(2009)平成2219 No.2859 20092010年度(第23会報)

会員数 98名  出席者52名  出席率64.3%  前回修正出席率64.3

ビジター紹介(親睦活動委員会 荒井規雄委員長)

 高柳代造様(陽東ロータリークラブ)鈴木洋平様(陽東ロータリークラブ)

 新井賢太郎様(ゲストスピーカー)

ロータリー情報(久保井一臣会長)  

(株)栃木サッカークラブ代表取締役社長新井賢太郎様のご来訪を歓迎申し上げます。

 陽東ロータリークラブの高柳代造様、鈴木洋平様のご来訪を歓迎申し上げます。

 

1月12日(火)は、今年最初の「理事会」「例会」「協議会」そして「新年会」と長い一日でしたが、多くの会員のご参加を賜り、まことに有り難うございました。

 

「クラブ協議会」は、通常の各委員会等の報告以外に、「会員増強委員会、会員選考委員会」を中心に、「宇都宮ロータリー・クラブ会員としての適格者とは?」「適切な推薦者とその責任」「選考手続の見直し」等について、パスト会長等を中心に活発な議論がありました。宇都宮ロータリー・クラブでは近年まれに見る熱心さで、協議会終了後、「あの議論は良かった。」「ロータリーの会合は、ああでなくては。」「もっとやりましょう。」といった声が多く寄せられました。今後、充分に考慮させていただきます。

 

快出席祝(出席委員会 齋藤一郎副委員長)

助川通泰会員(27年)稲野秀孝会員(5年)善林隆充会員(5年)熊本勇治会員(4年)

林幹夫会員(3年)山口明彦会員(2年)

大塚秋二郎会員

 1月8日私の実母が80歳心筋梗塞で急逝致しました。母にかわりましてご厚情に感謝致します。

舘野弘一会員

 去る12月の末、母が亡くなりました。その際にはクラブ又会員の皆様にはご会葬を賜り有り難うございました。

RI第2550地区第3グループIM 陽東ロータリークラブ

 こんにちは。陽東ロータリークラブから参りました。鈴木洋平と申します。高柳代造と申します。IMの宣伝をさせて戴きます。2月20日(土)宇都宮グランドホテルでIMを開催させて戴きます。そのホストを陽東ロータリークラブがさせて戴いているので挨拶に参りました。時間は、2時30分受付で3時開会です。テーマは福祉です。講演は、画家及び作家である大野勝彦先生です。宜しくお願いします。

ニコニコボックス委員会(辻博明委員長)

 誕生祝:田中英志会員

 結婚祝:森木田進会員

 快出席祝:山口明彦会員 善林隆充会員 熊本勇治会員

 奥様誕生祝:田中英志会員

プログラム委員会(大島勉委員長)

 本日の卓話は、栃木サッカークラブの新井社長にお願いしました。新井社長はこの場に来られるのは3度目だそうです。1934年埼玉県のお生まれです。大学卒業後日本ラジエーター鰍ノ入られました。その後会社を設立して清原に進出。宇都宮に来られて20年になられます。宜しくお願いします。

卓話「栃木サッカークラブ 新シーズンに向けて」

        栃木サッカークラブ取締役社長 新井賢太郎様

 伝統ある宇都宮ロータリークラブにお招き戴き大変光栄に思います。現在J1が18チームJ2が19チームになりました。将来はJ2が22チーム、J3を作っていこうというのがJリーグの構想です。Jリーグは、2通りのチームがあります。浦和レッズは、三菱グループ全体で応援しています。鹿島は住友グループで、ほとんどのJ1のチームは企業グループが後ろ楯になっております。ジェフ市原は古河電工とJR東日本の両方でお金を出しているチームです。浦和レッズの予算は70億円、今年は100億近いと言われています。名古屋グランパスはトヨタ、横浜マリノスは日産です。企業チーム以外に地元チームがあります。大分は赤字でJリーグからお金を借りている状態です。私たちのチームは6億5千万円です。スポンサーの目標は4億円。その他入場料、TV放映等で2億5千万円です。自転車操業です。経営はキャッシュフローです。経営は債務超過にしない。山形はJ1で頑張っています。10億5千万円です。我々はこの水準でやれると思っています。山梨県は県民性が熱いところです。一時7億円の赤字でしたが、その借金は全て返し黒字経営になりました。昨年はJ1に上がろうかというほど強いチームになりました。栃木は何とかJ2に上がって他を追い越すチーム作りをやっています。私は3年間無報酬でガソリン代も自分で出して日曜日も出やってきました。朝早く起きて何故栃木県にJリーグが必要か説いて回っています。栃木県のサッカー少年・少女の数は、日本でも5番目か6番目でサッカーをしている子供達が多いです。昨年は17位でしたが、今年はJ1を狙えるところにいけるのではないかと思います。かなりのお金を現場に投入しました。コストを下げてチームを強くしていこうと思っています。昨年の得点は0.75、失点は1.7です。今年はFWを強くしました。あと2人ほどあたりをつけています。外国人枠全てを使います。チーム強化のために資本金を増やしていきたいと思っています。また、一口10万円でサポートカンパニーになれます。さらにシーズンパスポートの申込みも受け付けております。今年は全勝する勢いでやっていきますので是非ともスタジアムに足を運んで戴きたいと思います。今後とも宜しくお願いします。本日はご清聴有り難うございました。

(平成22年1月)ロータリー理解月間

 1月19日  栃木サッカークラブ新シーズンに向けて

         新井賢太郎さん    (梶j栃木サッカークラブ社長

 1月26日 (仮)ロータリー財団委員会の取り組み

         増渕好次郎委員長他

 

会報委員 田中  彰 会員

写  真 木村 正樹 会員

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm