(2010)平成23621 No.2925 20102011年度(第44会報)

会員数 91  出席者61名  出席率78%  前回修正出席率79.1

MU会員 助川通泰会員

 

幹事報告(加藤幸夫幹事)

 

 
 大会届が2名出ています。大島勉会員と宝住与一会員です。大田原ロータリークラブ中井会長、真岡ロータリークラブ竹石会長よりお礼のお手紙がきております。本日例会後、本年度と次年度委員長さんの引き継ぎがございます。よろしくお願いします。本年度の委員長さんは、年次報告を7月中に幹事又は宮本印刷さん或いは事務局の方にお願いします。

 

退会挨拶 大島勉会員

 2年11ヶ月宇都宮ロータリークラブにお世話になりました。6月24日付で東京に転勤になります。来月からNHK厚生文化事業団で仕事をする予定です。私の後任がきますので宜しくお願いします。

 

ロータリー情報委員会(篠崎昌平委員長)

 皆さんのレターボックスにロータリーソング集をお入れしました。ご覧戴けましたでしょか?ロータリーソングは4つあります。「奉仕の理想」「それでこそロータリー」「我等の生業」「手に手 つないで」の4つです。「手に手 つないで」は、いろいろな会合の最後に手をつないで合唱します。他のクラブにメイクアップに行った時「我等の生業」を歌うクラブもあります。宇都宮北ロータリークラブがそうです。CDもあると思いますので次年度で機会が有りましたら皆様にお聞かせ戴けたらと思います。次年度SAA・幹事に言っておきます。一年間ご清聴をありがとうございました。

 

ニコニコボックス委員会(関雅樹委員)

 結婚祝:青木栄久会員

 大島勉会員:24日付で移動になります。3年間お付き合い戴きありがとうございました。

 

プログラム委員会(荒井規雄副委員長)

 本日の卓話は、「この一年間の活動について」です。各委員長さんにお話を戴きます。クラブ奉仕委員会・大塚秋二郎委員長、国際奉仕委員会・辻博明委員長、社会奉仕委員会・喜谷辰夫委員長の順番にお話を戴きます。よろしくお願いします。

 

卓話「この一年の活動について」

クラブ社会奉仕委員会 大塚秋二郎委員長

クラブ社会奉仕委員会委員長の大塚です。副会長職が自動的にこの委員会の委員長を仰せつかる事になっております。クラブ奉仕部門は、クラブに対する奉仕という事でロータリークラブ内部に関しての運営にあたる10の委員会が集まった親委員会の形になります。クラブ奉仕の活動は、子クラブの活動が主体となっております。活動としておこなったのは、11月クラブフォーラムの司会をしました。職業分類、会員選考、ロータリー情報、クラブ定款細則・クラブ史編纂、出席委員会、クラブ会報、雑誌・広報、親睦活動、プログラム、ニコニコボックスと10の委員会があります。この3月の大震災において、クラブの運営をどうするかが大きな内容でした。非常時に個々のメンバーの能力が試される時でした。クラブ奉仕委員会として副会長席に座りまして、ソワソワと気恥ずかしい思いでした。何故か結婚式の披露宴の席みたいでした。改めまして、この一年間皆様にご協力を戴きましてありがとうございました。

 

国際奉仕委員会(辻博明委員長)

 国際奉仕委員会委員長の辻博明です。一年間大変お世話になりました。ロータリー財団委員会は、毎年11月がロータリー財団委員会月刊ですが、例会の都合で今年1月に担当しました。卓話の内容は、2550地区ロータリー財団委員長の近藤様に戴きました。内容は、「財団活動の現状」でした。会員の皆様には下期会費と共に1万円の財団寄付を戴きました。2回のミリオンダラーミールと共に本部に送金しました。米山記念奨学委員会は、毎年10月が米山月間です。11月の例会で「米山記念奨学会について」というテーマで印出井委員長に卓話を戴きました。最近、雑誌「ロータリーの友」は、米山記念奨学会についていろいろご意見がございます。本年度地区の目標は、1人当たり18,000円でした。宇都宮ロータリークラブは、1人当たり13,000円でした。荻山会長と印出井委員長には、沢山のご寄付をして戴きました。達成率は90%でした。サンラフェール委員会は、昨年7月24日から8月5日まで13日間ミッシェルさんとエバさんがサンラフェールより来られました。当クラブからは、柴田会員と酒井会員のお嬢様お二人をサンラフェールへ送り出しました。国際奉仕委員会は、2月に世界理解月間の例会を持たせて戴きました。今年のIMを担当した飯村さんにお話を戴きました。IMでの懇親会を取りやめましてそのお金を義援金に回しました。関係しました方々、ご協力戴きました方々にお礼を申し上げまして、一年間の活動報告とさせて戴きます。ありがとうございました。

 

社会奉仕員会(喜谷辰夫委員長)

 社会奉仕委員会委員長を仰せつかりました喜谷です。社会奉仕として、3月の大地震を中心として寄付をしました。社会奉仕委員会として、ニコニコボックスから71万円の寄付があります。昨年7月に「宮まつり」の寄付がありました。11月ニュージーランド大地震に寄付をしております。12月のクリスマス会で福祉施設に対して寄付をしております。今年3月の大震災では、NHKを通じて多額の寄付をしました。又4月にはガバナー事務所を通じて多額の寄付をしております。地震関係の寄付が寄付額の半分以上を占めております。先週の卓話で、善林会員が被災地へ行って来られた話をして下さいましたが、クラブのメンバーが沢山活動して下さっているという事で当クラブにとっても社会奉仕の一環かなととらえさせて戴いております。我々自分の仕事を持っている中、大地震をうけ「社会奉仕活動としてどんな社会奉仕ができるのか」と考えるご指示を受けました。皆様方の色々な活動の中で「ロータリーとして支援をしょう」と意見を出して戴き次年度に引き継いで戴ければと思っております。1年間皆様にご協力を戴きまして感謝しております。大変ありがとうございました。

 

【卓話】

6月 親睦活動月間

 21日 この1年の活動について

      クラブ奉仕大塚秋二郎委員長

      国際奉仕辻博明委員長

      社会奉仕喜谷辰夫委員長

 28日 1年を振り返って

      荻山会長 加藤幹事

 

会報委員 畑  剛司 会員

写  真 佐藤 健次 会員

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm