(2012)平成25514 No.3015 20122013年度(第42会報)

会員数 88  出席者 66名  出席率 80.7%  前回修正出席率 79.5

MU会員 助川通泰会員

 

ビジター紹介(親睦活動委員会 檜山真委員)

 柿沼章様(ゲストスピーカー)

 礒賢次様(宇都宮北ロータリー・クラブ)

 内山浩志様 中島忠男様(宇都宮陽南ロータリー・クラブ)

 

会長挨拶(喜谷辰夫会長)

 本日の卓話に宇都宮ブリッツェン副社長の柿沼章様においで戴きました。誠に有難うございます。後ほど、宜しくお願い致します。ご来訪者として、宇都宮北ロータリー・クラブの礒様、宇都宮陽南ロータリー・クラブの内山様、中島様、ようこそお越し下さいました。ありがとうございます。

先日、インターアクト委員会より今年度インターアクト年次大会に向け発破をかけてほしいと言われまして、文星芸術大学付属高等学校インターアクトクラブの例会に初めて出席して参りました。年次大会の幹事クラブとして準備を着々と進めている様子を、見させて戴きました。活動報告のリハーサルで若干の手違いもありましたが、準備は進んでいるようです。担当委員会の皆様が、高校生をいかに上手く指導していくか、ご苦労されている様子も見させて戴きました。私なりに勉強になりました。今年度もあと1ヶ月半と残り少なくなってまいりました。最後までしっかりやっていきたいと思いますので、宜しくお願いします。

 

出席祝(出席委員会 粟飯原悟委員長)

 矢嶋昭司会員(24年) 宮本隆昌会員(20年)木村正樹会員(18年)辻博明会員(14年)

 石島洋会員(10年) 関雅樹会員(6年)斎藤幸一会員(2年)峰村博明会員(1年) 

 

幹事報告(松井公彦幹事)

 6月23日から26日まで開催されますRI国際大会で各議案に対する信任の投票が行われますが、当クラブは人数の関係で2名の代議員を出すことが可能です。委任状2名でガバナー事務所に出しておきます。

 第19回親善野球大会についてのご案内です。申込が6月中になっております。25年10月

13日に行われます。ガバナーエレクトの飯村様よりご案内がきております。チームを作り出場したい場合は、今月中に事務局へ代表者名でご連絡ください。

 

宇都宮陽南ロータリー・クラブ会長  内山浩志様

 現在、陽南ロータリー・クラブの会長をやっております内山です。例会に参加させて戴き、さすが宇都宮ロータリー・クラブ様と云う感じで我々大変勉強になりました。参考にさせて戴きます。本日うかがわせて戴きましたのは、皆様のテーブルの上にリーフレットがございます。6月29日(土)柔道の山下泰裕さんの講演があります。そのご案内という事で、お伺いさせて戴きました。

 

宇都宮陽南ロータリー・クラブ 中島忠男実行委員長

 今回、山下先生講演の実行委員長を仰せつかりました。山下先生は、暴力事件のトップの座について色々忙しいのですが、その以前に来て戴く事になっていましたので間違いなく宇都宮にお見えになるという事で、会場を探しました。知事に相談しましたら「山下先生の後援会ならば、栃木県総合文化センターのメインホールで」という事になりました。今回の講演は、「人生の金メダルをめざして」という題です。是非、皆様のご出席をお願いします。

 

宇都宮北ロータリー・クラブ 礒賢次実行副委員長

 皆さん、こんにちは。この度の山下先生の当日広告誌のお願いをかけてお伺いしました。プログラムは、1500〜1600部作成しまして、その中に広告誌を入れようと云う話になりました。1万円(1/4)2万円(1/2)3万円(1ページ)です。是非ご協力をお願いします。

 

ロータリー情報委員会(代. 熊本勇治新世代奉仕委員長)

 クラブフォーラムでは、文星芸術大学付属高等学校、宇都宮女子高等学校の顧問伊勢野先生、

100年委員会の年間報告をさせて戴きます。文星芸術付属高等学校さんには、年次大会の予行演習として出席して戴きます。皆さんの評価を戴きまして、8月3日には素晴らしい会を開きたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

プログラム委員会(プログラム委員長 酒井誠委員長)

 本日は、サイクルスポーツマネージメント兜寰ミ長の柿沼章様をお呼びしています。サイクルスポーツマネージメント鰍ェ宇都宮ブリッツェンを運営しています。今そちらの取締役副社長です。柿沼さんは、1972年生まれで足利出身です。全日本選手権個人タイムトライアルで1997年と2001年に優勝しています。その後、「チームミヤタ」「ブリヂストン・アンカー」等に在籍していました。2009年地元の宇都宮ブリッツェンの発足に携わりまして、当時選手兼監督として移籍しました。2011年引退しまして、21年間の選手生活にピリオドを打ちました。本日は、「自転車と健康」と云う題でお話をして戴きます。宜しくお願いします。

 

卓話「自転車と健康」

               宇都宮ブリッツェン 取締役副社長 柿沼章 様

 只今ご紹介戴きましたサイクルスポーツマネージメント鰍フ柿沼です。本日、宇都宮ロータリー・クラブ様にお招き戴きまして誠に有難うございます。私共、宇都宮ブリッツェンとして過去に2度、3度卓話にお招き戴きました。針谷千紗子選手も卓話をさせて戴きました。又自転車スポーツサイクリングに関しまして、理解の深い宇都宮ロータリー・クラブ様です。

本日は、健康作りの自転車という事でお話をさせて戴きます。宇都宮ブリッツェンと云うチームは、昨年広瀬GMで優勝することが出来たのですが優勝に至るまでの経緯とか優勝するまでのチームの成り行き等を卓話でお話させて戴きました。今年は4月から2013年のシーズンが始まり選手達も戦っております。今週末からツアーオブジャパンと云う国際レースも大阪で開幕しました。大阪から東京まで1週間かけて連戦してくる非常に大きなレースです。チームの活躍を気にして戴き応援して戴ければ幸いです。

本日は、スポーツバイク、いわゆる一般的な自転車の話をさせて戴きます。ロータリー・クラブのメンバーさんが構成して下さっている自転車のクラブもありまして、スポーツバイクに乗っている方は非常に多いです。一方で乗らない方にとっては、どこか自分とは縁のない距離を感じるスポーツであったりするかも知れません。ですが、いわゆる移動手段として一般的な自転車・ママチャリの話をしていきたいと思います。

・これが、2013年の宇都宮ブリッツェンの選手達です。

・皆様がお考えになる健康は、どんなものでしょうか?病気でないこと、怪我をしていない事が健康という事でしょうか?

・WHO世界保健機構に書かれています。こちらの憲章の前文に書かれています。

 健康とは、病気ではない、弱っていないという事ではなく肉体的・精神的にもそして社会的にも、全てが満たされている状態を言います。

・健康をイメージで話させて戴きます。健康は色々な広い意味があります。大きく二つ表現を作りました。

@  要介護にならない。Aアクティブであること。

 ・社会的要因 肉体的要因 精神的要因その他色々な要因があります。

 ・色々なものが全て充たされて初めて健康に向かう矢印です。

 ・肉体機能の維持向上それから低下した肉体機能の回復、肉体的要因を満たすことによって、

精神的な効果もあり、爽快感・抗鬱作用・自己肯定感などある事による間接的な効果として、

アクティブでいられる。この三角関係が出来て初めて要介護にならないでいられる事が理想かと思います。アクティブでいられる延長上に、要介護にならないで済むという図です。

要介護になる原因が二つあります。

@  内臓脂肪症候群いわゆるメタボです。メタボリックシンドロームと言われています。日本人の死亡の高い要因にがんが有ります。がんの場合は要介護に至るまでに亡くなってしまい要介護の時間は長くありません。心筋梗塞・脳梗塞等血管系障害を患った場合は、要介護の状態は長くなります。特に男性に見られる様です。

A  運動器症候群・ロコモティブシンドロームです。運動機能が低下し介護が必要になる状態です。原因は、骨折・リュウマチ・加齢による自然の運動機能の低下です。

メタボが男性に多くみられるのに対し、ロコモは女性の割合が多いです。

  ・加齢による筋肉量の減少です。いろいろな筋肉が有ります。ハムストリングは、お尻の下に

ある太ももの後ろの筋肉です。それに対する拮抗筋は太ももの筋肉、広背筋は肩甲骨の周りについている筋肉、上腕二頭筋は力こぶのところです。上腕三頭筋は、二の腕のところです。

腹直筋は、いわゆる腹筋です。加齢により筋肉によって減少の違いがあります。足から老いると云われています。ですから、足を鍛えれば、若さを保てると云えます。

 ・ロゴチェックが有ります。靴下を片足で履けるかどうかチェックしてみて下さい。

 ・ロコモティブシンドロームの予防のトレーニングは、片足立ちです。足のバランスを取る筋肉になります。

 ・スクワットのトレーニングは、足首・ひざ・股関節の3つの動きを伴うものです。

ここから自転車の話をさせて戴きます。日常生活が運動になります。通勤・買物・自転車に乗る事が運動になります。膝・腰への負担が少ないです。運動強度をコントロールしやすいです。運動強度を測る時に心拍数があります。アメリカのスポーツ医学会は55%以上の心拍数の運動強度を進めています。アメリカスポーツ医学会で作られた健康作りの運動素行ガイドラインが有ります。

 ・最大心拍数の65%以上の運動は、隣の人と話しながら運動すると息が上がるくらいの強度です。20分以上の運動を週3回する事です。

  成長ホルモンとは、人間が生まれてから成長していく上で分泌されていくホルモンです。

18歳・19歳が、一番分泌量が多くて、そこから急激に減ってきます。30歳後半ですと、60歳代・70歳代と同じ分泌量です。

@  5%の坂道のランニング A坂道を想定しない平地のピアリング運動 B5%の坂道を

自転車で登った場合 この3つを比べますと坂道を自転車で登った場合のみ成長ホルモンが分泌されたと云うデーターが有ります。

次に脳内伝達物質セロトニンが有ります。いわゆる幸せ物質です。興奮する時に確認されますアドレナリンがありますが、その逆で緊張・怒り・抑うつ・疲労・混乱等おさえて活気だけを出す、いわゆる幸せ物質です。これは、朝日を浴びたり運動では反復運動をしたりした時に分必が見られます。脳内伝達物質です。精神的な効果を感じていますのが、この自転車運動です。人間が運動する中でエネルギーには、脂肪と糖質があります。糖質を筋肉が分解すると云うエネルギー回路が有ります。こちらはランニングです。こちらは自転車です。腿・おしりの筋肉が非常に活性化しています。という事で自転車の良い事を、たくさん皆様に見て戴きました。日本における一般車は、利便性や楽をする為に研究開発された自転車です。自転車はサプリメントではありません。自転車はある一定以上の運動の強度をして初めて効果が得られます。自転車運動を楽しむ為には、交通の一員である車を認識しないといけません。本日、私の話を聞いて戴いて自転車に乗ろうと思われた方は、一部の方だと思います。私の言いたい事は、自転車に乗って下さいという事ではありません。自転車に乗る事は、手段であって目的ではありません。最終的な目的は、健康の街栃木になる為に有効なツールとして自転車を活用して戴ければ、これに勝る喜びはありません。この資料を作成されたのは、済生会の糖尿病専門の友常先生です。本日は、ご清聴をありがとうございました。

 

------------------------- 本日のメニュー ------------------------

和 定 食

うどん たけのこご飯 

まぐろ竜田揚げのあんかけ 漬物

コーヒー

 

 

 

 

 

 

 

卓話

【5月】

 14日 「自転車と健康」 

      柿沼  章様           宇都宮ブリッツエン 相談役

 21日  GSE報告

      RI 710地区 フランス リオンチーム

 28日  元気度日本一栃木をめざして

      栃木県知事 福田富一様

会報委員 飯村   会員

写  真 小牧 伸敏 会員

 

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp

下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm