(2010)平成22105 No.2893 20102011年度(第12会報)

会員数 93名  出席者60名  出席率69.9%  前回修正出席率71

MU会員 印出井敏英会員

 

ビジター紹介(親睦活動委員会 善林隆充委員)

 山内純二様(ANA総合研究所)

星光一様 井戸宏和様(全日本空輸梶j

 

会長挨拶(荻山猛彦会長)

 ANA総合研究所の山内様、全日空の星様、井戸様ようこそいらっしゃいました。先日、地区大会にご参加戴きまして有り難うございました。今回の地区大会は、講師の卓話がとても良く楽しかったです。その時長寿会員と100%皆出席の表彰がありました。長寿会員(80歳以上)は、星野泰三会員、石島吉造会員、金澤力会員、小林勇会員、藤井清会員、福嶋寿克会員、ア尾靖会員です。35年100%皆出席は藤井清会員、25%100%皆出席は篠崎昌平会員です。本日11時30分第4回理事会がありました。10月26日は、矢嶋ガバナー補佐の公式訪問があります。その時、クラブ協議会を行いますので委員長の皆様ご出席をお願いします。11月9日は、ガバナー公式訪問です。その時、会員出席の事でフリートーキングをしたいという事がガバナーの意向です。会員の方にもご出席戴きたいと思います。

 

誕生祝(親睦活動委員会 小牧伸敏副委員長)

 ア尾靖会員 佐山良一会員 神宮晃会員 畑剛司会員 徳永昭一会員 星野泰三会員

 

結婚祝(親睦活動委員会 小牧伸敏副委員長)

 荻山猛彦会長 小林辰興会員 中山康会員 木村正樹会員 畑剛司会員 金子昌郎会員 

小野真一会員 前田正典会員 小牧伸敏会員 増渕好次郎会員 三原靖会員 近藤髣コ会員

石島吉造会員

 

奥様誕生祝(親睦活動委員会 小牧伸敏会員)

 新江啓子様 山口美砂緒様 小林祐恵様 近藤文子様 徳永聡子様 三原知子様 前田寿美子様

 

幹事報告(加藤幸夫幹事)

 本日、第4回の理事会を開催致しました。入会申請者が2名います。60周年記念準備委員長を齋藤一郎会員にお願いします。宇都宮西ロータリークラブの今年で5回目になるバルーンキャンペーンを宜しくお願いします。今月のロータリーレートは、86円です。以上です。

 

ニコニコボックス委員会(山口明彦委員長)

 誕生祝:ア尾靖会員 佐山良一会員 徳永昭一会員

 誕生祝:近藤髣コ会員 荻山猛彦会長 前田正典会員 三原靖会員 木村正樹会員 

小牧伸敏会員 

 奥様誕生祝:山口明彦会員 前田正典会員 近藤髣コ会員 坂本浩司会員 三原靖会員

        徳永昭一会員 小林勇会員 

 藤井清会員:本日の表彰に感謝しております。

 荻山猛彦会長:地区大会出席御礼

 等々力信会員:長男27歳の誕生日です。まだ独身ですが、早く孫の顔が見たいものです。

 

米山記念奨学委員会(印出井敏英委員長)

 10月は米山記念月間です。宇都宮ロータリー・クラブは、4800万円強の寄付をしています。来期5000万円に届けば60周年記念に花を添えられると思っています。税制上の処置が変ります。叉詳しくお知らせいたします。宜しくお願いします。

 

プログラム委員会(九郷臣二委員長)

 本日は、ANA総合研究所理事山内純二様におこし戴いております。山内さんは、昭和21年にお生まれになり昭和44年全日空に入社されました。フレンドシップ・ボーイング727・ロッキードの操縦をされました。平成3年から運行本部乗員訓練センターの教官になられました。現在ANA総合研究所理事としてご活躍をされています。今まで飛行時間は、16056時間と貴重な時間となっています。宜しくお願いします。

 

卓話 「空の安全」

ANA総合研究所理事 山内純二様

 皆様こんにちは。今日は、この様な席に呼んで戴き有り難うございました。4年程前まで全日空のパイロットをしていました。その後全日空商事の監査役を2年位しました。現在は、ANA総合研究所にいます。パイロットをしている時ハイジャックに遭遇しました。その時、私は操縦していませんでした。客で乗っていました。私は、このような事は2度とあってはいけないという事を考えています。

---------------------  以下スライド ------------------------------

999年7月23日全日空61便がハイジャックされました。長島機長(51歳)は、残念ながら刺殺されてしまいました。私は客席に乗っていました。犯人が勝手に6分間操縦桿を握り、機体を高度600メートルまで急降下させました。私は、操縦室の中に飛び込み墜落を避ける事が出来ました。これは、2006年7月23日の新聞です。これは別の新聞で、読売新聞です。これはハイジャックの次の日の新聞です。羽田に帰ってくるまでは気持ちはしっかりしていました。お客様を降ろして乗務員・スチュワーデスを降ろし私は最後に降りましたが、その時助かって良かったと思いタラップから中々降りられませんでした。こういう事は二度と起こってはいけないと思い会社の中で安全の話をしています。今は社外の災害防止協会とか建築会社、病院とか色々なところで年間30回から40回話をさせて戴いております。これは40年前ぐらい、雫石上空で全日空の飛行機ボーイング727と自衛隊のF86が空中衝突しました。その墜落した場所が雫石でした。私達はそこへ行って清掃し二度と事故を起こさないよう誓いました。今、全日空では20代のグランドホステスの人達に、安全の為の勉強をする場所がないといけないと提案しまして、教育施設で研修を行っています。私がパイロットの人に伝えたい事は、「知識よりも何かしなければいけないという意識が大切」という話をしています。「自分が安全を守るんだ」という強い意識を持ってもらいたいのが後輩達に思う事です。全日空機の事故は、2009年、100万回飛行機が離陸したら0.6回です。1600万回離陸して事故は1回しか起こっていません。2009年、航空機事故で亡くなった人は世界で685人です。2009年、日本で交通事故で亡くなった人は4900人強です。これは成田で強風により飛行機が事故を起こし2名なくなりました。これはハドソン川でエンジンに鳥が入りエンジン2基が止まってしまった事故です。飛行機に雷が落ちた光景です。これは私達がどのような訓練をしているかという所です。あらゆる訓練が出来ます。訓練はやり直しが何度でも出来ますので、技術が向上します。これは脱出する所です。78秒でした。最近の傾向ですが、コクピットの中は機長が副操縦士を上手く利用し地上から情報をもらいあらゆる人たちと協力して最高のパフォーマンスを出すのが機長の能力と言われています。これは、今航空界では格安航空会社が出来たりしています。もう一度華やかな航空界になる様努力しています。皆様に安全に飛行機に乗っていただくために私達は努力していますので、これからもANAを宜しくお願いします。本日は有り難うございました。

 

-----------------------------------  地区大会 ------------------------------------

 

《卓話》

(10月)米山・社会奉仕月間

    5日 空の安全

         山内 純二さん   ANA総合研究所理事 元全日本空輸葛@長

   12日 社会奉仕について

         喜谷 辰夫 社会奉仕委員長

   19日 地域の安寧を目指して 

         白井 孝雄さん   宇都宮中央警察署 署長  

   26日 ガバナー補佐の話

         矢嶋 昭司会員

 (11月)ロータリー財団月間

    1日 米山記念奨学会について

         印出井 敏英    米山記念奨学会委員長

 

会報委員 木村 正樹 会員

写  真 田中 彰  会員

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm