(2008)平成20721 No.2794 20082009度(第4会報)

会員数 93名  出席者62名  出席率76.3%  前回修正出席率76.3

サンラフェール委員会(石島洋委員長)

 今年のサンラフェールとの交流は、佐山会員のお嬢様がお一人で9月にサンラフェールの方に行かれる事に決定しました。佐山さんのお嬢さんは双子でいらっしゃいましてお一人の方は2年前にサンラフェールに行かれました。もう一人の方が今回どうしてもサンラフェールに行きたいと言うことで社会人ですが決まっています。向こうからは、以前来られたオマリさんのめいごさんが来られるそうです。こちらの方は未だ日程が決まっておりません。決まり次第お知らせします。GSEで来年フランスに行きたいと言う方がいらっしゃいましたら私の方にご連絡下さい。ロータリアンでしたらGSEのリーダーとして又皆様のお知り合いの方で4週間フランスに行かれ職業見学や体験したい方をご連絡下さい。

ロータリーミニ情報(ロータリー情報委員会 矢嶋昭司委員長)

ロータリー情報委員会の矢嶋です。今年度第1回ロータリー情報です。今月は、新年度の始まりです。昨年グランドホテルでクラブ奉仕、職業奉仕、雑誌委員会の2550地区の研修会がありました。ロータリークラブの組織は良く出来ているなあと思いました。ロータリークラブは組織で動いている部分と個人の資質を高める部分と両方あります。本日は、新しく委員会に所属された方々・役員の方々は今月出来るだけ早く委員会を開催して戴きたいと思います。良く協議して些細な事でも委員会を開いて「役割分担を決めてやる」これがロータリーの一番大事なところです。新しく任命された委員長さん、理事、役員さん自分の担当する委員会、そう言う事について協議しお互いに協力しあ事が、フェローシップの精神を育てると言う事です。昨日近藤パストガバナーからロータリーの基本理念「奉仕と親睦」と言う事についての調和が難しいと言うお話を戴きました。フェローシップは、仲間意識を持っています。以上です。 

ニコニコボックス委員会(ニコニコボックス委員会  関 雅樹 委員)

 快出席:新井祥夫会員

 近藤隆亮パストガバナー:2007−2008ガバナー職、無事終了致しました 。

             クラブの皆様に厚くお礼申し上げます。

 明賀一博会員:稲葉さんの異動に伴い会報の引継ぎをさせて戴きました。精一杯頑張りますので

宜しくお願いします。

  DGJテーブル:テーブルミーティングの残金

プログラム紹介(プログラム委員会 田辺勇治委員長) 

 今年度一年間プログラム委員会委員長を仰せつかりました田辺です。本日の卓話は、国際大会参加報

告と言う事で近藤会員と石島会員にお願いしております。国際大会は6月15日からロスアンゼルスで

行なわれまして当クラブから5名近藤会員・石島会員・関会員・熊本会員・篠崎会員の方に出席して戴

きました。卓話宜しくお願いします。

卓話「2008年RI国際大会参加報告」                                                               

近藤隆亮パストガバナー

 皆様今日は。国際大会は、6月15日から18日迄でした。その前に国際研究会がありました。パストガバナーと現ガバナーとエレクト、ノミニーの方々が参加されました。RCの一つの価値観として「親睦・奉仕」に加えまして多様性・高潔性・リーダーシップこの五つがRCのメインになっております。私は、国際研究会から参加しました。講演を主体として勉強会的なものです。6月13日・6月14日に正式な国際研究会がありました。朝8時半から夕方5時30分までほとんどぶっつけでやりました。倫理についての講演がありまして、マイケル・ジョセフソン氏が講演されました。

@     成功へ続く倫理の道

本プレゼンテーションは、2008年6月14日LAにおいて開催の国際研究会で発表された講演の要旨です。(国際ロータリー2550地区 パストガバナー近藤隆亮)

A     尊敬なくして真の成功はない

     成功を目指す時に、倫理を無視するなら成功の機会と名声と貴方の魂を危険にさらすことになる。

     善良なる人間でなくては真実の人生を送ることは出来ない。

     出世競争に勝利したとしても所詮裏切り者である。

     危険を冒して戦った後に残るには、自分の高潔性の燃え殻のみである。

B     倫理とは物事のあるがままの姿でなく、物事のあるべき姿である。

     倫理とは、それが合法である限りその行為は倫理的であるとか、その行為が単純に許されるからと言ってその行為を正当化するような考えをやめる事を求める。

     正しい行為と行為を実施する権利を持っていることとの間には大きな相違がある。

     倫理は法令遵守よりも重要である。

     法令遵守は、法令又は規則により要求される行為である。

     倫理は、これが正しいが故に行なわなければならない行為である。

C     倫理は修辞学ではない・・・。

     倫理は言葉でも行為の意図でもない。倫理は活字にされた決まりや指針でもない。倫理は行為である。

     倫理とは、行動に関するものである。

D     倫理をかたちに

     若い貴方が自分の子供が付き合ったり結婚しようとしたりしている相手に面接する場合、その人間の性として最も重視するものは何ですか?

E     人格の「六つの柱」(TRRFCC

TRUSTWORTHINESS  :信頼性

RESPONSIBILITY   :責任感

RESPECT      :尊敬

FAIRNESS      :公正

CARING       :思いやり

CITIZENSHIP    :市民性

F     人間の価値

     我々は、自分の最良の意思、最善の行為、そして自分の最も高潔な習慣により自分自身を評価する。

     我々は自分の人生最後の最も悪い行為により他人から審判を受ける。

G     貴方は成功の為に幾ら支払いますか?

     貴方が成功すればするほど貴方の個人的な人間関係は悪くなります。

     今日の立身出世物語は、明日の家庭崩壊の記録となり得るのです。

     梯子を上がる時、梯子の横木を壊さないように注意しなさい。

H     倫理に留意する理由

     倫理に留意する最も重要な理由は、貴方自身の評価と信頼性に関連するからであり、貴方が自分の家庭に名誉をもたらすか不名誉をもたらすかに関わるからである。

I     死の床で「職場でもっと時間を過せば良かった」と言った人はいない。

     人生を如何に生きるか知りたい時は、貴方が死んだ後人々に何と言ってほしいか考えなさい。

     来し方を振返っていきなさい。

J     貴方は成功をどのように定義しますか?

     成功をどのように定義するかが貴方の人生の価値を決定します。

こういうのをまとめました。一応皆様にご報告させて戴きます。

石島洋会員

 私の方は、写真を使いながら国際大会についてご報告させて戴きます。

     これはラスベガス郊外の山です。

     これはグランドキャニオンからちょっと端の牧場に行ったところです。

     ここはアリゾナ州のインディアン居住区でかなり山の中です。ヘリコプターで行きました。

     ラスベガスは、新しいホテルが毎年三つ位建っております。人口約200万人位います。ラスベガスは今17万室部屋があると言われています。稼働率は、90%近いと言われています。

ニューヨークで6万室、東京はもっと少ないと言われています。世界最大活性化しているところは、ラスベガスかドバイと言われています。

     これが国際コンベンションセンターです。

     これは前日の登録の時に行った所です。

     この奥が開会式の会場です。テロ等が心配されているので厳重なチェックをされました。

     これがステージです。ステージの他にスクリーンを沢山用意しています。

     これは会長が挨拶されているところです。

     これは日本語の通訳をレシーバーで聞いているところです。

     開会式は2回行なわれました。

     これはバスを待っているところです。

     これはビバリーヒルズで「プリティーウーマン」の映画の舞台になったホテルです。

     日本人が好きそうな高級ブランド品のブティックが並んでいます。

     この辺はアメリカのセレブがお買物する地域です。

     アメリカはサブプライムローンの影響でカジノの売上げも落ち込んでいると聞いております。丁度行っていた時USオープンも開催されていました。

     来年はイギリスのバーミンガムで第100回の国際大会が決定しています。

国際大会の報告とさせていただきます。

(7月)卓話 

7月29日 駅の1日について        中村成一 会員

 (8月)卓話 会員増強拡大月間

  8月 5日 漫画の源流『鳥獣戯画』について 上野憲示 会員

  8月12日 休会

  8月19日 『食医食』生きるも死ぬも「食」しだい! 神崎夢風様

  8月26日 栃木県の観光について      九郷臣二 会員

 

会報委員 徳永 昭一 会員

写  真 明賀 一博 会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp  
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm