(2009)平成22216 No.2863 20092010年度(第27会報)

会員数 98名  出席者64名  出席率68.4%  前回修正出席率68.4

ビジター紹介(親睦活動委員会 荒井規雄委員長)

 水田博光様(ゲストスピーカー)

江原秀樹様(HSBCグループ香港上海銀行)

ロータリー情報(久保井一臣会長)

  HSBC 水田様、江原様のご来訪を歓迎申し上げます。

 

  20102011年度 地区委員の委嘱状

    近藤会員、矢嶋会員、喜谷会員、辻会員、久保井会員、齋藤()会員、木村会員

 

  日本と中国の関係

舘野弘一ロータリー情報副委員長

 ロータリー2550地区、2010〜2011年度の役員に対して委嘱状が来ました。委嘱を受けられた8名の方は当クラブ以外の奉仕活動もされます。新入会員の皆様はロータリークラブに入会されましたら出席をお願いします。そして当クラブの中で委員のお話がありましたら快く引き受けて戴きたいと思います。

幹事報告(岡ア善胤幹事)

  2月20日(土)IMがございます。ご出席の会員の方のネームプレートを会場にお持ちいたします。当日は2時30分から受付が始まりますので宜しくお願い致します。 

電話・FAX番号の変更についてです。3月いっぱいは旧番号と新番号は重ねて使用できます。できれば新番号をご使用下さい。

新電話番号  666−0555 

新FAX番号 666−0333

プログラム委員会(大島勉委員長)

  皆様こんにちは。本日のゲストスピーカーをご紹介させて戴きます。水田様は広島県のご出身です。名古屋の大学を出られて外資系のファイナンス会社、銀行を経まして3年前にHSBCに入られました。個人資産をどう運用されるか困っている方は参考になる話が聞けるのではないかと思います。宜しくお願いします。

 

 

卓話「HSBCグループ香港上海銀行について」

   HSBCグループ香港上海銀行ビジネスディベロップメントマネージャー

   水田博光様

 先ほどご紹介いただきました、HSBCグループ、香港上海銀行の水田と申します。本日はお招きいただきまして有り難うございます。本日は、HSBCの歴史についお話をさせていただき、HSBCプレミアのサービスをご紹介させていただきます。

 

HSBCのロゴマークを海外で見られた方は沢山いらっしゃるかと思いますが、改めてご紹介させていただきます。

HSBCのグループ名は、その母体である香港上海銀行の略称に由来します。HSBCグループの持株会社であるHSBCホールディングスplcは、英国ロンドンに本部を置いており、ロンドン・香港・ニューヨーク・パリ・バミューダの各証券取引所に上場しています。20096月末時点の総資産額は24220億米ドル。“The world’s  local bank” というスローガンを掲げ、世界86の国と地域に8500の拠点を持ち、日本の人口に匹敵する約1億人のお客様に、グローバルネットワークを活かした金融サービスを提供しています。

 

HSBCグループは、1865年にその母体である香港上海銀行が香港に設立されたことに端を発します。1865年に香港上海銀行が創立された後、1991HSBCホールディングスが設立され、ロンドンと香港の証券取引所に上場されました。1993年にはHSBCグループ本部をロンドンに移転し、1999年ニューヨーク、2000年パリ、2004年バミューダの証券取引所に上場されました。

日本での歴史は、香港上海銀行創立の翌年、1866年(慶応2年)に横浜支店を開設したことから始まりました。1866年(慶応2年)は、大政奉還の一年前になります。その頃の日本は幕末で、西郷隆盛といった方達が活躍していた徳川将軍、慶喜の時代です。今年で144年目になる当行は、現在日本で営業している銀行としては、日本最古の銀行となります。

香港上海銀行は日本において、1866年に横浜支店を開設後、兵庫支店、大阪支店、函館支店、長崎支店、東京支店を次々とオープンしました。

香港上海銀行が日本で営業を開始してから16年後の1882年に日本銀行が設立されました。

また、香港上海銀行は、外国銀兌換券(ドル建てのお札)を発行しました。

さらに、日本の近代化へ向け、日本の通貨制度について、日本政府に助言と援助を行いました。19世紀末頃の日本の法貨はメキシコ銀ドルでしたが、当時日本は銀円を通貨として導入することを検討していました。香港上海銀行はこれを奨励し、銀円とメキシコドルが額面で等価であることを認めると発表。円という新しい通貨に対する信用をもたらす上で大きく貢献しました。

また、近代銀行業のモデルとなり、当時日本最大の銀行であった横浜正金銀行は香港上海銀行を模範として組織作りを行ったと言われております。

日本近代化へ向けて、明治・大正期には、香港上海銀行、パース銀行、横浜正金銀行が、大日本帝国政府の債券を引き受け発行し、日本において、数多くの大型融資に参加。これらの融資は鉄道、水道、鋼鉄所の建設、電話事業の拡張など、インフラ整備の資金として使われ、日本の近代化へ貢献いたしました。

現在、日本で営業展開をしているHSBCグループには、香港上海銀行・HSBC証券会社・HSBC投信株式会社の3社があります。

 

HSBCは、世界で1億を超えるお客様の信頼に応え、銀行業務を中心とした金融サービスを提供してまいりました。HSBCグループは、世界86の国と地域に約8500の拠点をもつ世界有数の金融グループでございます。20094月に発表された、アメリカの経済誌フォーブスにて世界有力企業ランキング「Forbes Global 2000」においても銀行部門としては2年連続第1位を獲得しました。

 

香港上海銀行が日本で1866年から営業開始をして144年。20081月には個人向けサービスのHSBCプレミアが日本でスタートしました。

HSBCプレミアは、マス富裕層に特化した銀行サービスで、世界43の国と地域で330万人以上のお客様にご利用いただいています。日本では、1000万円以上の金融資産をお持ちの個人のお客様を対象にウェルスマネジメントサービスを提供する専門銀行としてスタートしました。

 

 

 

 

HSBCプレミアでは、すべてのお客様が専任担当者、リレーションシップ・マネジャーをお持ちいただけます。お客様一人ひとりの資産運用ニーズを的確に把握し、お客様とのコンサルティングを通じて最適なソリューションを提供いたします。

日本のHSBCプレミアセンターは、丸の内、銀座、赤坂、広尾、池袋、横浜、神戸の7拠点で現在営業しています。そこでは、様々な運用ニーズに対応できる幅広く充実した商品・サービスをご用意しております。

HSBCならではの特徴のあるサービスを一部に、豊富な外貨ラインナップがあります。日本円を含め23通貨と多くの通貨を幅広く取り扱っていますし、海外で外貨普通預金口座から外貨のまま引き出しが可能な、HSBCプレミアインターナショナル・外貨キャッシュカードがあります。

日本にいながら海外口座開設のお申し込みが可能な、ワールドワイド・アシスタンスHSBCプレミア海外口座開設サポートサービスもあります。現時点でのサポート対象国は、アメリカ・香港・シンガポール・ニュージーランドですが、今後も対象国を随時増やしていく予定です。

また、HSBCプレミアファミリーサービス、チャイルド・アカウント、ファミリー・アカウントをご用意しております。

その他、様々なお客様のニーズに対応できる商品・サービスをご用意しております。

HSBCプレミアは、お客様とのリレーションシップを何よりも最優先し、グローバルな経験と高度な専門性を持って、お客様のファイナンシャルニーズにお応えしていきます。

 

ご静聴ありがとうございました。

 

(2月)世界理解月間

   23日 (仮)テレビの本音

         柳澤秀夫さん       NHK解説委員

(3月)識字率向上月間

    2日 宇都宮の街作りについてA

         古池弘隆さん       宇都宮共和大学教授

    9日 未定

         山野順良さん       自衛隊栃木地方協力本部 本部長

   16日 スポーツ実況中継ウラ話

         三原 渡さん       元NHKアナウンサー

会報委員 明賀 一博 会員

写  真 木村 正樹 会員

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm