(2010)平成23125 No.2906 20102011年度(第25会報)

会員数 95  出席者63名  出席率72.6%  前回修正出席率74.7

MU会員 等々力信会員

 

ビジター紹介(親睦活動委員会 阿部欣文委員長)

佐藤 晃様 山口慶之助様 礒賢次様(宇都宮北ロータリークラブ)

堀 威彦様(ゲストスピーカー)

中村隆一郎様(新入会員)

 

会長挨拶(荻山猛彦会長)

 本日はたくさんメイクアップの方がいらっしゃいます。ありがとうございます。堀支局長さんは、2回目の卓話という事です。宇都宮北クラブの方々には楽しんで戴きたいと思います。宜しくお願いします。

 

新入会員紹介(田中 彰会員)

 本日ご入会されます中村隆一郎様をご紹介致します。中村様は昭和32年生まれの54歳です。日本通運渇F都宮支店長です。笠原さんの後任です。ご出身は北海道で単身赴任中です。ご趣味はゴルフと麻雀です。前任地はJPエクスプレス本社でした。よろしくお願いします。

 

中村隆一郎(なかむら りゅういちろう)様

 日本通運梶@宇都宮支店 支店長

 ご家族:奥様

 趣味:ゴルフ 麻雀 競馬

 推薦者:明賀一博会員 田中 彰会員

 所属委員会:親睦活動委員会

 

 

幹事報告(加藤幸夫幹事)

 本日レターボックスに2010年手続要覧を配布致しました。3年に一度改定されます。よく読んで戴きたいと思います。よろしくお願い致します。吉澤兵左様(葛生ロータリークラブ)がお亡くなりになりました。本葬は2月25日、お出での際には平服でとのご案内がきております。

 

米山記念奨学会 報告(印出井敏英委員長)

 普通寄付金 14,011,700円  特別寄付金 34,253,650

2011年1月31日(予定)

 普通寄付金 14,292,200円  特別寄付金 35,823,650円  合計50,115,850円となります。

皆様のご協力に感謝いたします。

 

篠崎昌平会員

 商工会議所会頭・副会頭の就任祝賀会を2月9日(水)宇都宮東武ホテル・グランデで18時より開催します。有志の方々と祝賀会をやろうということになりました。今月末まで参加を受付しております。よろしくお願いします。

 

ニコニコボックス委員会(山口明彦委員長)

 誕生祝:香川隆宣会員                 

 快出席祝:佐藤行正会員 林幹夫会員

 奥様誕生祝:佐藤行正会員

 

プログラム委員会(九郷臣二委員長)

 本日の卓話は、日本経済新聞宇都宮支局長堀威彦様です。演題は「宇都宮へのラブレター」です。宇都宮への想いを今日はお話し戴きたいと思います。堀様のご出身は東京で、1985年日本経済新聞社に入社され2008年3月から宇都宮支局長をされています。よろしくお願いします。

 

卓話「宇都宮へのラブレター」

            日本経済新聞 宇都宮支局長  堀威彦 様

 

 ただ今ご紹介戴きました日本経済新聞宇都宮支局長の堀です。このように貴重な場を与えて下さってありがとうございます。一昨年の夏、ここでお話をさせていただきました。その時は、「能ある鷹は、小技を磨け」という題でした。私は宇都宮に着任して3年が経とうとしております。転勤するとその土地に慣れてきます。その土地が第2・第3の故郷になってきます。その土地で会った方々と今でも年賀状のやり取りをしております。宇都宮に来て色々楽しい思いをさせていただきました。本題に入ります。「減築」の動きです。減築という言葉を聞かれたことはありますか? 減築は家の増築の反対です。子育てが終わり広すぎる家を縮小したりすることです。二階建てを平屋にしたりすることです。今やシングルの人が多くなりそういった中で減築という考え方が出てきました。世間一般でいうパラダイムシフトの転換です。オリオン通りから消えた店舗が多くあります。例えば、マクドナルド、牛丼の吉野家、新星堂、アーケードの落合書店等です。マクドナルドはなくなりましたが、フレッシュネスバーガーはあります。吉野家はなくなりましたが、松屋はあります。落合書店はなくなりましたが、東武百貨店の中に落合書店はあります。オリオン通りから消えた店舗は別の場所で開業しております。ある意味パラダイムシフトの一つ店舗淘汰は、必然なのかと思います。店舗が減ってきている一方で新しく誕生しているものとして「宮カフェ」があります。宮カフェは宇都宮のアンテナといわれています。オリオンスクエアにあり、今から一年ちょっと前にできました。一階のファーマーズフォレストは、買いたくなるようなものを常に入れ替え宇都宮を元気にしたいと言う心意気が感じられます。ここの社長松本さんは、日産の栃木工場で働かれた経験があり、いろいろなことに取り組んでいらっしゃいます。まだ30代後半です。「宮カフェ」に行くと平日でも若いお客が多いです。一日の平均来店者は600人から700人です。購入者は月に10,000人位です。売れ筋は宇都宮のスイーツです。色んな工夫が女性客を集め購入者数のアップにつながっております。また初めはなかった喫茶コーナーを作ったりしてこの一年数か月の間ずいぶん良い方向になってきています。地域の活性化に必要で大事なことだと思います。今年3月19日には、北関東道が全通することになっております。高速で動きやすくなります。移動のバリアフリーが進むとドライブに行こうという気持ちが高まります。水戸の女性は東京ではなく宇都宮のパルコに来るそうです。餅は餅屋の発想で集積地東京と日々の生活圏を目的に応じて使い分けできます。アクセス面では新幹線の宇都宮停車本数は増えています。新幹線で東京まで行くのに最速で50分です。朝は1時間に5本、昼は3本出ています。足元の生活環境を固め、暮らし易さを追求し日々の暮らしは地元で安く生活するのが良いと思います。中心街に暮らす人間としては安いものであってほしいと思いますが、日々の暮らしの安さはやや欠けると言えます。JA宇都宮唯一の直売所が宇都宮駅1階にあります。せっかくの試みですが、やや高い気がします。宇都宮は一歩外に出れば豊かな田園風景が見られ農業王国でもあります。海なし県ですがお寿司屋さんでは“刺身”“寿司のたね”等は結構良いものがあります。また日々の暮らしの中で鮮魚を売る店は、昔魚太がありましたが今は無くなりました。今は東武百貨店の地下に行くしかないのかなと思います。日常の暮らしの生鮮野菜等が買える店がもっとあれば良いのにと思います。今目に入るのが「住めば愉快だ宇都宮」というキャッチフレーズです。その前は「宇都宮プライド」でした。地元を誇れる良いフレーズなのに一年で消えてしまいました。今は「住めば愉快だ宇都宮」になりました。住んでみて思うのは、自然環境は快適だがトータルとしてはどうなのかということです。「住めば快適宇都宮」にしていきたいものです。「減築」のようなパラダイムシフトでファンダメンタルズだけは固め、それ以外のデパート等は交通アクセスを生かして外へ、餅は餅屋という発想を出していけばもっと良くなると思います。地の利を生かし呼び込む工夫やPR等もっとすべきだと思います。宇都宮は餃子が有名ですが、同じく餃子の有名な浜松と比べると餃子の店の閉店時間が早いです。宇都宮餃子のためにもう少し遅くまで頑張る心意気があっても良いと思います。せっかく銘酒が多いので宇都宮駅1階に地酒のショットバーが出来ないかと思います。「美味しいものをいっぱい身近で楽しめる」そういった場所が栃木の良さを身近に分かるようなアンテナショップ・店舗等がどんどん出来れば宇都宮に人を呼び込められるし、そのような店づくりをどんどんやって生活の基本的なインフラを確立していけば快適な宇都宮が出来ると思います。栃木の良さが手軽に分かる店、産直安価な店等地域の為に一肌脱ぐ心意気があれば、もっと快適になると思います。本日はご清聴ありがとございました。

 

(1月)ロータリー理解推進月間

   25日 宇都宮へのラブレター 

         堀 威彦さん     日本経済新聞社宇都宮支局 支局長

(2月)世界理解月間

    1日 「東京スカイツリーと周辺複合開発」展示とその効果について

         宮原 弘さん     東武ワールドスクエア梶@取締役社長

    8日 未定

         佐藤 栄一名誉会員  宇都宮市長

   15日 未定

         江崎産業振興担当主管 栃木県産業労働観光部 産業政策課

   22日 未定

         飯村 慎一さん    宇都宮90ロータリークラブ

会報委員 武部 俊郎 会員

写  真 田中   彰 会員

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm