(2010)平成2297 No.2890 20102011年度(第9会報)

会員数 92名  出席者61名  出席率75%  前回修正出席率76.1

MU会員 等々力信会員

 

会長挨拶(荻山猛彦会長)

 本日第3回理事会が開催され、ガバナー事務局からの2012-2013年度ガバナーノミニー候補者推薦についての話を致しました。理事会の方では、推薦者がいないという事で報告させて戴きますが、もし皆様会員の方で是非やりたいという方がいらっしゃいましたら私の方にご連絡を下さい。期限は、10月中です。国際ロータリーの会長について連絡がきています。2012-2013年度の国際ロータリー会長に、埼玉県八潮ロータリークラブの田中作次さんが選出されました。米山記念奨学会から印出井会員に米山功労者の感謝状が届いております。

 

誕生祝(親睦活動委員会 阿部欣文委員長)

 齋藤一郎会員 三柴富男会員 吉川博宣会員 中山康会員 関雅樹会員 福嶋寿克会員

 等々力信会員 松井公彦会員 青木栄久会員 播摩聡会員 橋本達明会員 辻博明会員

 増渕好次郎会員

 

奥様誕生祝(親睦活動委員会 阿部欣文委員長)

 福田たえこ様 飯村明子様 阿部緑様 畑幸子様 佐山由美様 石島京子様

 

幹事報告(加藤幸夫幹事)

 本日11時30分より第3回理事会を行ないました。9月のレートは86円です。入会申請者2名いらっしゃいます。退会申請者1名です。地区大会の件です。只今22名のご出席をいただいています。9月26日(日)本会議出席人数が少ないので是非ともご出席をお願い致します。

 

ニコニコボックス委員会(等々力信委員)

 誕生祝:吉川博宣会員 増渕好次郎会員 三柴富男会員 齋藤一郎会員 

       福嶋寿克会員 等々力信会員 

 奥様誕生祝:石島吉造会員 佐山良一会員 畑剛司会員 阿部欣文会員 

 

プログラム委員会(九郷臣二委員長)

 本日の卓話は、会員卓話です。NHK宇都宮放送局局長の大島勉会員です。演題は、「完全デジタル化」についてです。アナログ放送終了まであと320日です。2011年7月24日終了します。それでは宜しくお願いします。

 

卓話 「完全デジタル化について」 

         NHK宇都宮放送局 局長 大島勉会員

この話につきましては、昨年私共の技術部の人間が卓話をさせて戴きました。いよいよあと1年をきりました。パワーポイントの画像でご説明させて戴きます。先ず「完全デジタル化について」です。今宣伝が入っております。CS放送は、すでにデジタル放送になっています。今のデジタル機器の普及状況、3月の段階です。デジタル受信機器は普及率100%を目指してやってきており、目標に沿ったラインできております。普及状況の県別です。普及率が低いのは沖縄県、離島が多いのが理由です。叉岩手県はデジタルが弱い山の中の住まいが多いので、デジタル化が広がっていないというのが理由です。長崎も同じような理由です。山梨県は逆にケーブルテレビなので、様子を見ている状況です。栃木県は何で低いのか分かりませんが、下位のほうです。逆に一番普及率が高いのは、富山県です。次に受信機の普及状況です。7月の段階の数字です。8000万台に達しました。地上デジタル受信機、テレビやビデオ全部含めております。1億台になると100%になります。総務省が描いた計算通りです。そもそも地上デジタル放送をなんでするのかと言うと、より豊かな放送サービスの実況です。周波数の有効利用ですが、技術革新によりましていっぱい使っていた電波が短い幅で今迄の放送が出せるようになりました。VHF53.62を使っていましたが、これを全部UHFに移しましてVHFは全部あけて別の使い方をするのが、今のやり方です。総務省は、電波料を取っています。それが税収です。今栃木県のデジタル放送は、どういった状態でしょうか?ピンクになっている所がおおむねデジタル放送が映ります。緑になっている所が、今年中に新たに作る中継所でカバーできる所です。中禅寺湖の南側に新たに作りまして、日光の湯元まで飛ばそうとしています。今のままだとさくら市の喜連川の町は殆んど映りませんが、新たに建ててカバーしようとしています。那須の方は、細かくて大変なのです。これが中継局UHFでやっていたところをデジタルに変えているのですが、栃木県はこんな順番で出来ています。1番大きいのが八幡山のタワーです。(2005年12月)、次に大きいのが矢板の八方ヶ原のちょっと下中々良い位置にあります。足利、今市などで作ってきております。この表にあるのは、すでに電波が出ています。これからの計画ですが、新たに葛生、中禅寺湖を急遽やることになりました。これから先2014年までかかり来年には間に合いません。すでにアナログが終っているのですが作ります。このエリアの所は間に合いませんので、その間デジタルが見られません。見られない所はどうするか?これが、デジタルが見られない所が全国でどの位あるかという現時点の調査です。栃木県はめでたく全国一位です。何故栃木県が多いかというのは、単純に言いますと東京タワーの電波をVHFで受けていたのですが、本来はサービス外です。アナログは見えにくくても映っています。今度デジタルになりますと映るか映らないかどちらかになります。宇都宮市栃木県では、そういう調べのスタートが早かったので数字が大きくなりました。その次は、千葉県神奈川県が多いのですが、どんどん増えています。もう直ぐ栃木県は抜かれます。私共全国一位の間にという事で作業をしています。3万ちょっとのうち2万数千は、なんとか中継局でカバーしようという事でやっています。デジタル化に向けて国の支援をいろいろとやっています。個人のお宅に対応してもらわなくてはいけません。個人向けには、エコポイント、受信相談、戸別訪問、協調施設(共同アンテナ)ほとんど個人負担はかかりません。これは、アナログ終了計画は今どういう状況かというところです。2010年7月の段階です。これから段々PRをつめていこうという事で、2011年7月1日第5ステップです。実際番組は見られない状況になるだろうという事が今のところの考えです。来年の7月アナログ放送が終りましたら、VHFは空きになります。UHFも半分位空きになりますので別の使い方の提案を募っています。デジタル化する事によって色々な波及効果が出ています。最終的には100兆円の効果が出ると総務省の受け売りです。最後に来年デジタル移行に伴いまして私共設備投資をしています。3年間かけて14億円の設備投資です。栃木県ローカルテレビが出せるようになります。これからも宜しくお願いします。

 

卓話(9月)

    7日 完全デジタル化について

       大島 勉会員    NHK宇都宮放送局 局長

 14日 とりあえずビール、やっぱりビール

       山野 裕律会員   カンバク梶@社長

 21日 未定

       杉 悦治会員   鹿島建設滑ヨ東支店栃木営業所 所長

 28日 休会

(10月)

    5日 未定

         山内 純二さん   ANA総合研究所理事 元全日本空輸葛@長

 

会報委員 畑  剛司 会員

写  真 佐藤 健次 会員

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm