(2009)平成2222 No.2861 20092010年度(第25会報)

会員数 98名  出席者65名  出席率76.5%  前回修正出席率76.5

ビジター紹介(親睦活動委員会 荒井規雄委員長)

 古池弘隆様(ゲストスピーカー)

ロータリー情報(久保井一臣会長)

 宇都宮共和大学シティライフ学部教授古池弘隆様のご来訪を歓迎申し上げます。

 

 何故、ロータリーの魅力がなくなったのか?

 何故、ロータリーが分からなくなったのか?

                   以下説明です。

 

誕生祝(親睦活動委員会 荒井規雄委員長)

 粟飯原悟会員 石島吉造会員 藤井清会員 前田正典会員 伏木克元会員 林幹夫会員

結婚祝(親睦活動委員会 荒井規雄委員長)

 佐山良一会員 粟飯原悟会員 関雅樹会員 舘野弘一会員 青木直樹会員 小林勇会員 

大島勉会員 大塚秋二郎会員 三柴富男会員 宮田初男会員 入江恵会員

奥様誕生祝(親睦活動委員会 荒井規雄委員長)

 青木慶子様 上野鈴子様 斉藤佐智子様 木村正江様 関眞理子様 荒木澄江様 町田広美様

 笠原弥生様 藤井セツエ様

幹事報告(岡ア善胤幹事)

  本日11時15分宇都宮ロータリー・クラブ第8回理事会を開催致しました。期首7月1日会員数96名・名誉会員2名、2月1日現在会員数98名・名誉会員2名です。入会申請者2名です。第2回RI2550地区会長・幹事会が2月6日宇都宮グランドホテルであります。第3回RI   2550地区第3グループ会長・幹事会も2月25日に宇都宮グランドホテルであります。IMが2月20日宇都宮グランドホテルで15時より開催されます。本日出欠のFAXをお送りさせて戴きます。事務局の電話及びファックス番号が変更の予定です。後日皆様の方に内容のご案内をさせて戴きます。ハイチ義援金を地区において2月20日迄にまとめて送金する予定です。本例会と次回の2週にわたりましてチャリティーをさせて戴きます。

田辺勇治会員

 SUMIKA Project(スミカプロジェクト)見学会を配布させて戴きます。市内4つの建物の見学とレストランでのお食事です。2月18日9時50分から13時です。先着15名です。ご希望の方はファックスでご返送下さい。

ニコニコボックス委員会(香川隆宣委員)

 誕生祝:前田正典会員 林幹夫会員 石島吉造会員 藤井清会員

 結婚祝:入江恵会員 大島勉会員 佐山良一会員 関雅樹会員 大塚秋二郎会員 

青木直樹会員 舘野弘一会員 小林勇会員

 奥様誕生祝:荒木佳昭会員 木村正樹会員 関雅樹会員 上野泰男会員 斉藤高蔵会員

 藤井清会員

 喜谷辰夫会員:本日当社トヨタカローラ栃木の宇都宮岩曽店を新築オープン致しました。

        2月6日・7日にオープンイベントを開催しますので是非お起し下さい。

 AEHテーブルミーティング残金

プログラム委員会(大島勉委員長)

  今日は宇都宮共和大学教授の古池弘隆様にお越し戴いております。古池先生は、福岡県の出身でアメリカ等留学され、1985年宇都宮大学工学部教授としてこちらに来られました。    2006年から共和大学シティーライフ学部教授をされています。その他宇都宮市政研究センターの所長をされています。栃木県都市計画審議会会長、新交通システム導入基本計画作成委員長、宇都宮市ブランド推進協議会会長も務められています。それでは宜しくお願いします。

卓話「宇都宮の街づくりについて

     住めば愉快な宇都宮の交通まち作りに向けて」

                   宇都宮共和大学教授 古池弘隆様

 皆様こんにちは。今日のタイトルは「住めば愉快な宇都宮の交通まち作りに向けて」を掲げさせて戴きました。今私は宇都宮市都市ブランド推進協議会会長をしております。右にありますのは、宇都宮愉快写真展です。オリオン通り、ユニオン通り、日野町通りに120枚の市民やスポーツ選手の写真をフラッグとして飾っております。ブランド推進の色々な試みの一つで最初は宇都宮JR西側に大きなロゴを出しました。2週間前から15秒ずつのPRビデオを作成しました。餃子・ジャズ・カクテルのビデオです。「住めば愉快な宇都宮の交通まち作りに向けて」の宮の字に注目して下さい。歌をうたっている時、宮の字の口が一緒に歌っている仕掛けがあります。これから全国展開で出す事になっております。早々に東京の銀座・新宿等の盛り場でPRをする予定です。2週間たった今、それぞれの画面に2000位のアクセスがあるそうです。私は、宇都宮市都市ブランド推進協議会会長として「住めば愉快だ宇都宮」で本当に愉快なのかと疑問を持っています。住んでいれば段々良くなっていきます。

地方都市には色々な問題があります。栃木県の認知度は日本一知名度が低く2006年の日経リサーチによると、最下位47位でした。知事は無名有力県から有名有力県へPR活動されています。U字工事と一緒になって東京の舞台の上でPRされています。県同友会は2009年最下位脱出の為キャッチフレーズを募集しました。その結果1位になったのが「来てみたら住みたくなった栃木県」です。2009年は、46位でした。ワースト3は、北関東3県です。2006年宇都宮市の認知度64位、魅力度は139位です。2008年認知度は71位、魅力度は190位です。日光市の認知度37位、魅力度は24位です。宇都宮といえば餃子です。宇都宮餃子の認知度は上がっています。これが格差の理由です。県も頑張るが宇都宮市も頑張ろうという事でおととしの10月頃からアドバイザー会議を作り、市でブランドを推進していこうという事になりました。昨年4月から専門の推進室が宇都宮市に出来まして一生懸命頑張っています。宇都宮市に対して市民がどう思っているか、プラスの面は買物が便利・自然や環境が良い・病院がある。マイナス面は町の活気がない・交通機関が不整備・道路が不整備・町並みが汚い等です。市民が栃木について好きかどうかという事です。県外の人の宇都宮のイメージは、食が美味しい・活気がある・都会的・身近等です。マイナスは、寂れている・交通渋滞・駐車場が少ない・マナーが悪いです。

都市交通問題の背景です。20世紀型自動車依存社会に限界がきているのではないかという事です。栃木県が車社会で、9割が依存しています。宮環全体で34,4Kmです。最初から4車線で出来た環状道路は日本で最初です。平成8年に出来ました。10年経ってどうなったか、この赤いところが渋滞のところです。交通渋滞は日本だけではなく世界の問題です。アメリカテキサス州ヒューストンの例では、都市部に駐車場が作られています。道路を作っても止めるところが必要です。車だけの社会は持続可能ではありません。今一番深刻な問題は温暖化です。原因は化石燃料の消費です。将来的には最悪+6.4度になるといわれています。次は交通事故です。昨年は、4914人でした。最悪の年1970年16,765人の3分の1になりました。問題は、高齢者の交通事故です。世界で一番ガソリンの消費量が多いのは、アメリカ・ヒューストンです。日本の都市の中で一番ガソリンの消費量が多いのは、宇都宮市です。これから宇都宮市はどうしていけばよいのでしょうか?中心市街地の空洞化があります。それに対して郊外の人口は、増えています。皆車で移動するようになりました。これを何とか昔の様に歩いて生活できるようにしなければなりません。それに対して、今コンパクトシティーという話が起こっています。

次回の予告とします。次回呼んでいただければ引き続きお話をさせて戴きます。本日はご清聴有り難うございました。

(2月)世界理解月間

 2月 2日 宇都宮の街作りについて

         古池弘隆さん       宇都宮共和大学教授

    9日 栃木県のフィルムコミッションについて

         慶野英和さん       栃木県産業労働観光部観光交流課係長

   16日 HSBC グローバルコンセプト

         水田博光さん       香港上海銀行(HSBC

ビジネス・ディベロップメント・マネージャー

 

会報委員 明賀 一博 会員

写  真 森木田 進 会員

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm