(2008)平成20415 No.2782回 20072008年度(第37会報)

会員数 105名  出席者65名  出席率 74.3%  前回修正出席率74.3

ビジター紹介(親睦活動委員会 金子昌郎委員)

黒内和男様(ゲストスピーカー)

会長挨拶(関口快流会長)

 地区大会の開催により翌週の例会は、休会でした。本日地区大会後の初めての例会です。私が地区大会の御礼の言葉を述べさせて戴きます。本当に地区大会大勢の方々にお手伝いを戴きまして有り難うございました。

齋藤一郎実行幹事様

 皆様こんにちは。地区大会3日間にわたって無事終了いたしました。本当に皆様のご協力有り難うございました。初日は記念ゴルフ大会でした。お天気も良く桜の花も咲いて盛大で充実した大会でした。森田委員長他皆様本当に有り難うございました。2日目の晩餐会は、200名を超える参加者でした。グランドホテルで夜桜を見ながらの晩餐会でした。RI会長代理御夫妻も大変ご満足でした。石下委員長他皆様にお手伝いを賜りまして本当に有り難うございました。土曜日の大会当日もお天気に恵まれまして、2000名を超える会員登録の中で1000名位の方が来られました。お手伝いも75名位の皆様にお手伝いを戴き本当に有り難うございました。3日間を通じてご協力を有り難うございました。本日夜はクラブフォーラムがこのホテルであります。その場で地区大会の反省会を行います。本当に有り難うございました。

篠崎昌平地区幹事

 先日は近藤ガバナー年度の最大イベントの2550地区大会が藤井実行委員長、齋藤実行幹事、各部門の委員長、関口会長、辻幹事を始め会員全員の皆様のご協力を戴きました。成功に終了できました事地区幹事と致しまして厚く御礼申し上げます。幸い3日間好天に恵まれまして桜満開の中で素晴らしい大会でした。ゴルフは、当クラブが優勝しました。本会議当日のお弁当(京都・美濃吉)が大変好評でした。RI会長代理、講師の加藤タキ様からご丁寧なお礼状を戴いております。本当に有り難うございました。

藤井清実行委員長

 今度の地区大会につきましては、順調にゆきました。ガバナーも立派でした。弁当も良かったです。どれをとっても大変良かったと思います。他のクラブの方々からも良かったとのお話がありました。今度の地区大会は大成功だったと思っております。

快出席祝(出席委員会 大塚秋二郎委員長)

 半田道胤会員(36年)小針直哉会員(25年)石下年之資会員(20年)藤原宏史会員(20年)

幹事報告(辻博明幹事)

地区大会ご協力有り難うございました。本日18時から当ホテルで第2回クラブフォーラムが開催されます。地区大会の反省会です。各テーブルの方に作新学院平成20年公開講座の開催のご案内と宇都宮市第2回もったいない全国大会のご案内を配布致しました。次に今後のスケジュールです。4月29日・5月6日は、例会休会です。5月13日理事会・例会があります。宜しくお願いします。

親睦活動委員会(加藤幸夫副委員長)

 5月13日親睦麻雀大会があります。本日までの受付です。5月18日宇都宮ロータリークラブの親睦ゴルフ大会がございます。まだ多少の空きがあります。ご出席の方は事務局までファックスをお願いします。

国際奉仕委員会(石島洋委員長)

 4月14日GSEのメンバーが無事成田から帰国の途につきました。ホストファミリーとしてお世話戴きました関口会長、小牧会員には、大変お世話になりました。レイチェルさんのホストファミリー4件目が藤井昌一会員のお宅に決まりました。現在は文星女子高校教師の馬場様宅でホームステーしております。6月15日の国際大会参加会員は宇都宮ロータリークラブでは5名です。参加される方は石島までお願いします。

ニコニコボックス委員会(國元卓委員) 

 快出席祝:半田道胤会員 藤原宏史会員

 奥様誕生祝:杉悦治か委員 羽岡利治会員 三柴富男会員 上野憲示会員 

 近藤隆亮ガバナー:地区大会成功裏に終了致しました。有り難うございました。

関口快流会長:地区大会では、会員大勢の皆様に大変お世話になりました。

篠崎昌平地区幹事:地区大会実行委員会の皆様には、大変お世話になり有り難うございました。

齋藤一郎地区大会幹事:地区大会のご協力を有り難うございました。

森田浩敏会員:4月3日地区大会記念ゴルフ大会、皆様のお陰で無事終了する事が出来ました。

       天候にも恵まれ図らずもホストクラブとして団体優勝をしてしまいました。

矢嶋昭司会員:4月3日地区大会記念ゴルフ大会・グランドシニアの部に優勝しました。

       ハンディに恵まれました。

石島洋会員:地区大会では、まずまずの司会進行でほっとしています。有り難うございます。

プログラム紹介(プログラム委員会 原川善吏委員長)

 地区大会大変お疲れ様でした。今月は、ロータリーの雑誌月間です。雑誌委員会の稲野委員長から本日の講師の紹介をさせて戴きます。

雑誌委員会 稲野秀孝委員長

 4月は、ロータリーの雑誌月間です。ロータリーの友は昭和28年創刊されました。本日の卓話は、下野新聞取締役主筆の黒内和男さんにお願いしました。黒内さんは、栃木県出身で明治大学を卒業されて昭和53年下野新聞に入社されました。その後編集委員長等歴任されて昨年より取締役主筆に就任されました。本日は、「栃木の政治」と言う題で卓話を戴きます。

卓話「栃木の政治」下野新聞社取締役主筆 黒内和男様

 本日はこの様な席にお呼び戴いて有り難うございます。私は書くのは商売ですが、話すのは不得手です。本日我が社の新聞に、二つの記事が載っていました。一つは、福田富一栃木県知事を筆頭にバス45台を引き連ねて国会前で1800人のデモを行い暫定税率復活に向けて栃木県をアピールすると言う記事です。もう一つは、小泉元首相が前原前民主党首らと5月に勉強会を立ち上げると言う記事です。私は足かけ17年間県庁記者クラブにいました。その間細川政権の時、渡辺美智雄さんが総理になるのではないかと。細川首相、羽田首相、村山首相、橋本首相政権とわずか2年間で総理が4人代わりました。その時渡辺さんの番記者という事で、私は東京にいました。今の状況は政界再編前夜といった感じを受けます。1993年から連立政権に入っています。衆議院は自民党が第一党、参議院は民主党が第一党いわゆるねじれ国会でなかなか政治が動かない、自民党の支持率より内閣の支持率が高ければ問題はありませんが、自民党の支持率より内閣の支持率が低いという事は自民党の基盤が福田離れをおこしていると言う事です。今は危険な水域に入っている状態です。いずれにしても連立政権時代、政治を動かすのは総選挙しかないのかと私は思います。私が連立政権を見ている中で政治がもたない、最後は世論の力が大きいのではないかと思います。世論は、パブリックオピニオンと言います。個々の意見を議論して社会的意思としての世論にどう集約させていくのかと言うのが世論の言語の成り立ちと思います。3年前は小泉郵政選挙をしました。いわゆるワイドショー型選挙で自民党が圧勝しました。昨年の参議院選挙は、国民の怒りが爆発して民主党が第一党になりました。良い商品は良い消費者によって作られると言われています。政治は良い有権者によって作られます。栃木の政治ですが、私は群馬県と良く比較します。群馬県は、福田赳夫さん中曽根康弘さん小渕恵三さん今の福田康夫さんと四人の首相を輩出しました。人口は、栃木県が201万人で群馬県が201万人ちょっとです。栃木県は全国で20番目、群馬県は全国で19番目です。同じ人口規模で群馬県では戦後四人の総理大臣が出ていますが栃木県は一人もいません。ただ戦中小磯国昭さんが首相になりましたが、小磯さんは3歳まで栃木にいたと言う話です。中学・高校は山形県で過しました。昨年9月7日旧赤坂ホテルで渡辺美智雄さんの13回忌がありました。1994年4月細川護煕首相が辞意を表明してポスト細川と言う事で、小沢一郎さんは渡辺さんを担ぎだそうとしました。4月17日正午までに渡辺さんが自民党を離党すればあなたを首相にするよと。しかし17日正午過ぎたら首相は羽田さんだよと言っていました。渡辺さんは4月17日午後3時過ぎに離党しましたが、時刻が過ぎていましたので2日後の4月19日離党断念の表明をしました。何故栃木県では総理大臣が出ていないのでしょうか?私は県民性で一つにはハングリー精神がない・志が低いと思います。田中正造は、栃木県民は小成に安んずると言っています。もう一つは、まとまりが弱く大同団結が苦手で例えば隣の家に蔵が立つと腹がたつと言われています。栃木県の経済指数は、大変高くなっています。県民所得が全国6位、県製造工業が11位、農業出荷が7位、求人倍率が全国7位と言われています。県の税収構造をみますと約7割が誘致企業です。今年1月栃木県に本社を持つ売上高ランキングを税面に掲載しました。@丸和製作所AコジマB東芝メディカルシステムズです。群馬県はヤマダ電機が1位でした。全国の存在感が低い県は西の島根県東の栃木県と言われています。栃木県の中で育たないのは、一つはハングリー精神もう一つはまとまりがない事だと思っています。栃木県に多くの方が来てその人達に頑張ってもらえれば良いと思っています。現在栃木県の人口は201万人ですが、2035年には174万人になると予想されています。我々がモラルの格差を取り戻してゆく為には、宇都宮ロータリークラブの活動を含めて下野新聞(今年130周年)では、「郷土と共に」と言うのをキーワードとしております。明日に希望を持てるよう紙面作りにこれからも頑張ってゆきたいと思っています。どうもありがとうございました。

 

----------------------------  クラブフォーラム及び懇親会 ----------------------------------

 

 

 

(4月)ロータリー雑誌月間

 4月22日 会員卓話 町田卓大会員

 4月29日 法定休日により休会

 

会報委員 明賀 一博 会員

写  真 野田 正敬 会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp  
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm