(2012)平成241016 No.2988 20122013年度(第15会報)

会員数 93  出席者 66名  出席率 76.3  前回修正出席率 73.1

 

ビジター紹介(親睦活動委員会 斎藤幸一副委員長)

 田中洋輔様 大和ハウス工業

 

会長挨拶(喜谷辰夫会長)

 今週末あたりから秋のイベントシーズンです。今週末にジャパンカップのサイクルロードレースがあり、地元の宇都宮ブリッツエンも出場します。街中も非常に盛り上がると思います。応援の方宜しくお願いします。11月の頭には、まちなか「宮の市」、宇都宮餃子祭り、ジャズフェスティバル等、同時並行で行われます。昨年度、気仙沼にトラックを贈りました。そのお返しで宇都宮市民の皆様に気仙沼漁協の方からサンマを戴ける事になりました。3日・4日の「宮の市」のイベントの中で焼いてお配りします。この秋口、一緒に楽しんでいきたいと思います。宜しくお願いします。

 

60周年実行委員会(善林隆充副委員長)

 ご報告いたします。60周年記念事業の際、気仙沼漁協の方にトラックを寄贈させて戴きました。昨年3月11日の大震災後、4月3日宇都宮法人会青年部と商工会議所青年部で気仙沼にトラックを仕立てて義援物資を運んだ事から話が始まり、それで気仙沼と宇都宮のつながりが出来ました。その流れで気仙沼漁協にトラックを寄贈しました。漁協の方から宇都宮市民の皆様にとサンマが

6000匹送られてくる事になりました。11月3日・4日の宮の市で、中央小学校北側でサンマを焼く事になりました。戴いたのは宇都宮ロータリー・クラブですが、法人会と商工会議所青年部で企画しました。その時に義援金を募りますのでよろしくお願いします。

 

ミニ情報(ロータリー情報委員会 荻山猛彦委員長)

 ロータリー情報委員会の役目は、委員会名通りにロータリーに関する様々な情報を会員に提供する事、会員相互の理解を深める事の助力をする事です。

具体的な活動は、@新入会員へのロータリーの説明

        Aクラブフォーラムの主催

        Bテーブルミーティングの助成

        Cロータリーに関する情報の提供

等があります。今日は、ロータリーに関する情報の提供という事で、前々回の例会での委員会報告にあったインターアクトについて簡単に述べさせて戴きます。

 インターアクトクラブとは、奉仕と国際理解に貢献する青少年の為にロータリー・クラブが提唱する世界的な団体で、1962年に世界初のインターアクトクラブが発足しました。日本では、

1963年に宮城県と京都府で発足しました。インターアクトクラブには、高校に在学中の生徒又は年齢12歳から18歳までの青少年が入会できます。現在県内には、14のインターアクトクラブがあります。18歳から30歳までの若年青年を対象とするローターアクトと共に「ロータリーと共に活動する人々」として位置づけされる組織です。宇都宮ロータリー・クラブの提唱している宇都宮学園インターアクトクラブは、1966年7月に瀧澤パスト会長を準備委員長として準備委員会が結成され、1968年7月14日福田パスト会長の時に設立式典が行われました。今回、宇都宮女子高校のインターアクトクラブが結成の運びになりますと44年ぶりに新クラブが発足する事になります。以上、インターアクトクラブについて簡単に説明致しました。今後も第3例会を主体にロータリーに関するミニ情報を適宜にお伝えして参りますのでよろしくお願いします。

 

ニコニコボックス(ニコニコボックス委員会 林修三委員)

 誕生祝:東慶一郎会員 木下恒彦会員 

 結婚祝:小林辰興会員 木村正樹会員

 峰村博明会員:卓話をさせて戴く御礼

 

プログラム委員会(酒井誠委員長)

 本日は、会員卓話となっております。大和ハウス工業兜村博明会員による卓話です。峰村会員は、群馬県出身です。ご家族は、奥様と娘さんお二人です。13年間単身赴任だそうです。奥様とは、高校2年生からのお付き合いです。本人曰く。見かけによらず愛妻家です。それでは宜しくお願いします。

 

卓話「みんなでモチベーションアップ」

        〜スクラム組んで更なる飛躍〜

              大和ハウス工業渇F都宮支店 支店長 峰村博明会員

 私は、今年3月に小山から転勤してきました。宇都宮に来て感じた事は、支店の社員が2倍いるものですから大きな数字を作っていかなければいけないと思いました。そのためには、がむしゃらに動いて回るしかないと思いました。幸い、栃木県には大和ハウスのグループ企業が多数あります。那須にはりんどう湖ロイヤルホテル、鬼怒川に山楽と云う温泉旅館、矢板にアローエースゴルフクラブ、小山のロイヤルホームセンター、二宮町には工場、駅東のロイネットホテルと云うビジネスホテルです。今後も皆様にご支援戴き、皆様方に大和ハウスグループとして何が出来るのかという事をいつも考えながら仕事をして行こうと思っています。

 私が宇都宮に来て行ってきた話をさせて戴きます。会社全体のモチベーションアップをする為にどうしたら良いか?今期リーグ優勝したプロ野球の日本ハムファイターズの立役者栗山秀樹監督は野球解説者として非常に優秀な人ですが、栗山監督は監督経験が無いため人との信頼を重要視したといいます。不調の選手でも信頼し起用、使い続け、やがては選手がそれに応えるために奮起しました。又負けた際は特定の選手を責める事無く全体の責任にしたといいます。そういった姿を見て、全員がモチベーションアップし優勝と云う最高の結果を出せたのです。私も宇都宮支店で3つの事を心がけて取り組んできました。1つは、「新」皆が仕事をしやすい新しい環境を作りました。2つ目は、「活」若手を中心に様々な活動を行い、自信とやる気を持たせました。3つ目は、「和」全員が協力できる和を作る。こういった事をやりました。

一つ一つ簡単にご説明します。1つ目は、新しくリビングサロン(商談スペース)をリニューアルしました。今まで話し声が聞こえやすかったスペースを半個室にし、さらに込み入った商談のできるVIPルームを4つ増設して税理士・ライフプランナーを招きより専門的に提案できる様にしました。こちらの写真をご覧ください。円形のリビングサロンになっておりますので、中心に子供が遊ぶチャイルドコーナーを設けました。ベビーベッドも3つ程用意しました。そうする事によって社員がお客様を呼んできやすくなりました。それに伴って新規契約の方も増えた形になりました。

次に、「活」ということで特に若手社員と様々なことをしました。まず今年、社員に富士山に登ってみようと声掛けしたところ殆どの社員が「嘘でしょう!」「止めた方が良いのではないですか?」と言いました。しかし私は日本一に挑戦し、達成感を味わわせようということで皆を鼓舞しましたところ、30名位の応募があり7月17日に行って来ました。その時の写真がこれです。朝4時30分に集合し、5時に出発、バスで6時間かけて5合目に11時ごろ着きました。昼食を取り13時から16時まで登り7合目まで行きました。7合目迄行きますと山小屋ですぐ夕食です。山小屋ではまわりのいびき等ありあまりねむれませんでした。その後山頂まで夜中に登って行くものですからヘッドライトを付け足元に注意をしながら登りました。一夏に登山する人は30万人位いるそうです。このスライドの写真がご来光です。登ってきて良かったと、皆と達成感を味わい写真を撮りました。しかしもっと大変だったのは下りです。砂利道で足が勝手に降りてしまいます。8合目の所で足が痛くて動けなくなりました。馬を呼んで降りようと思いましたら6合目からでした。人からスティックを借り、最後は足の爪が割れてまで降りてきました。行った人全員が本当に行って良かったと言っていました。登った事のない人は、一度は行かれた方が良いと思います。

次に宮まつりにてピザの販売をさせて戴きました。ご購入して下さった方、ありがとうございました。このピザを販売しようと思ったのは、障害者の方が頑張っている姿を見て何かお手伝いさせて戴ければとみなで考えたからです。ピザ生地は、障害福祉サービスセンターのひびきさんに手伝って戴き生地の作成と箱も折ってもらいました。これは、実際に石窯を持って行き焼いている写真です。8月4日と5日で、1日300枚2日間で600枚のピザを社員総出で作り販売させて戴きました。利益約11万円を宇都宮市福祉課の方に全額寄付させて戴きました。その後10月6日にこのピザ生地を作って下さったひびきさんの所に行き、そこでピザを焼き、ひびきさんの子供たちにも喜んでもらいました。  

富士山に行って社員達は達成感から自信につながり、ピザの販売を通じて障害の方々の頑張りに健常者はもっと頑張らなければいけないと、若い人達が奮起・やる気をアップしました。

次に「和」ということですが、取引先や協力業者にいろいろなものを配らせていただきました。受付にも置かせて頂きましたが会社の方で作成したバランスカード(体のバランスを保ち、転倒事故防止等につながるカード)を受付の所に置かせて戴きました。お客様とのコミュニケーションを取ったり、現場での事故防止につかっています。次に大震災の年に「絆」と云う扇子を作りました。今年は皆が笑える明るい未来の為にと云う扇子を営業に持たせ配布しました。また、宇都宮支店には、多くの女性社員がいます。女性社員からのアイディアで料理教室などひらき、営業マンの話題づくりなどに協力してもらっています。また、「もしドラ」活動と言って、営業に応援メールを送ったりと、女性社員が非常に元気で活躍しております。それから10月9日には宇都宮支店が15年経ったという事で感謝の集いを開催しました。333名の方にお越し戴きました。その時、鳥羽一郎さんをお呼びしてディナーショーをさせて戴きました。

こうした結果やる気が出て職場も明るく前向きになり9月の決算は宇都宮支店過去2番目の成績を収めました。

最後に建設業の問題点です。全産業の死傷者数は49,815人、その内建設業は9,695人で前年比6.7%増えています。全産業死亡者数は653人、その内建設業は

233人で前年比27.3%増えています。交通事故死は10,000分の1、建設業の労災死は5,000分の1という事です。現場では厳しくルールを守らせ、事故のないように指導しています。ご清聴をありがとうございました。

 

《卓話》

【10月】

 16日 「みんなでモチベーションアップ」〜スクラムを組んで更なる飛躍〜 

      峰村博明会員      大和ハウス工業梶@宇都宮支店 支店長

 23日 インターアクトクラブ今後の活動について

      宇都宮インターアクトクラブ

      文星芸術大学付属高等学校

 30日 「米山奨学会について」米山記念奨学会委員会

      印出井敏英会員     印出井歯科医院 院長

 

---------------  今週の食事  ----------------

      

会報委員 飯村 悟 会員

写  真 石井 貢 会員

 

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp
下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm