(2014)平成26415日 No3059回 20132014年度(38会報)

会員数 98名 出席者72名 出席率80 前回修正率67.7

MU会員 舘野弘一会員

 

ビジター紹介(親睦活動委員会 林幹夫委員長)

 福田富一栃木県知事(ゲストスピーカー)山形信之様(栃木県庁)

 野口育男様(仙台南ロータリークラブ)

 

会長挨拶(藤井昌一会長)

 本日は公務に大変お忙しい中、当クラブ名誉会員であります福田富一県知事に卓話を頂だいする機会が出来ました。改めまして感謝申し上げます。

 先週は欠席いたしまして誠に申し訳ありませんでした。佐山副会長から色々お話があったようですが、私は後2ヶ月しっかり真面目にロータリークラブ会長を務めたいと思います。宜しくご協力の程、お願い致します。

 本日例会終了次第、パスト会長会議を当ホテルで開催したいと思います。ご参加予定のパスト会長に於かれましては、是非宜しくお願い致します。

 

大塚秋二郎会長エレクト報告

 私の岳父飯村一猛が亡くなりました。葬儀に関しまして皆様から沢山の弔意を頂きまして、誠に有難うございました。とどこおりなく葬儀が終わりました。元宇都宮ロータリー・クラブ会員でしたが、4月1日の告別式の日丁度宇都宮地方は、激しい雷雨が襲いました。父の去り際にちょっといたずらをして、空に帰って行ったのだと思っております。落雷がありまして、テレビ・電話・すべて壊されてしまいました。大変いたずら好きな父だったと感じております。皆様のご厚情に感謝致しまして、この場でご挨拶をさせて頂きました。ありがとうございました。

 

親睦活動委員会(林幹夫委員長)

 先週の土曜日、観劇ツアーが行われました。藤井昌一会長をはじめ、42名の方に参加いただきました。私自身大成功に終わったと思っておりましたが、いろいろ不備がございました。その点は、次年度の委員長の方に引き継ぎたいと思います。ありがとうございました。

 

ニコニコボックス(ニコニコボックス委員会 飯村悟委員長)

 結婚祝:松井公彦会員        

プログラム紹介(プログラム委員会 北出幸一委員長)

 今日は、宇都宮ロータリー・クラブ名誉会員の福田富一県知事にお出で頂きました。この後卓話を頂きますが、知事に敬意を表しまして「とちまるくん」のバッヂを付けて参りました。ばっちりです。先日オリオンスクエアで「本物の出会い栃木 春の観光キャンペーン」というJRさんのイベントがありまして、知事が来賓あいさつをされました。はっぴ姿で挨拶されたので、皆がとてもハッピーな気持ちになり聞いておりました。今日は「県政全般について」というお題で、知事が正に「権勢を誇っている」県政について、知事はイチゴ王国の王様になられたという事です。卓話の内容も「いちご」だけにベリーグッドの内容になると思っております。会員の皆様も知事にサンキューベリーマッチと言って頂きたいと思います。知宜しくお願い致します。

 

卓話「県政全般について」

               栃木県知事 福田富一様

  皆様、こんにちは。宇都宮ロータリー・クラブの例会にお招き頂きありがとうございます。北出さんの様にお話は出来ませんので、ご容赦たまわりたいと思います。30分弱お時間を頂きます。

 お手元に資料をお持ち致しました。60歳以上の方の国体と言われている「ねんりんピック栃木2014」、県内の20市町で10月4日から7日までの4日間開催されます。宇都宮ですと、健康マージャン・太極拳・インディアカ・弓道。文化交流大会・ふれあいスポーツ交流大会・スポーツ交流大会と3部門に分かれておりまして、文化の分野では健康マージャンがあります。那須烏山では俳句、茂木では将棋、下野では囲碁となっています。その他、記載のある通りですので是非応援を宜しくお願いします。1万人以上の選手役員の方が全国からお見えになる予定です。 

 1月28日から2月2日にかけての冬季国体は18年振りでしたが、この経済効果は13億円という状況でした。今度の「ねんりんピック」の経済効果につきましては、昨年、高知市を中心に開催されました高知県は50億円と試算したそうです。栃木県の方が参加者の規模が多いという事もありまして、50億円以上の経済効果があると思っております。特に60歳以上の方ですので、日本の富の6割以上を持っている人達が全国を代表してきて下さるわけですので、お土産も買っていただけるのではないか、と期待をしております。そういう意味で経済効果が高く、時間もありますので競技が早く終了すれば宇都宮の餃子を満腹召し上がっていただくとか、或いは日光・那須・足利の方面に足を延ばして頂くとか大いに期待が出来るのではないかと思います。「ねんりんピック」は、最近ですと1万人以上の大会というのは、しばらくありませんでした。成功に導いて行きたいと思いますので、是非お力をお貸し頂きたいと思います。

 「栃木の魅力・実力ランキング」は、文字が小さいのですが時点修正をしておりますので、みどりのパンフレット1枚ですが、最新の数字が入っております。昨年と比較しますと農業産出額が新潟と青森を抜いて全国8位で、これは史上最高の順位です。残念ながら工業製品の出荷額は、全国15位に後退しました。これは東日本大震災・リーマンショックで、未だに工場を直さない所がありますし社員を県外の工場にシフトさせている所もあります。デフレ・被災という事で15位に後退をしました。物づくり県栃木ですが、1人当たり県民所得は6位です。「とちぎの魅力・実力ランキング」のパンフレットは、裏表ありますので後で是非ご覧になって頂きたいと思います。特に社員の皆様に読んで頂きたいと思っております。先週金曜日、雑誌「フライデー」に栃木県のとちまるくんが、色々なイベントに出ていると、それが復興交付金を使ってとちまるくんが活躍している、これは批判記事ですね。目的外使用だと。フライデーは言っていますが、取材が甘くて受けた職員の対応もですが、記者も緩んでいてこれは誤りです。緊急雇用基金を使って福島県から避難している方などを中心に、とちまるくんの中に入って頂いて活躍をして頂いておりますので、復興税の交付金を使っているものではありません。あの記事は誤りです。抗議は致しましたが、訂正記事は出さないという事でした。書かれ損という事になっております。ですから、取材を受ける側も、もっとよく説明をするよう話をしましたが、全国発売されました。でも、誤りですのでご理解を賜りたいと思います。

 1月から、栃木の地酒で乾杯を推進する条例を施行しました。いろんな催しもので必ず日本酒等を用意して頂き誠に有難うございます。お酒の取扱店は、1月以降1.5倍50%増し、お店によっては3倍増という状況です。乾杯条例につきましては、コマーシャルが行き届きましてお陰様で日本酒の商品が大変伸びている状況です。しかし日本酒以外に地ビールがありますし、足利のココファームのワインもありますし、焼酎も最近は色んなところで作り始めましたので、好みのお酒を飲んでもらう。お酒の駄目な人はリンゴジュース。なしジュースと地元のものがありますので、飲んで頂ければお店も置くようになります。餃子も3年ぶりに日本一が復活しまして、明るい話題です。3月4日から栃木県の県民の歌が、カラオケにアップされまして全国どこでも県民の歌がカラオケで歌えるようになりました。カラオケで有名なのが長野県の信濃の国ですよね!その他岐阜・愛媛・秋田・栃木は5番目です。カラオケアップは、行政・会議・民間企業がコラボレーションできた良い例かと思います。第一興商には、感謝を申し上げるべく本社に行きましてお礼に参ったところです。

 今TPPで「アメリカとの関係は、どうなんだ!」という状況になっております。オーストラリアとの経済連携協定(EPA)が、締結になった。ついては、栃木の酪農は大丈夫かという話がありますが、今回のEPAで門戸が開かれるのは乳用種肥育牛というもので乳を搾るホルスタインの雄牛で、それを育てて肉牛として売る。これが開放になると、段階的に関税が下がっていくという事になります。これについては、頭数が全体の1割未満7%位だと思いましたが、そこで経営効率を高めれば競争力で、そんなに負けないだろうと思います。これから時間がある訳ですから、限定的な影響と。更にチーズはプロセスチーズが入ってきます。栃木県内で生乳の生産量309,000トンですが、チーズはその中で13トンしか作っていません。0.004%ですから、プロセスチーズと栃木のチーズの競合はあり得ません。又地産地消でブランド力の高いものが欲しいという方が買ってくれている訳ですので、オーストラリアのプロセスチーズが入ってこようと限定的な影響しかないだろうと考えています。今のところオーストラリアとのEPAの影響は、肉牛も乳製品もほぼ考えられないと考えています。

 昨日は、白鴎大学足利高等学校が甲子園への出場報告に来てくれました。残念ながら沖縄尚学に負けてしまいました。ベスト4に残りました佐野日大と白鴎大学足利高校は7月に夏の大会が始まりますので、それに標準を合わせて今度は大変だぞと言っておきました。毎日新聞でしたが、栃木1日で2勝という風に全国面の見出しに書いてくれました。これは、とても嬉しかったです。

 更にツール・ド・栃木を開催するという事で、1日200キロメートル位走り、県内25市町を6日間かけ12,000キロメートル走る。このツール・ド・栃木は、民間団体の皆さんが中心となって競技会を立ち上げ、来年度以降いつから、どの様なコースで、又お金も億単位でかかりますので、どの様にして準備するか? 寄付や募金を、募るかと思います。そしてヨーロッパやアメリカからの招待選手を、これから具体的に進めて行くことになります。警察との協議も必要となりますので、その辺りは行政が協議の場に加わっていきたいと思います。ツール・ド・栃木については、来年度以降になりますが実現したいなと思っています。是非、お力添えをお願いしたいと思います。

 ツール・ド・栃木に先駆けて、NHKで栃木発地域ドラマを5月6月ごろにロケをする事になっています。放映はBSで、9月10月辺りを予定に「自転車でまちおこし」がテーマになります。今全国で自転車のまちおこしが、始まっています。台湾・香港・ヨーロッパの観光客は、体験型の観光でないと駄目だと言われていまして、その中で最も有力なものが自転車で巡るというのがあります。だから長野県も自転車の県だと、又他の県も言い始めました。そこで、NHKが自転車のまち那須と、震災後の疲弊した那須地域を自転車のチームが盛り上げて地域を活性化するというストーリーが全国放送で流れます。自転車のまち栃木を宣伝するのには最高です。ドラマで示していただくと非常に有り難いです。ツール・ド・栃木にも繋がっていくと思います。佐藤市長が、まちの中に5万人又は6万人のお客様を集め、古賀志山で北海道から沖縄まで10万人のお客様が来てくれる、自転車のまち宇都宮が定着しましたので、今度は県全体に広げていく起爆剤に栃木発地域ドラマがなってくれると思っています。又日光では、足利銀行が中心になりまして若手の人達を集め商工会の代表の方々と一緒になってチームを作り「西の箱根・東のいろは坂」という駅伝の実現にむけ話を進めています。これは今年の秋に、いろは坂を使って女子駅伝をやると。最初は大学女子駅伝でしたが、大学女子駅伝だと難しいという事で大学生と一般の人が入って、いろは坂を走るというストーリーで進んでいます。これには東武鉄道が全面的に協力してくれることになり、東武の方から全国メディアに声を掛けて頂き生放送もしくはビデオで流すという事になるのだと思います。日光市長が実行委員長になると思います。東の女子いろは坂駅伝・西の箱根駅伝と将来なるべく早く県としても応援していきたいと考えています。その日は市民ランナーも走れるようにする事で、だいや川公園から日光宇都宮道路高速道路にのり大沢インターを折り返し、市民マラソンをやる。その日は高速道路を止めてもらいます。高速道路で一般の人はどの様に応援をするのかという問題があります。おそらくお客様を高速道路に上げるしかないと思います。インターチェンジ・ジャンクションから入り高速道路を走ると、これまた1つの大きな話題になると思います。女子駅伝、高速道路を市民ランナーが走ると2本立てで進めていますので、全国に情報を発信していきたいと思います。加えて来年から日光東照宮で家康公没後400年の式年祭の開催。今年中には、宝物館も出来上がり半年間コンクリートのあく抜きを行い来年の5月17日式典という準備が進められています。東照宮だけの祭りにしない、県全体の祭りにするという事で観光協会などと連携しながら東照宮家康公の式年祭を全国からお客様をお迎え出来る様、取組んでいきたいと思っています。これから色んなイベントが目白押しになっていきます。ねんりんピックが10月、2017年が技能五輪・アビリンピックこれは障害者と健常者の技術の大会です。決定しています。2018年平昌で冬季オリンピックが開催されますが、平昌入りしても練習場が難しいと思いますので、韓国に行く前に日光のアイスアリーナを使って調整して頂くキャンプ地の誘致、2019年ラグビーのワールドカップが開催されますのでグリーンスタジアムをどこかの国のキャンプ地として使って頂けたら嬉しいと思っています。2020年が東京オリンピックです。キャンプ地として名乗りを上げていきたいと思っています。昨日リトアニアの大使がお越しになりました。リトアニアはバスケットボールで3大会連続銅メダルを取っていますので、バスケットが大変盛んです。リンク栃木ブレックスの監督がリトアニア出身です。大使が一昨日の試合を見学し宇都宮に宿泊して、昨日県庁にお越し頂きました。産業界の皆様と交流もしたいと話しておりましたので、リトアニアの産業の内容を経済5団体の方にお示しをさせてもらい興味のある方には交流会に参加して頂く。リトアニアの産業・研究技術交流・教育分野で交流出来るところがあれば、是非取組んでいきたいと思います。2022年第77回国民体育大会と障害者のスポーツ大会になります。そこに向かって施設整備をしていく事になります。全体で500億を超えると思います。茨城は5年後に、栃木が8年後に、青森が11年後に、群馬が14年後という順番で行います。茨城は財政が厳しいので、5年後の国体は施設整備をしないと。つくば市が3万人から5万人のスタジアム・陸上競技場を作り、そこで開会式をさせてやってもいいよとつくば市が話をしているようですが。栃木県は、栃木国体以降全くスポーツ設備にお金をかけていませんので、建て替えるものは立替リニューアル出来るものはリニューアルして50年間はお金をかけなくても大丈夫という様にしていきたいと思います。県営野球場・本球場もナイター設備を付け、競馬場の跡地に陸上競技場兼サッカー場、今宮交通機動センター(昔の運転試験場)に温水プール付き体育館とPFI・民間活力導入で提案し業者さんを決めていきます。選定作業で1年多くかかりますので6年後のオリンピックに間に合いません。他の施設は、オリンピックに間に合うのですが温水プールと体育館だけは間に合いません。

 また、道州制ですが、宮城県知事・新潟県知事・政令都市の市長・大阪の橋本さんと一生懸命早くやれと言っていますが、福井・兵庫・山形・福島の知事は、そんなことをしている時ではない復興の方が先だと、或いは国内問題の処理が先だという事で知事会も2つに分かれております。道州制も国会議員が考えている様にはいかない状況だと思っています。私は、道州制は将来必要だと、その代り国の出先機関も含めて州政府に移動させろと。それから財源もよこせと。分権もしろと言っています。国のやる事は、外交・貿易・教育その様なものに特化すべきだと思っています。この問題については、議論を深めていかないと直ぐに法案が通って道州制に移行できる環境にはならない状況にあります。特に町村会・町村議長会は全く反対ですから、市長会は様子見です。知事会は半分以上反対派です。

 最後に、健康長寿とちぎづくり推進条例につきましては、4月1日からスタートしました。パンフレットを読んで頂ければわかると思います。女性の平均寿命が青森に次いでワースト2位、男性はワースト8位、この様な状態です。健康寿命を延ばす事イコール平均寿命を延ばす事です。男性で8年、女性で11年。そこでロータリアンの皆様方には、いつまでも年齢に関係なく、寝たきりになりますと自分も辛い、家族はもっと辛い、という事になりかねませんので、介護予防、健康作り等に取組みながら、医療費に負担をかけず納税者のままで何時までもいてもらえます様宜しくお願い致します。

時間が参りましたので終わりにさせて頂きます。ありがとうございました。

 

 観劇ツアー (4月12日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


----- 今日のメニュー -----

ローストビーフ温野菜添え

チャウダースープ  サラダ

ライス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013-2014年度 卓話

【4月】

 15日 「県政全般について」

     福田富一栃木県知事

 22日 「相場と心理」           会員卓話

     関戸優会員             SMBC日興証券渇F都宮支店 支店長

 29日 休会(法定休日)

【5月】

  6日 休会(特別休会)

 13日 会員卓話

     池田宰会員             宇都宮大学大学院工学研究科 教授

 20日 夜間例会

 27日 外部卓話

     佐藤栄一宇都宮市長

 

会報委員 田部井 純 会員

写  真       会員

メールアドレス:u-rc01@silver.plala.or.jp

下記URLをクリックすると会報バックナンバーが表示されます
http://www.u-rc.gr.jp/kaihou/web3.htm