(2013)平成2586 No.3027回 20132014年度(第6会報)

会員数 87名  出席者  64名  出席率 81.6%  前回修正率 86.2

 

会長挨拶藤井昌一会長

 本日は、第一例会です。過日、次年度ガバナー補佐を当クラブから輩出すると云うお話をさせて戴きました。本日の理事会で当クラブから荻山猛彦さんをご推薦したいと思っております。ご本人様からご快諾を戴きましたので宜しくお願い申し上げます。簡単ですが、私からのご報告をさせて戴きます。

 

誕生祝(親睦活動委員会 畑剛司副委員長)

斎藤高蔵会員 佐藤行正会員 斎藤謙治会員 酒井誠会員 三原靖会員 善林隆充会員

矢治和之会員 門田見岳史会員

 

奥様誕生祝(親睦活動委員会 畑剛司副委員長)

 田ア直子様 針谷淳子様 斎藤奈津美様 粟飯原由紀様 矢治あつ子様 木下みさ子様

 林枝美子様 稲野厚子様 中山静江様 金子順子様

 

ビジター紹介(親睦活動委員会 林幹夫委員長)

 内田ゆき様(ゲストスピーカー)

 石井隆詞様(文星芸術大学附属高等学校インターアクト顧問)

 江俣駿様(文星芸術大学付属高等学校インターアクトクラブ 部長)

 

幹事報告(町田卓大幹事)

 本日行われました第2回理事会の報告を致します。

承認事項としまして、IM(インターシティーミーティング)プログラムの実行委員会を立ち上げ青木直樹会員を実行委員長に、副委員長は辻博明会員にそれぞれご承諾を戴きました。メンバーは、10名程度を予定しております。こちらからお声がかかりましたら会員の方は、ご協力の程お願いします。11月9日(土)開催で、登録は全員登録の480名です。宜しくお願いします。

当クラブ会員数は、8月1日現在87名他に3名の近日入会予定会員、今月4名の承認が有りまして合わせて7名の入会予定の方がおります。

合同委員会提言についてと云う事で、会員選考委員会・職業分類・会員増強委員会の矢嶋、岡ア両前委員長から提言書が上がりました。これからの宇都宮ロータリー・クラブについて色々と考えておりますので、この後協議していきたいと思います。

今月のロータリーレートは、1ドル100円です。

地区大会10月4日(金)のゴルフコンペの案内がきております。取りまとめを林親睦活動委員長にお願いしておりますので、参加をお願いします。

 

インターアクト年次大会報告(新世代奉仕委員会 熊本勇治委員長)

 8月3日(土)インターアクト年次大会にご出席いただきありがとうございました。年次大会が終わりホットしております。午前中の開会式・講演1・2午後の体験学習と皆さんに充実したプログラムを与える事が出来ました。本当にありがとうございました。

 

インターアクト年次大会報告(インターアクト委員会 山裕喜委員長)

 先日、年次大会が無事終了しました。皆様のお力添えで雨も降らず何とか乗り越えて、大成功に終わりました。大変ありがとうございました。本日は、文星芸術大学付属高等学校から石井教諭、インターアクトクラブ部長の江俣君、お二人がお見えになっております。

 

文星芸術大学附属高等学校 インターアクト部長 江俣駿

 過日、インターアクト年次大会にご協力を賜りましてありがとうございます。お陰様で成功しました。又宜しくお願い致します。

 

文星芸術大学附属高等学校 インターアクト顧問 石井隆詞様

 只今ご紹介にあずかりました文星芸術大学付属高等学校インターアクト顧問の石井隆詞です。先日は、年次大会にご協力を戴きまして誠に有難うございました。熊本さん、山さんをはじめ皆様のご協力があって無事終了しました。誠に有難うございました。振り返れば昨年の10月頃からミーティングを始めまして色々な工程作業を生徒と一緒に話し合いながら少しずつ進めてきました。テーマも「ダカーポ」と決まりました。テーマを決める時も何回も何回も話し合いを行いました。主役は生徒で教員はサポートに回るしかありませんでしたが、とても学校の生徒だけではこの様な大会をする事は出来なかったと思います。本当に宇都宮ロータリー・クラブ様をはじめ、色々な方々のご協力があって年次大会を無事終えたと思っております。本当にありがとうございました。

 

サンラフェール委員会(酒井誠委員長)

 先週みえたMiss KarlyMiss Danielle は昨日成田を発ちまして、無事サンラフェールに着いております。町田さんと私の娘もサンラフェールでホームスティをしています。二人とも20日には帰国している予定ですので、楽しい報告を聞けると思います。サンラフェールロータリー・クラブからのお二人は「宇都宮ロータリー・クラブの皆様には、お世話になりました。非常に良い思い出が出来ました」と感謝されておりました。皆様にご協力を戴きまして、ありがとうございました。

 

親睦活動委員会(林幹夫委員長)

 納涼会の件です。東武デパートのビアーガーデンで8月28日(水)18時30分から開催します。改めて皆様にファックスを致しますので、ご参加の程よろしくお願いします。

 

ニコニコボックス委員会(田嶋久登志副SAA 

藤井昌一会長弊社は本年8月で創業130周年を迎える事が出来ました。つきましては、

9月13日に記念展示会をマロニエプラザにて開催致します。ご案内を

レターボックスに入れさせて戴きましたのでよろしくお願い致します。

 

プログラム紹介(プログラム委員会 北出幸一委員長)

 本日は、外部卓話です。「“ごちそうさん”のみどころ」NHKプロデューサー内田ゆきさんを大阪から呼びました。ドラマのタイトルに「ん」が付くのは、文字通り「運」が付きます。食べ物の話です。良いお肉を食べた日には「Nice to meet  you!」 本日は下野新聞社の観堂社長も来られていますが、観堂社長!今日は、感動もんですので楽しみにして下さい。講師の紹介をします。公私混同では有りませんが、本日の講師は内田ゆきさんです。東京大学文学部第四類行動学部を平成7年に卒業されNHKに入局されました。岡山放送局を振り出しにドラマ番組部・NHKエンタープライズ・大阪局の制作部ドラマ制作等を歴任されています。正にNHKのドラマの最先端で活躍されている方に来て戴きました。本日は、うちわを皆さんにお配り致しまして「ほんの内輪の話」ですが、ご期待戴きたいと思います。

 

卓話「ごちそうさんのみどころ

            NHKプロディーサー 内田ゆき様

 皆様、こんにちは。只今ご紹介にあずかりましたNHK大阪放送局制作部でドラマのプロデューサーをしております内田ゆきと申します。この様な場に全く慣れていない事と私みたいな若輩者が何か話せる事があるのか、私自身も非常に不安なところです。つたない話ではありますが、次の朝ドラ「ごちそうさん」についてお話をして何かしらPRが出来ればと思っております。どうぞ、よろしくお願いします。

 平成25年度後期連続テレビ小説となっていますが、実は朝ドラ「連続テレビ小説」は、大阪と東京を半年ごとに交代で制作しております。「おしん」の様な凄い物は、東京で全部作りますが基本的に半年ずつ制作する事になっております。いよいよ89作目という事で、100作目が見えてきております。今は東京制作の「あまちゃん」が、絶大なる人気を博しております。次の大阪の「ごちそうさん」は、プレッシャーと戦いながら撮影を開始しました。殆どの朝ドラは若い女性をヒロインとして進んでおります。この度のヒロインは、卯野め以子といいます。渡辺謙さんのお嬢さんの杏さんです。杏さんは、オーディションでは無くこちらの方でお願いしました。この主人公は大正時代から昭和を生き抜いたメインが27歳位の女性ですので、実力とお母さん役が出来る様な柔らかさを持った女性を選びたいという事で杏さんを選びました。今迄は若い女性の成長物語で、半年続けた節はありますが何回もやりますと、何がしかのテーマを求められる事になります。私と女性の岡本プロデューサーが選びましたのが大阪の食でした。大阪というのは江戸時代天下の台所と云われました様に、非常に食文化が盛んで誇りを持って進んでいる所です。野菜も関東と関西では全く違っていました。魚は、はも・鯛等関西ならではの物があります。食とは何か?め以子にあえて料理人では無く普通の主婦をやってもらって、食卓から人の絆・家庭の絆を深めてゆく、もちろん自分も成長していくと云う話を作りたいと思って始めました。先程申しました通り時代が大正から昭和戦後ちょっと迄行くつもりですが、大阪が発展して行く時代をとらえております。昭和初期は、だい大阪時代といわれまして大阪城・大阪の地下鉄・住友財閥が近代的なレトロ建築と呼ばれるビルを建てた勢いのあった時代で、ヒロインの旦那さんは建築家です。そういった所も取り上げていけたらと思っております。これから写真を見て戴きます。

これは、作品発表の時です。これは昨年11月で何も決まっていない状態です。背の高い人が杏さんです。174cmあります。その横の人は、作家の森下佳子さんです。森下さんは、NHKでは初めて書かれる方です。年は41歳位です。TBSの「仁」を手がけた人です。その前は、「白夜行」「世界の中心で愛を叫ぶ」と、本当に忙しい方です。これをもって作品発表という事になっています。これは杏さんです。この時は26歳でした。今は27歳です。杏さんについて、ご紹介します。杏さんは、非常に勉強家です。モデルと女優ですが、落ち着いて非常に明るい性格で歴史に詳しいです。料理も得意です。この写真の真ん中にいるのが、め以子の子供の時の豊嶋花ちゃんです。この写真は、撮影の様子です。右下にちょこんと座っているのが、主役のめ以子役の花ちゃんです。これは、クランクインの日のものです。真ん中のひときわ背の高い人が杏さんです。これは滋賀で撮影をしました。大阪でロケをしたくても歴史的な街並みが無くて、周りの奈良・滋賀そういった所の風景を借りる事が撮影の通例になっています。これは愛知県の犬山市の明治村で撮影をしました。これは撮影風景の一端です。この人は、東出昌大さんでヒロインの家に下宿する大学生です。御多分に漏れず彼と結婚する事になります。大阪出身です。これは人力車です。大阪から持ってきました。周りのエキストラさんは、地元犬山の皆さんです。これは杏さんと東出君です。非常に二人とも品が良くて、何をやらせてもさまになります。これは犬山の撮影の控室です。これはお見合いの場に臨んだめ以子ちゃんが、ある事件を引き起こす場面です。これはめ以子ちゃんの家族で、父親役が原田泰造さん、母親役が財前直見さん、弟役の井之脇海さんです。これは明治村で撮影しました。実際にSLが走っていますが、大阪から東京に行くところの撮影です。エキストラは犬山市の人達です。1週間90分を放送していく朝ドラなので、殆どをNHK大阪のスタジオの中にセットを作り90%を撮影しています。これはめ以子ちゃんの子供時代です。弟役の子役がオーディションの時よりもすごく大きくなり姉より大きいので、め以子ちゃんの子役には下駄等を履いてもらっています。祖母役の吉行和子さんです。吉行さんには、ナレーションもやってもらっています。これはセットの一角です。銀座のカフェ、明治時代末期です。手前が杏さんです。奥は、エキストラさん達です。当時としては、ややモダンな設定です。これがぬか床です。大量のぬか漬けが必要なのでスタッフがせっせと野菜を漬けています。今回料理がメインという事で、料理専門のスタッフに来てもらっています。入ってくれているのは、飯島奈美さんです。キューピーのCMや「かもめ食堂」を手がけている人です。全ての料理をこのスタッフさんに任せています。これは下宿に来た東出さんと杏さんです。スコッチエッグといってストーリーが1つあり、それの撮影をしている所です。杏さんは月曜日リハーサル、火曜日から金曜日まで収録を済ませ土日に頑張ってセリフを覚える事になっています。が彼女は売れっ子で8社のCMを抱え、雑誌の表紙・ラジオのレギュラー等非常に忙しいので今が正念場で頑張っているところです。これは滋賀県の愛知川で琵琶湖にそそぐ川で、大正のボート大会の撮影です。この時代に見合う船が琵琶湖の反対側にあり、前日6時間ぐらいかけてこの船を別の船で引っ張ってきて撮影をしております。これは大阪大学ボート部の皆さんで、この撮影の為に皆さん髪を切ってくれました。今回は、東大生と一橋生になってもらい撮影をさせて戴きました。東出さんにも、ボートの練習を2・3回行ってもらいました。これは奈良県今井町で大阪の街並みを撮ったものです。これは料理チームの女性二人です。手前の女性が持っているのが小さな「かんてき七輪」みたいなもので、左手に持っているのがつぼ焼きと云う大阪のたこ焼きの元祖で醤油味です。このつぼ焼きの器械で保存されているものが無くて大阪の博物館から借りてきました。これは丸がつながっているもので、ハガキよりちょっと小さい位のおやつとして大正から昭和の子供達が食べていたと云われています。これは実際やってみている杏さんです。これは奈良の今井町を飾り付けて撮影しました。手前の幕「幔幕」ですが、大阪ですと天神祭という大阪天満宮で行われるお祭りですが、当時大阪の商家は幕とか提灯を吊ってお祭りに参加していました。この人達は今井町の人達でエキストラとして参加して戴いています。写真は以上です。見どころを中々画像としてお見せできないので説明するのが難しいです。「あまちゃん」が何でヒットしたかと言いますと、今アイドルをしていますが岩手の地元の人々で海女に目覚める女の子と云うのはテーマ性があります。「ごちそうさん」も大正ロマンの女学生の話ではヒットしない。そこに食を通じて自分の出来る事から周りの人を幸せにしようと云う姿を是非描いていきたいと思います。何かご質問ございますか?

撮影の準備期間はどの位ですか?

 *ネタが決まるのが2012年5月頃です。撮影に入るのが毎年5月です。一年前にネタが決まりまして、プロデューサーと作家が準備を始めまして次の年の5月から撮影を始めまして、

10ヶ月かかっております。休みのない状態で放送が10月から始まりますので、放送に追いかけられるように撮影をします。2月に撮影が終わり、3月に放送が終わります。実際に全て終わったら次の5月が来ているという事で準備から後始末迄2年位かかっております。そのお陰で次の大阪の朝ドラを何にするかもう動いていると云った所です。

面白い食べ物はありますか?

 *大阪が非常に欲する事を大事にしておりまして、始末の料理と云いまして食材を捨てる事無く使うと云うのが信条です。中に「半助豆腐」が出てきます。「半助」と云うのはウナギの頭で、かば焼きにした後捨ててしまうウナギの頭を捨てないで豆腐と一緒に食べると云う、これは結構メジャーなものだったらしいです。毎回色々面白い物が出てきます。「焼氷」と云うのは、氷の上にコーヒーシロップをかけて食べたのではないかと云われています。当時食べられていて、実はいま食べられていないものを掘り起こして番組の中のストーリー関連として、取り入れたいと思っています。

  団扇を配らせて戴きました。今年は、9月30日が月曜日です。28日まで「あまちゃん」をやっております。「あまちゃん」を最後まで見て戴いて9月30日から「ごちそうさん」をご覧戴きたいと思います。本日は、どうもありがとうございました。

--------------------------- 今日のメニュー -----------------------------------------

海老と卵のいため

八宝菜・鶏のから揚げ・春巻・チャシューザーサイ

ライス・青のりと卵白のスーップ

 

 

 

 

 

卓話

2013-2014年度 卓話

【8月】

  6日  「ごちそうさん」の見どころ

       内田ゆき 様         NHKプロデューサー

 13日  特別休会

 20日  未定

 27日  「東京オリンピック誘致の行方」

       山本 様          法政大学教授

 

会報委員 田部井    会員

写  真 増渕 幸次郎  会員

 

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp

下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます


http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm