(2008)平成201118 No.2808 20082009年度(第18会報)

会員数 100名  出席者53名  出席率64%  前回修正出席率64

ビジター紹介(親睦活動委員会 大島勉委員)

 大垣守司様(ゲストスピーカー)

会長挨拶(斎藤高蔵会長)

さる11月16日真岡ロータリークラブ50周年の式典がございました。私と木村幹事加藤副幹事と3名で出席して参りました。当日スポンサークラブであります宇都宮ロータリークラブに感謝状兼記念品をあずかってまいりました。来週11月25日クラブフォーラムを開催致します。まだ出席のご返事をされていない方是非お時間があればご参加の程宜しくお願いします。

大塚秋二郎会員報告

 11月8日父が急逝致しました。11日12日北海道で通夜葬式を行ないました。皆様方には、不便をおかけ致しますとご連絡を申し上げました。宇都宮ロータリークラブから会長名で立派な花輪を頂戴いたしました。私の父は、97歳でした。父は、旭川ロータリークラブのチャーターメンバーでした。50年を越える会員歴だったそうです。現役の弁護士をして生をまっとうしました。どうも有り難うございました。

ミリオンダラー例会説明(SAA委員会)

 当クラブは年2回ミリオンダラー例会を開催しております。ミリオンダラーは、ロータリー財団への寄付の一つです。ミリオンダラーの由来は、世界中で会員が50万人を越えた頃(1961年)例会の食事を月1回粗食にして1人2ドル節約すれば世界中で100万ドルの資金が出来るという事で、ミリオンダラーと言う名前がつけられました。本日カレーですが、通常の食事の差額が700円です。出席者x700円に少し上乗せして5万円をロータリー財団に寄付をさせていただきます。本日は、コーヒーもありません。ご了承くださいませ。

ニコニコボックス委員会(熊本勇治委員長)

 結婚祝:藤井昌一会員 苅田恭治会員

 快出席:佐山良一会員

 大塚秋二郎会員:父の葬儀へのご厚情に心より御礼申し上げます。

 BGIテーブルミーティング残金:音羽レストランにてリッチなお食事をいただきました。

                 有り難うございました。

 CDJテーブルミーティング残金:11月11日東武ホテル2F竹園でテーブルミーティングを行ないました。22名もの参加を戴きまして有意義な時間を持つ事が出来ました。

プログラム委員会(田辺勇治委員長)

 皆様今日は。11月16日清原グリーンスタジアムで栃木SCが、6対1で勝利致しました。今シーズンリーグ戦4位以内が確定しました。残り2試合で確定し、来期J2の昇格が決定しました。11月16日は、4500人が来て下さいまして非常な盛り上がりを見せました。本日の卓話は、NTTの大垣守司様に来て頂いております。大垣様は、壬生町のお生まれで現在雀の宮の方にお住まいです。昭和47年入社で今現在は、CSR推進部にいらっしゃいます。「そばの食べ歩き」は22歳からです。平成7年からは、そば栽培をされています。2004年3月には、本を出版されました。隋想舎「美味しいそばを求めて」と言う本です。34年間いろいろなところで食べ歩きをされております。大変造形が深いと思います。それでは、宜しくお願いします。

卓話『もっと美味しく蕎麦を食べるには』NTT東日本栃木 総務部担当課長 大垣守司様

 支店長命令ですぐすっとんで参りました大垣です。本日は、卓話をさせて戴き有り難うございます。早速本題に入らせて戴きます。「蕎麦をもっと美味しく食べるには」どうしたらよいかと言いますと、簡単に言いますと意識して食べてください。おそば屋さんに入りますと最初にお茶が出てきます。お茶は、ほうじ茶が多いです。ほうじ茶は、甘味がありません。お蕎麦を食べる前に口をさっぱりさせます。緑茶には、微妙な甘味がありますのでお蕎麦の甘味を邪魔します。80%以上のおそば屋さんでほうじ茶が出てきます。オーダーしたお蕎麦が出てきたら、箸で4〜5本はさみます。汁をつけず、そのまま口に入れます。その時お蕎麦の香りが味わえます。食べた時に汁をちょっとなめます。その時汁につける量を推測します。やってほしくないのは、汁に全部つける事です。香りがなくなります。次に北海道の蕎麦はたんぱく質が多く、常陸秋蕎麦はでんぷんが多いです。北海道産は、歯でかむと折れる食感があります。常陸秋蕎麦は、歯を押し返す弾力性があります。この2つを味わってもらえば、だいたい他の産地が分かります。北海道と常陸秋蕎麦の中間にあるのが、長野・福島です。栃木の蕎麦は、越前蕎麦に近いと思っております。何故北海道はたんぱく質が多いかと言いますと、緯度が上がれば上るほどでんぷん質が少なくなります。常陸秋蕎麦が、でんぷん質が多いです。江戸時代、醤油は高級品でお酒より高かったです。もり蕎麦とざる蕎麦の違いですが、海苔がかかっているのがざる蕎麦だと思っている人が多いと思います。長野の方では、ざるにもった蕎麦は全てざる蕎麦です。地域によって違います。江戸流のお蕎麦は全く同じですが、汁だけが違います。御膳返しといって上等な汁にしてあります。これがざる蕎麦です。今は、御膳返しを作っているおそば屋さんはありません。おそば屋さんに行くと、値段が高くて量が少ないと思っていらっしゃると思います。お蕎麦は、お米やうどんと比較すると消化が悪いです。腹持ちが良いので肉体労働が出来ません。そこで、蕎麦は段々量が少なくなってきました。昔の労働者は、何回にも分けて食べたそうです。1日5回位食べたそうです。私が食べた中で一番量が少なかったのは、80グラムで値段は800円でした。10割蕎麦は、素人でも打てます。10割は、粉が新鮮だったら誰でも打てます。ひいてから3日以内であれば誰でも打てます。新蕎麦とは、その年にとれた蕎麦を新蕎麦と呼びます。次の年の1月以降、年が明けて「新蕎麦あります」と言うのは、とてもよい事ではありません。次に薬味の効能に触れます。お蕎麦の好きな人は、ねぎは香りを邪魔するので使わないと言う人が圧倒的に多いです。これは、大きな間違いです。ねぎは、お蕎麦のもつ栄養を吸収し高める働きがあります。わさびは、口ゆすぎだと思っております。本わさびは、甘味がありますので口がさっぱりします。からみ大根は、昔から使われてきました。消化をよくします。おろして8分で辛味が抜けます。一番もつのは、紫色のからみ大根で90分持ちます。海苔は、ミネラルを補充します。昔の人が食べ合わせを栄養学のない時知っていたのは、素晴らしい事です。手打ちと機械打ちのお話です。お蕎麦を打つ人間は、その時の条件の温度・湿度・粉の質を練った時見抜いて微調整しています。機械は、微調整が出来ません。人間に勝っている機械打ちの一つの工程は、水回しです。これは機械打ちの方が、素晴らしいです。段々機械化が進んでくるのではないかと思っています。最後に、食べる側の努力があります。農家の人が最高の条件で作ったお蕎麦を、製粉会社が最高の条件で挽いておそば屋さんが最高の腕で作りお蕎麦をゆでてもって来て下さった時、携帯電話がかかってきました。10分間ほったらかし・・・・これでは、今までの苦労が全部水の泡です。食べる側は、出来上がったら直ぐ食べていただきたいです。お蕎麦の持っている独自のあわい甘味は、多くの人の汗の結晶です。質問をお受けします。

Q:10割蕎麦を打った時、水ごねは難しいので湯ごねしています。どうでしょうか?

A:出来れば、湯ごねはやめた方がいいです。香りが抜けます。水は、軟水を使って下さい。水道水では、香り・味全てなくなります。

Q:蕎麦がつながりません。どうしたら長くなりますか?

A:水回しを徹底してやって下さい。ピンポン玉位の大きさのものが、いくつも出来ます。10分間位かかります。又、短くなるのは水量が多いです。普通のお蕎麦は、47%〜48%です。

Q:栃木・今市・日光など蕎麦処で、味はどの様に違いますか?

A:私の住んでいる壬生は、常陸秋蕎麦に近いです。栃木は、今市・日光・葛生が有名で味はみな微妙に違います。

本日は有り難うございました。

(11月)卓話 ロータリー財団月間

 11月25日 馬場隆司様  「地域密着型サイクルロードチームのプロチーム設立について」

                 宇都宮ブリッシェン GM

(12月)卓話 家族月間

 12月 2日 新井賢太郎  「2008年度栃木SCシーズン報告」

                 栃木サッカークラブ椛纒\取締役社長

 12月 9日 金井謙明様  「事業承継と相続贈与について」 

大和證券梶@ウェルスマネジメント部 上席次長

  12月16日 クリスマス家族会 夜間例会18:30〜ベルビ宇都宮に変更

                 昼は例会がありませんのでご注意ください

 12月23日 休  会(天皇誕生日)

 12月30日 特別休会

 

会報委員 笠原  純 会員

写  真 明賀 一博 会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp  
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm