(2009)平成21818 No.2842 20092010年度(第6会報)

会員数 95名  出席者63名  出席率75.8%  前回修正出席率75.8

ビジター紹介(親睦活動委員会 荒井規雄委員長)

石塚 満様(今市ロータリークラブ 会長) 粉川昭一様(今市ロータリークラブ 幹事)

伊藤徳三郎様(今市ロータリークラブ 50周年実行委員長) 提箸一文様(今市ロータリークラブ雑誌委員会 委員長) 石島京子様

ロータリー情報(久保井一臣会長)

今市ロータリー・クラブ創立50周年おめでとうございます。

8月9日(日)宇都宮市で開催されました「国際ロータリー第2550地区ロータリー財団研究会」に参加してきました。

ROTARY INTERNATIONAL STRATEGIC PLAN 2007-10

                                      以下説明です。

快出席祝(出席委員会 齋藤一郎副委員長

 斎藤高蔵会員(33年)神宮晃会員(29年)小林勇会員(9年)大塚秋二郎会員(6年)

加藤幸夫会員(6年)工藤辰明会員(2年)國元卓会員(2年)杉悦治会員(2年)

田中彰会員(1年)大島勉会員(1年)

今市ロータリークラブ(石塚満会長)

 宇都宮ロータリークラブの皆様こんにちは。今市ロータリークラブ本年度会長の石塚です。今市ロータリークラブ本年50年目をむかえまして宇都宮ロータリークラブの皆様にご挨拶をしなければという事で本日参ったしだいです。1960年(昭和35年)3月30日33名で今市ロータリークラブがスタートしました。現在は41名最年長会員77歳、最年少会員は32歳です。こういう時代ですので出来るだけ目立たない様少ない人数でやろうと思っています。宇都宮ロータリークラブでは、13人のお子様がいらっしゃるという事です。今市ロータリークラブも一生懸命会を運営して行こうと思っています。宜しくお願いします。

幹事報告(岡ア善胤幹事)

 2009−2010年GSEメンバー募集の件です。研究グループ交換プログラムによるアメリカ・ミシガン州、カナダ・オンタリオ州への派遣チーム募集がきています。応募資格は出発時25歳〜40歳の日本国籍を有し栃木県内居住又は雇用されている人です。ご希望の方は幹事まで。一年交換学生の募集です。2010−2011年度です。締め切りは9月30日です。幹事まで申しで下さい。

ロータリー情報(舘野弘一副委員長)

 ロータリー情報委員会では本日この例会が終ったあと3名の入会者にロータリーの情報を提供する事になっています。入会される会員の方々にロータリー情報委員がロータリーの歴史・ロータリーの綱領をお話します。次に4つの奉仕部門についてお話しする事になっています。ロータリーに関する理解・権利及び義務をお話します。又出席に関してお話をします。ロータリーを一年間共に学んで参りたいと思っております。宜しくお願いします。

田辺勇治会員

 今、各テーブルに栃木SCのパンフレットを置かせて戴きました。栃木SC後援会入会のお願いです。年会費個人は1万円、法人は1口3万円です。宜しくお願いします。

ニコニコボックス委員会(粟飯原悟委員)

 快出席祝:加藤幸夫会員 藤井昌一会員 大塚秋二郎会員 斎藤高蔵会員 工藤辰明会員 

田中彰会員 小林勇会員 神宮晃会員 

奥様誕生祝:新井祥夫会員

石島吉造会員: 卓話の機会を与えてくださいました。妻が同伴で出席しました。

今市ロータリークラブ様:

〃   提箸一文様:久保井会長にエールを送ります。

 FJテーブルミーティング残金:8月5日「矢沢のやな」と「東力士の酒蔵見学と懇親会」を行ないました。夕方4時に7名で出発し小旅行の様でした。矢嶋会員には、お世話になり本当に有り難うございました。

プログラム委員会(九郷臣二副委員長)

 本日は、石島吉造会員によります「学徒出陣を思う」の演題でお話を戴きます。石島さんは、1944年学徒出陣予備学生として入隊され千葉県鴻池航空隊で訓練され、1945年海軍特攻隊に配属され出撃待機中、終戦をむかえられました。そういったお話を本日は宜しくお願いします。

 

卓話「学徒出陣を思う」石島吉造会員

 ただいまご紹介戴きました会員の石島です。最初に私は昭和19年12月10日学徒兵として徴集され軍隊に入りました。当時20歳でした。星野泰三君は、私と一緒に海軍の予備学生として在学中に徴集されました。横須賀の第2海兵団に二等兵で入隊しました。宇都宮ロータリークラブの中で60年経ってみて戦争経験者は殆んどいなくなってきました。軍隊生活は最初裸にされて、腕伏せなどしました。次は「歯をくいしばれ」と言われ、ほっぺたをたたかれました。よろけると又ほっぺたをたたかれました。気合を入れられました。段々その様な生活に慣れてきました。いわゆる訓練ではなく、いじめでした。学徒出陣という事で昭和19年12月半ば明治神宮で当時の東条英機総理大臣から激励の言葉を与えられました。この学徒動員で当時優秀な学徒を失った悲しみが涙を禁じえません。勉強のため学校に入り、学問一筋に頑張ってきた人達もいます。この人達がどんな想いで、この精神を乗り越えてきたかそれを考えると亡くなった人の涙を禁じえません。私は、特攻隊で海軍ゼロ戦ですから戦闘機です。軍隊の指示で学徒動員により、それぞれの部署に配属されました。12月8日太平洋戦争に入った時、私は海軍に入りました。最初2ヶ月土浦の矢田部航空隊で飛行訓練をさせられました。練習機に乗るガソリンも無くなってきたので松の根っこの油を絞って、しょうこん油を作りました。当然力がありませんので、飛行機自体十分な訓練が出来ませんでした。ハワイ沖海戦で海に潜って相手の戦艦に体当たりをするという胴体が全部爆薬の、人間魚雷と同じでした。その内ガソリンが無くなり飛び立つ事が出来なくなると、京都の比叡山に行きました。大津航空隊では、人間魚雷を習うと共にレールを引いてレールの上で飛行機を走らせたりしました。特攻隊で目的をとげ撃墜した機があれば、当らなくて無駄死にする人もいました。これが特攻隊の役目です。特攻隊は一度飛び立てば、帰ってこられない。帰ってこられた人は、決死隊といわれました。特攻隊と決死隊は違います。特攻隊として、この巻紙の中の手紙を私自身が書きました。これは、私の人生の一つのけじめとして又若い人達の為に一般に公開しても良いかと思いました。ロータリークラブの会員の方々には一応さし上げました。又友人・学校の友達・先輩など500位お配りしました。書いて良かったと思っております。その後皆様方から葉書や電話等応答がいろいろありまして、本当に良かったと嬉しくなりました。皆さんから戴いた励まし等有り難うございました。この席をおかりしてお礼を申し上げます。ご清聴有り難うございました。

石島京子様

 実は、石島の話を聞き訂正箇所があります。東条英機さんの学徒出陣は昭和18年です。石島は、

学徒動員、学徒出陣に対してよく勉強しています。よく本を読んでいます。この卓話で全て話をし

たいという気持ちが良く分かりました。しかし時間が限られています。ここに書かれた半分しか語

っていません。石島と洋がこのロータリークラブで大変お世話になっている事、心からお礼申し上

げます。久保井会長の立派な挨拶、この会にいる以上二人は良い男になるなと感じました。特攻隊

で死を目前にした時の親子の感情、私は生より死が先になった。子供からの教育がいかに大事か。

今の世界情勢を見ると極めて戦争の恐れが多いと思います。決して戦争はすべきでは無いし、悲惨

であり失うものが多すぎ、ただ失うだけです。石島の手紙は、歴史のページで非常に尊いものと6

3年間大事にしまっておりました。「聞け わだつみの声に」問い合わせたら保管してくださる事に

なりました。そのコピー500部を皆様にお送りしました。本日はどうもありがとうございました。

卓話(8月)会員増強月間

 8月25日 「テレビのデジタル移行 栃木県の現状と課題」

         野口祐司様   NHK宇都宮放送局技術部副部長

  (9月)

 9月 1日 裁判員制度について

         西岡清一郎様  宇都宮地方裁判所所長

 9月 8日 (仮)衆議院総選挙後の栃木県政界

         黒内和男様   下野新聞主筆

 9月15日 (仮)「宇都宮ブリッツェン」初年度中間報告

         馬場隆司様   プロサイクルロードチーム「宇都宮プリッツェン」運営会社社長

 9月22日 休会

 9月29日 (仮)新世代委員会より

         矢嶋昭司委員長

会報委員 木村 正樹 会員

写  真 明賀 一博 会員

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm