(2011)平成231220 No.2950 20112012年度(第24会報)

会員数 92  出席者 63名  出席率 75  前回修正出席率 72.8

 

幹事報告(阿部欣文幹事)

 例会のご案内をさせて戴きます。来週と再来週のロータリーの例会は休会になります。今年は、今回が最後の例会となりますのでよろしくお願いします。1月10日は、理事会・例会・4時30分からクラブ協議会・6時から新年会が開催されます。新年会は食事の関係もございますので出欠のお返事を明日までにご連絡をお願いします。

 

親睦活動委員会(飯村悟委員長)

 先週は忘年会を開かせて戴き多数の会員のご出席をありがとうございました。アトラクションでは、石井会員が見事優勝されました。日本ロータリー親睦ゴルフ大会のご案内が来ております。来年3月12日沖縄の琉球ゴルフクラブで第23回JGFR沖縄大会が行われます。その前日は、親善ゴルフ大会が那覇ゴルフクラブで行われます。興味のある方参加ご希望の方は、私の方までお願いします。

 

ロータリー財団委員会(山裕喜委員長)

 東日本大震災復興基金のご案内です。12月末までという事でお話をさせて戴きました。本日で一旦閉めさせて戴きますが、基金は6月末まで受けつけをさせて戴きます。ポールハリスフェローのポイントに関しましては本日迄です。2000円からの御寄付ですのでよろしくお願いします。

 

ニコニコボックス委員会(田嶋久登志委員)

 誕生祝:東慶一郎会員

 快出席祝:畑剛司会員

 石井貢会員:忘年会で「じゃんけん大会」ありがとうございました。

 浅野健志会員:お陰様でNTT栃木管内においてフレッツの契約数が30万回線を12月12日に

        突破しました。ありがとうございます。引き続きご愛顧宜しくお願いします。

 斎藤幸一会員:忘年会では、数々の失態申し訳ありませんでした。いつどこで、どのタイミング 

        で帰ったのか全く覚えていません。このままでは、アップライジングではなくダウンライジングになってしまうので、当分の間お酒は止めます。申し訳ありませんでした。

 

プログラム委員会(辻博明委員長)

 早いもので青木年度も上半期が終了致します。「上半期をふり返って」という事で会長・幹事から卓話を戴きます。そして来年2月28日に実施されます60周年記念式典の話を齋藤委員長よりお話を戴きます。どうぞ宜しくお願いします。

卓話「上半期を振り返って」

          青木直樹会長

 早いもので本年度上半期の例会も今日で最後という事になりました。この半年間、宮本副会長・阿部幹事を初めと致しましてスタッフ・会員の皆様に支えられまして何とか無事に過ごす事が出来ました。誠にありがとうございます。7月本年度がスタートする時点では、入院・手術と大変皆様にご迷惑とご心配をおかけ致しましたが、お陰様で体調もすっかり良くなり良くなり過ぎて酒など少し飲み過ぎ加減になっております。深く反省して来年は自重する様に致します。

 本年度のスローガンは「凄いぞロータリー」とさせて戴きましたが、就任時の挨拶で「何が凄いんだか良くわかりません」と申し上げましたが、半年が経過し何が凄いかというとやはり分かりません。でも比企ガバナーからは、ガバナー訪問の時大変お褒め戴きました。そして会長として他のクラブの現状・ロータリーの活動を見る機会が多くなって、我がクラブと対比して見た時、何と宇都宮クラブはバランスの取れた素晴らしいクラブなんだろう!と認識を新たにしました。サンラフェールのプログラムや100年委員会の事業その他宇都宮ロータリーならではの活動が展開されています。それは先輩方が営々と築き上げた60年の伝統の重みであり培ってきたノウハウなのかなと思います。大人のクラブと云う表現を耳にする事がありますが、人材的にも正に宇都宮ロータリークラブは凄いぞと胸を張って言えると思います。ただ他のクラブの活動に宇都宮クラブが学ばなければならない事も多々あります。それは新しいものにチャレンジして行こうという勇気と情熱と若さです。新しいプログラムに参加して行こうという動きは、余り活発ではありません。還暦を迎えたクラブとしては一周して又新たなチャレンジが必要な気もします。その意味で60周年の記念の一つとして立ち上げた「東日本大震災復興支援プロジェクト」岡ア委員長に頑張ってもらっていますが、その事業から感動と挑戦への口火が切れればと思います。同時にインターアクトクラブをもう一つ宇都宮女子高に作ろうという動きもあります。今後の10年に向けて活力ある宇都宮ロータリークラブを目指していきます。来年の2月28日は、創立60周年記念式典が行われます。皆さんにお願いなのですが、その時に100人のメンバーで迎えられる様に是非とも新入会員のご紹介をお願いします。現在支店長さんの交代を含めると96名かと思います。どうかよろしくお願い申し上げます。それと式典当日には、どうぞ奥様方にもご参加いただきたいと思います。特に単身赴任の支店長さん方もこの機会に宇都宮に奥様方をお呼びして下さい。内輪の食事会の様なものです。上半期、色々ありがとうございました。来年も「凄いぞ!ロータリー」宜しくお願いします。

 

阿部欣文幹事

 幹事の阿部です。このあと60周年の齋藤委員長が控えております。先ず青木会長の元、私みたいな経験の浅い幹事が皆様のご協力を戴きまして、なんとか半年間過ごす事が出来まして感謝いたしております。ありがとうございます。7月に私の娘がサンラフェールに行かせて戴きました。彼女にとって良い経験が出来たと思います。宇都宮ロータリークラブが続けているサンラフェール事業をこれからもどんどんつないで戴き、又他の方々にどんどん参加して戴きいろんな所で其れを活かせる若者に育ってほしいと思いました。通常ですと、半年過ぎると以前の幹事の皆様から「ガバナー訪問も終わり、総会も終わると、だいたい幹事の仕事は一段落だよね!」と言われますが、今年はそうはいきません。60周年という大きな事業がございます。それが終わって「少し仕事が終わったかな」と感じられればと思います。今年半年いろんな所に出させて戴きました。宇都宮ロータリークラブの素晴らしいところを感じております。又他のクラブの新しい事業の試みをお聞きし、「新しい事に取組む事も大切だな」と思いました。一番感じているのは、栃木県内で最初に出来たクラブで大勢の会員がいるという事で非常に注目されている宇都宮ロータリークラブなのだと感じております。そこの幹事をさせて戴いているのは、本当に有り難い事だと思います。ガバナー補佐の訪問・クラブの総会・そしてガバナー公式訪問が無事終わって良かったと思っています。一番助けてもらっているのは、年次報告書です。比企ガバナー恩田ガバナー補佐が来られた時にこれを見て戴き、非常に素晴らしい年次報告書が出来ているとお褒めの言葉を戴きました。宇都宮ロータリークラブは、凄く恵まれたクラブだと思っております。一番は、良い先輩方からアドバイスを戴けることです。これから60周年に向けて色々な事業委員会があると思います。60周年には沢山の来賓の方が来られると思いますが、おもてなしの心を持って幹事の役を務めながら皆様をお迎えしたいと思います。これからも宜しくお願いします。

 

齋藤一郎委員長

 60周年記念式典委員長を仰せつかりました齋藤です。この年度が始まった頃は、東日本大震災が生々しい影を落としておりました。こんな時にお祝い事をして良いのかという雰囲気でスタートしました。記念式典、祝宴、記念事業と大きく3つあります。50周年は盛大にとり行われました。今回は規模も予算にしても四分の一です。それらをお含みの上でお聞き下さい。先ずは記念式典です。60周年というのは、この地区のクラブでは初めてです。本当は1月18日が60周年ですが、宇都宮ロータリークラブは2月28日に決めさせて戴きました。来年はうるう年です。2月28日午後5時から6時まで記念式典をする事になりました。式典の方は藤井委員長さんにお願いをしましてスケジュールを組んで戴きました。青木会長には、感銘あるスピーチを戴きたいと思っております。6時30分から祝宴です。式典の会場は、宇都宮東武ホテルグランデ・4階になると思います。来賓に関しましては、宇都宮市内9クラブの会長・幹事さん、ガバナー、ガバナー事務所関係の地区幹事・会計長・ガバナー補佐2名、ガバナーエレクト・ノミニー、宇都宮在籍のパストガバナーをご招待させて戴こうと思います。約30名前後です。ビュッフェスタイルで行います。次に記念事業です。将来に向けた記念事業にしたいという事で、岡ア社会奉仕委員長さんには、記念事業の委員長さんも引き受けて戴いております。その中で、気仙沼の漁業関係者の復興支援をテーマにして企画を進めています。将来に向けてつないで行けば一番奉仕活動として素晴らしいのではないかと思います。全体として50周年と比べますと規模は小さいですが内容としては勝るとも劣らないものにして行きたいと思います。是非皆様のご協力をお願いします。当日は全員の方にご協力を宜しくお願いします。

 

岡ア善胤委員長

 現段階では、前回のフォーラム後委員会を開きまして具体的に支援する為の車を2台用意しています。1台見つかりもう1台は来週までに見つかるという段階になっております。この車をただ進呈するという事ではなくて、宇都宮市内の小学校と連帯して復興した時に植えられる苗木をトラックに積んで現地に持って行く、これを現段階で考え企画して進めております。今のところ皆様にご報告できるのは以上です。

 

卓 話

【12月】

 20日 上半期を振り返って 60周年について

       青木直樹会長 阿部欣文幹事 

     60周年について

       齋藤一郎委員長

 27日 特別休会

 

【1月】

  3日 特別休会

 10日 新春初笑例会         夫婦楽団ジキジキ

 17日 「はかる」について  

     潟Rアミ計測器 代表取締役  ア尾肇会員

 24日 私の生い立ちとコインランドリービジネス

     潟宴堰@    代表取締役  田嶋久登志会員

 31日 リハビリテーション医療の実際

     宇都宮リハビリテーション病院 リハビリテーション科係長(理学療法士)

武石清久様

 

会報委員 印出井 敏英  会員

写  真 東  慶一郎 会員

 

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm