にはエプロン、口にはシャンソン」というテーマで平野レミ氏です。10時から「脳を鍛える」というテーマで藤本健一氏です。こちらはセミナールーム@です。12時15分から「地域経済について」というテーマで鈴木貴之氏です。こちらはセミナールーム@です。12時15分から「これからの日本、貯蓄から投資へどのように自分を守り何を次世代に託すか」というテーマで池上浩一氏です。14時45分から「楽しくなければゴルフじゃない」「ゴルフワンポイントレッスン」というテーマで高橋五月プロです。

・出展ブースの御紹介です

 フィデリティ投信、宇都宮まちづくり推進機構、マニュライフ生命、三井住友海上グループ

 アライアンスバーンスタイン、マスミューアル生命、宇都宮大学、文星芸大、作新学院

 アクサ生命、アイエヌジー生命、JTB関東、第一生命、栃木サッカークラブ

 バートフォード生命、NTT東日本、NTTドコモ、日本オービス、ぶらんこ、ハイビック、 

 元気寿司、カワチ薬品、宮、カンセキ、グランディハウス、マニ、コジマ、レオン自動機、

 フジスタッフ、藤井産業、大日光エンジニアリング、ブラックロックジャパン

 皆様ぜひお越し下さる様お願い致します。

ニコニコBOX委員会(ニコニコBOX 柴田彰夫委員)

 奥様誕生祝:柿沼光信会員

プログラム紹介(プログラム委員会 青木直樹委員長)

 本日は市長例会です。我宇都宮ロータリークラブの特別会員であり元メンバーの佐藤市長にお越し戴いております。先程前で奉仕の理想を一緒に歌って戴いて大変嬉しく思いました。本日は「市長雑感」という事で宜しくお願いします。

卓話「市長雑感」

                      宇都宮市長 佐藤栄一様

 皆様今日は、御無沙汰致しております。市政全般に渡りまして大変お力添えを賜りまして心から厚く御礼を申し上げます。先程青木さんより話がありました奉仕の理想は今でも自然と口ずさむ事が出来ます。県内のロータリーに講演に行った時奉仕の理想を歌えるものですから前にロータリーの会員だったのですかと開かれ宇都宮ロータリーの会員でしたとお話をした記憶があります。前のロータリーの会員の時よりも今の市長の時の方がロータリーの方々と深い親交がある状況です。講演の時、いつも質問されるのは「市長、宇都宮は夕張市みたいにならないでしょうね」と言われます。「決してなりませんよ」と申し上げております。

 公共事業というのは赤字、黒字という問題ではなくて、市民の皆様に必要か否かと言う事です。しかしながら根本は宇都宮市の借金を徹底的に減らそうと言う事で一昨年から財政改革を進めております。おかげ様で予定通り進んでいますが、今月3月31日に合併をしますのでちょっと1年期間がずれまして平成22年予定だったものが平成23年には宇都宮の市債残高が1千億を切るという所まできました。出来ればそのまま市債を減らして行って800億円台にして行きたいと思っております。

 私が引き継いだ時の財政状況は良い方でした。増山前市長、福田前市長時代にもかたい健全な経営をされておられましたので大分良い状況でした。平成18年の結果、中核市37の中で財政基盤の平均状況は第3位という事で躍進しました。当然の事ながら必要な事業は前倒しをしてまでもやる位の覚悟で予算配分を適正に行ってこれから財政を健全化して行きたいと思っております。

 これから道州制の議論が活発になっていきます。市町審議会の中で道州制の数を11にするという話がでております。宇都宮が道州制になった時の州都をもう決めているのではなくて州部の議論が始まった時に、宇都宮がいつでもスタートラインに立つ事が出来、なおかつ市民の皆様、県民の皆様が道州制の北関東州の州都は、宇都宮だと言った時にしっかりと指名される、そういう基盤を今から作っておく事だと思います。北は北海道から南は沖縄まで15〜18位になるのではと私は思います。地方合併がどんどん進んで当初3300あった市町村が現在1804です。これからおそらく300位の市町村になって行くと思われます。そして都道府県という役割が、なくなって国と道州と市町村という構図になってくると思われます。

 今LRT、LRTと言われていますがLRTをやれる宇都宮は今実力を持っています。ただしLRTだけをやるのではなくてLRTに付随している高齢者65歳以上の人が8万人いらっしゃいます。2013年には4人に1人が65歳以上、2035年には3人に1人が65歳以上になります。それを考えると今から高齢化社会をしっかり見据えた街づくりをしていくという事です。病院、ホテル、地区市民センター等に行く時困らない交通体制の街づくりを作って行く事です。又一方では、高齢者の社会、子供達の健全な育成を考えるとスポーツを普段から親しむ事が出来るようなそういう街を作っていかなければなりません。各中学校25の中学区にスポーツクラブを作って行きたいと思います。又宇都宮の農業、宇都宮のアグリファンクラブを募集しています。

 2050年には人口が90億人になると言われています。当然水と食糧の不足が生じてきます。我国はこれからその準備をしなくてはいけません。国、農林水産省にだけにまかせるのではなくて宇都宮という小さな自治体においてもしっかりと農業を育てていかなければならないそうしないと安全で安心で新鮮な農産物が宇都宮の中で供給できなくなります。今から農業を支援し、農業をやってみようという環境を作らなければならない、しかしながら農業の年収は250万円位です。とても魅力がないので農業の年収は1000万円以上にして行かないといけないと思います。その為に生産力を高め宇都宮で作ったものは宇都宮で消費する構図を作らなければ行けないと思います。

 梨のにっこりは宇都宮では1ヶ500円ですが香港では1ヶ1500〜2500円で売られています。清原のトマトは昨年10月に香港のスーパーに並びました。これからも需給が伸びて行くという話です。

 この「うつのみやアグリファンクラブ」は入会無料です。目標3000名が達成しました。達成したので入会された中から100名に宇都宮の旬の野菜を送られて戴きました。ここでは喜谷さんが当たったそうです。

 中にはカルビーさんと連携して宇都宮の野菜からスナック菓子を作ってカルビーさんに販売してもらうという試みもございます。加工品にして売り出そうというアイデアがあります。トマトジュース、トマトケチャップを作って主婦の手で販売している農村があります。これも農業の魅力を高める1つです。

 こういうのを徹底して宇都宮の農業改革をこれから進めて行きたいと思います。1992年からもったいない運動を地道に進めてきましたがお金も相当つぎ込みました。世界各地を廻らせて戴きました。

 宇都宮は予算面でなくて財政面だけでなくてありとあらゆる所でもったいない運動をやっていきたいと思います。

 予算につきまして2年間で余分な費用35億円を浮かす事ができました。これを福祉とかに廻しております。

 平成19年は教育改革2年目に入ります。学校教育におきまして学力の公表を学校ごとに公表して評価して行きたいと思います。金太郎飴の様にどこを切っても同じという教育はやめてそれぞれの学校で特色のある教育を進めて行きたいと思います。

 学校給食費を最初教育委員会に調べさせたのが2年前です。どういう対策をしているのかを聞きました。真面目に払っている人からみれば許されない事です。そこで市長名で出されて戴きました。

 3月31日に50万都市宇都宮が誕生します。

 本日は卓話にお呼び戴いてありがとうございました。

 これからもどうぞ宜しくお願いします。

 

 

卓話予定

4月3日  「想い出のマスターズ」                関口快流会員

 

会報委員 渡辺 健夫 会員

写  真 小針 務  会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp  
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm