(2014)平成26218日 No3051回 20132014年度(30会報)

会員数 99名 出席者70名 出席率76.8% 前回修正率72.7

 

会長 挨拶(藤井昌一会長)

 週末の大雪で皆さん予定が狂わされたのでは?と思います。又明日、明後日と雪が降る予想が出ております。十分お気をつけて下さい。私もゴルフがやりたい時必ず雪が降るという、非常に寂しい2月です。これから新年度にかけて色々と準備をされていくと思います。是非、皆様のご協力をお願い致します。

 

快出席祝(金子昌郎副幹事)

 藤井清会員(60年)舘野弘一会員(42年)関口快流会員(33年)田ア秀穂会員(23年)

 喜谷辰夫会員(21年)森田浩敏会員(17年)岡ア善胤会員(8年)林修三会員(2年)

 

ロータリー情報(ロータリー情報委員会 舘野弘一委員)

 ロータリーの二大標語について、お話をさせて頂きます。ロータリーの二大標語の1つが「超我の奉仕」です。もう1つは「最も奉仕する者は、最も多く報いられる」です。この二大標語とロータリーの綱領との間に表裏一体をなすものとして、ロータリーの活動指針となっています。ロータリーの綱領に「ロータリーとは奉仕の理想を育成するという事にあって、その奉仕活動を推進する為にロータリーの5大奉仕部門があります」。この5大奉仕部門は、いずれも大切なロータリーの活動部門です。その中で職業奉仕活動部門はロータリーの良く聞く看板と云われています。職業の道徳水準を高め又品位を高めて奉仕の理想を推進し、地域社会に職業奉仕をして頂きたいという様な事が綱領の中に書かれています。ロータリアンは、この職業奉仕について自分の利益の為の職業と他人の為に尽くすための奉仕、利己と利他の間にあります。相反する職業奉仕というものを、どの様に調和を持ってロータリー活動の中で推進して行ったら良いのかと、心の葛藤を生じます。この葛藤をのり越える為にロータリーの奉仕活動の一環として、超我の奉仕の心を持って調和のとれた職業奉仕を行う事が大切です。己の為の利己と他人の為の利他との間にある心の葛藤の調和をもたらすものとして、超我の奉仕がロータリーの標語として公式に定められています。ロータリーでは、この「超我の奉仕」と「最も奉仕する者は、最も多く報いられる」の二大標語を公式にロータリーで取り入れて皆様方にご紹介している訳です。

 

親睦活動委員会(林幹夫委員長)

 会員交流ゴルフが3月1日の予定でしたが、4月5日(土)に変更させて頂きます。場所は、矢板カントリークラブです。又4月12日に観劇ツアーを予定しております。皆様のご協力をお願い致します。

 

100年委員会(斎藤幸一委員長)

 1月31日に宮の原中学校で「職業人に学ぶ」の出張講座で講話をしてきました。当クラブからは、矢嶋副委員長と私が出席し講話者として印出井会員と三原会員にお願いを致しました。その他に7名の方を外部講師としてお呼びし、将来の日本を背負う素晴らしい中学生に最高の話をしてきました。ありがとうございました。

 

ニコニコボックス(ニコニコボックス委員会 飯村悟委員長)

 誕生祝:粟飯原悟会員

 結婚祝:粟飯原悟会員 関雅樹会員

 快出席祝:藤井清会員 田ア秀穂会員 喜谷辰夫会員 森田浩敏会員 岡ア善胤会員

 奥様誕生祝:上野泰男会員 斎藤謙治会員 関雅樹会員 

 矢嶋昭司会員:プライベートゴルフで、ホールインワンをやりました。

        昨年暮れ12月8日(日)宇都宮南4番ホールにて。

 関雅樹会員:2月1日に行われた「単身赴任の会ゴルフ大会」に於いて、

優勝させて頂きました。ありがとうございます。

田部井純会員:2月15日大雪の中、クラブ会報委員会を開催させて戴きました。今期の反省点
と来期への課題について、真剣に議論させて戴きました。

 

プログラム紹介(プログラム委員会 北出幸一委員長)

 ソチオリンピック、高梨沙羅ちゃんにとっては途中経過です。“けいかソチ”という事で、気持をマッサラにして、4年後の韓国平昌(ピョンチャン)大会で金メダルを取ってほしいです。韓国だけに「コーリャ、いいや!」と云う様に、皆さんを喜ばしてエールを送りたいと思います。

 本日は、会員卓話です。宇都宮社会保険病院院長の草野英二会員です。草野先生は、自治医科大学で教授をやっていらっしゃいました。医大の教授という事で「とっても偉大な方」で、お名前が英二さんなので愛読は「英字新聞」と聞いております。嘘です!! 本日のタイトルは、「腎臓病と老化」です。宜しくお願いします。

 

卓話「腎臓病と老化」

宇都宮社会保険病院 院長 草野英二会員

 皆様、こんにちは。北出さんの方からウィットの利いた話を聞かされました。実に良い話でした。私、英字新聞は読んでおりません。名前は英二ですが。本日は「腎臓病と老化」という事で、タイトルとしては一般の人に受けるのかなと思いまして話させて頂きます。私、昨年9月に宇都宮ロータリー・クラブに入会させて頂きました。この様な卓話の機会を与えて頂き、本当にありがとうございます。これからスライドを使いながらお話をさせて頂きます。私は、宇都宮社会保険病院に勤めておりまして、社会保険のPRをさせて頂きたいと思います。全国に社会保険関係の病院は

48病院ありましたが、今年の4月から若干変更になります。宇都宮の南地区に250床で診療科17あります。急性期・慢性期・リハビリ・看護老人施設・厚生労働省の国の方針と一致しております。場所は宇都宮の南にありまして、そこから西6kmに獨協医大があります。南6kmに自治医大、北6kmにがんセンターがあります。もっと北に済生会病院があります。ロケーションは良いのですが、3つの病院の中で埋もれない様頑張っていこうと思っています。今年の4月から独立行政法人地域医療機能推進機構うつのみや病院に変わります。ロゴマークは、JCHOです。腎臓病は、末期腎不全といって透析が必要になるくらいの状況なのですが、そこに至るまでは殆ど臨床症状はございません。ここにあげました高血圧・糖尿病・高脂血症・メタボリック症候群・生活習慣病と言われる病気がありますが、こういったものと一部オーバーラップする部分があります。この様に自覚症状が少ないので、患者さんにしても医者にしてもどう付き合っていいのか分からない部分があります。最近は慢性腎臓病、昔腎疾患等と色々な呼ばれ方をしてきましたが、10年ぐらい前から世界的に慢性腎臓病と呼ぼうという事になりました。定義は、蛋白尿とか血尿・超音波を使って、どうも腎臓に異常がありそうだとか、血液を調べて腎機能障害がありそうだという様な所見があるか・腎臓の働きは、ろ過機能・血液をきれいにして、老廃物を体外に出す働きがありますので、その働きが正常の人の6割をきったならば慢性腎臓病です。これが3ヶ月以上続くというのが条件です。この二つを満足すれば、慢性腎臓病です。メタボリック症候群は、9割ぐらいの方が知っていますが、慢性肺気腫を知っている人は4%位です。糖尿病・慢性腎不全・高血圧は、慢性腎臓病(CKD)の大きな原因です。国民の8人のうちの1人は、CKDです。栃木県民160万人のうち20万人は、CKDの方がいるのではないかと思います。CKDのターミナルの状態が透析という慢性腎不全は、透析を受ける状況ですが全国で305,000人います。成人の300人の内1人です。栃木県では、5,500以上いらっしゃいます。透析の患者さんは、3年前の統計では305,000人です。医療費の1.5兆円を使っています。出来るだけ腎臓病から透析になるのを抑えようという事で、その中で一番多いのは糖尿病です。糖尿病は、血糖が上がってヘモグロビンが上がって最終的には色々な病気を引き起こす病気です。脳血管障害に関しましては、普通の方の3倍から6倍の頻度です。心筋梗塞、狭心症は、2倍から4倍です。足を切断する疾患としてはNo1ですし、失明No1、透析に入る原因疾患のNo1です。糖尿病を早めに診断するには、かかりつけの先生のところに行きまして糖尿歴が5年も経ったらアルブミン尿を是非ともはかって頂きたいと思います。30〜300mg出ますと、これは糖尿病の早期だと考えて良いと思います。腎臓は、どんな臓器かといいますと手の握りこぶしの大きさです。重さは、1方で150g、両方で300gです。長さは12cm、幅6cm、厚み3cm、背中に位置しています。腎臓は、1分間に1ℓの血液をうけます。心臓の働きは血液の中の老廃物を体外に出す働きをします。腎動脈というのは、葉間動脈、弓状動脈、小葉間動脈、更に枝分かれして、その先にボーマン嚢、糸球体、毛細血管が巻いて、それで最終的に尿細管を通じて静脈にそそぐというこの様なユニットが片一方の腎臓に100万ありますので、両方で200万あるという様になっております。ここでろ過が行われまして、どんどん結晶成分が出ていきまして、尿細管に流れて必要なものが再吸収されて、不要なものが最終的に1%出ていきます。1分間に100ccの血液をきれいにする能力が普通の腎臓にはありますが、1日に換算すると150ℓで自分の体重の2倍以上の血液をろ過します。腎臓の左のネフロンというものと右側の小腸・大腸が良く似ています。近位尿細管が省庁に相当するところです。大腸は水分を最終的に調整する場所で人間の小腸はアミノ酸、グルコース、リンダとかバイタルなものを再吸収して最終的に水分の調節で、余り水分が取られると便秘になったりします。これは意外に皆さん知らない出来事じゃないかと思います。我々が好き放題に飲み食いできるのは、腎臓がきっちりと働いているからです。1日の許容量は、水分25ℓ迄大丈夫です。塩分に関しましては、30g取れます。腎臓の働きがしっかりしているので、むくまず高血圧にならずにすみます。この腎臓の病気は、ろ過を促進するのかというと老廃物を腎臓の外に出すという働きがあります。あとは、水・塩分・カリウム・酸・アルカリこういった水電解質をしっかりコントロールする働きに加えまして、腎臓が行っている大切な働きは血圧を調節したりビタミンDを調節したり増血ホルモン、腎臓が悪くなると貧血になります。私が強調したいのは、老化も調節しますよという事です。老化について、老化と病気は区別できます。臨床研究者は、哺乳動物を使用している関係上、老化と病気の関係は表裏一体のプロセスだと。年を取れば老化が進みますし、病気も進むという事で中々分ける事が出来ないと言われています。老化に関する遺伝子は、ある遺伝子を欠損させることが出来ます。それで寿命が短くなるという事ではなく、その遺伝子を入れてあげると逆に寿命が延びるというのが必須です。わかっているのは、インシュリン・カロリー制限をすると人は長生きする事もわかっています。テロメアを発見した人がノーベル賞をもらっていますが、染色体の一番はじの方のテロメアがそういった所に局在しておりまして、細胞が1回分裂すると短くなります。人の細胞は50回位分裂できますが、それが終わるとテロメアがなくなって、この細胞は死滅します。テロメアを長くする酵素があります。これがありますと、段々伸びて、おじいちゃん・おばあちゃん、自分・子供に段々と遺伝子が引き継がれていきます。こういった事で染色細胞は無限に分裂しますが、体細胞は一代で終わりです。腎臓にあるフロト遺伝子は、今から1997年に日本人のくろう先生がある実験をしまして、その遺伝子をノックアウトつぶしてしまったら、非常に人の老化に似た表現型をもつマウスを見つけました。普通マウスは2年間生きるのですが、このマウスは、2ヶ月で非常に早い老化をしめして亡くなる事がわかっています。このクロス遺伝子は、腎臓と脳に存在しています。腎臓が悪い方は、右です。健康の方は左です。腎不全になると分かります。色々な老化を防止する働きが無くなってくると考えられています。このくろう先生達は、サイエンスとう雑誌に載せています。このクロス遺伝子を過剰発現させるとこのマウスは、3年の寿命を迎えました。つまり、普通のマウスは2年ですが、1.5倍

3年でした。このクロス遺伝子の作るタンパクもアメリカのベンチャーなどで作り始めておりまして、その内に月1回ずつ注射すると長生き出来る時代がひょっとすると来るかもしれません。我々現代人は、リンを沢山取っています。必要量は600mgですが、普通の人は1,600mg取っています。ジャンクフードが好きな方は、2g以上取っています。寿命の長い動物ほど血中のリンの濃度が低いと。リンの濃度が高いほど、リスクが上がる事がわかっています。老化で亡くなる方は、心臓血管系が圧倒的に多いという事です。腎不全の方は、クロスタンパクが少なくなって、その為に亡くなるのだろうと考えられています。一般に透析の患者さんは、どの位生きられるのでしょうか?一般の方の半分位です。我々男性の平均寿命は78歳です。腎臓の病気がすすみますと、クロス遺伝子これはタンパクが低下しますとリンの排泄が出来なくなって体の中に残るとそれがインシュリン作用を強めたり、酸化ストレス、骨代謝等に影響を与え最終的に老化を促進したり神経関係のイベントを増やすのではないかという事で、私数年前に英語の論文を書きました。世界に発信しました。ちょっと専門的すぎましたが、その内段々脚光をあびる遺伝子だと思いますので、どうぞ皆様このクロス遺伝子に注目して下さい。どうも有難うございました。

 

 

 


今日のメニュー

ビーフカレーライス

サラダ 

福神漬け・らっきょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013-2014年度 卓話

【2月】

 18日 「腎臓病と老化」          会員卓話

     草野英二会員            宇都宮社会保険病院 院長

 25日 「再生可能エネルギー発電事業について」 会員卓話

     雪村透会員             滑ヨ電工 栃木支店 支店長

【3月】

  4日 「栃木の食事情」

     音羽和紀様             オフィス アルティザン 代表取締役

 11日 会員卓話  

     善林隆充会員            潟}ルゼン 代表取締役社長

 18日 未定

 25日 会員卓話

     菊池太志会員            NTTドコモ 栃木支店 支店長

 

     

会報委員 田部井 純 会員

写  真 奥本 雅之 会員

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp

下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm