(2009)平成211020 No.2850 20092010年度(第14会報)

会員数 99名  出席者60名  出席率72.7%  前回修正出席率72.7

ビジター紹介(親睦活動委員会 荒井規雄委員長)

 佐藤健次様(新入会員)

ロータリー情報(久保井一臣会長)  クラブ社会

 10月25日(日) いよいよ「地区大会」です。参加したことがない会員は、是非参加してみて下さい。

11月10日(火) ガバナー補佐訪問、11月24日(火) ガバナー公式訪問となります。

クラブ協議会が開かれますので、出席者の皆様は「ロータリーに対する疑問・質問」を一つ以上用意しておいてください。

 「クラブ社会」

             以下説明です。

SAA

10月25日地区大会の長寿会員100%出席者の方の記念品が届いております。

長寿会員80歳以上の会員の方

 椎貝敏夫会員 星野泰三会員 石島吉造会員 金沢力会員 小林勇会員 藤井清会員

 福嶋寿克会員 ア尾靖会員

40年100%快出席

 石島吉造会員

新入会員紹介(青木直樹会員)

 本日ご入会になられます佐藤健次様をご紹介させて戴きます。佐藤さんは、鞄喧M銀行宇都宮支店支店長です。前任地では、浪江ロータリークラブに所属されていました。推薦者は、関口快流会員と私です。ご出身は福島市です。ご家族は、奥様と3人の男のお子様がいらっしゃいます。趣味は、奥様と全国各地に旅行される事とゴルフです。出身大学は明治大学です。どうぞ宜しくお願いします。

佐藤健次(さとう けんじ)様 

鞄喧M銀行宇都宮支店 支店長

 ご家族:奥様 ご長男様 ご次男様 ご三男様

 趣味:奥様と全国各地旅行 ゴルフ

 推薦者:関口快流会員 青木直樹会員

 所属:ニコニコボックス委員会

 

 

幹事報告(岡ア善胤幹事)

本年度の年次報告書・現況報告書が出来ております。皆様のレターボックスに入っております。来週10月27日(火)は特別休会です。11月3日は法定休日です。来週再来週は、休会になります。今週10月25日(日)は、地区大会の本会議です。宇都宮グランドホテル、登録受付開始は9時30分本会議の点鐘になります。11月11日(水)第1回クラブフォーラムを東武ホテル・グランデ6階において6時30分よりロータリー情報委員会とクラブ奉仕委員会担当で行います。10月11月例会のご案内と第1回クラブフォーラム出欠のご案内を本日皆様にファックスでご連絡させて戴きます。

親睦活動委員会 荒井規雄委員長

 11月18日観劇会の件です。まだ余裕があります。皆様ふるってご参加して戴きたいと思います。宜しくお願いします。

GSE 石島洋委員長

 現在、ミシガン・オンタリオ地区から5名来ております。明日から宇都宮地区が受け入れになります。ホストファミリーは、一年交換学生の村松由季子さんのお宅にお願いしております。4泊5日の予定です。25日の地区大会にGSEチームのプレゼンが行われます。宜しくお願いします。

ニコニコボックス委員会 (大石正弥委員)

 誕生祝:佐山良一会員

 結婚祝:小針直哉会員

 快出席祝:片山辰郎会員 徳永昭一会員

 奥様誕生祝:小針直哉会員

 青木直樹会員:当社が優良施設として厚生労働大臣表彰を戴きました。

藤井清会員:長寿祝いとして。

小針直哉会員:お久しぶりという事に。

プログラム委員会(大島勉委員長)

 今月は、米山奨学会と職業奉仕月間となっております。今日は、奉仕プロジェクト委員会の近藤委員長にお願いしました。「ロータリーの奉仕について考える」という表題でお願い致しました。宜しくお願いします。

卓話「ロータリーの奉仕について考える」

奉仕プロジェクト委員会 近藤髣コ委員長

 今年度当クラブ奉仕部門を担当いたします近藤です。奉仕部門は、6つの委員会からなっています。社会奉仕部門は助川委員長です。国際奉仕部門は喜谷委員長、ロータリー財団は増渕委員長、米山記念奨学会は宮本委員長、サンラフェール委員会は石島委員長、職業奉仕委員会は私が担当です。6つあります。いずれも奉仕活動にからんできます。ロータリーの奉仕は、どのように位置付ければよいか、皆様と一緒に考えられればと思いお話させて戴きます。

ロータリーの奉仕の歴史的位置づけを考えてみたいとおもいます。

1905年ロータリーがスタートした時点におきましては、親睦いわゆるフェローシップで皆様が本音で話が出来て、倫理観を持って仕事に関わっていく人々の交わりを持ちたいという事でスタートしました。基本は、1業種1会員の原則で始まっています。当初は2週間に1回集まっていましたが、現在は1週間に1回です。これに出てこない人は具合が悪い、4回続けて休むと除名の対象になるという約束事も作りました。もう一つは、ロータリーの中は皆平等と同時に違った価値観を持った人々、色々な職種の人が集まり色々な意見を交換する事によって親睦を深めながらなおかつ新しいアイデアの交換の輪になる。という事で、アイデアのエクスチェンジが重要視されました。

1906年〜1908年の頃、会員増強をもう少し外に広げようとして、ドナルド・カーターという人に入会を勧めたところ、今のロータリーは内向きの親睦ばかりで、利己的に過ぎる事を理由に入会を拒否されました。これを機に、クラブ内で外に向かっての奉仕活動採用の是非が議論された。

1910年ポールハリスが「ラショナル・ロータリーアニズム」の論文を書き、「ロータリーは親睦と奉仕の調和の中にある」という概念を発表し、初めて「親睦」と「奉仕」がロータリーの中心的な価値観として位置付けられました。

ロータリーにおける奉仕とは、日本語の奉仕「お上に使え奉る」という概念ではなく、「他人に対して助けになる事」、「他の人のためになる行為や思いやり」という、サービスの広い意味で用いています。

一方「ロータリアン」とは、どのように位置付けているのでしょうか。ロータリアンは、事業主、専門職業人と言われています。英語でVocationを持った人と位置付けました。日本語訳では、ボケーションは天職です。職業即ち天職は人のため、世のためになるのであってそれ自体道徳的倫理的なものである事は当然必要条件であります。

ロータリーの奉仕の概念を理論付けした人がアーサー・F・シェルドンという人です。1868年(明治元年)に生まれた方でポールハリスと同年代のシカゴ・ロータリー・クラブの方です。この人はミシガン大学の経営学を卒業して経営学の専門家として学校を作りました。1910年「最もよく奉仕する者最も多く報いられる」という言葉を最初に言った人です。1921年エジンバラでの国際大会で、「ロータリーの哲学」という論文を発表しました。「サービスとは、世の為・人の為になると同時に事業を繁栄させ本人の幸せに至る道である」と言いました。これが「職業奉仕」の基本概念として位置付けられています。又、「職業奉仕とは自分の職業を通じて人の為・世の為になる考えであり行いである」とも言っています。1923年セントルイスの国際大会で34番目の決議文として社会奉仕に関する声明が出さされました。この中に「超我の奉仕」という言葉が取り上げられました。これが後にロータリーの第1標語という事で現在に至っています。又、実践理論の原理という事で1910年シェルドンが言いました「最もよく奉仕する者最も多く報いられる」が後刻第2標語として設定されました。

奉仕部門が、クラブ奉仕・社会奉仕・職業奉仕・国際奉仕と四つに分割され四大奉仕部門という形になったのが1927年です。それらの基本概念は、上記の1923年の決議23-34であり、それが地域性とか具体的活動方法とかより分化してこの4つに分かれました。

ロータリーの全ての決め事・手順などはロータリー章典にありますが、ロータリーの基本は「ロータリーの目的」、即ち、ロータリーの「綱領」に全て集約されています。ロータリー綱領の本文は全て英文で、1989年に現在日本語訳もつくられていますが、クラブによって違った訳し方をしている所もあります。本日は、私なりに意訳した「ロータリーの目的(綱領)」と、ロータリアンの行動規範である「四つのテスト」を別添しました。

 

「ロータリーの目的(綱領)」

ロータリーの目的は価値ある事業(職業)の基礎として、「奉仕の理念」を奨励する事である。特に次の事項を奨励する。

1、    奉仕の機会として知り合いを広める。

2、    職業道徳の水準を高める事:全ての有用な職業は、価値があるという事を認識する事:個々のロータリアンの職業は、社会に奉仕するためにあるものと捉え,その職業の品位を保つ事:

3、    ロータリアンは、「奉仕の理念」を常に意識して、個人、職業及び社会生活をすること:

4、    「奉仕の理念」に結ばれたロータリーの世界的な親交を通して、国際理解・親善・平和を促進する事。

 

この目的を遂行する時のロータリアンの行動規範として何を位置付けるか、それが4つのテストです。1954年〜1955年RI会長のハーバート・テーラーが自分の会社の社訓として作りました。

 

「四つのテスト」

考え・発言・行動は。これらに照らしてから

(事業の)立案・企画・宣伝・実行は、これらに照らしてから

 

1.嘘・偽りはないか? 

2.事業の関係者全てに公平・公明正大か? 

3.信用とより良い支援者を得られるか? 

4.事業の関係者全てに有益となるか?

 

本年度のRI会長ジョン・ケニーは、ロータリーの友10月号で、ロータリアンの資質に就いて述べて居ります。ロータリアンは選ばれた人たちです。人柄、能力、クラブに貢献する決意を持った人でなくてならないと。

 

時間が参りました。ご静聴有り難うございました。

 

 

卓話

(10月)米山職業奉仕

10月27日 休会

(11月)ロータリー財団

11月 3日 休会

11月10日 飯村ガバナー補佐訪問

         飯村愼一ガバナー補佐 宇都宮90RC

11月17日 (仮)宇都宮ブランドメッセージの取り組み

         南木孝昭さん     宇都宮市総合政策部都市ブランド戦略室長

11月24日 森ガバナー公式訪問

         森 玄房第2550地区ガバナー 宇都宮西RC

(12月)家族月間

12月 1日 未定

         高久 均さん     宇都宮中央警察署署長

12月 8日 続・学徒出陣を思う   

         石島吉造会員

 

会報委員 森木田 進 会員

写  真 田中  彰 会員

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm