(2008)平成2085 No.2796 20082009年度(第6会報)

会員数 95名  出席者62名  出席率74.7%  前回修正出席率74.

ビジター紹介(親睦活動委員会 堀浩一副委員長)

 田中彰様(新入会員) 大島勉様(新入会員)

会長挨拶(斎藤高蔵会長)

 先週の土曜日・日曜日の宮まつり関係者の方々、どうもご苦労様でした。私も二日間出させて戴きました。今月は、会員増強月間という事で本日2名ご入会されました。皆様のご協力をお願いします。

誕生祝(親睦活動委員会 堀浩一副委員長)

 佐々木宏幸会員 斎藤高蔵会長 堀浩一会員 佐藤行正会員 

小牧伸敏会員 善林隆充会員 田中彰会員

奥様誕生祝(親睦活動委員会 堀浩一副委員長)

 田ア直子様 粟飯原由起様 佐々木祥江様 星野佳以様 林枝美子様 ア尾絹代様 新井美代子様 

 稲野厚子様 金子順子様

新入会員紹介(矢嶋昭司会員)

 本日入会されます田中彰様をご紹介致します。推薦人は、篠崎昌平会員と私です。田中さんは、宇都

宮証券椛O任者の野田会員の後任の方です。本籍は、東京都杉並区です。現住所は、宇都宮市下戸祭

単身赴任されています。ご家族は、お嬢様と息子さんがいらっしゃいます。趣味は、釣り・ゴルフです。

ゴルフの腕前は、自称90〜95位だそうです。どうぞ宜しくお願いします。

田中彰(たなか あきら)様

 宇都宮証券梶@代表取締役社長                              

  家 族:長女 長男

  趣 味:釣り ゴルフ

  推薦者:篠崎昌平会員 矢嶋昭司会員

 所 属:会報委員会

新入会員紹介(木村正樹幹事)

大島勉様をご紹介させて戴きます。推薦者は、長谷川会員と私です。大島様は、日本放送協会・宇都宮放送局の局長さんです。ご家族は、東京世田谷の方に奥様とお二人の息子さんがお住まいです。高校は、宇都宮高校で船田元氏が同級生でした。お生まれは、栃木県矢板です。単身赴任です。趣味は、車とゴルフです。宜しくお願いします。

大島勉(おおしま つとむ)様

 日本放送協会 宇都宮放送局 局長

  家 族:妻 長男 次男

趣 味:車 ゴルフ

推薦者:長谷川正会員 木村正樹幹事

所 属:親睦活動委員会

幹事報告(木村正樹幹事)

 本日第2回理事会が開催されました。7月1日期首94名(他名誉会員2名)8月1日現在95名です。入会申請者が3名いらっしゃいます。あと10名位会員増強をしたいと思っていますので皆様のご協力をお願いします。岩手・宮城内陸地震災害義援金のお願いです。テーブルの方にボックスを回させて戴きますので、ご協力お願いします。

ニコニコボックス委員会(大石正弥委員)

 誕生祝:田中彰会員 小牧伸敏会員 善林隆充会員 堀浩一会員 斎藤高蔵会長

 快出席:堀浩一会員

 奥様誕生祝:粟飯原悟会員 稲野秀孝会員 田ア秀穂会員 

新井祥夫会員 金子昌郎会員 ア尾靖会員

プログラム委員会(田辺勇治委員長)

 本日の卓話は、文星芸術大学附属高等学校上野憲示会員に「鳥獣戯画」についてのお話を戴きます。平安の末期に書かれた絵巻物です。上野先生は、「鳥獣戯画」についての日本の第一人者です。「漫画の源流・鳥獣戯画について」という事で宜しくお願いします。

 

卓話「鳥獣戯画について」 文星芸術大学附属高等学校 校長 上野憲示会員

ただいまご紹介にあずかりました上野憲示です。職業分類は、文星芸術大学附属高校です。宇都宮文星芸術大学では、“ちばてつや”さんと言う名の知られた方が生徒を教えています。会員卓話という事でお話をさせて戴きます。つい最近「おもしろ日本美術T」と言う単行本を出版しました。鳥獣戯画は皆様ご存知と思いますが、平安時代の漫画です。非常にデッサン力が豊かで、世界に誇る名宝です。国宝中の国宝です。外国人も泣いて喜ぶ名宝です。この様な巻き物になっております。全部で4巻です。京都北山高山寺に伝わったもので、今東京の博物館と京都の博物館に2巻ずつ分けて寄託されています。パワーポイントを使って説明します。在学中にプロデビューした強者達も出てきています。つい最近も「ミヨリの森」と言うアニメを大宣伝でテレビ放映されました。その小田ひで次さんという作家又「花のあすか組」の高口里純先生も我校の教員です。沢山の先生方が若い学生達を指導しています。私も大学時代漫画クラブの部長をしていました。これは、「漫画アクション」と「朝日芸能」に載ったものです。園山俊二さん、さいがくりょうへいさん等仲間内でプロ漫画家になった方がいらっしゃいます。初めに、鳥獣戯画が生み出された平安時代の背景は、天皇を退いて背後で大きな権力をにぎられた前期院政時代が白河上皇・鳥羽上皇、後期院政時代が後白河上皇・後鳥羽上皇です。それぞれ12世紀前半と後半です。丁度今年が源氏物語を紫式部が完成させて1000年経ち「源氏物語千年紀」というイベントが全国で開催されています。この源氏物語の100年後をビジュアル化しようと国宝源氏物語につながる作品がありました。巻く事によって場面がアニメーションの様に動いていく事もあります。それぞれ感情移入して少女漫画的な味わいの中で自らの感性を研ぎ澄ます事も出来ます。白河上皇(1053年〜1129年)は、堀河・鳥羽・崇徳それぞれの天皇の上皇として大いに力を発揮しました。これは、白河上皇が60歳の時のお祝いです。時の天皇は10歳の鳥羽天皇です。この中心となったのは、白河上皇の最初の奥さん(しょうきようでん)の女房です。

     この儒教は法華経を中心として一巻ずつ公家さんが担当して贅を尽くしたものを作りあげました。金・銀と光物で美しく装飾すると西方極楽浄土への道が近くなるその様な考え方です。又法華経は、女性が成仏できると大変な信仰を集めました。

     右に書いてあります「待賢門院璋子」は、白河上皇が大切にした女性です。落飾の際(とばいり)で計画されたものです。この様に白河上皇と璋子を軸とした王朝の芸術が数多く展開されました。その一つが源氏物語絵巻の制作です。徳川将軍家・尾張家で2巻+1巻、そして四国阿波の蜂須賀家に伝わったものが1巻、現在後藤美術館にあります。巻き物状態で4巻大切に徳川美術館・後藤美術館に保管されています。絵の方は、宮廷絵師の他、きの局、なかとの局の女性作家が加わっています。少女的漫画的な要素があります。又贅を尽くした画面作りがなされました。

     これは有名な柏木の第3巻です。光源氏は、若い頃義母藤壷に母としての愛情から男と女の愛情に変化し子供が出来ました。冷泉帝です。若い女三の宮を正式な妻としてもらい喜んでいたところ甥の柏木が不義密通して子供が出来てしまい我が子ならぬ我が子を抱いた50日のお食初めのお祝いに複雑な光源氏の顔です。

     これは冷泉帝と本当の父である光源氏が面談しているところです。2000円札の絵柄に使われています。

     これは宇治十条、光源氏が亡くなった後後継者、薫と二の宮がどうはんかく部分で宇治を舞台につながります。絵本と巻き物を見ているのが、うきふねです。

     こちらは、年中行事絵巻です。後白河上皇が絵巻好きで色々な巻き物を作りました。これは宮廷での年中行事を60巻にまとめたものです。残念ながら江戸時代に原本が焼けてしまい、これは良質な写本です。

     これはアニメーションの源流と言われる信貴山縁起絵巻です。

     こちらは伴大納言絵巻出光美術館所蔵です。866年宮廷での大切な大手門が火事で焼けてその犯人探しです。検非違使が書かれています。

     これは地獄草紙です。6つの嫌な世界が書かれています。地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人・天・・・とそれぞれ嫌な目を強調して泣くとか極楽して成仏したいと言う気持ちにさせます。後白河上皇が作らせたものです。

     これは餓鬼草紙です。難病・奇病沢山収録されています。

     これは百鬼夜行絵巻です。水木しげる等は、この作品から自分の怪奇漫画を沢山書きました。

     これは小柴垣草紙です。ポルノです。

     これは白描画です。平安時代仏画とか本画の世界は、腕前を中々発揮できませんでした。鉄線描等同じ太さの線を彩色するそのような仕事ばかりでした。院政時代になってこの白描画がディレクターの元、爆発的に発展して行きました。

     これは法隆寺の五重塔・本堂の天井板に書かれた仲間の顔です。レベルの高い落書きです。

     これは京都の東寺に伝わった(からみつ)です。

     これは平等院・鳳凰堂の押縁です。とびらの板を回りに張った部分の隠れている部分の落書きです。

     これは東寺に伝わった(さんしすりょく)です。

     これは唐招提寺の梵天像の台座の裏の落書きです。

     鳥獣戯画につながる馬・蛙・兎が描かれています。

     鳥獣戯画の第1巻、森の中で兎・蛙等がたわむれる素晴らしい漫画です。

     これは私が監修したハイビジョン映画です。この様に現在の形は製作担当初の姿と大分変わっています。もともと2巻のものを1巻に仕立てたものです。

時間となりましたので卓話を終わりとさせていただきます。

 (8月)卓話 会員増強拡大月間

 

  8月19日 『食医食』生きるも死ぬも「食」しだい! 神崎夢風様

  8月26日 栃木県の観光について      九郷臣二 会員

 

会報委員 笠原 純  会員

写  真 徳永 昭一 会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp  
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm