(2008)平成2123 No.2817 20082009年度(第27会報)

会員数 98名  出席者57名  出席率71.4%  前回修正出席率71.4

会長挨拶(斎藤高蔵会長)

 1月31日ホテルニューイタヤでIMが開催されました。4時から行なわれました講演では、読売新聞特別編集委員橋本五郎さんのお話がありました。4月25日から26日に第2550地区の地区大会が栃木県教育会館で開催されます。ホストクラブは、宇都宮東ロータリークラブです。5月31日宇都宮ロータリークラブが幹事役となりまして、市内9クラブゴルフ大会を予定しております。

誕生祝(親睦活動委員会 増渕好次郎委員長)

 粟飯原悟会員 野口勝美会員 石島吉造会員 藤井清会員 

前田正典会員 佐々木光俊会員 林幹夫会員

結婚祝(親睦活動委員会 増渕好次郎委員長)

 佐山良一会員 粟飯原悟会員 麦倉敬亮会員 関雅樹会員 舘野弘一会員 青木直樹会員 

小林勇会員 大島勉会員 大塚秋二郎会員 三柴富男会員 宮田初男会員 入江恵会員

奥様誕生祝(親睦活動委員会 増渕好次郎委員長)

 青木慶子様 上野鈴子様 斎藤早智子様 木村正江様 関眞理子様 荒木澄江様 町田広美様

 笠原弥生様 藤井セツエ様

幹事報告(木村正樹幹事)

 本日第8回理事会が開催されました。本年度7月1日94名・名誉会員2名、2月3日現在98名・名誉会員2名となっております。今月2名の方の入会申請があります。皆様の方でご紹介の方がいらっしゃいましたら宜しくお願いします。バーミンガム国際ロータリー大会にご出席される方は、早めに幹事又はロータリー事務局の方にお願いします。

親睦活動委員会 増渕好次郎委員長

 本年度宇都宮ロータリークラブが幹事で宇都宮9クラブゴルフ大会を予定しております。5月31日(日)宇都宮カンツリークラブで行なわれます。宜しくお願いします。今月中に準備委員会を立ち上げたいと思います。ご協力の程宜しくお願いします。

ニコニコボックス委員会(大石正弥委員)

 誕生祝:佐々木光俊会員 粟飯原悟会員 野口勝美会員 前田正典会員 林幹夫会員 藤井清会員

     石島吉造会員

 結婚祝:大塚秋二郎会員 粟飯原悟会員 青木直樹会員 大島勉会員 宮田初男会員 入江恵会員

 奥様誕生祝:斎藤高蔵会長 木村正樹幹事 藤井清会員 荒木佳昭会員

 藤井清会員:正月7日でロータリー在籍満55年になりますので。

 DGJテーブル:合同テーブルミーティング残金として。

プログラム委員会(田辺勇治委員長)

 皆様今日は。今日は、2月3日節分で二荒山神社は非常に忙しい1日を送られていると思います。明日は立春となんとなく季節の変化を感じます。本日は、私がプログラムの進行をさせて戴きます。本日は、「プリミティブな暮し」と言う題でお話させて戴きます。

卓話「SUMIKA Project プリミティブな暮し」 東京ガス渇F都宮支社 支社長 田辺勇治会員

 東京ガス宇都宮支社は、市内にいくつか社用地を持っています。1つは今泉の整圧所、東宿郷4丁目のビル、その他四ヶ所ありこの土地は今更地になっています。この土地は、場所と広さの関係で売却出来ませんでした。今回SUMIKA Projectと言うのを決めました。中心人物は、建築家で有名な伊東豊雄さんです。都会のマンションで住み続ける人が増え、私達の生活は単調になってきました。「もっと自由で豊かな自然と関わる事が出来る自由空間を」と考えている建築家達もいます。そういう人達に住宅を建ててもらおうと言うプロジェクトです。1つ条件を出しました。燃料は必ずガスを使うと言う事です。3つは一般住みかで、1つはパビリオンです。そこを一回りして最後に音羽レストランの軽食を食べて戴く予定になっております。それでは、プロジェクトの紹介DVDを見ていただきます。   

――以下映像説明――

東京ガスが主催するSUMIKA Projectは、建築家伊東豊雄の呼びかけで3人の建築家が個人住宅を設計しました。便利でクリーンなモダン住宅が失ったものは何か?今住まいに何が求められているか?・・そんな問いかけから始まったプロジェクトです。2007年9月都内でプロジェクトのミーティングが開かれました。プロジェクトは宇都宮市内3ヶ所で進められました。西沢と藤本は星が丘、藤森は清住、伊東は東京ガスの今泉整圧所にパビリオンを建てる事になりました。西沢は、春夏秋冬太陽の軌道を調べ屋根に落ちる光線をシュミレーションしました。朝はベッド、正午はキッチン、午後は自由空間へと光が移動する様工夫されています。太陽によって1日のリズムが刻まれる西沢の家は、暑い季節上からの熱を逃がす必要があります。その為屋根の中に通風層が設けられました。藤本は鹿沼に何度も足を運び樹木を探しました。野山の野性味ある木にひかれる様になりました。13本の木を選びました。9月竣工まで2ヶ月となり現場は、にわかに慌ただしくなりました。西沢の方では、床暖房用のマットが敷かれています。藤森の家では、主室に置くガス暖房作りがはじまりました。藤本建築には、素人が参加するパートが必ずあります。「自分で建物を作る楽しみを伝えたい」それが藤本の願いです。10月藤本の家に樹木が届きました。伊東のパビリオンも仕上げの作業に入ります。2008年11月SUMIKA Projectの竣工です。池のほとり透明な光に包まれた伊東のパビリオン・細い枝の様な構造と非科学的な形が融合した軽やかな建物です。西沢の半透明の屋根も完成しました。レバーを廻せば軒下の通風口が開き屋根の中を風が吹き抜けます。この風が夏の暑さから家を守ります。藤本のハウスリフォーマーガラスです。13本の木は、それぞれ色づきすっかり秋のよそおいです。1階には、箱と箱の間をガラスでつないだリビングルームがあります。それぞれの部屋は2畳から3畳、1つ1つが小さいからこそ互いが関係しあい、より豊かな空間が生まれるのではないかと藤本は考えます。洞窟をイメージした藤森のコールハウス真黒な焼杉の壁が生き物のような存在感をはなっています。藤森がこだわった暖炉・家族が火の回りに集って団らんするそんな住みかが出来ました。2008年11月28日SUMIKA Project竣工披露の日です。建築家、建設業界、マスコミ等約170名が訪れ4件の建物を体験しました。SUMIKA Projectは、ガスの炎から連想して現代のプリミティブな暮しを考えようと言うところから出発しました。そのエネルギーの大半を供給するのが、ガスによる発電機・エコウイです。発電の際に得られる熱は風呂や床暖房に利用されます。SUMIKA Project By 東京ガス、ガスと共にある新しい生活の提案です。

――以上映像――

実は1月から一般公開・見学会を行なっております。申し込み制になっております。10人以上の単位で申し込みをお願いします。本日は、どうもありがとうございました。

 (2月)卓話 世界理解月間

 2月10日 現在と未来 〜次の100年を目指して〜

        工藤辰明会員          清水建設滑ヨ東支店 栃木営業所 所長

 2月17日 未定

        唐ア骼j会員          東京電力且キ行役員 栃木支店長

 2月24日 とちぎ産業振興プロジェクトの展開について

        南斎好伸様           栃木県産業労働観光部 産業政策課 主幹

 (3月)識字率向上月間

 3月 3日 2009年シーズン開幕にあたって

        松田浩監督           鞄ネ木サッカークラブ

 3月10日 破綻する会社と繁栄する会社はどう違う?

        永沢徹様            永沢総合法律事務所代表 弁護士

 3月17日 未定

        大石正弥会員          農林中央金庫宇都宮支店 支店長

 3月24日 未定

        磯島都子様           栃木県身体障害者相談員 

栃木県中途失調・難聴者協会

 

会報委員 徳永 昭一 会員

写  真 森木田 進 会員

メールアドレス:info@u-rc.gr.jp  
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm