(2008)平成21324 No.2824 20082009年度(第34会報)

会員数 99名  出席者55名  出席率69.7%  前回修正出席率69.7

 

ビジター紹介(親睦活動委員会 大島勉委員)

青柳俊三様(ゲストスピーカー)

神長道子様 安田房代様 吉田房江様(要約筆記者)

 

岡橋尚幸会員

 このほど転勤になりました。4月から大阪の堺市に行く事になりました。平成16年宇都宮ロータリークラブに入会しまして丸5年本当にお世話になりました。最初ニコニコボックス委員会でした。次に会報委員会、現在ニコニコボックス委員会です。私の後任は、吉川と言う者です。引き続き御指導の程よろしくお願いします。

 

幹事報告(木村正樹幹事)

 加藤幸夫会員の御尊父様加藤岩夫様が今朝2時39分にお亡くなりになりました。91歳でした。3月27日(金)18時より通夜、3月28日(土)11時〜12時30分葬儀が、サルナート浄邦宇都宮式場で行なわれます。追って皆様にファックスで御通知させて戴きます。宜しくお願いします。

 

ロータリー情報(ロータリー情報委員会 石島吉造委員)

 今日は、私がロータリー情報の当番です。毎年確定申告は、3月16日に終わります。皆様は、もう終わったと思います。私の会計事務所で扱った一番高いのは、1億7千万円の所得申告をしました。税金は、6300万円を払う事になります。一応全て収めました。又税金0円の人もいます。ここに大きな格差があります。貧困と言うのは、こういう所で出てくるのではないかと思います。次に経済不況だと言われています。私共で扱っている会社・個人等は、200〜300件あります。少ないほうです。多いところで500〜600件あると思います。昔は、「働ける内は働く」と言う中小企業の運命でした。そう言う精神で我々の親は働いたのです。今の人はそうではありません。子供達は東京に行って地元に帰ってきません。東京で働きます。昔の人の考えと今の人の考えは違います。本日は、ご静聴有り難うございました。

ニコニコボックス委員会(大石正弥委員)

 奥様誕生祝:笠原純会員

 

プログラム委員会(九郷臣二副委員長)

 本日の卓話者の青柳さんをご紹介させて戴きます。青柳さんは、1954年生まれ、住まいは下野市です。現在は、特定非営利法人栃木県中途失聴者協会理事として御活躍されています。本日の卓話は、「中途失聴者・難聴者のコミュニケーションと栃木県内の実態について」と言う事でお話を戴きます。

 

卓話「中途失聴者・難聴者のコミュニケーションと栃木の実態について」

           特定非営利活動法人 栃木県中途失聴難聴者協会 理事長 青柳俊三様

 只今ご紹介戴きました栃木県中途失聴難聴者協会理事長の青柳です。本日は、お招き戴きまして有り難うございました。私は小学校3年の頃から補聴器を使っております。協会を設立したのは、昭和58年9月25日です。今年で26年目です。一度だけ副会長をしましたが、後はずっと会長をしてきました。昨年NPO法人になり会員が30名増えました。頑張ってよかったと思いました。私達の協会の活動として、中途失聴者・難聴者のコミュニケーションを正しく知ってもらう事が難聴者を理解してもらうのに大切な事だと思っております。聴覚障害のある方への接し方として、私はレストラン・ホテル等3つの種類に分けて対応の仕方を作成しました。聴覚障害とは、聴覚に何らかの障害がある事を言い障害のおきた年齢や種類程度等で聞こえる状況や発音の仕方などに違いがあります。聴覚障害者は、会話をするのに補聴器などを活用する人と手話により会話を行なう人がいます。本日は会場の方でプロジェクターを使用しています。これは、要約筆記といいます。私は要約筆記を利用して色んな所に参加できるようになりました。要約筆記について、市の広報などを通じて多くの人に知らせて戴く事が必要です。聞こえない人がもっともっと要約筆記を利用できる環境を作らなければいけないと思っています。デジタル放送に字幕が標準になったと言うのは、大きな効果があると思っております。今補聴器は段々小さくなってきております。性能が良くなったというより目立たなくする、わからなくすると言うのが目的だそうです。栃木県には今8000人ぐらい身体障害手帳を持っている人がいます。私達の相談会には、手帳を持っていない人が大変多いです。アメリカは、40デシベルでも補聴器をつけているとの事です。誰でも要約筆記を利用できる社会を目指しています。私達のクラブは仲間内だけで交流するのはだめと、早いうちから気づきました。まだ協会を知らない人達に啓蒙活動をしています。配慮してほしい事があります。周りで雑音が無い所で話をするようにする。相手と1メートル位の距離で話をし、それ以上離れている時は近寄って話をする。大き過ぎないはっきりした声で文節を区切って話す。聞こえないからと周囲に聞こえるような大きな声で話したりせず、あくまで個人のプライバシーを尊重する話し方をお願いします。7月4日難聴女性研究大会があります。講演を行ないます。後援会にも皆様の御参加をお願いします。イベントを行なう事によって責任を持って戴く。本日は、貴重なお時間を戴いた事大変ありがとうございました。ご清聴有り難うございました。

 

(3月)識字率向上月間

 3月31日 未定

        岡田 明彦様          キリンビール鞄ネ木工場 工場長

(4月)雑誌月間

 4月 7日 未定  

        星野泰三会員          鰹シ屋商店 代表取締役

 4月14日 未定

        二神典子様           月間「ロータリーの友」編集長

 4月21日 夜間例会 卓話なし

 4月28日 特別休会

 

会報委員 笠原 純  会員

写  真 徳永 昭一 会員

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm