(2011)平成23118 No.2944 20112012年度(第18会報)

会員数 93  出席者 62名  出席率 74.2%  前回修正出席率 75.3

 

ビジター紹介(親睦活動委員会 飯村悟委員長)

 第2550地区ガバナー 比企達男様(宇都宮陽東ロータリークラブ)

 第3GAガバナー補佐 恩田光憲様(宇都宮西ロータリークラブ)

 岸清祐様 郡司忠幸様(宇都宮陽東ロータリークラブ)

 

会長挨拶(青木直樹会長)

 本日は、第2550地区比企ガバナーの公式訪問です。先程、ガバナー、会長、幹事で懇談会を別室で催させて戴きました。比企ガバナーから色々なアドバイスを戴きました。本日はこの後比企ガバナーからお話を戴き、RI会長からのメッセージをお伝え戴きます。その後、皆様には炉辺会議にご出席いただく予定です。ガバナー訪問をよろしくお願いします。

 

幹事報告(阿部欣文幹事)

 例会の後、隣の部屋で写真撮影があります。終わりましたら皆様ご出席のもと炉辺会議を行います。是非ご参加をお願い致します。炉辺会議のテーマは、決めておりません。会員の方で是非比企ガバナーにお聞きしたいという事があれば振るってご意見を戴ければと思いますので、よろしくお願いします。

 

ニコニコボックス委員会(関雅樹委員長)

 誕生祝:渡邉幸雄会員 木下恒彦会員

 結婚祝:渡邉幸雄会員

 快出席祝:渡邉幸雄会員 小野真一会員

 奥様誕生祝:松井公彦会員 辻博明会員

 第2550地区ガバナー 比企達男様:寸志

 第3GA ガバナー補佐 恩田光憲様

 青木直樹会長:比企ガバナーご訪問ありがとうございます。

 阿部欣文幹事:比企ガバナーの公式訪問を歓迎して。

 関雅樹会員:  〃

 粟飯原悟会員:  〃

 山裕喜会員:  〃

 林幹夫会員:  〃

 酒井誠会員:  〃

 飯村悟会員:  〃

 辻博明会員:  〃

 浅野健志会員:都市対抗野球、先週にこにこボックス祈願むなしくNTT東日本は準優勝でした。

        尚、12月3日このチームを率いて総合運動公園にて少年野球教室を開催します。

        お見知りおき下さい。

 

ガバナー紹介 青木直樹会長

 比企ガバナーは、2550地区ガバナーとしてご活躍されております。1932年7月21日のお生まれです。お仕事は、宇都宮市一番町で病院をされております。その他、各医療関係団体等役職を多数されています。ロータリー歴は、宇都宮陽東ロータリークラブに1993年入会、1998年に会長、2003年財団のポリオプラス委員長、2007-2008年第3グループBガバナー補佐をされています。本日はいろいろお話を伺えると思います。よろしくお願いします。

 

卓話「比企ガバナー公式訪問」

           第2550地区ガバナー 比企達男様

 皆様こんにちは。こうして公式訪問があと5クラブを残して終了となります。いよいよご本山参りとなりました。私共は、来年20周年を迎える宇都宮陽東ロータリークラブです。スポンサークラブは、宇都宮東ロータリークラブです。こちらのクラブは、グランドスポンサーとなります。全クラブが、宇都宮ロータリークラブの血を引いています。どういう訳か拍手をするところ・しないところが、少しずつずれています。私共は、直系の孫と自負したいところです。宇都宮ロータリークラブは、昭和26年設立と伺いました。歴史の重みを感じます。青木会長が東京で結婚式をされた時招待されました。青木会長と私が同じ年に会長とガバナーを務めるとは因縁を感じます。ガバナーの責務の一つにRIのテーマを皆様によく説明するという事があります。現況報告書と年次報告書を戴きました。青木会長のテーマは、「凄いぞ!ロータリー」です。これをご説明させて戴きますと、ロータリーの原点に戻りロータリーの凄さがわかります。1905年2月23日、ポールハリスが3人の友人に話しかけて初めて会合が持たれました。1920年には、15ヶ国で会員が56,000人になりました。また1920年我が国で東京ロータリークラブが誕生しました。ポールハリスはこの様に言っております。「ロータリーの哲学は決して変えてはいけない。しかしロータリーの歴史は書きかえられるであろう」と。又1912年にはアーサー・フレデリック・シェルドンが歴史的なスピーチをしております。そして1923年、すでに諮問委員会がありました。34番目の議案が決議23−34であり、第1標語「超我の奉仕」第2標語「最も良く奉仕する者、最も多く報いられる」です。「自分がしてもらいたい事を人にもしましょう」というのを土台にして第1標語・第2標語が出来ております。かなりの長文のスピーチです。ロータリー情報マニアルに掲載されていますのでお読みになると良いと思います。「自分より人を思いやる心を大事にしなさい」とロータリーは言っています。これが第1標語「超我の奉仕」です。松下幸之助さんは家内工場から始まって、「何か人の役に立つ事はないか」と作っている内にパナソニックになりました。彼の職業倫理は「超我の奉仕」です。松下塾でも言っておられたそうです。彼はロータリアンでしたので、そこで言ったのは間違いないと思います。ロータリーのRIのテーマを見ますと「心の中を見つめよう」RI会長カルヤン・バネルジーさんは言っています。自分自身をロータリアンの皆様が自分の中を見つめた時、自分と同じ方ばかりでは無いと思った時、何とか役に立ちたいと思う事がロータリアンにあったら自然の事だと思います。ロータリーの原点に返ってロータリーの哲学をふり返ってみますと「凄いぞ!ロータリー」の要素があると思います。ポールハリスの掲げたビジョンの大きさです。最初は、RIではなく国際連盟と言っておりましたが後に国際ロータリーとなっています。現在250の国と地域で120万人、我国は9万人、栃木県は1700人のロータリアンがいます。ルーズベルト、トルーマン、アイゼンハワー、カーター、ケネディー、ブッシュ親子、エジソン、サッチャー、チャーチルさんなどロータリアンです。そうしますと「凄いぞ!ロータリー」です。地区大会でRI会長代理の近藤雅臣さんは、ロータリーは量では無く質だとおっしゃております。宇都宮ロータリークラブを先頭に50クラブが一丸となって国際的な活動を続けていけばロータリアンは、どんどん増えていくと私は思います。最後にロゴについてお話します。3つのハートから出来ております。3つの大・中・小のハートです。ハートの中の心を見つめようという事です。「家族」「継続」「変化」となっています。12月は家族月間です。世界の平和は家族から始まります。継続事業は、ロータリー財団、米山記念奨学会、ポリオがあります。変化は、未来の夢です。今、未来の夢の基礎固めが始まっています。以上で終わります。ご清聴ありがとうございました。

 

炉辺会議 《 司会 阿部欣文幹事 》

1 会長挨拶

2 質疑応答

@ 岡ア善胤社会奉仕委員長

「東日本震災復興活動・60周年記念事業」としてフォーカスを絞る上での、地区などの情報・ヒントが戴ければ。

  ・400万円を被災地へ。800万円を10グループへ(80万円ずつ)・・・・2011年ガバナー会で協議中

 震災支援としては、各地区・各クラブでいろいろ活動をしている。ガバナーの基金も振り

分けている。期間的に三分の一終了したところなので、2011年ガバナー会の協議次第

で今後情報を提供します。

・「5for1」プログラムも当地区では前向きに取り組んでいく予定です。

(ガバナー補佐より説明)

A 近藤会員より「ロータリーの友」で掲載の東日本大震災支援についてコメントあり。

(参考資料説明)

B ポリオ撲滅の進捗について(最終段階にある。ロータリーの貢献は大きいと思われる。)

C Eクラブに取り組んでいるクラブがある。(栃木地区ではどうなるか。諸外国の動向を見ながら。その他、女性だけのクラブ・若手だけのクラブというように色々な形態のクラブが登場しているのが現状である。)

D 飯村悟親睦活動委員長

    他クラブの活動の紹介例があれば。(各クラブ工夫している。特筆事例は今のところない。)

E 善林隆充職業分類・会員増強委員長

   メンバー増強についてアドバイスを。

若手中心の夜の例会、入会金を無料にする。野球等による懇親を企画する。

   入会後の居心地を確保する。(役をつける。)退会防止ではなく会員維持の方向性を強調。

F 宮本副会長

   長期委員会の内容についてはどうか。

地区は立ち上げていない。人道的意味が濃い。RIの動向を確認報告します。)

 

 青木会長から感謝を述べて閉会

 

 

 

【11月】

  8日 ガバナー公式訪問

       比企 達男ガバナー 宇都宮陽東RC RI2550地区ガバナー

 15日 安全で安心して暮らせる治安の回復に向けて

       舘野 勝則様    宇都宮中央警察署 署長

 22日 未定

       森戸 義美会員   滑ヨ電工 栃木支店長

 29日 クラブフォーラム(夜間例会)

【12月】

  6日 ロータリー財団について

       近藤 髣コ     RID2550ロータリー財団委員会 委員長

 13日 NHK連続テレビ小説の裏話

       北出 幸一会員   NHK宇都宮放送局 局長

 20日 上半期を振り返って 60周年について

       青木直樹会長 阿部欣文幹事 

     60周年について

       齋藤一郎委員長

 27日 特別休会

 

会報委員 ア尾  肇  会員

写  真 印出井 敏英 会員

 

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm