2007平成191120 No.2764回 20072008年度(第19会報)

会員数 102名  出席者59名  出席率 69.6%  前回修正出席率 69.6

ビジター紹介(親睦活動委員会 加藤幸夫副委員長)

 レイチェル・トービン(一年交換留学生)

藤井昌一副会長

 過日は、私の父の葬儀に際しまして遠路にも拘らず関口会長・辻幹事を始め皆様の御会葬を賜りまして有り難うございました。又霊前には大変なご奉仕を賜りまして厚く御礼を申し上げます。お陰様で父をにぎやかにおくってやる事が出来ました。大変お世話になりました。有り難うございました。

佐山良一会員

 私の父も先々週の木曜日に入院し翌週の火曜日には、亡くなりました。85歳でした。皆様のお心遣いを賜り大変有り難うございました。

レイチェル・トービン様

 皆様今日は。2週間前私は、修学旅行で京都と広島に行きました。京都はとても綺麗な町で金閣寺や色々なお寺や神社を回りました。又着物を着ました。広島では、お好み焼きやもみじ饅頭を食べました。広島は、とっても興味深かったです。広島から沢山の事を学びました。平和記念館は、大変興味深かったです。とっても楽しかったです。有り難うございました。

幹事報告(岡崎善胤副幹事)

 本日当ホテルにおきまして18時より第1回合同クラブフォーラムが開催されます。多くの皆様の御参加をお願いします。題は、「クラブ活性化の為の組織」です。19時30分より懇親会がございます。今年度は、新入会員が18名入っております。皆様と名刺交換等懇親を深める機会と思いますので宜しくお願いします。又SAAより御報告です。ボジョレヌーボを御用意しているとの事です。是非御出席をお願いします。

ニコニコボックス委員会(ニコニコボックス 國元卓委員)

  誕生祝:西村毅会員         

奥様誕生祝:長谷川正会員 稲葉清一会員

藤井昌一副会長:父の通夜、葬儀に際し大変お世話になりました。有り難うございました。

佐山良一会員:11月15日・16日の父喜久次の通夜、告別式にあたりまして皆様の御厚情に感謝致します。

西村毅会員:ニコニコボックス委員長でありながら出席回数少なくお詫び致します。

ACFIテーブル:テーブルミーティング残金

プログラム紹介(プログラム委員会 原川善吏委員長)

 朝晩大変寒くなりました。風邪の予防に手洗いとうがいを励行して下さい。本日のプログラムは、会員卓話です。一番最初にエントリーして下さった久保井会員に「スイス・プライベートバンクについて」と言うお話を戴きます。

 

会員卓話「スイスのプライベート・バンク」久保井一臣会員(久保井会計事務所・所長)

 注意:今年9月スイスの複数の一流プライベート・バンク(private bank以下PBと言う)を視察した祭に聞いた話し等をまとめたものであり、正確でない事項もある事をお断りしておきます。

PBとは。

 欧米の銀行には、コマーシャル・バンク(commercial bank通常私達がイメージする銀行)とPB(裕福な個人客を対象に資産を長期的に管理・運用する金融機関)があり、両者の役割が明確になっているとされる。

スイスのPBの歴史と特色

 スイスのPBは、山国で資源の少ない貧しいスイスが16世紀後半からヨーロッパ各地に送り出した傭兵の送金の受け皿として誕生したとされる。その後、18世紀後半スイスの金融業者は、戦争・内乱・革命・インフレ・デフレ・通貨危機といった様々なリスクから資産を守る目的で、富裕層から金を預かる事業を始めた。国家の存在そのものが当てに出来ない中で、金持ちの財産が永遠に存続する事が重要であり、金を増やす事よりも金を減らさない事がスイスのPBの本質となった。この金を守るという姿勢はヨーロッパのPBの特色となっており、アメリカのPB(運用益の競争)と異なっていると言われる。スイスは、600年以上戦争が無い永世中立国であり、政治的・経済的に安定しているため世界各国から金融機関それと共に金融に関する情報も集まった結果、それらを基に世界のビジネスに投資するようになった。尚、バブル期に日本の金融機関が多数スイスに進出したが、バブル崩壊と共に撤退し、現在は3社のみである。金融立国を国是とする政府(連邦・州)の強力なサポートとスイスフランの安定もあり、法人税・所得税の高い国々から富裕層のスイスへの移動が盛んである。尚、スイスの州は大きな権限を持っており、自州に富裕層を呼び込むために相続税のない州もあり、州間の競争も激しい。スイスは、ヨーロッパのマーケットがアメリカとアジアのマーケットの間にあり、ヨーロッパの発達した交通網を利用することによりヨーロッパの主要都市から近距離にあると言う地理的メリットを有する。又スイスの税法上のメリットを享受できる上に、スイスの税務当局は納税者側に優しいと言われる。更に、スイスの銀行の強さの源泉と言われる「銀行守秘義務」規定があり、銀行職員・元職員が顧客情報を漏らした場合には、刑事罰の対象となる。プライベートを重視するヨーロッパの顧客の機密保持を徹底しているわけである。マネーロンダリング(資金洗浄)や犯罪がらみ・テロ関連の資金については、外国政府への情報提供にも応じるようになったが、スイスでは外国での脱税は刑法上の犯罪ではなく、スイスのPBは顧客の秘密を守り外国政府からの照会にも一切答えていない。そして、スイスの銀行がリヒテンシュタインやスイス南部のルガーノを使う抜け道を指導していると言う噂もある(スイスの銀行は否定)。

スイスのPBの役割

 スイスのPBの役割は、裕福な個人客を対象に資産の管理業務と運用についての相談業務を行うもので、業務に対する手数料収入(成功報酬はとらない)を得る。1人の顧客に対して1人の顧客担当者が付き、顧客担当者は顧客の家族構成から財産の状況まで全てを把握して、10年・20年という長期にわたり担当(1人の担当する顧客は50人以下〜20人位)し、PBは、2世代、3世代にわたって資産を預かる。投資の場合には、顧客担当者は顧客の考え・希望を徹底的に聞き、顧客の希望を具体的に金額に表すことにより、リスクとリターンに配慮し全体のバランスに目を配る。顧客の立場に立って顧客の利益のために投資商品を選択しPBに都合の良い商品を勧めることはないと言われる。顧客はアドバイスを受け、運用の判断は自分で行うことになる。なにか問題が発生した場合には、PBと関係のある一流の専門家が動いてくれる。更に、顧客担当者は顧客のために旅行の手配・ホテル・レストランの紹介・コンサート・オペラのチケットの入手等PB及び顧客担当者が持つ幅広い人脈を使った付随のサービスを提供したり、顧客の子弟の教育機関(例えば、有名なスイスのボーディング・スクール(boarding school 寄宿学校)ジュネーブ・ローザンヌ等)の紹介・身元保証を行ったりする。一流のPB及び顧客担当者と顧客との関係は、深い信頼の上に成り立っているわけである。一流のPB(妖しげなPBもある)の顧客になると言うことは、世界の金持ちのネットワークに入ることを意味する。欧米では、一流のPBに口座を持っている事がブランドであり、ステータスである。スイスのPBの顧客になるには、PBの厳しい審査があり、資産が多くてもアンダーグラウンド・テロ関連組織の金は、断られる。一般的に顧客は年に数回スイスに行くことになり、英語と金融・国際税務に関する知識が必要とされる。スイスのPBの口座開設時の最低預金額は、1,000万円〜1,500万円位からと見られる。投資の場合は、あるPBは「初回の取引は、1億5千万円位から始め、お互いの信頼関係が深まるにつれ徐々に・・・・・云々。」と言う事なので、全金融資産が1億5千万円では不可と言う事になろう。

日本の金融機関のプライベート・バンキング

 日本の個人金融資産は1,400兆円と推定され、日本には金融資産1億円以上が78万世帯・131万人いると言われ世界でも有数の金持ち市場である。この日本の1,400兆円の個人金融資産をめがけて、日本の金融機関が富裕層の資産運用・管理を一手に引き受けるプライベート・バンキング(private banking)を展開し、富裕層をグループ内で囲い込もうとしている。しかし、今まで見てきたようにスイスのPBと日本の金融機関が展開しているプライベート・バンキングとは、同じく富裕層を対象としながら性格を異にするものである。尚、日本では個人資産だけを管理・運用するPBは、認められていない。

日本の今後

 日本のスーパーリッチ層(金融資産5億円以上 6万世帯)は、密かに個人財産を海外に移し海外のPBを利用しているのではないかと推測される。

世界の税制改革の3大潮流は、(1)法人税の25%への収斂 

(2)個人所得税の減税又はフラット化

(3)相続税の廃止

  と言われているが、日本も早急に手を打たないと北欧やドイツの例のように、いつの間にか日本の富裕層(海外移住)や個人財産(海外への流出)が日本から消えてしまいかねない事を危惧するものである。

近藤ガバナー公式訪問 11月の予定と実績

 『予定』

 (日付)  (訪問クラブ) (場 所)       ( TEL ) ( 随行者 )

1127() 宇都宮陽北 ベルヴィ宇都宮     028-633-1165 北村・田辺

1128() 宇都宮陽東 ホテルフェアシティ   028-632-7777 斉藤高

1129() 宇都宮北  宇都宮グランドホテル  028-635-2111 前田・野田   

 『実績』

115日(月)宇都宮90   宇都宮東武ホテルグランデ    028-627-0111 上野・町田

116() 真岡西   グランドホテル静風   0285-82-3388 田ア・熊本

117() 益子    益子カントリーC.    0285-72-1234 増渕・飯村

118() 宇都宮陽南 ホテルニューイタヤ   028-635-5511 斉藤一 

1113() 宇都宮東  ホテルニューイタヤ   028-635-5511 篠崎・藤原

1114() 宇都宮南  ホテルニューイタヤ   028-635-5511 堀井・加藤

1115() 真岡    真岡商工会議所会館   0285-82-3305 藤井昌・荒井

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

--------------------------- 第1回クラブフォーラム 東武ホテルグランデ -----------------

 

 

 

 

 

話予定(11・12月)

1127  私にとって職業奉仕とは    石島吉造 会員

12 4日 雑誌委員会から        宮田 副委員長

   11  近藤ガバナー公式訪問 18:00〜移動例会オトワレストラン

   18日 日光アイスバックス(予定)  セルジオ越後

 

会報委員 明賀 一博 会員

写  真 松本 彰  会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp  
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm