(2008)平成20513 No.2784回 20072008年度(第39会報)

会員数 105名  出席者70名  出席率 81%  前回修正出席率81

ビジター紹介(親睦活動委員会 加藤幸夫副委員長)

 山谷拓志様(ゲストスピーカー)鎌田眞吾様(栃木ブレックス)

 レイチェル・トービン様(一年交換留学生)村松由季子様(交換留学生付き添い)

会長挨拶(関口快流会長)

 皆様今日は。3週間ぶりです。4月29日、5月6日は、休会でした。本日理事会が行われました。ロスアンゼルス国際大会に当クラブから5名参加致します。近藤ガバナー・篠崎昌平地区幹事

石島洋会員・熊本勇治会員・関雅樹会員です。登録料はクラブが負担します。理事会で会員一人当たり

10万円補助する事に決定しました。6月11日から6月17日迄です。5名の方宜しくお願い致します。米山記念奨学会から近藤ガバナーへ第4回マルチプルの表彰がきております。

誕生祝(親睦活動委員会 荒木佳昭委員)

 國元 卓会員 麦倉敬亮会員 柴田彰夫会員 藤井昌一会員 上野泰男会員 

岡橋尚幸会員 鈴木重男会員 稲野秀孝会員 阿部欣文会員 金子昌郎会員 

近藤隆亮会員 荒井規雄会員 加治康正会員

結婚祝(親睦活動委員会 荒木佳昭委員)

 柴田彰夫会員(23年)飯村悟会員(17年)徳永昭一会員(15年)鈴木重男会員(49年)

 小針直哉会員(37年)岡橋尚幸会員(29年)大石正弥会員(23年)原川善吏会員(29年)

 北村光弘会員(28年)喜谷辰夫会員(27年)阿部欣文委員(17年)辻博明会員(22年)

 斉藤高蔵会員(29年)田中英志会員(28年)

奥様誕生祝(親睦活動委員会 荒木佳昭委員)

 上野彰子様 篠崎久枝様

幹事報告(辻博明幹事)

 本日11回理事会が開催されました。5月1日現在正会員105名 名誉会員2名 計107名となっております。ロータリーレート5月は102円となっております。2007年度手続要覧ですが、3年に1回発刊されます。皆様のレターボックスにお入れ致しました。次年度に向けてのお話ですが、現在の予定では7月8日にガバナー公式訪問があります。今月中に各委員長さん本年度一年の活動報告を5月26日迄にまとめて提出をお願いします。

国際奉仕委員会 石島洋委員長

 先程理事会で、国際大会に参加する5名にクラブから補助を戴ける事になりました。本日来られました村松由季子さんは、宇都宮ロータリークラブの推薦で8月からフロリダの方に一年交換青少年留学生で参加予定です。

村松由季子さん

 宇都宮女子高校2年の村松由季子です。今年8月から1年間フロリダに派遣させて戴く事になりました。これからも宜しくお願いします。

レイチェル・トービンさん

 レイチェル・トービンです。6月20日帰国します。有り難うございました。又よろしくお願いします。

ニコニコボックス委員会(畑剛司委員) 

 誕生祝:荒井規雄会員 加治康正会員 阿部欣文会員 藤井昌一会員 柴田彰夫会員 國元卓会員

     近藤隆亮会員 稲野秀孝会員 鈴木重男会員 金子昌郎会員

 結婚祝:原川善吏会員 斉藤高蔵会員 柴田彰夫会員 鈴木重男会員 辻博明会員 阿部欣文会員

     田中英志会員 喜谷辰夫会員

 奥様誕生祝:舘野弘一会員

 小林勇会員:長寿祝いとして

次年度幹事(木村正樹次年度幹事)

 現況報告書の件です。次年度の各委員長さんの報告書を5月26日までに提出をお願いします。詳しくは、次年度各委員長さんのレターボックスに入れております。宜しくお願いします。

プログラム紹介(プログラム委員会 原川善吏委員長)

 無事29回目の結婚記念日を迎えました原川です。これからの卓話は、あと7回です。新入会員のお二人から卓話をもらいます。6月3日は未定、6月10日は名誉会員福田富一県知事が来られます。6月17日は各委員長の一年間を振り返っての話を戴きます。6月24日は会長・幹事・ガバナーの一年を振り返っての話を戴きます。本日の卓話です。昨年7月にお話を戴いた栃木ブレックスの山谷拓志様にお越し戴いております。近況報告をお願いしております。宜しくお願いします。

卓話「リンク栃木ブレックス 近況報告」栃木ブレックス代表取締役社長 山谷拓志様

 今年からチームの名称が若干変わりました。リンク栃木ブレックスと言います。東京の東証2部上場のリンクアンドモチベーションと言う会社で3年契約です。昨年7月に活動を始めた時に卓話をさせて戴きました。それから11月にシーズンが始まりましてJBL2と言う日本バスケットボール協会傘下の2部リーグになります。リーグ戦の成績は13勝3敗と言う事で3位の成績でした。4位までトーナメントに出られると言うことで3位でしたので出られました。そこから決勝戦までいって優勝する事が出来ました。今回もチーム設立から優勝までの奇跡をプロジェクターを使って説明します。正面の白いところを注目して下さい。簡単ではありますが、この一年を振返らせて戴きました。有言実行で優勝しました。何故出来たかと言う事をお話します。パフォーマンスを発揮した選手が頑張ったと言うことが全てです。試合の勝ち負けは、コントロールが出来ません。「いかに勝てる確率を高めていくか」に傾注した結果が優勝でした。勝つ確率を高めることは、選手が頑張ることです。選手達は、勝つための努力を一生懸命しました。プロのチームとしてやっていく中でフロントサイド又は選手の活動を支えると言う部分で地域密着の活動も行っています。スタッフも行動で示してくれた結果だと思っています。自分達がコントロールできるところに集中して勝つ確立を1%でも上げてきた結果として選手達の努力のモチベーション等相まって、このような結果になりました。我々チームを立ち上げた時、5年後には日本一と言う目標を掲げました。今は5分の1が終わり今年は5分の2に入りました。日本の一部リーグを増やそうと言う事で昨年9月にクリヤーし昇格しました。これから画面を使わせて戴きます。すでにシーズンが3月に終わり今一部リーグで戦っていく準備をしています。近況の報告を含めまして今後チームの取り組み等をご紹介させて戴きます。チーム名ですが、企業名を入れて資金を獲得していこうと。我々はトップリーグに上がりますので新聞の中で試合の結果もスポーツの全国欄に出る事になります。優勝をすれば全国的に知名度を上げて行くことになります。全部で35試合の内今年ホームゲーム18試合を予定しております。敵のチームには日本を代表する選手が沢山います。今年から新しいヘッドコーチに加藤三彦が就任しました。秋田県立能代工業高等学校で14年間監督を努め14年間で25回の全国制覇を遂げました。高校で大きなバスケットボールの試合は年3回あります。田布施選手は、高校の3年間に大きな大会全て制覇しました。現在アメリカで活躍しておりますが、彼が日本に戻ってバスケットをされる時は我々のチームを選んで戴きたいと最大限の努力をしてゆきたいと思っています。昨年9名の日本選手の内、今年は6名が残留して契約しております。更に日本選手6名を補強致しました。川村選手は今回最年少で日本代表に選ばれている選手です。年齢は22歳です。日本代表の中で一番得点を取る選手です。天才シューターと言われています。今年から外国選手の数を減らす方向にルールが変わっています。コートには、外国選手は1人とルールが変更になります。身長204cmの伊藤選手がいます。197cmの栃木県茂木出身作新学院高校卒業の大宮選手です。次に竹田選手です。自分のスキルを磨いて日本代表に選ばれるぐらいになった苦労人です。29歳です。最年長でリーダーシップも期待されています。JBL日本のトップリーグのオールスターゲームを12月に宇都宮で開催される事がほぼ決定されました。昨年は北海道でやりました。チケットは一週間で完売になりました。ナイキがバスケットボールチームと契約するのは、日本では初めてです。その初めてのチームに我々を選んでいただいて今後ユニホーム等全てナイキの商品を使ってゆきます。新しいメンバーを加えましてチアリーダーは容姿等厳正な審査をして今選んでいるところです。応援しようかと思われている企業さんがあればお声を掛けて戴ければ幸いです。今シーズン開幕戦は、9月26日(金)夜宇都宮市体育館で行われます。是非ご支援の程よろしくお願いします。日本一に向けて頑張っていきたいと思います。本日は貴重なお時間を戴き有り難うございました。

(5・6月)卓話 予定

 5月20日 新入会員卓話 荒木佳昭会員 (滑ヨ電工 栃木支店長)

 5月27日 新入会員卓話 國元卓会員  (日本生命保険相互会社 宇都宮支社長)

 6月 3日 未定

 6月10日 県政よもやま話(仮) 福田富一知事

 6月17日 常任委員長挨拶 藤井・藤原・前田・喜谷各委員長

 6月24日 一年を振り返って 関口会長・辻幹事

 

会報委員 稲葉 清一 会員

写  真 野田 正敬 会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp  
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm