(2008)平成21331 No.2825 20082009年度(第35会報)

会員数 98名  出席者60名  出席率71.4%  前回修正出席率71.4

 

ビジター紹介(親睦活動委員会 大島勉委員)

岡田明彦様(ゲストスピーカー キリンビール鞄ネ木工場 工場長 )

 

会長挨拶

 皆様今日は。本日会員増強のバッチが届いております。こちらをお渡ししたいと思います。これは会員をご紹介戴いた方にRIから記念のバッチです。引き続きご推薦の程宜しくお願いします。善林会員、阿部会員、神宮会員と私斎藤です。4月26日地区大会ご出席の最終の締め切りです。まだお申し込みをしていない方は、事務局の方にお声を掛けてください。現在は、約30名の方がご出席の登録をされています。

 

加藤幸夫会員

 過日私の父の葬儀、告別式にあたりましてロータリークラブの皆様に御臨席を賜りまして誠に有り難うございました。父は、1918年(大正7年)生まれの91歳でした。天寿をまっとう出来たと思っております。本当に当日は、有り難うございました。

 

苅田恭治会員

 大和證券の苅田です。2年間宇都宮ロータリークラブにお世話になりました。この度4月1日付けで名古屋の方に転勤になりました。宇都宮ロータリークラブは、会員の数が多くて勢力が強いと言うイメージでした。私の後任も宇都宮ロータリークラブに入会させて戴たく思います。2年間有り難うございました。

 

ニコニコボックス委員会(大石正弥委員)

 誕生祝:金沢力会員

 結婚祝:町田卓大会員

奥様誕生祝:金沢力会員

稲野秀孝会員:4月より宇都宮市医師会会長に就任することになりました。

 

プログラム委員会(田辺勇治委員長)

 本日は、キリンビール栃木工場長の岡田さんに来ていただいて卓話を戴く事になっています。過去からこれまで経営内容が素晴らしく、財務体質が優れていまして今現在MAで会社を大きくされています。「キリンビールの商品戦略について」と言う事でお話を戴きます。岡田さんは、東京のお生まれで東京大学農学部を卒業され昭和52年キリンビールに入社されました。それでは宜しくお願いします。

 

卓話「キリンビールの商品戦略について」

           キリンビール株式会社 栃木工場 工場長 岡田明彦様

 皆様今日は。高根沢ロータリークラブに所属していますキリンビール栃木工場の岡田です。私共の事業年度は12月ですが、今年の事業方針それに関る商品戦略について説明させて戴きます。スライドを見ながらご説明をさせて戴きます。2008年業界全体のレビュー、ビール・発泡酒・新ジャンルの総酒量は、前年に比べてマイナス3%で減少しています。昨年は各社値上げをしましたので市場では若干減少しています。生活防衛の為、第3のビール・新ビールが大きく拡大してビールの方が減少しています。ビールは業界全体で6%、発泡酒はマイナス7%、新ジャンルの新ビールはプラス14%です。次は、キリン社です。ビール・発泡酒・新ジャンルの合計は、昨年マイナス3%総量は1億8千万ケースでした。価格改正をしたので当初1月・3月は、マイナス7%でした。キリン「のどごし<>」等新ジャンルが徐々にヒットし前年比マイナスをなくしました。2009年の基本方針です。我々の中期計画です。新ジャンルは、今年度ほぼ前年並と考えております。キリンブランド価値の向上「エビデンスマーケティング」の展開です。

1.              定番商品の強化「一番搾り」20年目の進化、淡麗<>のブラッシュアップ、のどごし<>の強化、「キリンラガービール」お客様との絆の強化

2.              健康志向への対応強化 プリン体カット+ポリフェノールオンの「淡麗W」発売、「淡麗グリーンラベル」「キリングリーンラベル」「麒麟ZERO」の更なる強化

3.              総需要拡大 革新的な新カテゴリーブランドの発売、氷結を中心にRTDカテゴリーの更なる強化、焼酎新商品の発売により新たな飲用スタイルを提案

一番搾りについては、麦芽100%の製法に変えました。一番搾りは、一般のビールに比べまして旨みの量が同じとしますと渋みが少ないです。澄みきったうまさにする。広告では、日本を愛し日本を楽しむ代表としてイチロー選手と松嶋菜々子さんを起用しています。「麦100%を、爽やか搾り。」がキャッチコピーです。「一番搾り」リニューアルの概要です。中身現行のまろやかな味を踏襲しつつ「さらに澄みきったうまさ」を「麦芽100%X一番搾り製法」で実現。パッケージは、「キリンビールの正統」をコンセプトに、缶のデザインは現代感やナチュラル感を取り入れて改良、金ふたや下地の配色を変更し日常的なビールのイメージをアピール。販売目標は、約3550万ケース(大瓶換算)。展開時期は、2009年3月上旬より順次切り替え。広告・プロモーション・新タレントによる新CM。年間15000GRP投入予定。リニューアルに合わせたキャンペーン。「新仕込み・初搾り」限定10万名様プレゼント実施。次に淡麗ブランド価値提案の歴史と2009年の取り組みです。

・発泡酒市場を切りひらいてきた価値提案の歴史

 1998年 麒麟淡麗<>発売 発泡酒市場を切りひらく

 2002年 淡麗グリーンラベル 糖質70%オフと言う価値を切りひらいた定番商品

 2003年 淡麗アルファ 世界初の技術でプリン体90%カット

 2009年 淡麗W発売 プリン体99%カット 画期的うまさを実現

       麒麟淡麗<>からの提案 本来の価値である「おいしさ」を訴求

・1998年〜2008年12月までの累計販売の合計(350ml缶換算)

  KIRIN FREE・・・世界初のアルコール0.00%運転時やスポーツ後など今まで飲めなかったシーンで安心して楽しめるノンアルコール・ビールテイスト飲料です。ターゲットは、ビール・発泡酒・新ジャンル及びビールテイスト飲料ユーザー全般。中身特徴は、アルコール0.00%でありながら飲みごたえとキレのある爽快なおいしさ。価格は、オープン価格。発売日は、2009年4月8日(水)。販売目標は、63万ケース(大瓶換算)。広告プロモーションは、TV広告による画期的な商品性の伝達(2500GRP投入予定)。直接的なニーズのある車関連の情報発信を強化→サービスエリア等でのサンプリング商品発表会実施→「運転シミュレーター」を使用したイベントの実施(工場内)店頭飲用接点で物性・味覚・飲用シーン等を多角的に訴求。

氷結アペリティフ「食前・食中酒と言う文化の新提案」

ワイン用ぶどう果汁にレモンを軽くひと搾りした食事を美味しくする食前・食中酒の氷結。ターゲットは、20代30代の男女低アルコールユーザー。中身の特徴は、ぶどう果実味をしたすがすがしい酸味で引き締めたすっきりした軽い甘口。発売アイテムは、白ぶどう&レモン・赤ぶどう&レモン。カテゴリーは、リキュール。発売日は、2009年3月25日(水)発売。広告は、高い支持をいただいている深田恭子さんを継続起用。

最後にキリンビール栃木工場は、1979年4月に高根沢町で創業を開始して今年で丁度30年目を迎えます。30周年を記念して皆様により楽しんで戴けるスペシャルツアーやイベントを沢山ご用意しました。是非栃木工場にご来場下さい。以上駆け足でしたがこれで終わらせて戴きます。

 

(3月)識字率向上月間

 3月31日 未定

        岡田 明彦様          キリンビール鞄ネ木工場 工場長

(4月)雑誌月間

 4月 7日 未定  

        星野泰三会員          鰹シ屋商店 代表取締役

 4月14日 未定

        二神典子様           月間「ロータリーの友」編集長

 4月21日 夜間例会 卓話なし

 4月28日 特別休会

 

会報委員 徳永 昭一 会員

写  真 明賀 一博 会員

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm