(2008)平成21414 No.2827 20082009年度(第37会報)

会員数 98名  出席者55名  出席率66.3%  前回修正出席率66.3

ビジター紹介(親睦活動委員会 小林勇委員)

二神典子様(ゲストスピーカー 月間「ロータリーの友」編集長

会長挨拶(斎藤高蔵会長)

 4月21日は、夜間例会です。4月28日は特別休会、5月5日は休会です。ベネファクター承認がRIからきています。近藤隆亮会員には、多額の御寄付を恒久基金の方にご寄贈戴きましてRIから盾が届いております。皆様もロータリー財団及び米山記念奨学会へのご寄付を引き続き御協力お願い致します。

快出席(出席委員会 荒井規雄委員長)

 小針直哉会員(26年)

幹事報告(木村正樹幹事)

 来週は、夜間例会、クラブフォーラムです。場所は東武ホテル・グランデです。5時30分受付で6時開会です。なるべく車はさけて別の交通手段でお願いします。4月28日特別休会、5月5日は休会です。理事会は、第2週の火曜日です。

親睦活動委員会(増渕好次郎委員長)

 市内9クラブ親睦ゴルフ大会のご案内です。5月31日宇都宮カンツリーで行なわれます。競技方法は、18ホールストロークプレイで個人戦と団体戦です。今回は当クラブがホストクラブです。ご協力をお願いします。豪華な賞品を考えております。申込の締め切りは、4月27日とさせて戴きます。宜しくお願いします。

ニコニコボックス委員会(大石正弥委員)

 誕生祝:杉悦治会員 飯村悟会員

 結婚祝:齋藤一郎会員 國元卓会員 佐々木光俊会員 加藤幸夫会員

奥様誕生祝: 町田卓大会員 國元卓会員 杉悦治会員 藤井昌一会員

プログラム委員会(田辺勇治委員長)

 本日は「ロータリーの友」の編集長の二神さんにお越し戴いて卓話をお願いします。「ロータリーの友」は月刊誌で毎月皆様のお手元に届いていると思います。その編集をされております。二神様は島根県のご出身です。青山学院大学を出られて修士号を取られ広報関係を勉強され、昭和59年に「ロータリーの友」の事務所にご入社され、25年間お仕事をされています。宜しくお願いします。

卓話「ロータリーの友 あれこれ」

           月間「ロータリーの友」編集長 二神典子様

只今ご紹介にあずかりました「ロータリーの友」の二神です。この宇都宮市内にあるロータリークラブのいくつかにお伺いして卓話をさせて戴きました。宇都宮の駅に降りまして案内を見ないでこのホテルまで来ました。

雑誌の話になります。私は、島根県松江出身です。出雲大社があります。神無月は、出雲では神有月です。島根は神様が集まって飲みすぎる神様、なかなか帰られない神様がいらっしゃいます。旧暦の  10月に一度松江の方をおたずね下さい。25年間「ロータリーの友」でお仕事をさせて戴いて全国いろいろな所に伺いました。ロータリーの世界は狭いと言う感じです。私が編集長になりましたのは、  2002年7月です。その時から2年に1回、雑誌編集長セミナーで全ロータリアンの編集者が集まる会があります。ガバナーエレクトの国際協議会・国際大会にも毎回取材に伺っています。世界のロータリアンの方とお目にかかるようになりましたら、全世界のロータリークラブは何て狭い世界だろうと思う様になりました。去年の大晦日の話です。紅白歌合戦でブラジルのサンパウロからの中継でした。その画面には知り合いのロータリアンが映っていました。

「ロータリーの友」は、1953年(昭和28年)創刊しました。1952年7月、日本の地区が    1地区から2地区に分割されました。それまでは日本全部が1地区でしたので、ガバナーお1人、ガバナー月信も1つでした。日本の地区が1地区から2地区に変わった時、ガバナーがお2人、ガバナー月信も2つになりました。地区大会も別々になりました。両方で共有できるもの、それが「ロータリーの友」でした。分かれたのが西日本と東日本でした。最後まで決まらなかったのが新しい本を縦書きか横書きかにする事でした。話し合いで決まらなかったので当時の全ロータリアンにアンケートをとり、その結果「ロータリーの友」は横書きでスタートしました。昭和27年当時横書きが多かったと言う事は、当時のロータリアンは非常に先進的でした。その後縦書き横書きが混在する形になりました。更に縦横をまとめる編集になりました。1980年7月号の「ロータリーの友」は、国際ロータリーの公式地域雑誌に指定されました。「ロータリーの友」に国際ロータリーからの情報を載せる新しい目的が加わったという事です。私達は、ロータリーからの記事を地域雑誌に載せなくてはいけない義務があります。オフィシャルな記事、例えば今国際ロータリーでの強調事項についての特集、月間の特集と言ったものを横書きで載せています。縦書き横書きに分かれたのが1972年、公式地域雑誌に指定されたのが   1980年です。目的が変わったと言うふうに一言で申し上げましたが、日本のロータリーにとって実はとても大きなことでした。それまでは、日本のロータリーだけのご意見だけで編集できた「ロータリーの友」が国際ロータリーRIの制約を受ける様になりました。私共の特別顧問の高野孫左衛門さんがその当時「ロータリーの友」の常任をされていました。4月号に上野委員長、高野さん、常任委員の小林さん、「ロータリーの友」で色々お世話になっているお3人の方々の対談と言うのを載せています。

ザ・ロータリアンと言う国際ロータリーの機関誌があります。アメリカのイリノイ州エバンストンに国際ロータリーの本部がありますが、ここで編集発行をしています。その他に「ロータリーの友」と言う地域雑誌が31あります。地域雑誌には、ザ・ロータリアンからの記事を転載しなければいけないと言う義務があります。その義務の中で昨年11月号から始まりましたグローバルアウトロックと言う8ページの特集があります。11月、2月、5月という回に入ります。2月号は、はじめからこちらで手直しが出来る様に送ってもらいました。中の記事に1枚全然違う写真がありました。私の方で写真を差し替えました。5月はまたグローバルアウトロックが載ります。最後の1枚には大きなPR写真が入ってまいりました。5月号のテーマは、子供の命でした。たまたま5月号のテーマにぴったりのご投稿を戴きましたので、日本のロータリアンの活動を2つご紹介させて戴きました。地域雑誌の協力で身近なものにしたいと思っております。昨年8月広報用の刊行物を作りました。「ロータリーの友」も皆様が読んで戴きやすい興味を持って戴き易い雑誌にしていきたいと思います。購読の義務だけでなく製作にもご協力をお願いして私の話を終わらせて戴きます。

 

(4月)雑誌月間

 4月21日 夜間例会 卓話なし

 4月28日 特別休会

(5月)月間

 5月 5日 休会

 5月12日 舞う宝石      白石雄治様  アマゾン自然科学博物館 理事長

                        白石総業椛纒\取締役社長

 5月19日 未定        豊田晃様   あしぎん総合研究所 取締役社長

 5月26日 未定        山口明彦様  パナソニック梶@関越支店 支店長

会報委員 田中  彰 会員

写  真 森木田 進 会員

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm