(2010)平成221012 No.2894 20102011年度(第13会報)

会員数 93名  出席者65名  出席率72%  前回修正出席率72

 

ビジター紹介(親睦活動委員会 阿部欣文)

 保坂正雄様(宇都宮西RC)山崎隆様(新入会員)

 

会長挨拶(荻山猛彦会長)

 本日は皆様に悲しいご報告があります。石島吉造様が10月10日午後2時45分ご逝去されました。享年87歳です。石島さんは大変熱心なロータリアンで、我々の鏡でした。実は、先週の例会にも元気にご出席されていました。ここで石島さんの生前のご功績とご冥福をお祈りして黙祷をしたいと思います。

 

快出席祝(出席委員会 播摩聡副委員長)

 近藤隆亮会員(23年)藤井昌一会員(18年)増渕好次郎会員(10年)明賀一博会員(3年)

 徳永昭一会員(3年)橋本達明会員(3年)片山辰郎会員(2年)伏木克元会員(1年)

 小野真一会員(1年)

 

石島洋会員

 突然の事で私もびっくりしています。父が日曜日に亡くなり皆様にご報告に参りました。先週の火曜日の例会に元気に出ていました。木曜日までは大変元気でした。金曜日の朝、熱があり宇都宮記念病院に救急車で運ばれまして間質性肺炎という事で予想外に結果が悪くなり日曜日午後2時45分亡くなりました。87歳でした。ロータリー歴は、49年でした。皆様にくれぐれもお世話になったお礼を申し上げるために出て参りました。慎んでご報告させて戴きます。

 

新入会員ご紹介(青木直樹会員)

 本日ご入会されます山崎隆さんをご紹介します。推薦者は、藤井昌一会員と青木直樹私です。山崎さんは、昭和28年お生まれの56歳です。現住所は、埼玉県さいたま市です。東日本旅客鉄道渇F都宮駅長です。宇都宮駅長の前は、高田馬場の駅長さんでした。ご家族は、奥様と3人のお子様です。趣味はゴルフ・スポーツ観戦特にサッカーだそうです。どうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

山崎隆(やまざき たかし)様

 東日本旅客鉄道梶@宇都宮駅長

 家 族:奥様 長男 次男 三男

 趣 味:ゴルフ スポーツ観戦(特にサッカー)

 推薦者:藤井昌一会員 青木直樹会員

 委員会:親睦活動委員会

 

 

幹事報告(加藤幸夫幹事)

 石島吉造さんのお通夜は、14日18時から告別式は15日11時から鶴田の宇都宮御苑で行われます。皆様お時間を調整して戴き宜しくお願いします。

 

ニコニコボックス委員会(等々力信委員)

 快出席祝:近藤隆亮会員 明賀一博会員 上野泰男会員 藤井昌一会員

 結婚祝:小林辰興会員 金子昌郎会員

 

プログラム委員会(九郷臣二委員長)

 今月は社会奉仕月間です。喜谷社会奉仕委員長より社会奉仕についてのお話です。宜しくお願いします。

 

卓話 「社会奉仕について」

社会奉仕委員会 喜谷辰夫委員長

 皆さんこんにちは。社会奉仕委員長を仰せつかりました喜谷です。1ヶ月前に九郷委員長から卓話をやれとお話を戴きました。私は宇都宮ロータリー・クラブに入って18年弱になりますが、初めての社会奉仕委員長です。今月は社会奉仕月間です。2007年手続要覧の15ページのところにプログラムというのがあり「RIは月ごとに次の様なプログラムの強調事項を指定しているという事で、8月は会員増強及び拡大月間、9月は新世代のための月間、10月は職業奉仕月間、11月はロータリー財団月間、12月は家族月間、1月はロータリー理解推進月間、2月は世界理解月間、3月は識字率向上月間、4月はロータリー雑誌月間、6月はロータリー親睦活動月間です。この中で社会奉仕に絡んでいるのが、12月の家族月間かなと認識しております。当クラブの社会奉仕で過去10年間の寄付の実績をまとめてみました。ふるさと宮まつり毎年10万円寄付しています。叉NHK歳末助け合い募金も毎年10万円寄付しています。栃木いのちの電話は、2001年5万円、2002年5万円、2003年5万円、2004年3万円、2005年3万円、2006年から2009年は無しです。国内の災害義援金は、2004年新潟福井災害7万円、新潟中越地震8万2千円、2006年能登半島地震6万6千円、2007年中越沖地震7万2千円、2008年岩手宮城内陸地震10万円の寄付をしました。海外義援金は、2001年米国テロ事件15万円、アフガン難民支援13万円、2003年イラン地震5万円、2005年パキスタン6万円、ニューオーリンズハリケーン10万円、2007年ミヤンマーサイクロン四川省大地震5万円、2009年台湾台風災害6万5千円、ハイチ地震10万円、チリ復興支援7万円でした。善行青年表彰は、2002年8万1千円、2003年7万8千円、2004年7万8千円の寄付をしました。養護施設への備品寄付は、2001年すぎの芽学園にパソコン(155,925円分)を寄付しました。2002年(財)栃木県知的障害者育成会機器贈呈(189,661円分)、2003年暖房器具(172,305円分)。2004年第2戸祭作業所へ掃除機(41,790円分)でした。その他の寄付等は、2001年グリーントラスト宇都宮1万円、アジア医学生国際会議3万円、青少年の自立を支える会30万円、2005年栃木県知的障害育成会15万円、スペシャルオリンピックス1万円、ポール・ハリスカムリーバンク5万9千百円、2006年スペシャルオリンピックス10万円、すぎの芽会9万4千5百円、地区協議会会場お礼30万円、2007年栃木県知的障害者育成会8万円、すぎの芽会10万円、2008年栃木県難聴者女性部1万円、拉致被害者家族会1万円、栃木県育英会5万円、2009年被害者支援センターとちぎ20万円の寄付をしました。当クラブの社会奉仕の過去の寄付の実績です。今年度社会奉仕委員会の立場ですが、ここ3年ほど地区のロータリー財団国際親善奨学会の委員長をしております。皆様方から寄付をしていただきロータリー財団の方で、いろいろなプログラムに財団のお金を使って活動する形になっています。GSEやその他がありますが、ロータリー財団の中に地区補助金制度があります。地域の活動に対して補助金を出して支援するという制度です。2003−2004年度に始まりました。宇都宮ロータリー・クラブからは地区財団委員長の近藤パストガバナーがいらっしゃいます。当クラブとして、この補助金を使った活動は過去一度もありません。是非これに見合った活動が出来たらと思っています。ちなみにこの補助金を活用した他クラブの活動ですが、宇都宮西ロータリークラブの「BBバルーンキャンペーン・ストップエイズ」があります。大田原ロータリークラブの「ブラジリアンスクール支援プロジェクト」、氏家ロータリークラブ「この木なんの木エコプロジェクト」、宇都宮陽南ロータリークラブ「ふれあい事業」、真岡ロータリークラブは、「老人と紹介者の健康安全友愛プロジェクト」、小山ロータリークラブは、市内の「樹木愛運動」、鹿沼東ロータリークラブは、「児童養護施設交流大会」、足利わたらせロータリークラブは、「児童養護学園との交流」、佐野ロータリークラブは、「秋の自然に親しむ会」、葛生ロータリークラブは、「葛生特別養護老人ホーム行事支援」、岩舟ロータリークラブは、AED設置事業、西那須野ロータリークラブは、「児童養護施設那須動物王国招き隊」です。手続き要覧に社会奉仕に関する説明がかかれています。社会奉仕は、ロータリアン一人一人が超我の奉仕を実証する機会である。地域に住む人々の生活の質を高める公共の為に奉仕する事は、全てのロータリアン個人にとってもロータリークラブにとっても献身的な社会的責任でもある。この精神に立脚して各クラブに次の様に勧奨する。

ここに10項目かかれています。地域の先生は、これに見合って本当に良い活動だと思います。この辺皆様一人一人会社の仕事を通じて、いろいろロータリーに投げかけて戴き、今後のロータリー活動につなげて戴けたらと思っています。社会奉仕に対するご協力をお願いします。ご清聴有り難うございました。

《卓話》

(10月)米山・社会奉仕月間

   12日 社会奉仕について

         喜谷 辰夫 社会奉仕委員長

   19日 地域の安寧を目指して 

         白井 孝雄さん   宇都宮中央警察署 署長  

   26日 ガバナー補佐の話

         矢嶋 昭司会員

 (11月)ロータリー財団月間

    1日 米山記念奨学会について

         印出井 敏英    米山記念奨学会委員長

 

会報委員 佐藤 健次 会員

写  真 伏木 克元 会員

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm