(2012)平成24102 No.2986 20122013年度(第13会報)

会員数 93  出席者 63名  出席率 74.2  前回修正出席率 79.6

 

ビジター紹介(親睦活動委員会 檜山真委員)

 石井隆詞様(文星芸術大学付属高等学校 インターアクト顧問)

 

会長挨拶(喜谷辰夫会長)

 10月に入りました。先日、宇都宮女子高等学校のインターアクト説明会が行われました。9月27日、宇都宮女子高等学校にお邪魔しまして新世代奉仕委員長の熊本さん、インターアクト副委員長の高本さん、近藤パストガバナー、地区のインターアクト委員長二十二修(宇都宮北クラブ)さんにもお越しいただき説明をしました。その席で宇都宮女子高等学校のインターアクトクラブを結成するという決議を戴きました。この後結成集会・認証式とステップを踏んで正式に当クラブのスポンサが決定しましたのでご報告いたします。

 9月30日に地区の会長・幹事会、その日の午後財団セミナーが行われました。

 

誕生祝(親睦活動委員会 檜山真委員)

 木下恒彦会員 佐山良一会員 中村隆一郎会員 神宮晃会員 東慶一郎会員 

北出幸一会員 田嶋久登志会員 畑剛司会員

 

結婚祝(親睦活動委員会 檜山真会員)

 荻山猛彦会員 小林辰興会員 中山康会員 木村正樹会員 畑剛司会員 斎藤謙治会員

 金子昌郎会員 小野真一会員 森戸義美会員 前田正典会員 小牧伸敏会員 増渕好次郎会員

 三原靖会員 近藤髣コ会員 

 

奥様誕生祝(親睦活動委員会 檜山真委員)

 櫻井加代子様 近藤文子様 三原知子様 前田寿美子様

 

幹事報告(松井公彦幹事)

 10月1日現在の会員数93名です。10月のロータリーレートは1ドル80円です。

 承認事項としまして、新世代奉仕委員会の方に50万円の予算を承認して戴いております。

 3000回例会を、1月22日に拡大例会として行う事になっております。詳細は、親睦活動委員会とプログラム委員会、SAAの方で相談させて戴きます。

 9月30日の会長・幹事会で「さいたまユネスコ協会」から、ネパールに学校建設の目的で書き損じのハガキを200枚集めてほしいと要請がきました。事務局に箱を用意しましたので、来週の例会からお持ち戴けるようお願いします。

 

新世代奉仕委員会(熊本勇治委員長)

 9月27日宇都宮女子高等学校でインターアクトクラブ設立の件で説明を行って参りました。評決を行った結果、宇女高でインターアクトクラブが設立される事になりました。今後のスケジュールですが、10月後半、次は11月上旬に結成集会を行いまして承認が例年の1月の末、もしくは2月の上旬になると思います。その時は皆様のご参加の程、お願いします。

 

インターアクト委員会(山裕喜委員長)

 今日は文星芸術大学付属高等学校の石井隆詞先生がお越しになっております。前回の例会でお話しました文化祭のバザーがインターアクトクラブで行われます。その時に出品をお願いしたいと石井先生がお見えになりました。日程は10月28日(日)、時間は9時から4時30分迄です。出来るだけバックアップをしたいと思っておりますのでご協力の程、お願いします。売り上げの方は、数か所に寄付を予定しているとの事です。

 

石井隆詞様(文星芸術大学付属高等学校 インターアクト顧問)

 皆様こんにちは。宜しくお願いします。資料をお配りしましたのでご覧ください。内容は、昨年のバザーに出品して戴いた品物のリストと報告です。集まったお金は2万3066円でした。東日本大震災の義援金として下野新聞社さんにお願いしました。昨年11月3日の紙面に掲載されました。今年も東日本大震災の義援金目的でバザーを開催致しますので、是非とも宇都宮ロータリークラブ会員様のご協力をよろしくお願いします。商品の売れ筋ですが、お酒関係に人気があります。次は、スポーツ用品です。次は、電気製品です。次に家庭用品、会社のロゴ入りTシャツとかストラップ等です。

 

インターアクト委員会報告(山裕喜委員長)

 宇都宮女子高等学校さんがインターアクトを立ち上げると云うはこびになり、且つ文星芸術大学付属高等学校さんの年次大会が行われます。忙しい内容になりましたので副委員長の高本会員が文星付属高等学校の方を担当します。私が宇都宮女子高等学校のインターアクトクラブを担当します。

 

インターアクト委員会報告(高本寛副委員長)

 文星芸術付属高等学校をメインでさせて戴きます。今後とも頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

 

SAA

 本日は、時間の関係でニコニコボックス委員会報告を来週に廻させて戴きます。

       

プログラム委員会(酒井誠委員長)

 本日は、会員卓話となっております。大和証券渇F都宮支店 支店長の東慶一郎会員です。題は、「熊野の歴史」についてです。プロフィールは、和歌山県出身で関西学院を卒業され大和証券鰍ノ入社され、福岡、大阪、東京、盛岡、東京本社へと転勤されました。今回宇都宮にいらっしゃっております。趣味は温泉巡りです。宜しくお願いします。

 

卓話「熊野の歴史について」

             大和証券梶@宇都宮支店 支店長 東慶一郎会員

 本日、熊野の歴史についてお話をしようと思った理由が3点あります。1つ目は、私が和歌山県新宮市熊野の出身であるという事です。2つ目は、昨年宇都宮ロータリークラブの皆様にもご寄付を戴きましたが、台風12号の被害が甚大で熊野那智大社、熊野本宮大社、那智の滝等々が大打撃を受けておりまして、未だ復興半ばです。こう云う事をふまえまして皆さんに現状をご紹介しようと思いました。3つ目は、私は温泉大好きで熊野には非常に良い温泉があります。世界遺産に登録されている温泉があり、今も入る事が出来ます。

----スライドで説明致します。----

 和歌山県は、ここです。

 2000年に世界遺産に登録されました。

 紀伊山地の霊場と参詣道、世界で類なき心の原風景をたどるという事になっています。

 高野山は、弘法大師が拓いた真言密教の根本道場という事です。この高野山の奥の院は、徳川家康・徳川秀忠・織田信長・豊臣秀吉・明智光秀・石田光成・前田利家・島津斉彬・伊達正宗、諸々の墓所があります。皆さんがここにお墓を持つという所が、この高野山真言宗の総本山です。

 これから熊野三山についてお話しさせて戴きます。熊野はどういう所でしょうか?熊野を始めて詣でしたのは上皇です。天皇が参拝するのが行幸といいます。熊野三山を天皇は行幸しません。 

 法皇・上皇が参拝されました。最初に参拝されたのは、792年はなやま法皇です。白河上皇、後白河上皇が参拝されました。鳥羽上皇が21回、白河上皇が9回、後白河上皇が33回、熊野詣でをしました。「蟻の熊野詣」といいまして江戸時代になるまでは、伊勢神宮と同等位にまるで蟻がつながる様に皆が参拝したという記録の石碑が立っています。かなり人気があったという事です。

次に、熊野三山の熊野速玉大社は和歌山県の新宮市にあります。ここには日本一という「梛の木」があります。

次は、熊野那智大社です。日本三大名瀑の一つ「那智の滝」です。直滝で133メートル落ちる滝です。観光客の絶えない所です。安倍晴明がここに来たと記録が残っております。日本三大火祭りの一つ、那智の火祭りがあります。華厳の滝、袋田の滝、那智の滝が日本三大名瀑といわれています。

これは那智の滝です。水害の被害で土砂が埋まっております。

これが那智大社です。後ろも土砂が流れて埋まっております。サッカーと熊野大社は非常につながりがあります。

これは熊野三山の守り神です。実は、神紋「八咫烏」というカラスです。これは熊野の守り神です。八咫烏の足は3本、体が太陽です。人と大地と手を表します。これは日本サッカーのエンブレムです。那智勝浦町出身の中村覚之助と云う人が、明治時代東京高等師範学校(現 筑波大学)に於いて近代サッカーを紹介し全国に広めたという事です。中村覚之助さんの功績から熊野の守り神である八咫烏が使われたと言われています。

次に温泉を二つほど紹介させて戴きます。これは湯の峰温泉・公衆浴場つぼ湯です。世界遺産の温泉です。開湯1800年といわれている温泉です。44度から45度位あります。平清盛は何回も熊野詣でで訪れています。これは川がお湯の川湯温泉です。今は水着で入っても良いとされています。露天風呂の1000人風呂は、冬の風物詩といわれています。ここまでが熊野の話です。

和歌山というと江戸時代では紀州藩といって徳川御三家の一つです。徳川吉宗は、紀州の五代藩主です。唯一御三家の中で二名将軍を輩出しているのは、紀州藩だけです。55万5千石です。8代から14代迄は徳川家紀州藩の血筋です。特産物は、梅干し・みかん・マグロです。

最後にこれは高野山です。世界文化遺産高野山金剛峰寺です。墓所が沢山有ります。伊達家・加賀前田家・薩摩の島津藩 池田家等沢山有ります。二泊三日で行ける距離です。これは県内お勧めのモデルコースです。ご興味のある方は、復興支援も兼ねて和歌山の方へ行って戴ければ幸いです。ご清聴をありがとうございました。

 

 

《卓話》

【10月】

  2日 「熊野の歴史について」 

      東慶一郎会員      大和証券梶@宇都宮支店 支店長

  9日 職業奉仕委員会「職業奉仕について」 

      舘野弘一会員      (有)タテノ洋品店 代表取締役社長

 16日 「未定」 

      峰村博明会員      大和ハウス工業梶@宇都宮支店 支店長

 23日 新世代奉仕・インターアクト委員会 

 30日 米山記念奨学会委員会「米山奨学会について」

      印出井敏英会員     印出井歯科医院 院長

 

--- 今週の食事 ---(中華弁当)

      

会報委員 飯村  悟 会員

写  真 小牧 伸敏 会員

 

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm