(2009)平成211215 No.2856 20092010年度(第20会報)

会員数 98名  出席者60名  出席率71.4%  前回修正出席率71.4

ビジター紹介(親睦活動委員会 熊本勇治委員)

 山谷拓志様(ゲストスピーカー)三原靖様(新入会員)

ロータリー情報(久保井一臣会長)  聖書が予告する未来

潟潟塔Nスポーツエンターテインメント社長 山谷拓志様のご来訪を歓迎いたします。

「聖書が予告する未来」

            以下説明です。

 

新入会員紹介(岡ア善胤幹事)

 本日ご入会の三原靖様をご紹介します。三原様は、轄r井設計代表取締役専務様です。荒井設計の佐々木社長と交代でのご入会です。昭和36年8月18日生まれ48歳です。推薦者は青木直樹会員と幹事の岡アです。現在お住まいは宇都宮市川田町です。お生まれは横浜市です。ご家族は奥様とお二人のお嬢様です。昭和60年法政大学ご卒業後昭和62年荒井設計ご入社です。趣味はスポーツ観戦、映画鑑賞、読書です。

三原靖(みはらやすし)様

 轄r井設計 代表取締役専務

 ご家族:奥様 お二人のお嬢様

 趣味:スポーツ観戦 映画鑑賞 読書

 推薦者:青木直樹会員 岡ア善胤幹事

 委員会:ニコニコボックス委員会

幹事報告(岡ア善胤幹)

 本日国際ロータリー2010年の「年次大会モントリオール」の案内がきております。6月19日〜25日のツアーになっております。前回のガバナー公式訪問の写真の焼き増しをしています。御希望の方は本日まで受け付けておりますので幹事までお願いします。

社会奉仕委員会(金沢力副委員長)

 前回の募金54,100円と今回18,000円にニコニコボックスから供出し合わせて10万円をNHK歳末助け合い共同募金へ贈呈いたします。

ロータリーミニ情報(舘野弘一ロータリー副委員長)

 只今三原さんがご入会されました。三原さんはロータリー情報をお受けになりました。ロータリーは、ポールハリスと3人の仲間でスタートしました。ロータリーで大事なのは綱領です。綱領の中に奉仕があります。ロータリー二大標語の一つに奉仕があります。超我の奉仕と最も奉仕するものは、最も報われるというものです。超我の奉仕は己の利益と己を越えて奉仕の心の葛藤が生まれます。心の葛藤を調和させる標語が超我の奉仕です。最も奉仕するものは最も救われるは超我の奉仕をする事によってバランスのとれた儲けは程ほどに奉仕の哲学を進めていくと最も奉仕するものは、最も報われると言う利益を得る事になります。新入会の方には 奉仕についてのご理解をされていると思います。

ニコニコボックス委員会(粟飯原悟委員)

 誕生祝:小針直哉会員

 快出席祝:畑剛司会員

プログラム委員会(大島勉委員長)

 本日のゲストは、リンク栃木ブレックスの山谷拓志社長です。山谷さんは1970年東京生まれ大学時代、社会人時代アメリカンフットボールをされていました。この後スポーツマネージメントに進まれ、一昨年からリンク栃木ブレックスを率いていらっしゃいます。今、シーズン途中です。どうぞ宜しくお願いします。

卓話「リンク栃木ブレックス。3年目の挑戦」

           潟潟塔Nスポーツエンターテインメント社長 (リンク栃木ブレックスGM

           山谷拓志様 

 皆様こんにちは。栃木ブレックスの山谷です。例会の中で貴重なお時間を戴きました事お礼申し上げます。設立して3年目になりました。2年前の宇都宮ロータリー・クラブでの卓話をきっかけに栃木県内のロータリークラブさんからお声がかかっております。これからはパソコンで正面に映像と文字でご説明させて戴きます。2年前と何が変わったかと言いますと今年の4月この会社専属になり家族と共に宇都宮に移ってきました。売上の方も初年度から順々と伸びています。今年から決算が変則で4月・12月決算です。売上が大変伸びています。昨シーズンホームの試合は、プレーオフに出場できるかどうかをトヨタ自動車のチームとプレーオフをかけて戦いました。3200人、3500人と2日合せて7千人位の応援のファンが来てくれました。この試合は、1点差で負けてしまいました。今3ポイントを決めた者は、日本代表の22歳の者です。今決めた25歳の選手は、茂木町出身の大宮選手です。会社経営の現状は、スポンサーの皆様企業の皆様からのご支援が多いというのが実状です。チケット売上を1億3千〜1億4千の計画を立てています。不景気と言われている現状でもファンの皆様の11枚のチケットが経営上非常に大きな意味をなしています。スクールも県内4ヶ所でやっています。田臥選手の契約で田臥選手の出演料やCM企業の売上げも会社に入る事になっています。最初栃木に来た時、可能性はあると思いました。栃木県は、バスケットボール競技人口が多い県で1万2千人位います。愛好者を含めまして2万人位います。かつて宇女商は昭和30年代何度も優勝されました。プロスポーツの意味合いは、子供の教育に役立ちます。事業として会社が納税すれば地域の発展に役立つと思います。私共チケットは、一般席2時間2千円です。映画を見に行くよりショッピングに行くよりは、ブレックス見に行きたいと娯楽という中で勝負をしてみたいと思います。プロスポーツは見るスポーツとして日本の産業の中でもきちんと地位を確立してゆきたいと思っています。最近街中で栃木から日本一のチームをという考え方があります。強く愛されるチームにしていきたいと思います。設立から5年以内に日本一を目標に掲げ3年目の今年は勝負の世界になります。供託経営は、強く愛されるモチベーションあふれるチームです。エンターテイメントにはお金をかけますが、お金をかけないで楽しんでいただけると思います。3日に1回は選手が講演活動や学校に行ったりしており、すでに400回を超えています。又企業や行政とのコラボレーション活動も今取り組んでいます。チァーリーディング教室も行っています。・将来すごいチァーリーダーになる子供が出てきています。・マスコットキャラクターのブレッキーです。・U字工事さん達もご好意で開幕戦に来て下さいました。・プロバスケットは、試合の合間に何か楽しい事をやろうと思っています。地域メディアのもんみや様ともコラボレーションが出来ました。今後は地域に根ざす企業として栃木県で商売されている企業さんと上手くタイアップしてその商売につながる取り組みを強化していきたいと思います。田臥選手は、栃木未来大使の委嘱を戴きました。地域密着という事で試合を今行っているのは、宇都宮・鹿沼・大田原・小山など大きな体育館があるところです。あとはブレックスの公開練習を見ていただこうという事でこの夏は9箇所で行ないました。今年から有料のファンクラブを始めました。年会費1万円で2日間に200人の方になっていただきました。インターネットを通じて選手に年賀状が出せます。新しいサービスで注目されています。今年は、必ずプレーオフに出るという事で頑張っています。ご清聴有り難うございました。

 

(12月)家族月

 

12月22日 

         和氣みち子さん    (社)被害者支援センターとちぎ 事務局長

12月29日 休会

 

(平成22年1月)ロータリー理解月間

 1月 5日 休会

 1月12日 

         幕田英雄さん     宇都宮地方検察庁検事正

 

会報委員 森木田 進 会員

 

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm