(2008)平成2133 No.2821 20082009年度(第31会報)

会員数 98名  出席者66名  出席率78.6%  前回修正出席率78.6

ビジター紹介(親睦活動委員会 小林勇委員)

松田浩様(栃木サッカークラブ監督)鱒渕繁義様(栃木サッカークラブ)

会長挨拶(斎藤高蔵会長)

 皆様こんにちは。今日から宇都宮東武ホテル・グランデさんに戻ってまいりました。移動の間、大変お世話になりました助川会員、二荒会館の方々、御便宜戴き有り難うございました。お食事も大変美味しかったです。GSEの壮行会がありました。今日宇都宮ロータリークラブから2名出発いたしました。今月末に帰国されます。ご報告は、お二人の帰国後戴けると思います。4月26日地区大会が予定されています。皆様のご出席を宜しくお願いします。又9クラブゴルフコンペやフォーラム等4月に予定されています。ご協力をお願いします。100年委員会の活動が昨日桜小学校で行なわれ、その前には宮原小学校でありました。委員会活動がスムースに行なわれています。引き続き皆様の御協力をお願いします。

誕生祝(親睦活動委員会 大島勉委員)

杉悦治会員 矢嶋昭司会員 荒木佳昭会員 北村光弘会員 金沢力会員 舘野弘一会員

小林辰興会員 上野憲示会員 宝住与一会員 篠崎昌平会員 羽岡利治会員 新江進会員

結婚祝(親睦活動委員会 大島勉委員)

関口快流会員(39年)上野泰男会員(45年)唐ア隆史会員(30年)宮本隆昌会員(33年)

中村成一会員(30年)藤井清会員(60年)町田卓大会員(23年)福嶋寿克会員(14年)

山口明彦会員(25年)佐々木宏幸会員(27年)松井公彦会員(13年)

奥様誕生祝(親睦活動委員会 大島勉委員)

神宮由美子様 片山雅子様 諸冨裕子様 森木田美穂様 宝住紀恵様 加治留美子様 佐々木恭子様

苅田雅子様 金沢道子様

幹事報告(木村正樹幹事)

今日第9回理事会が行なわれました。会員数期首94名(名誉会員2名)でスタートしまして、3月3日現在98名(名誉会員2名)となっております。今月入会予定の方が2名いらっしゃいます。これからも是非皆様のご推薦の程お願いします。4月21日夜間例会を兼ねました第2回クラブフォーラムを予定しております。5時30分受付、6時開会です。4月26日地区大会が栃木県教育会館で開催されます。9時受付9時30分開会です。全員登録となっています。以上です。

ニコニコボックス委員会(大石正弥委員)

 誕生祝:羽岡利治会員 荒木佳昭会員 小林辰興会員 矢嶋昭司会員 北村光弘会員 

篠崎昌平会員 舘野弘一会員

 結婚祝:藤井清会員 福嶋寿克会員 宮本隆昌会員 唐ア隆史会員 中村成一会員 関雅樹会員

       松井公彦会員 山口明彦会員

 奥様誕生祝:関雅樹会員 諸冨隆会員 森木田進会員 佐々木光俊会員

 斎藤高蔵会長:ひな祭りにて回収されました。

プログラム委員会(田辺勇治委員長)

 本日は、栃木サッカークラブ監督の松田浩様にお越し戴いております。演題は、「勝者のメンタリティー」です。3月7日(土)Jリーグが開幕します。3月8日(日)13時から清原サッカー場で、栃木対岐阜で対戦します。松田監督のプロフィールです。1960年長崎市のお生まれです。御家族は神戸にいらっしゃるので単身赴任です。筑波大学卒業後マツダSC(後のサンフレッチェ広島)で活躍されました。1993年ベルディ川崎と戦って35メートルのロングシュートが入ったそうです。ヴィッセル神戸に入り引退した後、2002年ヴィッセル神戸で監督を務め、2003アビスパ福岡の監督、その後アビスパ福岡を2005年J1へ昇格させました。2006年ヴィッセル神戸をJ1へ昇格させました。では、宜しくお願いします。

卓話「勝者のメンタリティー」 

              栃木サッカークラブ監督 松田浩様

皆様こんにちは。今年度より栃木SC監督の松田浩といいます。今年1月中旬に宇都宮に参りました。今回は「勝者のメンタリティー」と言う演題でお話をさせて戴きます。

「ライフスキル」の獲得は人生を豊かにするものです。その考え方や「心」の力など、人生を豊かにする為の「ライフスキル」をスポーツで獲得していこうと思っています。我々はプロで勝利を求められる立場です。プロの世界に入った選手は、技術と体力をふるいにかけた一定のレベルにある人ばかりです。一流とそれ以外は「心・技・体」の内、「心」が勝負を分ける試合を支配し、良いサッカーの勝負は精神的な部分でゲームが決まると私は思います。精神面の重要性として、「技・体」はハードウェアで「心」はソフトウェアと言えます。どんなパソコンでもソフトが無ければ何の役にも立ちません。サッカー選手は、どんなにボールさばきが上手くても「心」の部分が充実していなければプロ選手としては一流ではありません。トップレベレルのコーチにアンケートを取りますと「心」の部分が重要だと答えが返ってきます。「心」のコントロール、チームワーク等精神面を鍛えられる身体を気にするスポーツは文化です。先ず「心」のコントロールが大切です。後はチームワークの大事さが鍛えられます。次に「身体を元気にする」スポーツは文化であると思います。スポーツ先進国欧米のスポーツ観としてスポーツは文化、社会的からは医療・コミュニケーション・教育である、すなわち元気・感動・仲間・成長できると言われています。スポーツをしていれば競技のレベルが上がってきます。勝者のメンタリティーを獲得すればサッカーの選手として一皮むけて良いレベルにいける、そう言う事が考えられます。

以下アビスパ福岡対ヴィッセル神戸の入替え戦ビデオで御説明します。

・これは第1戦0対0でドロー。第2戦は神戸にとってアウェー。アウェーゴールルールで、アウェーは2点に数えられます。福岡が勝つためには1対1では駄目で、2点が必要と言う状態です。

・これは、90分試合でロスタイム中です。

・皆の表情は、ピリピリしています。何故かと言うと肩かハンドかと言う微妙な判定です。

・これが94分ラストプレイです。ロスタイム4分ありました。

・勝者と敗者は、審判の胸先三寸で分けられています。非常に残酷な結果でした。

説明のつかないところで勝敗が決まっています。これを福岡は受け入れなければなりませんでした。又神戸は勝ったからと言って天狗にはなれない状態です。1つの勝負をどう受けとめるかが非常に大切です。ちょっとしたところでも両者とも、プライドを捨てるなと言いたいです。色んな事を受け入れるしかありません。そうしないと次に進めません。そうする事が非常に大切です。逆に福岡の選手にとって、この辛い経験が一回り人間性を大きくすると考える方がベターです。勝者の言葉は、成長する人の言葉で「ライフスキル」と似通っています。

次は勝者の言葉です。勝者は「見つけよう」と言い、敗者は「誰も知らない」と言ってあきらめる。勝者はミスをした時「自分のせいだ」と言い、敗者は「自分のせいでは無い」と言う。勝者は「大きな問題も細かく分析して解決する」、敗者は「小さな問題を沢山抱えて解決できなくする」。勝者は「問題を正面から取り組み」、敗者は「まわり道をしたあげく解決できない」。勝者は「良いプレーをして前の失敗を償う」、敗者は「すまない」と言うだけで同じ失敗を繰り返す。勝者は「敗北から学び」、敗者は「新しい事を試みないで失敗しない様にする」。勝者は「聞く事」を持ち、敗者は「しゃべる場」を持つ。勝者は「説明」し、敗者は「言い訳」をする。勝者は「周りの雰囲気に敏感」で、敗者は「自分の感情に敏感」である。勝者は「自分のペースを持っている」、敗者は「ヒステリック・だらだらと動く」。これはサンフレッチェのメンタルトレーナーからもらったものです。これは「成長する人の言葉」と自分の中で解釈しています。メンタルの強い選手の特徴は、「心」(感情)のコントロールができます。一つは柔軟な「心」で真の意味で強いメンタリティーと言う事です。「今に生きる力」が大事です。過去を振返ってもどうする事も出来ません。「どんな状況でも受け入れる前向きな姿勢」これもスキルの一つです。「自己犠牲の精神」チームが団結して勝つ為には、控え選手であっても一致して戦う事です。スポーツの存在意識が「ライフスキル」に関連します。先代日本サッカー協会の長沼健さんの言葉です。「勝利への道の沢山がそのまま人間性の追及につながっている事を何時までも信じていたい。人間がスポーツを裏切る事があっても正しい意味でのスポーツは決して人間を裏切らない。」今年Jリーグ初参戦になります。微力ながら努力して参りたいと思います。ご清聴ありがとうございました。

(3月)識字率向上月間

 3月10日 破綻する会社と繁栄する会社はどう違う?

        永沢徹様            永沢総合法律事務所代表 弁護士

 3月17日 未定

        大石正弥会員          農林中央金庫宇都宮支店 支店長

 3月24日 未定

        磯島都子様           栃木県身体障害者相談員 

栃木県中途失調・難聴者協会

(4月)雑誌月間

 4月 7日 未定  

        星野泰三会員          鰹シ屋商店 代表取締役

 4月14日 未定

        二神典子様           月間「ロータリーの友」編集長

 4月21日 夜間例会 卓話なし

 4月28日 特別休会

 

会報委員 明賀 一博 会員

写  真 森木田 進 会員

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm