2007平成191127 No.2765回 20072008年度(第20会報)

会員数 103名  出席者68名  出席率 76.7%  前回修正出席率 76.7

ビジター紹介(親睦活動委員会 加藤幸夫副委員長)

 関 裕様(新入会員)

会長挨拶(関口快流会長)

 11月13日、11月20日と欠席を致しまして誠に申し訳ございませんでした。13日は、宮崎フェニックスでプロ・アマゴルフ戦に出て参りました。今年で30年連続出場・最長記録を更新中です。20日は、業界の集まりの為クラブフォーラムを欠席させて戴きました。活発な御意見を戴き有り難うございました。本日この後クラブ協議会がありガバナー補佐が来られ十分参考にさせて戴きます。青少年の自立を支える会より宇都宮ロータリークラブに感謝状が届いております。

石島洋会員

 皆様のお手元にクラブ現況報告書・年次報告書をお届け致しました。中を見て戴き誤字・脱字・間違っているところがあればロータリーの友情に免じてご容赦いただきたいと思います。

新入会員紹介(藤原宏史副会長)

 本日御入会の東日本電信電話鞄ネ木支店支店長、関裕様を御紹介致します。関様は、東京大学法学部を御卒業されましてその後日本電信電話公社に入社されました。北陸支店(金沢)や東京支店等歴任されまして今年6月栃木支店に栄転されて来られました。御家族は、奥様と6歳のお嬢様がいらっしゃいます。現在は、単身赴任です。ご趣味は、ゴルフお酒は少々との事です。どうぞ宜しくお願いします。

関 裕(せき ひろし)様

 東日本電信電話梶@栃木支店 理事支店長

 宇都宮市東宿郷4−3−27

 家族:妻 長女

 趣味:ゴルフ

 推薦者:藤原宏史副会長 篠崎昌平会員

 所属:親睦活動委員会

幹事報告(辻博明幹事)

 本日クラブ現況報告書・年次報告書が刷り上って参りました。実は、事務局のパソコンがクラッシュ事故を起して現在も大変御迷惑をお掛けいたしております。誤字・脱字等ありましたら私共の所まで御指摘を戴ければ幸いです。本日17時30分より第3回のクラブ協議会が『うをのぶ』さんで行われます。鈴木宏ガバナー補佐をお招きしての協議会です。各委員長は、17時30分位に御出席をお願い致します。宜しくお願い申し上げます。

ロータリー情報(舘野弘一委員長)

 クラブフォーラムが11月20日午後6時から当ホテルで開催されました。多数の方に御出席いただいてCLP及びロータリーの方針の問題など御意見を戴きました。大変活発な1時間30分過ごせた事、お礼申し上げます。ロータリーは親睦と奉仕がメインです。親睦と奉仕を遂行して行く為には、クラブの出席が必要で大事です。例会の出席は、多数の会員の方にご出席いただく様にお願いしております。例会以外の出席は、メイクアップが有ります。クラブフォーラムは、クラブの会長の主催で行われますが、これに出席すればメイクアップになります。又協議会の出席の補填になります。地区協議会は、ガバナーが開催し、地区内の地区役員扱いは、各クラブの委員長、会長、幹事に集まっていただいて本年度一年間の指針をガバナーがお話しする会ですが、これもメイクアップの対象になります。又来年のインターシティーミーティング(IM)の出席もメイクアップになります。ガバナーが主催する地区大会の出席もメイクアップになります。以上ロータリーの出席の補填を話させて戴きました。

ニコニコボックス委員会(ニコニコボックス 佐々木宏幸委員)

  快出席祝:上野憲示会員 佐山良一会員 松井公彦会員 羽岡利治会員        

奥様誕生祝:松井公彦会員

関口快流会長:11月13日は、宮崎フェニックスで11月20日は業界の集まりの為欠席いたしまして申し訳ありませんでした。重要なクラブフォーラムも50名以上の出席を戴き活発な御意見を戴きまして有り難うございました。

岡崎善胤会員:下野新聞に出てしまいました。気軽な取材だったので小さい記事かと思っていましたが!! 先週の木曜日版だったと思いますので、ご覧になって下さい。

プログラム紹介(プログラム委員会 原川善吏委員長)

 年明け卓話は、新入会員中心にお願いしようかと思っております。本日以降色々とお願いする予定になっております。その前に是非話したいと言う人は、事務局にエントリーシートがありますので宜しくお願いします。本日は、10月に予定しておりました石島吉造会員の卓話をお願いしております。石島吉造会員は、大正10年生まれの84歳です。昭和33年に公認会計士の資格を取得され、栃木県の監査委員、日本公認会計士栃木県会長、監査法人の代表社員等重職を担ってこられました。『私にとって職業奉仕とは』と言う題で卓話をお願いしております。宜しくお願いします。

卓話『私にとって職業奉仕とは』公認会計士石島会計事務所 所長 石島吉造様

 10月職業奉仕月間で職業奉仕の話をする予定でしたが、私の卓話の予定日に星野さんが立派な卓話をされておりました。星野さんは、実に明快に職業奉仕とはどういうものか説明されていました。星野さんの職業奉仕は、正に教科書的でありました。感心致しました。私が卓話の時は、時間が制約されます。いつもそうです。本日も20分との事です。職業奉仕の話は、会報に載っておりますので読んでいただければと思います。私は、昭和22年に現在の会計事務所を開きました。昭和22年頃会計事務所を開いている所は、ごく少ないと思います。久保井さんのお父さんが開かれたのが私と同じ位です。会計事務所は、戦後生まれた職業です。戦前は、計理士と言われていました。法律で認められたのが、昭和2年計理士法です。税理士が出来たのが、昭和25年ぐらいです。私が開いたのが22年ですので、丁度60年になります。税法は、毎年変わります。会計監査の法律は、毎年変わります。常に勉強していないと役立たずの人間になります。看板を出したら『どんな事をするのか』と言う質問があり商売として手数料をもらったりしました。幸いにして税金が高くなり国家の財政の税法に仕組まれて各人の納める税金が多くなり税に対する関心が多くなりました。最初に個人商店にやっていたのが、法人組織に変更します。法人組織にした方が、税法上は安い税金ですみそうだと、どこからか聞いてきて私共の所に『法人にするのは、何人で始めたらいいのか』『どうしたら良いのでしょうか』から始まって法人で届出をします。これが私共の一番良い収入でした。税金が高くなると法人組織になる為に頼みに来ます。60年間を顧みますと、景気の良い所に行った方が報酬は良いわけです。良かったのは、呉服屋さん、材木屋さん等です。私共が関心あったのは、酒屋さんです。酒屋さんは、資産家が造り酒屋をやっており帳簿を任されました。次に攻めたのは、人通りの多い繁華街に軒を構えている所でした。更に地方の会社を訪ねました。私共は、営業の地域を広げて大田原、日光、鹿沼等商売を広げました。いつまでも景気良くやっていくのは、その経営者の手腕だと思います。又ロータリー的な精神があり経営者は従業員を大切にしないといけないと言う事です。皆さん従業員達と十分協議して保険も全て入ってください。私共は、開業して20年過ぎた頃やっとそういう形になりました。60年と言うのは、あっと言う間に過ぎました。今私は、こうしてロータリアンだと言ってバッチを付けて歩いておりますが、中々会計事務所が単独で育つという事が難しい時代になってきました。どうしても企業が大きくなると共に組織的になりますので、こちらも組織的な対応をしていかなければなりません。何人かで共同で仕事をする事になりました。最後になりますが、監査法人に全て任せて株主総会で報告して「異議なし」で通れば、それはそのまま最後まで行きますが、足利銀行のようになって参りますと監査法人が確かに調べたのですが、私はたまたま非常勤の足銀の監査役を引き受けました。これは会計士協会としても監査をやったら今度は中に入りなさいと、そして公認会計士の制度を皆にわかる様にしなさいと本部の命令で出来る事ならば受けようと思った矢先、足利銀行が国家介入になり全部国の方に持っていかれました。そして経営者は、経営責任と言われて裁判になりました。私は役員をしていた為、経営責任者の一人として非常勤監査役だったのでそこまで出来なかったでしょうと言う事で済みました。役員の罰金は、会社から受け取った報酬の二年分が一応最高限度になっております。そこで注意深く決算書を見れば分かっていた事を怠っていたという事で和解に応じました。職業奉仕は、こういう事を考えますととても厳しいものです。自分では、出来ることはやったのに結果としてなされていなかった。それは、はっきりしています。本日は、ご清聴を有り難うございました。

 

近藤ガバナー公式訪問 12月の予定

 『予定』

 (日付)  (訪問クラブ) (場 所)       ( TEL ) ( 随行者 )

126日(木)宇都宮西  宇都宮東武ホテルグランデ  028-627-0111 矢嶋・田村

1211() 宇都宮   オトワレストラン(移動例会18) 028-651-0108    

 『実績』

 

 

話予定(12月)

12月 4日 雑誌委員会から       宮田 副委員長

   11  近藤ガバナー公式訪問    18:00〜移動例会 オトワレストラン

   18日 日光アイスバックス     セルジオ越後

 

会報委員 稲葉 清一 会員

写  真 野田 正敬 会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp  
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm