(2008)平成20930 No.2802 20082009年度(第12会報)

会員数 97名  出席者68名  出席率69.8%  前回修正出席率77.3

ビジター紹介(親睦活動委員会 関裕副委員長)

佐藤栄一市長(ゲストスピーカー)佐山彩様(サンラフェール交換学生)

会長挨拶(斎藤高蔵会長)

 サンラフェールから9月20日から29日までステファニーさんが、来日されました。非常にチャーミングな方です。石島委員長を始めホームスティをお願いしました関会員、佐山会員、石下会員には大変お世話になりました。9日間でしたが、元気に帰国されました。当日宇都宮ロータリークラブが休会でしたのでご報告させて戴きます。

堀浩一会員退会挨拶

 皆様今日は。本日までは、松下電器の堀です。10月1日からは、パナソニック鰍フ堀になります。本日を持って宇都宮ロータリークラブを退会致します。来週から福岡の九州支社に勤務致します。福岡ロータリークラブで頑張っていきたいと思います。本当にお世話になりました。有り難うございました。

サンラフェール委員会 石島洋委員長

 今月20日にサンラフェールからステファニー・プラントンさん25歳の女性が来られました。3日間は関さんのお宅、その後京都・東京と佐山さんに案内してもらい最後の3日間は、石下さんのお宅にホームスティされました。昨日、無事成田までお送りして参りました。本日は、佐山彩さんがご挨拶に来られています。来年GSE交換プログラムがありフランスに行かれるロータリアン及びGSEのメンバーとして25歳から40歳の団員を募集しています。ご希望がございましたら(4週間お仕事を休んで行ける方)石島までお願い致します。

佐山彩様

 皆様今日は。佐山彩です。いつもうちの父がお世話になっております。今月9日から18日までサンラフェールの方で4家族にホームスティさせて戴きました。サンラフェール・サンフランシスコ周辺を案内してもらいました。充実した9日間でした。どうも有り難うございました。

新入会員紹介(木村正樹幹事)

 新入会員の森木田様をご紹介致します。森木田様は、昭和29年8月13日鹿児島生まれです。鹿児島大学法学部をご卒業され昭和54年4月、日興證券入社、初めは熊本支店に勤務されました。以降福岡、松山、名古屋駅前、鶴見、姫路、高松、西ノ宮勤務の後、7月から宇都宮支店に勤務されています。ロータリー歴は、鶴見RC、姫路南RCに所属されていました。趣味は、ゴルフ、音楽鑑賞です。単身赴任歴7年目に突入と言う事です。宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

森木田進(もりきだすすむ)様

 日興コーディアル証券渇F都宮支店 支店長

 趣 味:ゴルフ 音楽鑑賞

 推薦者:木村正樹幹事 田中彰会員

 所 属:会報委員会

親睦活動委員会 増渕好次郎委員長

 10月25日宇都宮ロータリークラブ親睦ゴルフコンぺを開催致します。場所は、宇都宮カンツリークラブです。11月29日第7回全国囲碁大会が行なわれます。是非ご参加お願いします。

ニコニコボックス委員会(大石正弥委員)

 堀 浩一会員:2年半在籍有り難うございました。福岡ロータリークラブで頑張ります。

森木田進会員:本日よりお世話になります。栃木に来て2ヶ月。この街を好きになっていこうと思います。宜しくお願いします。

サンラフェール委員長:

       ステファニーさんのウエルカムパーティーをホテル・サンシャインで開催しました。 

プログラム委員会(田辺勇治委員長)

 本日は、佐藤栄一市長におこし戴いております。佐藤市長は、4年前までは宇都宮ロータリークラブの正会員でした。その後、名誉会員です。折に触れお越し戴いて、その都度「市政よもやま話」をして戴いております。宜しくお願いします。

卓話『市政よもやま話』宇都宮市市長 佐藤栄一様

 皆様、こんにちは。ご紹介戴いた佐藤栄一です。本日資料を、2つ用意させて戴きました。「もったいない全国大会」と「選ばれるまち宇都宮に」です。後でご覧下さい。教育委員会は、年に何回か目玉となる大きな事業を行なっております。先日、栃木県総合文化センターで開催した『うつのみや人間力向上フォーラム』もその一つです。小学校から高校まででは、大きく人間の経験の差が出てきます。また、「鉄」ではありませんが、早いうちに「打て」ば、しっかりした子供達が教育されます。そのようなことを皆で考えるきっかけになればと思い開催しました。

麻生総理大臣が誕生いたしました。100%のうちの1%、私は解散しないのではないかと思っています。理由は、麻生さんの性格です。彼はマイペースです。こびる事はしない人です。

さて、国の財政は、地方にとって大変影響があります。株価はアメリカの影響を直に受けて日本が相当な打撃を受けるのは必至です。これから予想される人口減少等を見据えて宇都宮、そして日本の財政を作っていかなければいけません。そのためには、国からの補助金・負担金・交付金を戴く立場の我々地方自治体は、国の状況をしっかり受け止めておかねばなりません。国には、800兆円を超える借金があります。平成20年度の一般会計予算額は、およそ80兆円、収入に占める租税等は、およそ50兆円で、残りの約30兆円が全て国債等でまかなわれています。また、一般会計の下に21の特別会計があります。予算額はおよそ400兆円です。今、制度が問題になっています。これまで日本を支えてきた様々な制度は、明治維新の時に作った制度ですから140年経っています。道路特定財源もそうです。何十年も見過ごされてきました。日露戦争の時、初めて作られたと言われる相続税も手が付けられていません。そこで制度自体を変えていかなければならない事と、早く800兆円を超える借金を減らしていかなければならないという大変な中で、財政改革をしていかなければなりません。800兆円を超える借金があるため、金利もなかなか上がりません。試算では、国民の財産は金融機関に預けているだけで700兆円です。タンス預金が30兆円です。これが1%でも上がれば国民の生活は変わっていきます。

このような状況ですが、私は宇都宮を全国でトップファイブに入る市にしていきたいと考えています。そのためには、宇都宮は財政改革をこれからもしっかりと行い、よりよい財政状況にしていきたいと思います。宇都宮市は、今、中核市の中で、財政力を表す財政力指数が全国3位です。それを市民の皆様に還元するものとして、昨年は水道料を値下げ致しました。手数料・使用料も下げました。本当の改革は市民の皆様の負担が少しでも減ってゆく事、又は維持できる事、サービスを更に提供できる事、私はこの事が本当の改革と思っています。市長になって丸3年で61億円予算を削減する事が出来ました。それは、予算を編成する時に、@サービス自体を止めるもの、A市民の要求しているもので継続すべきもの、B商品・質のサービスが提供出来る民間にお願いした方が良いものの3つに事業を分けるよう指示をし、それを精査した結果です。また、行政で利活用の予定のない土地を売り、2年間でおおよそ11億円お金を稼ぐ事が出来ました。来年からは、その売った土地からは固定資産税も入ってきます。また、宇都宮市には、銀行に預けているお金があります。平成20年度については、一般会計が1659億あります。税収が入ってきた時、そのお金を定期にしていますが、私はその税収の中から少しだけ短期国債を買わせて戴きました。それまでは一年間で約3000万円の銀行利息しか生みませんでしたが、昨年は3億円利息を生みました。

「もったいない」精神で無駄を省くよう、職員に申しております。改革で出てきたお金は、市内で循環させます。市の中でお金が循環していかないと企業が力を失います。今、企業誘致に6件応募があります。直接私が足しげく通っております。条件は、土地代は安いかどうか、建設をする場合社屋・工場等にどの位補助金を出せるかなど、そういう議論をしています。

また、宇都宮市は、教育に徹底して力を入れてきました。今年7月から、中学校の普通教室や音楽室などにクーラーを設置しました。来年7月には小学校にも設置します。いかに良い環境の中で、子供達の学力を伸ばして道徳心を養う事ができるかが重要ですので、そのために、教育環境をこれからも良くしていきます。学力向上ですが、市内の小学校68校・中学校25校には図書室専任の先生がいませんでした。平成18年度から全小学校・中学校に司書を配置しました。宇都宮市の子どもの読書力は、中学生は全国平均の1.5倍、小学生は約2倍になりました。学力も上がりました。良い学校を作るために特色のある学校を作って、「子供達を考えた教育」をしていこうと思っています。

約10年後には道州制が導入され、最終的に、市町村数は300になるとも言われています。宇都宮が生き残っていくためには、仙台、横浜、名古屋、広島の次に宇都宮と言われる位のレベルに上げていかなければならないと思っています。これからも宜しくお願いします。有り難うございました。

(10月)卓話 職業奉仕・米山月間

 10月 7日 小林雅興様  「脅威の新型インフルエンザについて考える」 

栃木県保健福祉部健康増進課長 

 10月14日 休会

 10月21日 旭野好紀様  「3D仮想社会“セカンドライフ”について」

                 アサヒノ広告梶@代表取締役社長

 10月28日 シアー・ビエン君 (米山奨学生)

               「カンボジアから日本に留学をして」 

宇都宮大学 工学部 電気電子工学専攻

(11月)卓話 ロータリー財団月間

 11月 4日 石島吉造会員 「ロータリーの入会と退会について」

公認会計士石島吉造事務所 所長

  11月11日 瀬下龍夫様  「職業奉仕について」

2550地区職業奉仕委員長 壬生ロータリークラブ

 11月18日 関 裕会員  未定   

東日本電信電話鞄ネ木支店 支店長

 11月25日 馬場隆司様  「地域密着型サイクルロードチームのプロチーム設立について」

                 宇都宮ブリッシェン GM

 

会報委員 明賀 一博 会員

写  真 徳永 昭一 会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp  
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm