(2008)平成2034 No.2777回 20072008年度(第32会報)

会員数 106名  出席者71名  出席率 84%  前回修正出席率84

ビジター紹介(親睦活動委員会 熊本勇治委員)

 柱谷幸一(ゲストスピーカー)

鱒渕繁義様 黒崎泰広 橋本大輔様 宇賀神明様(栃木サッカークラブの皆様)

九郷臣二様(新入会員)粟飯原悟様(新入会員)

 

会長挨拶(関口快流会長)

 先日9クラブ会長・幹事会が行われました。宇都宮ロータリークラブ会員108名、宇都宮東ロータリークラブ101名です。私の年度で110名を目指したいと思います。本日ご入会のお二人様本当に有り難うございました。4月1日GSE6名が第1例会に来られます。4月3日から4月5日地区大会があります。モルガンスタンレー団長のホームティを我が家で受け入れます。あと一人サンラフェールロータリーから来られる日系女性のホームスティが決まっておりません。是非何方か宜しくお願い致します。ホームスティを引き受けて良いと言われる方は、石島さんまでお願いします。

 

誕生祝(親睦活動委員会 加藤幸夫副委員長)

 杉悦治会員 矢嶋昭司会員 荒木佳昭会員 北村光弘会員 舘野弘一会員 金沢力会員 

小林辰興会員 上野憲示会員 松本彰会員 宝住与一会員 篠崎昌平会員 羽岡利治会員

新江進会員 石下年資会員

 

結婚祝(親睦活動委員会 加藤幸夫副委員長)

関口快流会長(38年)上野泰男会員(44年)宮本隆昌会員(32年)大久保秀幸会員(32年)

中村成一会員(29年)半田道胤会員(43年)中田敏良会員(43年)藤井清会員(59年)

町田卓大会員(22年)横堀晃夫会員(38年)松本彰会員(25年)福嶋寿克(13年)

佐々木宏幸会員(26年)松井公彦(12年)

 

奥様誕生祝(親睦活動委員会 加藤幸夫副委員長)

掘初江様 神宮由美子様 諸冨裕子様 宝住紀恵様 堀井康子様 加治留美子様 佐々木恭子様 

苅田雅子様 金沢道子様

 

新入会員紹介(青木直樹会員)

 本日入会されます粟飯原悟さんを御紹介いたします。粟飯原さんは、現在潟eラの専務取締役です。潟eラは、携帯電話販売です。奥様とご長男様の三人家族です。趣味は、読書スポーツ観戦です。特にサッカー観戦が好きです。お亡くなりになったパスト会長渡辺興平さんのご長女のだんな様です。私から見れば義理のおいになります。出身は、神奈川県です。どうぞ宜しくお願いします。

粟飯原悟(あいはらさとし)様

 潟eラ 専務取締役

 御家族:妻 長男

 趣 味:読書 スポーツ観戦

 推薦者:青木直樹会員 関口快流会長

 所 属:親睦活動委員会

 

 

新入会員紹介(田崎秀穂会員)

 九郷臣二さんを御紹介致します。推薦者は森田浩敏会員と私、田崎です。九郷さんは、鰍iTB関東宇都宮支店支店長です。1972年JTBに入社されました。ロータリー暦は、土浦ロータリークラブと新潟ロータリークラブの経験をお持ちです。お住まいは、宇都宮ご出身で西二丁目にお住まいです。趣味はゴルフです。お酒は、たしなむ程度だそうです。どうぞ宜しくお願いします。

九郷臣二(くごうしんじ)様

 鰍iTB関東 法人営業 宇都宮支店 支店長

 趣 味:ゴルフ

 推薦者:田崎秀穂会員 森田浩敏会員 

 所 属:親睦活動委員会

 

 

 

幹事報告(辻博明幹事)

 本日第9回理事会が開催されました。会員数108名(名誉会員2名含む)です。期首94名でスタートしましたので14名増になりました。又皆様のご協力をお願いします。6月に宇都宮で第2回もったいない大会が開催されます。協賛の依頼がありましたので小額ですが協賛をさせて戴く事が決定致しました。3月のロータリーレート108円です。

親睦活動委員会(荒木佳昭委員)

 名簿の訂正、新入会員名簿のシールを配布致しました。ご面倒でもシールを貼って戴ければ幸いです。

地区大会ゴルフ大会(森田浩敏会員)

 参加申込みをお受け致しました。2月29日締め切りで200名の御参加の申込みを戴いております。宇都宮ロータリークラブからは、22名のご出席を戴いております。まだまだ余裕があります。220名から230名位集めたいと思っております。どうぞ宜しくお願い致します。

会長補足(関口快流会長)

 100年委員会では、桜小学校で卒業式が行われ矢嶋会員が30分先生として講演されました。会長挨拶の代わりに藤原副会長が挨拶されました。本当に有り難うございました。

100年委員会(佐山良一委員長)

 昨日卒業記念の講演会として矢嶋会員に講演をお願いしました。大変好評でした。今後とも100年委員会をよろしくお願いします。

ニコニコボックス委員会(渡辺健夫委員)

 誕生祝:小林辰興会員 石下年資会員 荒木佳昭会員 矢嶋昭司会員 篠崎昌平会員 北村光弘会員

     羽岡利治会員 舘野弘一会員

 結婚祝:関口快流会長 町田大卓大会員 中村成一会員 松井公彦会員 上野泰男会員

 宮本隆昌会員 藤井清会員 半田道胤会員

 快出席祝:青木栄久会員 

 奥様誕生祝:諸冨隆会員 掘浩一会員 堀井宏祐会員 青木栄久会員 佐々木光俊会員 笠原純会員

       苅田恭治会員 神宮晃会員

プログラム紹介(プログラム委員会 原川善吏委員長)

 本日は、栃木サッカークラブ監督柱谷幸一様をお呼びしております。皆様ご存知の様に栃木サッカークラブは、昨年8位という成績でしたが、今年はなんとしても優勝してJ2昇格すると言う事で監督の意気込みのお話を戴きたいと思います。栃木SCサッカークラブの橋本営業部長からPRをしたいという事です。

橋本大輔様

 栃木SCサッカークラブの営業部長の橋本です。今は、自分で会社をしております。栃木SCサッカークラブ立ち上げからお手伝いをしております。本日配布させて戴いたパンフレットの説明をさせて戴きます。サポーターズクラブ(ファンクラブ)の申込み用紙です。スポンサーの御案内と募集用紙もあります。これから監督の方からお話をさせて戴きます。宜しくお願い致します。

 

卓話「今シーズンの抱負」栃木サッカークラブ監督 柱谷幸一様

 皆様こんにちは。栃木SCサッカークラブ監督の柱谷です。日頃SCサッカークラブに対しまして多大なるご支援ご協力を戴きまして有難うございます。本日は、今シーズンの抱負を話させて戴きます。私は、昨年7月栃木SCサッカークラブの監督に就任いたしました。昨年までは、アマチュア選手が三分の二、プロが三分の一混在する中でのスタートでした。今シーズンは、全員プロ選手28名でスタートしました。先日二荒山神社で 必勝祈願をして参りました。今シーズンは、優勝してJ2に昇格しなければいけないと思います。最初に私がやる事は、監督である私が選手達にどういうチームを作りたいか話をするのが一番大事です。スタートミーティングで使った資料を本日持ってきました。サッカー理念として3つの事柄があります。絶対勝つと言う結果と、勝っただけではなくゲーム内容にもこだわる内容とフェアプレーです。ずるい事をして勝っても意味が無いからです。結果とは、JFL優勝です。そうするとJ2リーグ昇格、今年は18チームが参加します。18チームの中で4位以内に入ればJ2昇格します。目標勝ち点は、83です。(昨年の佐川と同得点を設定しました)ホーム全勝する事です。するとチーム収入が増えると言う事です。又勝ち点を奪う事です。勝つと勝ち点3・引き分けは勝ち点1です。この4つが今シーズンの結果という大きな目標です。内容としてゴールを目指す、ボールを奪う、攻守の切り替えを速くする、コンパクトフィールドをつくる、全ての選手が守備攻撃に参加する、個人の特徴を最大限に発揮する、一対一で負けない。ファインプレーは、無駄なファールで相手にチャンスを与えない。レッドカードの数的不利なゲームを作らない。昨年は、17試合の内2試合にレッドカードが出ました。イエローカードで累積出場停止を作らないようにする、子供達にフェアで戦う姿を見せる、地域の人達に愛されるチームこの5つを達成する為に非常に大切なメンタル面精神面があります。メンタルとしてあきらめない、最後のホイッスルが鳴るまでボールを追いかける、言い訳をしない。

昨年Jリーグでプレーした選手が12名います。彼らに言い訳は一切言わないよう言いました。集中力は、90分通して集中を切らさないという事です。コミュニケーションを取っていく事が大事です。日本人はよく「阿吽の呼吸」と言いますが、サッカーでは通じません。コミュニケーションは必要です。又向上心を持つことです。例えば日本代表になって海外に行くぞという向上心が大事です。戦う気持ちを忘れず闘って行こうという姿勢で大切なのは闘争心です。又練習以外の事では、オフ・ザ・ピッチがあります。栄養の管理、休息の確保、時間を守る、挨拶をする、マスコミ対応、ファン対応、そして全ての時間をサッカーの為に使う。栄養の管理は、自分自身で管理する様説明しました。時間を守るという事は、9時30分から練習が始まります。今年から全てプロになりました。9時30分までに来ていない選手は、一切練習をさせない事にしました。挨拶の件ですが、今現在鹿沼でトレッキングをしていますが、そこの職員にちゃんと挨拶する様言いました。マスコミ対応ですが、ラジオ、テレビ、新聞、雑誌の取材が多くなりました。その様な取材にもしっかり受答えをしなさいと言いました。ファン対応ですが、ファンにもしっかり話をしなさい、サインを求められたらしっかりサインをしなさい、「一緒に写真を撮って下さい」と言われたらしっかり写真を一緒に撮りなさいと言いました。地域貢献活動をしっかりして行こうと思っております。JFLサッカーは、基本的に日曜日が試合です。それに伴い毎週月曜日が全て今シーズンは休みになります。その月曜日にそれぞれが、色々な所で活動します。又小学校の体育授業でサッカーを教えます。道徳の時間に自分の体験を交えて夢を持つ事を話す事等4月からスタートする事が決まっています。又社会のルールを守る事など子供達に伝える「栃木テレビの応援コーナー」への出演、レディオベリーの応援コーナーへそして募金活動等の参加、施設への訪問をさせて戴き貢献活動をやって行こうと言う事です。今年の目標は、Jリーグ昇格JFL優勝です。最後に栃木SCサッカークラブの将来像です。クラブ収入の話です。浦和レッズの年間の運営費は、80億円です。鹿島等は、50億円弱です。私が3年前京都サンガで優勝したのですが、運営費は20億円でした。J2で優勝するには、10億円が必要です。山形の時は、J2で3位になりました。3億8千万円でした。栃木SCサッカークラブは、3億弱です。収入が増えれば順位が上がります。チケット収入、広告収入、放映権、栃木県の新スタジアムと言う話が出ています。4万人収容のスタジアムの建設が非常に大きなターニングポイントになっています。チーム力と資金力→少ない資金で勝つチーム→地元の子供達を育てる事が必要です→良い環境と良い指導者が必要です→地域に根ざした育成型クラブです。昨日経済同友会で質問されました。栃木県出身の選手が少なくなりましたと言われました。私が監督をして選手を取る優先順位は、力のある選手を取らないといけません。強い上手い選手をとってこないと

優勝できません。是非皆様のお力を借りて目標となる育成型地域を根ざしたクラブを作り上げて行きたいと思います。3月16日JFLスタートです。本日は有難うございました。

話予定

(3月)世界ローターアクト週間

 3月11日 スクールバスを贈ろう  石下光良(前宇都宮青年会議所理事長)

 3月18日 最近の葬儀事情     畑剛司(会員卓話)

3月25日 町田卓大(会員卓話)

(4月)ロータリー雑誌月間

 4月 1日 未定

 4月 8日 特別休会

 4月15日 雑誌月間 とちぎの政治 黒内和男(下野新聞社取締役 主筆)

 4月22日 会員卓話予定

 

会報委員 笠原 純  会員

写  真 稲葉 清一 会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp  
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm