(2012)平成25625 No.3021 20122013年度(第48会報)

会員数 88  出席者  69名  出席率  83.0%  前回修正出席率  78.4

 

ビジター紹介(親睦活動委員会 関雅樹委員長)

 織田宏二様(第3グループAガバナー補佐)

 

会長挨拶(喜谷辰夫会長)

 いよいよ本年度最後の例会です。後程「一年間を振り返って」という事で、ご挨拶を致します。本日は、ガバナー補佐の織田さんに来て戴きました。後程ご挨拶を戴きたいと思います。一年間を振り返るとそれなりの事はやってきたのかなという風に思います。本当に皆様方には1年間お世話になりました。ありがとうございました。

 

幹事報告(松井公彦幹事)

 本日は、最終例会となりますので例会終了後次年度委員長さんと本年度委員長さんで引継ぎをお願いします。それが終わりましたら向かい側の会議室でクラブ協議会を開催致しますので、委員長さん達は出席をお願いします。その後、懇親会が有りますのでそちらの方も宜しくお願いします。

 

織田宏二第3グループA ガバナー補佐

 第3グループAガバナー補佐の織田です。本年度最後の例会にご挨拶と思っており、本日お伺いいたしました。私ども北ロータリー・クラブは、宇都宮ロータリー・クラブさんがスポンサークラブとして誕生し28年になります。この後クラブ協議会に出させて戴きます。一年間本当にお世話になりました。一年間ガバナー補佐をして印象に残った事が2つあります。1つは、私はロータリアンになって28年になります。自分のクラブを外から見た事がありませんでした。ガバナー補佐になって初めてクラブの外から、自分のクラブを批判するとか指導するとか、その様な立場になり非常に良い経験になりました。2つ目は、市内のクラブの内5クラブが私の担当になりました。その中で私共北ロータリー・クラブを除く4クラブにガバナー補佐としてお邪魔すると、皆さんのクラブのメンバー一員のごとくお話をして戴けます。そのクラブの会員になった様な気持ちになり、この事はガバナー補佐にしか味わえない事だと思いました。非常に良い経験をさせて戴きました。平成23年8月に比企ガバナーと鈴木ガバナーエレクトの委嘱状をもらいガバナー補佐となって一年間活動させて戴きました。一番早く昨年7月5日宇都宮陽北ロータリー・クラブへガバナー公式訪問させて戴き、7月10日に宇都宮ロータリー・クラブに公式訪問をさせて戴きました。一年間ありがとうございました。

 

ニコニコボックス委員会(中山康委員)

快出席祝:三柴富男会員

喜谷辰夫会長:一年間のお礼として。

森田浩敏副会長:クラブ奉仕委員会を一年間ありがとうございました。

        本当にお世話になりました。

小牧伸敏会員 :この度、栃木県設備協会の管工事会長をお受けする事になり、与えられた業務に傾注したいと考えロータリーを退会致す事と致しました。多くの素晴らしい諸先輩や同胞の皆様と席を並べられ大変有意義なロータリー生活でありました。18年間大変お世話になりました。ありがとうございました。

        いつか戻れる日を楽しみにしています。

織田宏二2550地区ガバナー補佐:

        ガバナー補佐として一年間大変お世話になりました。

 

プログラム紹介(プログラム委員会 酒井誠委員長)

 一年を振り返りまして、私も色々ありました。皆様の温かい気持ちで、私は何とかこの場に居られるのかなと思います。本日は「一年を振り返って」という事で、最終例会として喜谷会長と松井幹事の方からお話を戴きます。宜しくお願いします。

 

喜谷辰夫会長

「一年間を振り返って」という事で、この所色々な予定が錯綜していてやっとこなしていると云う感じです。今年度2012-2013年度RI会長は、田中作次さんという日本人の方でした。

RI会長のテーマが「奉仕を通じて平和を」と示されておりまして、正直言って平和という言葉からすると、当クラブの活動とどう結びつくのかという印象がありましたが。日本は基本的に平和な国で「奉仕を通じて平和を」という事ではどうなのかなと思いますが、係わっていく人がより良くなっていくと云う意味では通じていると思います。ガバナーが鈴木宏さんで、年齢的には同じ年代で非常にパワフルなガバナーの下で、通常無いような勉強会等もあり色々取組んできました。又ガバナー補佐の織田さんには、大変お世話になり、色々ご指導を戴きありがとうございました。

当クラブの今年度の私の示したテーマは「宇都宮ロータリー・クラブらしく!」という言葉でした。特に感じたのは、IRの動きは、先日も規定審議会の報告等もありましたが、積極的に国際社会の色々な平和等に関わって取り組んでいくというRIの方針です。とにかくもっと活動しなさいという仕組みです。特に地区補助金の部分では「積極的にアクションすれば出来ますよ、でもしっかりした活動をしなければ補助金は出しませんよ」と云う形に変わってきています。私のテーマと云うのは、奉仕活動をしなくてはいけないので、何か奉仕活動を見つけてきて活動をすると云う事では無理がります。多少の背伸びは必要なのかもしれませんが、私の仕事上海外に係わるという事はありませんので、海外に行って何かをやると云うのは私としては取っ付き難い部分です。その様な意味では、それをやらないクラブもあって良いのかなと思っておりまして、それなりに当クラブらしくやってこれたかと思っております。今年度特徴的なのは、7月10日にガバナー公式訪問が実施されました。非常に異例でした。訪問2週間前に、ガバナー補佐の訪問を受けてクラブ協議会を開くスケジュールになりますので、年度が始まる前にクラブ協議会を開いたという今年度の特徴でした。それと、ガバナー訪問を受けた翌週に地区大会が行われたと云う事で大きな行事が何度初めに行われたというのが、今年度の非常に大きな特徴でした。私はこの一年間例会の方は、ほぼ全部出席しました。たまたま地区大会の全体会議の時は、都合で欠席しました。申し訳ございませんでした。公式行事がスタートし又当クラブの行事等の中で、11月3日・4日にクラブの60周年記念事業として気仙沼漁協にトラックを送りました。そのお礼としてサンマが送られてきました。それを市民に配るという事で、善林会員が中心となり、会員の方々、インターアクトの方々、その他色々な方々にお手伝いをして戴き皆様方から大変喜ばれた活動が出来ました。又宇都宮女子高等学校にインターアクトクラブを作りました。9月27日、設立に向けて説明会を開き準備をしました。今年の1月26日、無事認証状伝達式が出来ました。新世代奉仕委員会、インターアクト委員会の皆様には本当に頑張って戴きまして、新しいインターアクトクラブを作る事が出来ました。本当に素晴らしい成果でした。その後、宇都宮女子高等学校インターアクトクラブメンバーが、台湾へ行って来ました。1月22日に創立以来、3000回の記念例会を開きました。ゲストとしまして、北出局長の御骨折りでNHKのアナウンサー森田美由紀さんに来て戴いてお話を戴きました。特に私は、「言葉が美しいな!声も素晴らしいな!森田さんは、聞きやすい良い声だ」と印象に残っております。60周年をかけての3000回例会という事で、それがたまたま私の年度であったという事は、大きな幸せな事でした。各委員会には色々な活動をして戴きました。親睦活動委員会では関委員長に色々お骨折りいただきました。私の記憶に残っているのは、日光の温泉に行って皆で宿泊し懇親会ゴルフ大会を開催した事が思い出されます。又クリスマス家族会では非常に親睦を深めることが出来たと思います。例会と云いますと卓話ですが、酒井委員長一年間本当にありがとうございました。いろいろなお客様がおられたと思いますが、特に私の年度という事で自転車関連が多かったです。又来年度良いお話を聞けることを楽しみにしております。最後の方になりGSEの受け入れがあり、当クラブでも一人お世話する事になりGSE委員長の石島会員にお願いしました。石島さん、大変ご苦労様でした。今年度から来年度にかけて大きな行事としまして、インターアクト年次大会が8月に行われます。当クラブは文星芸術大学付属高等学校インターアクトクラブの幹事クラブなので、全面的に支援し取り組んでおります。私はロータリーに入会して初めて、インターアクトクラブの例会に参加させて戴きました。新世代奉仕委員長の熊本会員はじめ、山委員長に頑張って着々と準備をして戴いております。藤井年度では、素晴らしい大会が開かれるのではないかと思います。そういった事で一年間会長としてクラブの活動を続けることが出来ました。これも松井幹事にしっかり補佐をして戴きました。最後に予算的は、ぎりぎりと微妙な所ですが最後きちんとしめて藤井年度に引き継ぎたいと思っております。皆様のご協力に感謝申し上げまして私の卓話を終わらせ戴きます。本当に一年間ありがとうございました。

 

松井公彦幹事

本当に一年間ありがとうございました。実際やってみて思った事は、ロータリーの細則を細かく読んで理解して一番自分として又ロータリアンとして勉強になりました。又他のロータリー・クラブとの交流が良くあり、その時に他の幹事さんと話をする機会がありました。

その時感じたのは、宇都宮ロータリー・クラブは他のクラブから一目置かれている様な所があります。ただ他のクラブから敷居が高いと思われている所があり、他のクラブと交流をした方が良いのかなと思いました。良く宇都宮北ロータリー・クラブさんや宇都宮90ロータリー・クラブさんからいわれた事は、野球大会に宇都宮ロータリー・クラブも参加してほしいと再三いわれました。今年も秋口に野球親善大会が有りますので、参加を宜しくお願いします。

後、先日亡くなった父ですがロータリアンとして29年間位でしたがロータリーが大好きでした。私が入会する時は、大変不安でした。今みたいに若い人がいなくて平均年齢60歳位でしたので、緊張していたことを覚えています。父はここ10年位寝たきりでした。掛けていたバスタオルがロータリーのものでした。「そこまでロータリーが好きだったのだなぁ」と思いました。丁度私が幹事を終える寸前に亡くなりました。これも何かの縁かな思いました。私は長生きできれば、後30年位ロータリーにお世話になると思いますので、今後色々な役を仰せつかれる時は積極的に頑張りたいと思います。本当に一年間ありがとうございました。

 

ア尾肇副幹事

副幹事を一年間やらせて戴きましたア尾です。昨年の今頃だったと思います。当時は印出井委員長の会報をやりながら、喜谷会長から例会の中で「来年副幹事ネ!」と云われそのままです。実は私の父は、松井幹事のお父様と高校時代の学友でした。ずっと昔から松井家との付き合いがありました。縁あって委員会もずっと同じですし子供の関係も一緒でした。副幹事と云うのは、何をやるのだろうと思っていました。幹事が居ない時のフォローという事でしたが、松井幹事がフォロー・カバーをして下さり一年間を過ごしました。昨年から会報、今年副幹事をさせて戴きロータリーの流れを理解するのに非常に良い機会を戴きました。私の父もロータリー大好き人間で100%出席していたと思います。私入会間もないですが、父との会話の中で出てきたメンバーの皆様と直接会って直接お話をするのが増え「あ〜、こういう方とロータリーをやっていたのだな!」とロータリーを知りつつ、いろいろ覚えさせて戴きながら改めて父の活動内容を感じながら一年間を過ごさせて戴きました。いろんな事を目の当たりにする事が出来まして、良い経験が出来ました一年間だったと思います。今後とも勉強をさせて戴きたいと思います。本当にありがとうございました。

 

-------------------------- 本日のメニュー -------------------------

ビーフステーキ温野菜添え

グリーンサラダ ライス

コーヒー

 

 

 

 

 

 

 

 

卓話

【6月】

 25日 「1年を振り返って」

       喜谷辰夫会長  松井公彦幹事

2013-2014年度 卓話

【7月】

  2日 「新年度 会長・幹事 あいさつ」

       藤井昌一会長  町田卓大幹事

  9日 「今年度1年間の活動について」

       クラブ奉仕  佐山委員長  職業奉仕  森田委員長

       社会奉仕   善林委員長  国際奉仕  阿部委員長

       新世代奉仕委員長  熊本委員長

 16日  会員卓話  久楽晋二会員 大和証券渇F都宮支店 支店長

 23日  「未定」

栗村修監督(宇都宮ブリッツエン) 又は 金岡キャスター(NHKキャスター)  

 30日  会員卓話  金山典生会員 カンバク椛纒\取締役社長

会報委員 飯村  悟 会員

写  真 小牧 伸敏 会員

 

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp

下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm